お知らせ

*3デーズ・イベント(7月)at 伊豆New!
 
*ワンデー・イベント(6月)at 鹿児島New!
 
*ワンデー・イベント(6月)at 新宿

*ナイト・イベント(5月)at 新宿
 
*瞑想トランスミッション(個人セッション)
 
 
*瞑想スカイプセッション(個人セッション)
 

究極の遊び

2018年5月5日(土) by キヨタカ

 昨日は、超強風の中でウィンドサーフィンを敢行!
 
初心者には絶対に無理なコンディションだったけど、10年の修行の成果が現れてケガもなく無事。
 
この日は、「試乗会」だったのでボード&セールメーカーの方々も交えて夕食会にも参加して、色々と話題が尽きなかった。Img_0024
 
その中で 、ウィンド歴30年のベテランの言葉にハッと気づくものがあった。
 
「ウィンドはなかなか上達しないけど、難しいからこそ面白いんだ」
 
 
なる程!これって瞑想と一緒だ。
 
世の中には様々な瞑想の伝統があり定義もまちまちだが・・・必ず共通するものがある。
 
それは「気づきを保つ」と言う事。
 
たったそれだけの事なのだが、実践してみるとなかなか思うようにならない。
 
瞑想中はともかく、実際の生活の中でそれを維持するのは難しい。
 
だからこそ、面白い( ̄ー ̄)ニヤリ
 
 
帰宅途上で、我が家の玄関前でふと空を見上げたら、夜空の星がとても美しくて感動。
 
最近は何気ない風景の中で、ふとした瞬間に神々しさを見出して感動する事が多い。
 
これも瞑想のお陰か!
 
嬉しさにハートが弾んで星を見上げつつ家に入ろうとしたら、玄関前の溝にハマってコケてしまった・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 
指先をちょっとだけ痛めてしまい、 思わず苦笑い。
 
あんなに強風でも無事だったのに、家の前でコケるとは┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
 
 
この道30年を超えるベテランではあるが、「瞑想修行」はこれからも果てし無く続きそうな気配。
 
もっとも今ではもう修行とは言わない。
 
ウィンドサーフィンを超える、究極の楽しい遊びなのだヽ(´▽`)/

新宿ナイトイベント〜一期一会の貴重な時間〜

2018年4月27日(金) by キヨタカ

 昨晩は、平日にも関わらず新宿ナイトイベントに参加してくれた皆さん、有難う!
 
とても素晴らしいエネルギーフィールドが出来、自分でも感動しています。
 
瞑想会について私が書くと、どうしても手前味噌になってしまうので・・・
 
参加者Tさんから頂いたメールを、一部転載します。
 
いつも(土曜日)と違った日だったせいか、新しい参加者も多くてとても新鮮だった。
 
 
どんな人と瞑想出来るのか、今から楽しみ🎵
 
 
ーーーTさんからのメールよりーーーー

・・・(略)・・・

瞑想会では、個人では整えきれない部分を皆さんのお力を借りてエネルギーを整えさせてもらえています。
 
一期一会の貴重な時間です。
 
浄化の瞑想は、普段はやれていないことなので、思いっきり自分の中のトラウマ、感情や思考を出しています。 
 
何回やっても同じことが表出されますが、大分薄らいで落ち着いてきています。 
 
深い部分が軽くなっている感じです。
 
 
ハートの瞑想では、自分自身を味わっています。
 
ハートが開く、これまでは扉が内側に開くイメージを形や色に喩えて作り出そうと必死になっていました。 
 
恩寵の光があたっているんだと思いこもうと努力していました。
 
 
しかし、
昨晩は、自分で作り出すものではない、そんな感じを得ました。
 
ただ吸う息と共に胸の辺りを感じているだけで、ただあるんだと言う感覚。
 
形も色もなく枠もなく境界線もない感覚。
 
ただ広がっている感覚。
 
全てと繋がっている感覚。
 
垂直の中で肉体ではない私がある感覚。
 
そんな感覚に浸りることができました。
 
 
何とも言えない心地良い感覚。
 
私だけが味わえる世界がありました。
 
昨晩は、この感覚⁉️
 
こんな感覚は良いな〜と思いながら帰って来ました。

 
良い悪いの評価、常にダメな私がいました。
 
必死にやればご褒美が頂けるとも思っていました。
 
上手くいかないことは周りのせいにしていた自分です。

 
私は、必死に生きることはやめたいです。
 
もっと愛の人で生きたいです。

キヨタカさんの伝えて下さる言葉やエネルギーは、私にとても響きます。
 
必要なことが起きているのでしょう。
 
瞑想を通して、自分を取り戻せていることに感謝致しております。

ワイルド、ワイルド、カントリー

2018年4月7日(土) by キヨタカ

 昨日の日誌にコメントが入った。
 
あれ?まだ続きますか?
 
はい、昨日の続きです 。
 
どんな映画なんだろう~?

 

 
 
ネットの映画画配信サービスの大手『Netflix』オリジナルのTVドキュメント。
 
1編1時間を超えるドキュメントで、6編まである。
 
主に、OSHOの実験都市ラジニーシプーラム(1982〜1985)時代の、コミューンとアメリカの対立を時系列を追ってドキュメントしている。
 
 
 
コミューン側とアメリカ側のお互いの立場を比較的偏らずに描いているので好感が持てる。
 
また事件の真相と闇の部分を、余計なコメントをせずにプレゼンテーションしようとする姿勢が素晴らしい。
 
OSHOの教えが人類の精神史上画期的なのは、こうした試練を通り抜けてきた結果である事を思うと、実に感慨深いものがある。
 
 
当時関わった人は、あの時代を振り返る絶好のチャンス!
 
バグワン時代を知らない人も、OSHOに興味のある方は必見だ。
 
 
但し不快な部分や衝撃的な内容もかなりある。
 
OSHOの事を嫌いになる人もいるかも知れないが・・・。
 
闇の部分から目を逸らさない事で、真実の光はより本物として輝くのではなかろうか?
 
 
残念ながら、「OSHOが逮捕されてから刑務所を引廻されている間に毒を盛られたのでは?」と言うアメリカ政府の陰謀疑惑が欠如しているのが不満だけど・・・
 
そこまで描こうとすると、アメリカ側の協力も得られないだろう。
 
制作側の大人の事情も色々とあるだろうから、仕方あるまい。
 
視聴するにはNetflixに申し込む必要があるが、1ヶ月間はお試し期間で無料なのが嬉しい。(日本語字幕あり)
 

地上天国の裏側

2018年4月6日(金) by キヨタカ

 私の天命は、「この地上に天国の雛形を創ること」
 
言うは易く、行うは・・・ではある。
 
しかし残りの人生を全てその実現に捧げることに悔いはない。
 
 
なぜそんな荒唐無稽な望みを抱くに至ったかと言うと・・・
 
2つの理由がある。
 
 
一つは、子供時代に育った環境が、私にとっては「地上天国」に近い理想的なものだった。
 
私にとっては、「この世に天国があるのは当たり前」と言う記憶がある。
 
だから、 それを再現したい衝動に駆られるのだ。
 
 
もう一つは、実は「地上天国」に近い場所に実際に参加した体験がある!
 
そこは、かつてアメリカのオレゴン州の砂漠地帯にあった。
 
東京都23区に匹敵する広大な実験都市で、「ラジニーシ・プーラム」と呼ばれた。9505507large
 
インドの神秘家OSHOとその弟子たちが、その全存在を賭けて創造した「未来のブッダフィールド」だ。
 
このフィールドは1981年〜1985年の5年間存続、全世界を賛否両論の渦に巻き込んだ。
 
Unknown1
 
Unknown
 
 
 
 
 
 
 
私は合計1年(1983年と1985年に半年ずつ)滞在、他の場所では絶対にありえない実に素晴らく貴重な体験をした。
 
「この地上世界は天国へと変容出来る!」と言う事実を目の当たりにして、深く感動!
 
だからその体験が、今の人生に大きな影響を及ぼしている。
 
 
しかし どんなに素晴らしい観光地の極上旅館で天国気分を味わっても、それはお金を払ったお客さん側の話だ。
 
その裏側では、実際の経営者や従業員がとても「天国」とは言えない生々しい現実を味わっているに違いない。
 
私が地上天国と感じたラジニーシ・プーラムも、私は滞在費を支払った単なるゲストだったから。
 
地上天国の裏側で、実際にはその広大な施設を維持するために地獄の様相を呈していたのである。
 
そして忘れもしない、1985年の11月末にラジニーシ・プーラムは突然閉鎖!
 
文字通り着の身着のまま、楽園を追放されてしまったのであるshock
 
 
先日、この地上天国の裏側の事情を暴いた映画の情報を入手、さっそく見てみることにした。

しだれ桜

2018年4月5日(木) by キヨタカ

Img_1146
 実家から修善寺に戻る。
 
実家滞在中に桜は散ってしまったが、かわりに本館のしだれ桜が満開。
 
今年も見事な姿を披露してくれた。
 
 
実はこの桜、危うく伐採の危機に直面した事がある。
 
この施設のオーナーの知り合いの自称霊能者が、「しだれ桜は下向きに咲くので運気を下げる・・・」と主張。
 
それを真に受けて、伐採される事になってしまったのだ。
 
 
ところが、カクカクシカジカの事情で伐採は中止、運よく生き延びる事が出来た。
 
木が成長してここまで見事な花を咲かせるには、相当な年月が必要だ。
 
下向きに咲く桜の姿は、私にとっては恩寵が天から地上に向かって燦々と降り注ぐようなエネルギーを感じる。
 
桜の枝が垂れ下がれば、それだけ運気も向上すると思う。
 
人間の勝手な事情を乗り越えて、生き延びる事が出来て本当によかったheart04

お花見

20180404_102616_2

2018年4月4日(水) by キヨタカ

 母を連れて、私の故郷である「元KDD小山送信所の社宅」にお花見に行く🌸
 
春になると社宅の道筋に植えられた桜が一斉に開花して、見事な風景になる。
 
20180404_102749_2
今は住宅は全て撤去されてしまったが、敷地と桜は当時のまま残っている。
 
 
ここは私が11歳まで過ごした場所。
 
大自然の中の抜群に安全な環境で、福利厚生施設も充実。
 
子供にとっては、文字通り天国だった。


瞑想とは、「真実の自己」 に寛ぐこと。
 
『この「真実の自己」こそが本当の故郷でありそこに寛ぎなさい』
 
いにしえの覚者方が好んで使った比喩だが、私にはその表現がピンとくる。
 
桜に囲まれた我が家の原風景が、深く脳裏に刻まれているからだ。
 
 
幼子だった頃、人は誰でも純真無垢でブッダの意識そのものだった。
 
残念ながら、一般的にはそれを思い起こす事が難しい。
 
私の場合は、子供時代の幸せだった頃の記憶を簡単に呼び起こせる場所が、こうして今でも存在している。
 
実に有難く、自然に感謝の念が込み上げて来る。

ワンデーイベント終了

2018年4月1日(日) by キヨタカ

新宿ワンデーイベントが昨日無事終了。
 
30年来の瞑想仲間も複数参加して頂き、とても濃密でハートフルな瞑想会となった。
 
ナイトイベントでは踏み込めないハートの奥にまで触れる事が出来て、とても満たされた感じ。
 
 
この「満たされた感覚」こそが、ハートの素晴らしさ。
 
人は満たされている時、未来への欲望が消え失せる。
 
その結果、 今ここに生きている事の幸福感が溢れ出す。
 
未来志向のマインドには想像できないスペースだ。
 
 
人は「足りない」という欠乏意識を抱く時、外側から足りないものを獲得しようとしてお互いに争う。
 
満たされた意識でいれば、自然と分かち合いが起こり、争う必要もない。
 
それこそが、この地上に真の平和が訪れる鍵だ。
 
6月に、もう一度ワンデーイベントを開催する予定。

ブルームーン瞑想会

2018年3月30日(金) by キヨタカ

 本日、実家に帰省。Img_1106
 
まだ夕方だけど、東の空にはとても明るい月が輝いている!
 
 
明日は、「ブルームーン」
 
一般的に『ひと月のうちに満月が2回ある』現象のことを言う。
 
『見ると幸せになれる』という言い伝えがあるらしい。
 
 
明日は、新宿文化センターで久しぶりのワンデー瞑想会。
 
満月のパワーに後押しされて、とても素晴らしい瞑想会になるのは間違いない!
 
『瞑想すると幸せになれる』という、新しい伝統を創ろう(* ̄0 ̄)ノ

不可思議な法則と美

2018年3月28日(水) by キヨタカ

 リーラスペースは春の草花が満開で、とても幸せな気分に❤️
 
最近ハートにエネルギーが一段とシフトしているのは、長年の瞑想のお陰だと感謝しているのだが・・・
 
もしかしたら、春の陽気と桜フェロモン(エフェドリン)のせいかも知れない。
 
 
原因は何であれ、「ただ生きている事で幸せな気分」なのが嬉しい。
Photo
 
昨年植えた桃の木に、再び花が咲いた!
 
花びらの数は数学的に決まっていて、1、2、3、5、8、13、21、34、55、・・・
とフェボナッチ数列に従っているそうだ。
 
 
試みに、桃の花びらの数を数えたら5枚。
 
ついでに、桜もゆきやなぎの花びらも調べて見たら5枚。
Photo_5
Photo_4
 
法則通りだったので感動!
 
 
 
 
 
 
嬉しくなって、スイセンの花びらを数えたら、残念な事に6枚でフェボナッチ数列ではなかった(ρ_;)
Photo_9
 
こぶしは花びらがすぐに散るので、幾つなのか良くわからない。
 
椿は、花弁が多過ぎてこれまた判別不能。
Photo_8
Img_1093_2
 
 
全て例外のない法則はない、というのが法則なのだろうが・・・
 
人間には計り知れない不可思議な法則が全宇宙を貫いているのは確かだ。
 
直感的にその法則を感じる事で、人は自然の美しさを感じるのだろう。
 

見過ごしていた!

2018年3月27日(火) by キヨタカ

リーラスペースは、少し遅めの春の真っ盛りヽ(´▽`)/Img_1066
 
桜やこぶしの花が咲き乱れ、富士山の美しい姿が遠くに霞んでいる。
 
部屋には、美しいモーツアルトの曲が流れていて・・・
 
やっぱりここは、『地上天国』に違いない。

 

最近、と言ってもこの一週間くらいだけど、モーツアルトにハマっている。

きっかけは、たまたまYouTubeで見つけた『ピアノ協奏曲第20番』

モーツアルトと言えば、どこかノホホンとしていて、天上界の住人が奏でる浮世離れした音楽と言う印象が強いが・・・

この曲は、とてもドラマチックで情感に富み、「あれベートーベンかな?」とすら思わせる。

こんな素敵な曲を見過ごしていたとは、今では信じられない!

 

クラッシック音楽ファンにとってはつとに有名で、モーツアルトを代表する曲の一つだとか。

実はベートーベンもすごく気に入っていて、この曲のカデンツァ(最終部の即興的演奏)も作ったと言う。

モーツアルトを題材にした映画「アマデウス」のエンディングにも、使われていることを後から知り驚いているshock

 
既に知っていたのに見過ごしていた。
 
音楽のみならず、幸せも健康も悟りも、それは既にそこにある。
 
単に見過ごしていただけなんだろうcoldsweats02
 

«本音で話す