お知らせ

 
 
 
 
天野清貴の本 
 
「アジズとの対話」「恩寵の扉が開くまでⅠ〜Ⅲ」「覚者を求めて」 
を販売しています。 
購入ご希望の方はリーラスペースまでご連絡ください。

ZOOMオンラインフェスティバル出展

2018年12月17日(月) by キヨタカ

 昨日、ZOOMオンラインフェスティバル2018に瞑想ブースを出展。Images
 
空いた時間では、他のイベントに参加してとても楽しい1日を過ごした。
 
これは・・・
 
東京ビッグサイトなんかで盛んに行われている見本市のブースを、オンラインの仮想空間に設ける革新的実験イベントだ。
 
Original
 
ワークショップが30も設けられた大々的イベントながら、主催者、出展者、参加者全員が自宅に居ながら(会社や散歩しながらでも可)参加できる。
 
リアルであれば、会場費、交通費、広告宣伝費等々莫大な費用と時間がかかるが、軽く見積もっても9割以上のコストと時間の削減が可能だ。
 
かつては何度もスピリチュアル関連のイベントに出展したけれど、色々と大変な割にはコストに見合うメリットがあったとは正直言って無かったかも(>_<)
 
 
  実は今回、主催者側から「参加の呼びかけ」を依頼されたのだけど・・・
 
何しろ初体験で、どうなるのか予測不能。
 
だから 無責任な勧誘をするわけにもいかない。
 
そこで日誌などにもアップせず、こっそりと前宣伝ナシで出展してみたところ・・・、
 
これが 予想外に上手く行ったヽ(´▽`)/
 
 
リアル瞑想会のフォローアップで既にズーム瞑想会は体験済み。
 
しかし今回は、全くの初対面の、しかも私の本を読んだこともない方も対象にした初めてのオンライン瞑想会。
 
にも関わらず、結構相手に伝わるものだと感動した。
 
 
他のブースも質の高いものばかりなので、これなら自信を持ってオススメできる。
 (飲み会ブースもあってチラッと立ち寄ったけど、楽しそうだった♫)
 
次回は早くも、来年の7月27日(土)に決定との事。
 
世界はVUCAワールドと化したこの時期に、来年の予定を立てると鬼でなくとも笑うだろうが・・・来年のスケジュールに記入しておいて損はない。
 
自己の源泉に到達すれば、創造的に望む世界を作れる可能性が広がるのだから!
 
(ちなみにVUCAとは Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字)
 
文字通り後の祭りではあるが、出展者インタビューを記録として張っておこう。
 

ショルダーバッグと悟り

2018年12月10日(月) by キヨタカ

 車で外出、私用を済ませて駐車場に戻ったら・・・「Img_0024_2

いつものショルダーバッグが行方不明shock

「どこかに落としたのか?」

「それとも盗まれたのか??」

町でエンジンをかけたまま数分間放置していたので、その間に盗まれた可能性も大いにある。

修善寺の田舎でさえ外國人の姿が多く見受けらる昨今。

 「日本の安全神話も地に堕ちたもんだ┐(´д`)┌ヤレヤレ」

 

非常に気落ちしつつ家に戻ると・・・

いつもの部屋にショルダーバッグを発見!

なんとそれは初めから家にあった。

無くした訳でも、盗まれた訳でもなかった。

でもてっきり失ったと思い込んでいたので、それを発見した時は無常の喜びだった。

 

『悟り』も、ショルダーバックのようなもんだろう。

失って初めて、その大切さが分かる。

発見してみると、それはいつでも我が家にあるのだけど・・・。

無いと思い込んでいたので、発見した時の喜びは何ものにも変え難い。

 

リトリート参加者からメールが届いた。

〇〇です。昨年の11月の修善寺でのリトリートを始めとし早一年がたちました。

未だ悟りの気配無し?

 

 

我が家に戻れば、絶対に発見出来る。

その我が家に戻る具体的方法が、瞑想だ。

来年の瞑想会に、申し込んでくれた。

オンライン瞑想セッションもする予定。

OOさんは、本気で探しているエネルギーが伝わって来るので、必ず発見するだろう。

なんとしてでも、探し物を再発見するお手伝いをしたいと、非常にワクワクしている。

重ね合わせの原理

2018年12月4日(火) by キヨタカ

514wag4n6ql_sx335_bo1204203200_
最近、量子力学に関する本を読み返したが、訳がわからないなりにとてもエキサイティングで面白い。     
 
中でも、電子が波か粒子かという問題は、量子論における「重ね合わせの原理」に発展。
 
当時、多くの物理学者の頭を悩ませたと言う。
 
その中でも有名な思考実験:「シュレディンガーの猫」は今でも根本的解決がなされていないらしい。
 
 
しかし人間には理解不能でも、「重ね合わせの原理」は事実であり、その原理を使った「量子コンピューター」は実用化の一歩手前まで来ている。
 
 
実はこの「重ね合わせの原理」は、物理学の原理に止まるものではない。
 
人間存在の根本原理でもあるように思う。
 
つまり・・・
 
『本当の私は誰か?」
 
を問いかける根本問題なのだ。
 
 
『衆生本来仏なり』
 
とは白隠禅師の有名な言葉だが・・・
 
衆生と仏、自我と真我、悟りと迷いは別に存在するものではない。
 
それらは「重ね合わさっている」
 
それが私達の実在だ。
 
 
しかしマインドのキャパシティーは小さいから、この「重ね合わせ」は理解出来ない。
 
マインドはコンピューターと同じく、「0」か「1」かの原理からなっている。
 
「あちら立てればこちら立たず」
 
だから、悩みがあればそれを解決しようとし、苦しみがあれば修行して仏になろうと頑張る。
 
 
しかし、よくよく観察してみれば誰でも分かるように・・・
 
「悩みや苦しみがある」とは、悩みに気づいる私があり、苦しみに気づいるいる私があればこそ。
 
悩みvs気づきは表裏一体であり、「煩悩・即・菩提」。
 
両者は「重ね合わさっている」。
 
だから悩みや苦しみがあればある程、その裏側の気づきも深くなる。
 
 
本当の幸せとは、煩悩か菩提か、どちらを選ぶかの選択による。
 
そしてそれは 、個人の自由意志に任せられている。
 
煩悩がやって来た時、それを遠ざけて菩提を目指すと、煩悩は勢いを増す。
 
煩悩がやって来た時、ああよかったこれで菩提に近ずいたと喜び感謝すると、裏と表がひっくり返って菩提が顕現する。
 
 
北風と太陽の話は、煩悩を取り除こうとするマインドとそれを受け入れて喜び感謝する魂の事を語っている。
 
我々は、煩悩のマントを着たブッダなのだ(o^-^o)
 

新宿瞑想会終了

2018年12月1日(日)by キヨタカ

 本年最後の新宿瞑想会が昨晩行われた。
 
新しく参加された方々とベテラン参加者とが、一つになって、とてもハートが満たされた瞑想会となった。
 
 
思考や感情に掻き乱されて百年生きるよりは、愛に満たされたハートで一日生きる方が優れている。
 
瞑想会終了直後に語った、 私の言葉。
 
ブッダの下記の言葉のもじりだけど・・・(^_^;)
 
愚かに迷い、心の乱れている人が百年生きるよりは、知慧あり思い静かな人が一日生きるほうがすぐれている。(法句教)
 
 
掻き乱された思考や感情は、それと戦ったり取り除こうとすると、さらに掻き乱される。
 
だからそれに囚われずに放って置くが良いのだが・・・、
 
直ぐに結果を求めたがるせっかちな現代人には、とても難しい。
 
 
しかし、『ハートを開いて恩寵の光で満たされる』という奥の手がある。
 
マインドがどんなに掻き乱されていても、恩寵の光で満たされると、直ちにマインドの影響を受けなくなる。
 
それはちょうど上映中の暗い映画館に、明かりをつけるようなもの。
 
映画館が明るくなると、映画は上映され続けてもそれは薄く白ける。
 
恩寵の光に照らされると、マインドはエネルギーを失い、掻き乱される事が止む。
 
 
それまで千々に乱れていたマインドが、瞑想会終了後は嘘ように晴れ渡る体験が、多くの参加者に起こる。
 
一人でも多くの方に、それを体験してもらいたいと願っている。
 
今回も、某ベテランの参加者が・・・
 
「調子が悪く瞑想会参加をためらっていたけど、参加して本当に良かった(*^-^)」
 
と、とても嬉しそうに語ってくれた姿が印象に残った。  
 
次回の瞑想会は、1月27日(日)を予定している。

鹿児島ワンデー瞑想会終了

2018年11月30日(金) by キヨタカ

  鹿児島ワンデー瞑想会が無事終了。
 
今回で5回目となるが、会を重ねるごとに瞑想的場のエネルギーが強くなり大きな手応えを感じている。
 
次回は、6月23日(日)を予定。
 
それまで瞑想に関する成長を維持出来るよう、ズームによる瞑想会を企画することにした。
Img_0017_2
 
 
・・・とはいえ、ズームはおろかスマホの使い方すら良くわからない方も多そうだった。
 
そこで、瞑想会終了後に有志が集まる夕食会に参加。
 
パソコンも持ち込んで、ズームのデモとダウンロードの実践を行った。
 
アプリのダンロードをした事のない方も結構いて戸惑ったけれど、とても楽しい時間を過ごした。
 
 
12月10日(月)の夜に、第一回目のズーム鹿児島瞑想会を企画を予定。
 
参加者の皆様、お楽しみに!

鹿児島から

2018年11月24日(土) by キヨタカ

明日のワンデーイベントの為、鹿児島に到着。

Img_0014_2

鹿児島空港に到着すると、素敵なメッセージが目に飛び込んで来た。  
 
近代日本の夜明けは鹿児島から

鹿児島イベントは、今度で5回目。
 
鹿児島へ来るたびに、私の意識も新しい次元へと向かう。
 
現代日本の新しい意識の夜明けは、鹿児島から始まる!!

オンライン瞑想会

2018年11月24日(土) by キヨタカ

 満月の昨夜は、ズームによるオンライン瞑想会を行なった。
 
主に新宿瞑想会参加者をメインにしているが、瞑想に関心のある方なら誰でもO.K。
 
飛び入り参加の方も数名いて、なかなか盛況だった。
 
 
最初の1時間(8〜9pm)は、瞑想が主体。
 
出来るだけ深い沈黙が起こるように、心がけている。
 
今回はなるべく沈黙時間を長くしたく、瞑想ガイドの部分をかなり端折った。
 
とても深い沈黙体験が起こったようだ 。
 
 
その後は放課後タイム。
 
時間のある方が残り、 比較的自由なシェアリングを楽しんだ。
 
今回は30分の予定が、1時間に延びて。
 
なんだか、こちらの方がメインになるような勢い。
 
 
シェアリングでは、「好きなことを仕事にする」と言うテーマで話が盛り上がった。
 
輪廻転生はさておき、この人生はたった一回限り。
 
もし本当にやりたい事があったら、迷わずそれに全エネルギーを注いで欲しい。
 
私が大企業のサラリーマンを辞めた35年前は、年功序列が当たり前の時代。
 
「浮気と転職はダメ\(*`∧´)/」と言う、いわゆる日本人的「同調圧力」が強かった。
 
 
今では価値観や働き方も多様化し、 ズームなどのITを利用した新たな仕事を自ら創造することも可能に。
 
当時に比べ、「好きなことを仕事にする」事へのハードルは10分の1以下だろう。
 
やりたい事がある人は、迷っている暇はない。
 
先延ばしにしていると、あっと言う間に還暦を過ぎてしまう!
 
 
新月に願い事をすると、願望が成就しやすいという俗説がある。
 
私の感じでは、それなりにとても深い理由がある。
 
次回のズーム瞑想会は、12月7日(金)の新月を予定。
 
創造の源泉に触れる瞑想会を行いたい。
 
希望者は、リーラスペースまでご一報ください。

アルテ

2018年11月23日(金) by キヨタカ

 私が最初の本「アジズとの対話」を出版したのが、2003年の5月のこと。
 
少数の探求者向けに、ホームページでセッション内容をアップしたところ・・・
 
「とても素晴らしいので、本を出版しませんか?」とのメールを頂いた。
 
それが、出版社(株)アルテの市村さんとの出逢いだ。
 
 
アジズとの体験を理解してくれた事が嬉しくて、即座にOKしたものの・・・
 
出版不況のご時世でもあり、いつ潰れても不思議はない。
(一説によると、中小企業十年後の倒産率は70〜90%とか(^_^;) )
 
潰れなくとも出版会社の常識として、売れない本は即座に廃刊の憂き目に遭う。
 
だから、数年後には廃刊になっても仕方ないと思っていた。
 
 
ところがそれから現在まで5冊の本を出し、現在も細々とではあるが売り続けて頂いている。
 
運が良いのは私だけではく、市村さんも相当に事業運が良いのだろう。
 
 
最初にお会いした当時は、出版会社を辞めて独立したばかり。
 
繊細で声も小さく、ちょっと頼りない。
 
「アート系出版を目指しarteと名付けた」と言うだけに、社長というよりは内向的な芸術家という印象だった。
 
 
昨日、アルテの出版関係者の忘年会があった。 
 
最初の出版打ち合わせ以来 、直接顔をあわせるのは15年ぶりだ。
 
久しぶりにお会いしてみると、非常に元気溌剌として筋骨隆々。
 
話される声も私よりも大きいくらいで、自信がみなぎっている。
 
非常に逞しく変貌したその姿に、とても感動した。Img_0011
 
 
聞けばあれからフルコンタクト系の空手を修行していて、今では空手師範を副業としているとのこと。
 
出版業も、アドラー心理学ブームに乗り絶好調の様子だ。
 
目先の損得よりも、世の中で長く読み継がれる本をずっと出版し続けてきた功徳が報われているに違いあるまい。
 
 
この日も参加者の半数以上がアドラー心理学関係者で占められ、現場で日々アドラー心理学を実践されている方々の貴重なお話が聞けて楽しかった。
 
アドラー心理学は、個人をそれ以上分割できない存在であると考え、その人にふさわしい目的に向かって行動する存在とみなす。
 
だから個人の創造力、創造性を高く評価する。
 
抑圧された心理的牢獄からの解放だけではなく、より積極的に潜在能力の開花をサポートする心理学だとも言える。
 
 
数年前は、マインドフルネスがブームだったから、その内に「覚醒系の瞑想」ブームが訪れるに違いない。
 
新しい本の出版を依頼されたので・・・
 
「時節が到来したら 必ず出します」と約束。
 
今後の楽しみが一つ増えた♫

一粒の種でも・・・

2018年11月21日(水)by キヨタカ

 
気宇壮大なヴィジョンで世界中の人々を魅了したOSHO。
 
彼のメッセージは、いまだに全く色褪せる事はない。
 
しかし、稀有壮大と大言壮語は紙一重。
 
一粒の種が、地球全体を緑にする!Tanewomaku
 ( One Seed Makes the Whole Earth Green!)
 
さすがに講話でこの言葉を聞いた時は、シラけてしまった。
 
どんなに頑張っても、一粒じゃ絶対に無理だな〜。
 
まあ、キリストや釈迦の種なら一粒でも可能だろうけど・・・
 
キヨタカと言う一粒なんて、リーラスペースの施設を緑にするので精一杯(>_<)
 
少なくとも自分に対するメッセージでない事は確かだ、と言うのが本音だった。
 
 
ところが最近、ズームを通して自己組織化の勉強を始めてから、少しものの見方が変化し始めている。
 
wikipediaによると、自己組織化とは、自律的に秩序を持つ構造を作り出す現象のことである』
 
始めはなんの事かさっぱり解らなかったけど、知れば知る程、世界は自己組織化のオンパレード!
 
138億年前の宇宙開闢の始まりから、自己組織化が起こっていると言う。
 
 
一匹の蝶が北京で羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる!
 
と言う例えで有名なバタフライ効果も、実は自己組織化のプロセスの一部を語っていた事を知った。
 
しかしSF映画やコンピューターシュミレーションでは、それもあり得るだろうが・・・
 
この現実の私がどんなに羽ばたいたって、世界に何の影響も及ぼせはしない。
 
全世界に対して、たった一人の自己である事の無力感の方が現実味がある。
 
自己組織化を知る前に、確信していた概念である。
 
 
ところがつい先日、下記のビデオを紹介されて、驚愕shock
 
例え一粒の種でも一匹の蝶でも、正しい方向とタイミングで羽ばたけば、全世界に影響を与え得る可能性が見えて来たのである。
 
百聞は一見に如かず ↓
 
 
解説の要約
 
それぞれが1.5倍になるドミノを小→大とチェーン状に13枚並べる。
 
右端の一番小さいドミノ(高さ5ミリ 厚さ1ミリ)を、ピンセットでそっと置いた結果がコレ。
 
13番目のドミノ(左端)の高さ1メートルで重さは100ポンド(45.4キロ)。
 
同じチェーンで29枚ドミノを並べると、29番目に倒れるドミノの高さは、エンパイアステートビルディングと同じになる。

ズーム革命スクール/・インタビュー

2018年11月19日(月) by キヨタカ

 「最近ズームにハマっている」と日誌に書いたが、実際にズームに関わり始めたのはちょうど2ヶ月前。
 
ネットでズームについて色々調べていたところ、「ズーム革命スクール」なる怪しいサイトを発見。
Dontclick
 
と書いてあった。
 
天野ジャク(天邪鬼?)な私はさっそくボタンを押して見た。
 
とても興味深かったので、もう少し深く学ぼうとスクールに申し込んだ。
 
するとさっそく「革命スクール」から、インタビューの申し出があったので、応じる事にした。
 
 
数日後、動画がスクール内のサイトにアップされた。
 
自分の話す姿を動画できちんと見たことがなかったので、恐る恐る見てみたら・・・
大ショックshock
 
 ズーム見て 冷や汗流す 我もガマガエル
 
瞑想を人生の最優先事項にしているつもりなのだが・・・
 
動画の中の私はなんだか落ち着かなくて、妙にソワソワしている。
 
インタビュアーの筒井氏(ジグさん)の方が、遥かに落ち着いて瞑想的な感じ。
 
対談相手は初対面だし、「革命スクール」の実態もさっぱり解らないので、落ち着き がないのも仕方あるまいと無理やり自分を納得させている。
 
しかしながら、会話が楽しかった事だけは、事実。
 
こんなところに載せるのも気恥ずかしいが、日誌だから記録の意味も込めてアップしておこう。
 
 

«ズーム革命

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ