お知らせ

*ナイト・イベント(2018年2月)at 新宿
 
*ナイト・イベント(11月)at 新宿 今年最後!
*瞑想トランスミッション(個人セッション)
  新規予約は来年2月から
    (予約済みの方はそのまま) 
 
*瞑想スカイプセッション(個人セッション)
   新規予約は来年2月から 
 (予約済みの方はそのまま) 

反省

2018年1月18日(木) by キヨタカ

普段は瞑想に関心のある方以外とは、瞑想の話はしない事にしている。
 
興味のない人と話をしても、話が噛み合わないし、時に軽蔑されたり反発されたりする体験が色々とあったから。
 
 
先日、ウィンドサーフィンでお世話になっている方と食事をして、会話の流れが自然と瞑想の話になった。
 
しかしこの時は、瞑想にとても関心を持ってくれた。
 
28歳で会社を辞めて本格的に瞑想を探求し始めた私のストーリーが、その方にとっては衝撃的だった様子。
 
「瞑想って何?」
 
「会社を辞めてまで学ぶ必要がある?」
 
等々、色々と質問ぜめに会った。
 
 
そこで、『瞑想とは気づきそのものに目覚める事でマインドから自由になる手段』
であることを、瞑想の初心者向けに説明。 
 
「青空と雲」、「映画とその背景のスクリーン」さらには「意識の鏡」の例えを使い、初心者でも分かる様に丁寧にやさしく説明。
 
瞑想に関心のある方にはお馴染みの例えだし、瞑想会ではしょっちゅう語っている事だから、当然わかってくれると思った。
 
 
ところが・・・
 
「真剣に誠実に話を聞いたつもりだけど、さっぱり理解でないのでショック!」
 
というフィードバックをもらい、私もショックshock
 
よくよく考えてみれば、「気づきそのものに気づく」などということは、瞑想の世界では究極のテーマだ。
 
それを安易に伝えようとしても、伝わらないのは当然だろう。
 
ウィンドサーフィンの初心者に、いきなりバックループ(回転技)を教えようとする様なものだ。
 
わからない事を正直にわからないと言ってくれたこの方の真摯な姿勢に、とても感動した。
 
さらには、私の方こそ「専門バカ」の一種である「瞑想バカ」に陥っていたと、しきりに反省している。
 
今度お会いする時は、全く別の角度から話してみようと、今から楽しみ♫

有難うヽ(´▽`)/

2018年1月13日(土) by キヨタカ

 今日も、顔も心臓も麻痺せず元気。
 
日々是好日。
 
生きていること自体が奇跡です。
 
しかも・・・死んでも死なない、私がある(I AM)
 
有難うヽ(´▽`)/

まさか!

2018年1月11日(木) by キヨタカ 

結婚披露宴の定番スピーチに、「三つの坂」というのがある。 

「上り坂」に「下り坂」そして「まさか!」の三つだ。 

最近健康問題に関して、この「まさか!」に直面した。 
 
 
「生・老・病・死」は、誰もが避ける事のできない宿命だ。 
 

  年齢を重ねると、肉体のそこかしこに具合の悪い箇所が出てくるのは仕方あるまい。

しかし私の場合、還暦の数年前から体調がすこぶる良くなった。 
 
7年前に「血糖値が高い」と医者に言われてから、運動と食事管理を徹底した事が功を奏したのだろう。 
 
体重も12キロ落とし、スマートなアスリート体型になった。 
 
お陰様で過去5〜6年は病気にもかからず、体調はほぼ好調で気分が落ち込む事もほとんどなくなった。
 
「120歳まで生きるつもり!」

Hqdefaultとついこの間まで豪語していたのだが・・・

 
 
2ヶ月前のある朝、歯磨きをしながら洗面台の鏡を見てびっくり仰天shock
 
顔が歪んで、バイク事故当時のビート・タケシみたいになっている。
 
数日経過しても治る気配がなく、「一生このままかも知れない」とすら思い始めた。
 
知り合いから、
 
「脳梗塞かも知れないから、病院へ行った方が良い」
 
と言われ、某病院でMRI検査を生まれて初めて受ける事になった。
 
 
幸いMRI画像診断では脳機能に異常はナシ。
 
顔面神経が麻痺する、典型的な「ベル麻痺」と診断された。
 
医者によると、
 
「原因は不明だが、何らかのストレスあるいはウィルスに起因する可能性がある」
 
との事で、抗生物質と炎症を抑えるステロイド系の飲み薬を処方された。
 
 
ストレスが原因と言われても、思い当たる節があまりない。
 
強いて言うなら、「こんなにストレスのない人生を送って良いのだろうか?」
というストレスくらいか・・・?
 
ウィルス感染と言われても、体内でウィルスが暴れている気配は一切感じない。
 
原因不明のままに、薬で症状を抑えることに疑問を感じ、サイキックリーディングが得意な友人のKさんに相談した所・・・
 
「おめでとうございます。鹿児島イベントで「サトルボディーレベルでエネルギーの爆発があり「無」のスペースに入りました。
 
新しい次元にシフトすると、古い余分なエネルギーがリリースされます。
 (略)
そのせいで右側の顔面神経が感電したような状態になって、麻痺しています。
 
新しいエネルギーと、キヨタカの肉体やサトルボディーの整合が起こるのに、2週間
 
麻痺が治るまでは、6〜7週間かかります。
 
医者に処方された薬(抗生物質と炎症を抑えるステロイド)は飲まないように!」
 
というリーディング結果となった。
 
 
薬を飲まないで治そうと決めたけれども、最初は大きな不安が伴った。
 
しかしプロフェッショナルの治療家Fさんからも次のアドヴァイスがあり、自分自身に内在する自己治癒の力に委ねる事にした。
 
ベル麻痺は、予後良好です。
 
ほっといても、身体が勝手に治しますので、まずは安心してくださいね。
 
自分で治そうとするマインドと同化して、不安になってもがいても、細胞自身の智恵 
を信頼して勝手に治ると思って、らく〜にしてても、時間がきたらどちらも治ってしまいます。
 
らくーにしてる時は、ビーングと繋がりますので、治りが良いでしょう。
 
両者のアドヴァイスに従い、自分の身体の叡智に身を委ねた結果・・・
本当に6週間後には完治してしまった。
 
私は何もしなかったのに、身体が勝手に治してくれたのである。
 
実に有難い。
 
 
今回はベル麻痺で済んだが、「まさか」はいつやってくるかはわかない事を身を以て知った。
 
もしかしたら、明日「心臓麻痺」で昇天するかも知れない。
 
だから、120歳まで生きる事にこだわるのはヤメた。
 
今日も一日、ベル麻痺にも心臓麻痺にもならず、元気に過ごせた。
 
それで、充分。
 
日々是れ好日
 
今日一日を、愛と平和と喜びに満ちて過ごそう。

幽体離脱

2018年1月8日(月)by キヨタカ

 
最後に日誌を書いてから、あっという間に6週間が過ぎた。
 
例年だと、年末年始は何かと慌ただしい。
 
そこで今年は、この時期を優雅に過ごすべく、暫くセッション等を思いきって休むことにした。
 
お陰様で、今年はとてもゆったりとした年末年始を迎える事が出来た・・・
 
筈だったのだが・・・( ̄Д ̄;;
 
 
実は12月の初めに、ショートステイ滞在中の母が再び転倒、骨折(ρ_;)
 
母のケアのために何回も実家と修善寺間を往復ドライブをすることになり、例年以上に慌ただしい日々を過ごしてしまった。
 
 
母は2年前に右足を骨折して入院、手術をしたのだが、今度は左足の同じ箇所。
 
幸い手術後の経過が良く、数日前に無事に退院する事が出来た。
 
今はまだ歩行器を使っているけれども、95歳の誕生日を過ぎて再び歩けるようになったので驚いている。
 
「転倒→大腿骨骨折→入院・手術→寝たきり→認知症」
 
というのが、高齢者がたどる典型とのこと。
 
2度も奇跡的に歩けるようになったのだから、高齢者の希望の星として余生を全うして欲しいものである。
 
 
早朝トイレに行こうとベットから降りた時に転倒したらしい。
 
しかし 、ショックで転倒時の母の記憶は曖昧になっている。
 
母の話を良く聞いてみると、その時にどうやら幽体離脱を体験したらしい。
 
 
母:「記憶が曖昧だけど、自分が床に転がっている姿が見えたのよ。」
 
キヨタカ:「それって、俗に言う臨死体験じゃない?」
 
母:「上の方から、見ているのよ。」
 
キヨ:「骨折のショックで、魂が体から離れちゃったんだね!?
そのまま、ス〜ッと体から抜け出せば良かったのに!」
 
母:「体からは抜けたけど、何処へ行っていいか判らないし・・また体に戻っちゃった」
 
キヨ:「(死んだ)お父さんか姉貴がやって来て、行き先を教えてくれなかったの?」
 
母:「誰も来なかった。」
 
キヨ:「じゃ臨死体験じゃなくて、単なる幽体離脱だね。」
 
母:「魂が肉体を離れるって、こんな感じかしらね。だったら死ぬのも怖くないね。」
 
キヨ;「素晴らしい体験が出来て、良かったね(*^-^)」
 
 
瞑想を始めて30年経つけど、まだ臨死体験も幽体離脱も体験していない。
 
さすがに年の頃というべきか、幽体離脱体験は母に先を越されてしまった。

明けましておめでとうございます。

2018年1月1日(月・祝) by キヨタカ

 明けまして、おめでとうございます。
 
本年も宜しくお願いします!

新宿瞑想会終了!

2017年11月26日(日) by キヨタカ

 今年最後の新宿瞑想会が無事終了!
 
たくさんの皆様に参加して頂き、ありがとうございます。
 
千葉や新潟、さらには宮崎からわざわざこの瞑想会に参加された方もおられ、感激しました。
 
来年の瞑想会(2月3日)からは、軸足を向こう側にシフトして、ただそこを訪れるだけで恩寵が燦々と降り注ぐのを実感できる場にしたいと思っています。
 
お楽しみに♬
 
参加者から、感想のメールを色々と頂いております。
 
既に次回の参加申し込みもあり、嬉しい限りです。
 
 
* * Tさんからのメール * *
 
N市のTです。
 
お早うございます。
 
昨晩の瞑想会は、大切な時間になりました。
 
淡々としたリズムと間で語られるお話は、
 
今ここにある私には、とても響きます。
 
終了後、Nに帰る電車の都合で猛ダッシュで帰らないといけない為、ご挨拶も出来ずに帰ることを心苦しく思っています。
 
息を切らしながら乗る電車の中で、満たされている私を感じられるのは嬉しいことです。
 
来年の2月3日の瞑想会はも参加したいと思いますが、まだ大丈夫でしょうか?
 
 
* * Sさんからのメール * *
 
Sです。
 
昨晩はありがとうございました。
 
始まる前からくつろいで座れて、「このまま何も始まらずに終了時刻まで座っていてもいいなあ」と、そんな感じでした。
 
この頃青空が良くて良くて。
 
OSHO 風に言わせていただくと、もうそれだけでtoo  much。
 
仏教徒や禅門の方が「雨の日もいい天気」とよく言われます。
 
確かにそれはそうですが、それでもやはり私は青空が好きです。
 
来年2月3日の座禅会にまた参加させてください。早いですが、予約します。
 
よいお年をお迎えください。
 
 
* * Aさんからのメール * *
 
  *リトリートに続いて参加して頂きました。

 

こんばんは

 

先日は、フォローアップをありがとうございました。

 

お陰様で、落ち着いて幸せな日々を過ごしています。

 

そして、今日のナイトイベントでもありがとうございました。

 

前回とはまた違って、しかもリトリートのエッセンスがふんだんに盛り込まれた素晴らしい時間でした。

 

終った後から余計なことは考えられない気持ち良さが続いています。

ひと休み

2017年11月21日(火) by キヨタカ

最近さらなる恩寵が燦々と降り注ぎ始めて、嬉しい限りですが・・・
 
それに伴い、キヨタカという意識も新しい次元へとシフトし始めています。
 
 
けれども、シフトが完了するまでに少々の時間が必要です。
 
そこで、しばらくセッション等はお休みすることになりました。
 
 
新宿瞑想会は、今週末(11月25日)が今年最後となります。
 
瞑想スカイプセッション及び瞑想トランスミッションの新規受付も、しばらくお休みさせて下さい。
(既に予約済みの方は継続します)
 
 
リーラスペースの「リーラ」とは、「神の戯れ」という意味。
 
いつも開店休業に近い、神々が遊び戯れるリーラスペースです。
 
ご迷惑がかかる事もないと思いますが、万一ご迷惑を被る方がおられましたら、ゴメンない。
 
 
来年の事をアナウンスすると、鬼に笑われそうですがhappy01
 
2月3日(土)の新宿瞑想会から、再スタートする予定です。
 
 
有漏路(うろじ)より 無漏路(むろじ)へ帰る 一休み  
 
   雨降らば降れ 風吹かば吹け
 
             by 一休
 
 
それでは皆様、お休みなさい。

天皇陛下と恩寵

2017年11月17日(金) by キヨタカ

鹿児島イベントが終了後、鹿児島の離島を訪問。
 
するとなんとまあ偶然、そこに天皇皇后両陛下が来訪し、お会いする事が出来た。
(・・・と言っても、日の丸の旗を振っただけだけど(⌒-⌒; )
 
私は右翼でも愛国者でもないし皇室ファンでもないから、天皇陛下にお会いしたいと思った事は一度もない。
(悟った人なら、地球の裏側まで会いに行ったものだが・・・)

20171117_193334

 
しかし実際にお姿を拝見すると、異次元の気品あるオーラに溢れていて・・・
 
「 清く貴いとはこの事か!」と、感慨深かった。
 
 
天皇陛下と言えば、シッダールタの語った恩寵の話を思い出す。
 
シッダールタは、OSHOの弟サイレンドラを悟りへ導いたというインド人マスター。
 
リーラスペースでは、 サイレンドラ&シッダールタの10デーズリトリートを開催した事があり、古い友人は覚えておられだろう。
 
リトリートの中で、シッダールタが説明した「恩寵」の例えがとても印象的だった。
 
 
「あなたが恩寵をゲットすることは出来ない。
 
しかし、恩寵の方があなたを訪れたら、あなたはそれと出逢える可能性がある。
 
恩寵に出逢うための準備が、瞑想なのだ。
 
それはちょうど天皇陛下に会おうとするようなものだ。
 
あなたがいくら天皇陛下に会いたいと言っても、それは難しい。
 
しかし天皇陛下の方があなたに会いたいと言ったら、簡単に会える。
 
今、恩寵があなたに会いにやってきた。
 
恩寵にただ開いて入れば、それでいいのだ。」
 
 
道元禅師は、同じ事をさらに難しく語っている。
 
自己を運びて万法を修証するを迷とす。
 
万法すすみて自己を修証するはさとりなり。
 
 
なにはともあれ、恩寵が燦々と降り注ぎ始めたようだ!

鹿児島イベント終了!

2017年11月13日(月) by キヨタカ

 昨日の日曜日、鹿児島のワンデーイベントが無事終了。
 
参加者の皆様、お疲れ様でした。
 
昨年の11月からスタートしたこのイベントは、今回で3回目を迎える。
 
毎回参加してくれる方々が多い事もあり、回を重ねる毎に瞑想フィールドがより濃密になり、参加者の成長も確実に起こりつつありとても嬉しい。
 
継続する事の大切さを、ひしひしと感じている。
 
次回は、6月24日(日)を予定!
 
さっそく参加者のAさんから感想をいただいたので、アップします。
 
* * Aさんの感想 * *

今回も素晴らしい瞑想会をありがとうございました。

ブリージングだったでしょうか、あの呼吸の後のリラックスは気づきとビーイングが統合された物をしっかりくっきりと感じ、そこにハートも含まれて、自分が感じてたものがより明確になりました。

ハートの瞑想も、奥に何もないスペースでありながら、しかしほんのりとピンク色な空気感をだしている所があるのを感じ、ハートについて理解が進んだように感じます。

私生活での嫌な出来事が片付いた後の瞑想会でしたので、内面が変わったのか、瞑想での感覚も変わってきました。

いい時期に瞑想会を開いて頂いて感謝しております。

次回もまた参加したいと思いますのでよろしくお願いします。

リトリート終了

2017年11月6日(月) by キヨタカ

 リーラ瞑想リトリート(11月)が無事終了!
 
参加者の皆様、お疲れ様。
 
最近は瞑想会やリトリート等の宣伝は一切せず、日誌もろくに更新しなくなった。
 
にもかかわらず、大勢(・・・それなりにですが(^-^;)の方が参加してくれた。
 
別にキヨタカが声をかけたわけではない。
 
にも関わらずこんなにも素晴らしい方々がちょうど良い人数参加して頂き、恩寵に呼ばれたに違いあるまい。
 
ちょうど満月とも重なり、私が長年理想として思い描いていた瞑想フィールドがついに成就した記念すべきリトリートとなった。
 
今週末は、鹿児島でワンデーイベントがある。
 
このエネルギーを携えて、鹿児島の人々と一緒に瞑想出来るのが楽しみ(*^-^)

«台風と浄化

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ