お知らせ

 
 
 
 
天野清貴の本 
 
「アジズとの対話」「恩寵の扉が開くまでⅠ〜Ⅲ」「覚者を求めて」 
を販売しています。 
購入ご希望の方はリーラスペースまでご連絡ください。

カマキリはいいよな〜

2018年11月11日(日) by キヨタカ

車で出かけようとしたら、カマキリも一緒に行きたがっているようだった。 
Img_2090
 
カマキリはいいよな〜
 
自分で空を飛べるから・・・
 
好きな所へ飛んで行ける。
 
鳥だって、いいよな〜
 
自由に大空を羽ばたける。
 
自分は空を飛べないから、車を使わないと遠くへ行けない(>_<)
 
 
しかしカマキリも鳥も、車を運転出来ない。
Img_0235_2
 
だからと言って、人間っていいよな〜
 
・・・とは思わないはず。
 
 
自分にないものを求めて、人間はもがき苦しむ。
 
仏教では、「求める物が得られないこと」を求不得苦 
(ぐふとくく)と言って戒めている。
 
だから、「求めない」ことが大切だと思い込んでいたけれど・・・
 
カマキリも鳥も、車や飛行機を発明出来ない。
 
ないものを求めたからこそ、人間は進歩して来た。
 
だから、「求める」とは人間にとってとても大切な事なんだろう。
 
 
人は誰もがその人特有の潜在的可能性を秘めている。
 
しかし何の因果かその可能性の扉は閉まっていて、通常はその可能性にすら気づかない。
 
しかし本気で瞑想を始めると、潜在的可能性に気づき始め、それを求め始める。
 
しかしそが現実化するには、乗り越えられないように思える壁がある。
 
だからこそ、苦しい。 
 
しかし本気でもがき苦しんでこそ、潜在的可能性の扉が開く。
 
嘆き苦しむ者は幸いなり(* ̄0 ̄)ノ

時間泥棒

2018年11月6日(火) by キヨタカ

9999000103159_1l

 「ヒェ〜shock  今年も2ヶ月を切ってしまっった!」
 
「ろくに何もしてないのに、時間が足りない(^_^;)」
 
年末が近ずくと、恒例行事となっているこのお馴染みの焦燥感。
 
これって、もしかしたら「時間泥棒」に時間を奪われたせいかも知れない。
 
かなり古い映画だけれど、ミヒャエル・エンデ原作の映画「モモ」を見てそう思った。
 
 
『時間が足りない!」というこの独特の焦燥感って、一体いつ頃から感じ始めたのだろう?
 
幼稚園の頃は、そもそも「時間」というものは殆ど意識しなかった。
 
最初の鮮明な記憶は、小学校2年生の夏の終わり。
 
あと数日で夏休みが終わるのに、夏休みの宿題に全く手をつけてなくて・・・。
 
「ヒェ〜shock 」、と焦る感覚が初めて生まれた。
 
つまり小学校の低学年から、既に「時間泥棒」に時間を奪われ始めていたのだ!!
 
 
物語によれば、犯人は「時間貯蓄銀行」と称する謎の灰色の男たち。
 
時間が盗まれた人々は心の余裕を失ってしまうが、不思議な力を持つ少女モモの活躍で、灰色の男たちをやっつけて奪われた時間を取り戻す。
 
物知りの評論家によると、「灰色の男たち」とは「利息」の事であり拡大再生産をベースとした現代の「貨幣経済」の矛盾を突いた物語だと言う。
 
『童話作家が純粋無垢な子供達に対して、そこまで突っ込んだ物語を書く訳ない!』
 
とツッコミを入れたくなるけれど、・・・作者のミヒャエル・エンデ本人がその事を認めているらしい。
 
 
しかも、時間を取り戻す方法が凄い!
 
「時間の領域の外の世界」にある「どこにもない家」に入り、時間を管理するマイスター・ホラに出会う。
 
そして、なんと・・・
 
『時間を止める』
 
と言う奇想天外な大作戦を決行するのである!!
 
 
「灰色の男たち」は、他人の時間を奪うことで生き延びている。
 
時間が止まってしまい時間を盗めなくなった結果、持っている葉巻が無くなると同時に消えてしまい、めでたく時間を取り戻すのである。
 
「時間の領域の外の世界」とか「どこにもない家」とか、「時間が止まる」とか・・・
 
これって、まさに瞑想そのものの世界ではないか(@Д@;
 
私もさっそく目を閉じて瞑想に入り、めでたく「時間泥棒」から時間を取り戻すことに成功した(*^-^)。
 
 
もし小学校2年生の夏休みにモモを読んでいたら・・・時間に追われる焦燥感に悩む必要のない悠々自適の人生を送れたかも・・?
 
しかし、おそらく小学生の時に読んでも理解不能だったろう。
 
そもそも学校というシステムそのものが、実は時間泥棒の一味だったとは、親はもちろん学校の先生ですらご存知あるまい。
 
ましてや子供がそれを知る事は不可能に近い。
 
無知は、無知故の苦しみを体験してこそ、初めてそこから抜け出す事ができる。
 
だからこの長年に渡る焦燥感も、その為に必要な体験だったと言える。
 
 
時間泥棒を生み出す資本主義社会は、個人の意識を超えた集合的無意識の領域に深い影響を及ぼしているから、そこから抜け出すのは容易ではない。
 
還暦を過ぎてなお、初めて条件ずけされていた事に気づくことが多々あり、自分でもびっくりする事が最近多い。
 
時間泥棒に奪われていた時間の事も、それが条件ずけだと言うことが明確になったのはつい先日の事。
 
精神世界の成長の遅さにウンザリしそうになるが・・・「還暦を過ぎてなお成長し続けている」とポジティブに捉えよう。
 

お知らせ(新宿ナイトイベント)

2018年11月5日(月) BY キヨタカ
 
新宿ナイトイベントに参加されている方に、下記のご案内を送付しました。
 
お知らせを受け取っていない方で必要な方は、ご一報ください。
(参加していなくてもO.Kです。)
 
* * *
 
新宿瞑想会に参加して頂き、有難うございます。
 
早いもので、今年もあと2ヶ月を切りました。
 
本年最後の新宿瞑想会を12月1日(土)に行います。
 
思考や感情の背後にある意識の源泉と繋がり、
愛と平和と喜びに溢れた人生を送りましょう!
 
*ところで瞑想会でお話しした通り、新月と満月の夜にオンライン瞑想会を
 行っています。(ZOOMを使います)
 お楽しみに♫
  (実験中のため無料です!)
 
方式:ZOOM
日時:新月 11月8日(木)20時〜21時、
   満月 11月23日(金)20時〜21時
 
既にパソコンやスマホ等にzoomを登録している方は、「参加」をクリックして
  ミーティングID:200 991 571を入力します。
 
初めての方は、開始15分前(午後7時45分)に、下記のURLをクリックして下さい。
 
パソコンの方は自動的にダウンロードが始まり、zoomに入れます。
 (スマホ、タブレットの場合、事前にzoomアプリのダウンロードをして下さい。)
 
上手く行かない方は、当日電話(090−7304−8812)を下さい。
 
その時に、入り方をお伝えします。
 
それでは、ズームでお会いしましょう!

コヒーレンス

2018年10月27日(日) by キヨタカ

 昨日、新宿ナイトイベントが無事終了。
 
最近は瞑想を長年続けておられる、いわゆる「濃い」メンバーが多く参加される傾向にある。
 
こうした方々と座ると、こちら側からあえて何かする事をしなくても、とても深い瞑想状態がひとりでに起こる。
 
昨日の瞑想会でも、それが起こった。
 
 
一人で瞑想しても、高次元の意識と繋がりが起こるのは稀だ。
 
しかしながら真摯に真実を求める人々が一緒に瞑想をすると、お互いの瞑想的波動が共鳴して、とても高い次元に簡単にシフトする。
 
この現象は、瞑想のシンクロニシシー(共時性)とかレゾナンス(共鳴)と呼ばれている。
 
 
これと同じようなことを意味する言葉として、最近「コヒーレンス・coherence」という素敵な言葉に出会った。
 
元々は物理学の基本的用語で、「光の波の位相の揃い具合、すなわち、干渉のしやすさ」を言うそうだ。
 
例えばレーザーは光線が「コヒーレンス/可干渉性」であるため、莫大なエネルギーを生み出し月まで届くことが可能だ。
 
一方、電球の光はコヒーレンスが低いので、力が弱い。
 
 
瞑想を長年続けていると、とても元気になる。
 
特に昨日の様にみんなで一緒に瞑想すると、文字通り月まで届きそうなくらい、とてもパワフなエネルギー状態となる。
 
この神秘的な現象を、今まではレゾナンス(共鳴)という言葉で捉えていたけれども・・・
 
今の私には、コヒーレンスという言葉がとてもしっくりくる。
 
 
人は誰もが、「気づき」とか「意識」の光を始めから持っている。
 
しかしながら、通常は意識が無数の外側の状況(様々な思考や感情)によってかき乱され散乱し、気づきの光は限りなく弱い。
 
ところが瞑想を続けると、気づきの光の波の位相が揃い、とてもパワフなものになる。
 
ただ存在しているだけで感じるこのパワフルさとは、意識がコヒーレンス状態にあるのだと、すごく納得している。
 
 
この物理学用語のコヒーレンスという言葉を、精神世界で最初に使った人物がデヴィット・ボームだ。(・・・と思う^^;)Unknown
 
量子力学と精神世界は驚くほどの共通性があるが、その先駆けとしてとても有名な人物。
 
残念ながら瞑想の世界にダイレクトに飛び込むことはなかった。
 
そのかわり、対話(Dialogue)を深く探求し、クリシュナムルティとの対話集も多くある。
 
日本でも「時間の終焉」というタイトルで翻訳され、私も30年以上前に瞑想に関心を持ち始めた頃に夢中になって読んだものだ。
 
ボームによれば、対話を通してコヒーレンス状態になれば、社会の分断が終わり一つになるとまで言うのだか・・・
 
少なくとも、瞑想を通してコヒーレンス状態になれば、意識の分断は終わる。
 
私と言う意識は一つにまとまり、とても幸せな状態になるのは間違いあるまい。

U理論(Theory of U)

2018年10月4日(木) by  キヨタカ

『これは凄い本だ! 世界が変わるぞ!!』

41s9g9brjil_ac_us400_ql65__2

 
そう思える本は滅多にないが・・・
 
オットー・シャーマー著『U理論』は、
それに該当するかも知れない。
 
一応経営学のカテゴリーに属するが、そんな分類はナンセンス。
 
読者は、混迷の極みの世界情勢から抜け出す鍵をこの本から見出すだろう。
 
新しい世界を創造しようとする人々にとって、『21世紀の指導原理』的役割を果たすに違いない。
 
だから、凄い。
 
 
ここで説かれている理論はとても奥深いが、単なる学者が説く机上の空論ではない。
 
既に世界中の人々が熱心に読み込み、ベストセラーとなっているそうだ。
 
実際に様々なビジネスや組織運営等々で幅広く応用され、様々なフィールドで大きな成果をあげつつあるらしい。
 
 
スピリチュアル方面へのアンテナはかなり幅広く張り巡らせていたつもりだが・・・ 
 
経営とか組織論への関心が薄かったせいもあり、その存在に全く気付かなかった。
 
一生の不覚shock  
 
もうすこし早くこの本に出会っていたら・・・(ρ_;)
 
とは思うが、今まさにベストのタイミングで出会うべくして出会った本なのだろう。
 
 
読んでいる間に、自分の意識がどんどんとクリヤーになっていくので驚く。
 
何が凄いのかと言うと、個人の意識変革と、組織ひいては世界の変革の壁を取り払い、個人が積極的に新しい世界を創造していくための具体的ツールが明確に示されている所だろう。
 
ニュートン力学から量子力学へのパラダイムシフトが、ようやく我々の具体的生き方に肯定的に影響を及ぼす可能性が垣間見えるのだ。
 
 
私の瞑想会では、意識の光を(プレゼンス・ビーイング・ハート)と3つに分けて
段階的に自然に源泉へと導かれるようにしている。
 
それがなんとU理論の要となっている点も凄すぎて涙が出そう゚゚(´O`)°゚
 
 
残念ながら500ページと恐ろしく分厚くて学術的引用も多く、かなり気合を入れないと一気に読破するのは難しい。
51qnreilagl_sx350_bo1204203200__2
 
その結果、本当はとてもシンプルなのに、U理論を非常に複雑に感じさせてしまう。 
 
 
その欠点を補うべく出版された本が、「マンガでやさしくわかるU理論」
 
U理論が実践的応用も踏まえ、 とても良く噛み砕いて 説明されている。
 
時間のない方には、こちらの方がオススメだ。
 
 
たっぷりと時間と熱意のある方は、「出現する未来」も読むと面白い事この上ない。

5122pnajkcl_ac_us400_ql65__2

U理論が成立するまでの背景が、ストーリー形式で見事に描かれている。  
 
とてもスリリングで、私が映画監督だったら早速映画化の交渉に乗り出すところだ。
 
オットー・シャーマーを含む4名の学者の対話がベースになっているが、私がイメージしていた「学者像」が完全に見事に破壊されてしまった。
 
彼らの妥協なき真理追及の鋭さと誠実さに、心が打ち震える。

教えない

2018年9月29日(土) by キヨタカ

瞑想を本格的にリードし始めて10年経過。
 
お陰で、(瞑想に関しては)ほぼどんな質問でも明確に答えられるようになった。
 
質問した方々も、
 
「キヨタカさんの答えは、明晰でとても分かりやすいです」
 
と異口同音にフィードバックして頂き、まんざらでもなかった。
 
『しかしそれではダメだ!』
 
と、最近しみじみ思う。
 
 
瞑想とは、意識の光を育む事。
 
そうすれば、暗い夜道を歩んでいてヘビに出会っても大丈夫。
 
我々の恐怖の大部分は、ロープをヘビと見間違っているからに過ぎない。
 
意識の光を照らして見れば、我々が恐れるヘビの殆どが単なるロープだったことに気づき、大笑いする。
 
私が今まで瞑想会の中で伝えてきた事の多くは・・・
 
自分の懐中電灯を相手の問題の領域に照らして、
 
「ほらよく見てね。ヘビじゃなくてロープでしょ!?」Large
 
と励ましたり・・・
 
懐中電灯の付け方を、プレゼンス・ビーイング・ハートとわかりやすい段階を踏まえて説明していたように思う。
 
 
言われた方は、
 
「分かりました!」
 
「感激しました!」
 
と答えてはくれるけれども、それでは本当に相手が成長することにはならない。
 
 
本当の成長は・・・
 
相手が自ずから自分の懐中電灯を照らして、ヘビを単なるロープと見抜ける力を持つことで起こる。
 
だから、これからは瞑想会のリードの方法をドラスティックに変化させる事にした。
 
「もう教えるのはやめよう!」
 
 
そう意識した途端に・・・
 
まさに私が直面していることが明確に書かれているビジネス書
                            (鮎川詢裕子著:最高のリーダーほど教えない)
 
に出会い、「目から鱗」の体験をした。
 
51qzhkouccl
 
「今・ここ」に寛ぐ事がモットーの瞑想世界と、
 
「売り上げをあげてなんぼ」のビジネス世界は、
 
縄と蛇以上に違うと思い込んでいたが・・・
 
実は、相互補完的なものである事に今更ながら気づき始めている。
 
これからどうなるか、楽しみ♫

新宿瞑想会終了〜量子的飛躍〜

2018年9月25日(火) by キヨタカ

 中秋の名月の昨晩、新宿でナイトイベントが行われた。
 
これは、リーラスペースの瞑想会が次のステップへ進化し始めた最初の一歩だと私の中で確信がある。
 
私の内面では『量子的飛躍』と言っても過言ではない大きな第一歩だ。
 
外側から見ると量子レベルの目に見えない変化だが、それでもなお確実な飛躍があった。
 

Sisuukannsuu

 
瞑想会を本格的にリードし始めて10年。
 
様々な試行錯誤を繰り返した結果、ようやくにして限界を突破!
 
今後リーラスペース瞑想会では、指数関数的なカーブを描いて参加者の目覚めが起き始め、やがて人類の意識進化に大いに貢献することになるでしょう(*^-^)
 
具体的な内容は、瞑想会等で徐々に明らかにします。
 
 
・・・な〜んて言うと、『絵に描いた餅』と笑われるのがオチなので、これ以上書くのはヤボと言うもの。
 
とにかく、とても楽しいイベントでした♫
 
次回は10月27日(土)を予定しています。
 
満員御礼とならぬよう、予約はお早めに!!

人を教える才能

2018年9月16日(日)  by キヨタカ

 『生きている喜び』とか『存在する喜び』
 
覚者方が口を揃えて語る事だが、それはさておき・・・
 
 
『一体何が人生にとって大きな喜びか?』
 
は人により千差万別。
 
私の知り合いの一人曰く、「酒を飲んでいるときが一番幸せ・・・」だそう(^_^;)
 
それはそれで、 多様性ある人間の素晴らしいところだ。
 
 
私の場合、「自分の潜在的な可能性が現実化した時」が一番幸せだし、今後ともそうだろう。
 
過去を振り返ると・・・
 
『英語が話せる様になった時』『柔道で初めて一本背負いを決めた時』『エリーゼの為にがピアノで弾けた時』『初めてガールフレンドが出来た時』などなど、
枚挙にいとまがない。
 
 
 
勉強でもスポーツでも、はじめから天賦の才能を発揮して、直ぐに才能を開花出来る天才肌の人が世の中には大勢居る。
 
しかし私の様な凡才は、他の人の何倍も投資してようやく出来るようになる。
 
そんな私は、子供の頃から才能溢れる人がずっと羨ましかった。
 
子供の頃は音楽家になりたいと思ったが、「モーツアルトが5歳で作曲した」と言う話を聞いて大ショック! 音楽家を志すのを諦めた事もある。
 (もう10歳なのに、とても敵わない・・・(>_<) )
 
 
ところが最近は、才能溢れる人をあまり羨ましいとは思わなくなった。
 
人より才能がないのに努力して結果が出る様になった人は、才能がない分だけ人に教える能力が培われるのではあるまいか?
 
そう考えると、瞑想の天才であるOSHOやフーマンが瞑想を教えるのはもちろん素晴らしい事だが・・・
 
「煩悩具足の凡夫」の私の瞑想指導を通して、彼らが救えなかった「普通の人々」に瞑想を伝えられる可能性をヒシヒシと感じるのだ。
 
最近、下記のTEDのビデオを見て、その思いがさらに強まっている。
 
 

鹿児島ワンデーイベントのお知らせ

2018年9月6日(木) by キヨタカ

 猛烈台風が過ぎ去った途端に、今度は大地震shock
 
地球的規模で起こる天変地異に備える唯一の根本的対策・・・
 
それが瞑想だ。
 
 
挨拶文の一部です。
 
<ごあいさつ>
 
猛暑に台風、地震、噴火、異常気象、等々・・・

人類の滅亡を危惧させるような地球的規模での未曾有の天変地異は、決してネガティブな側面だけではありません。

新しい人類の意識を目覚めさせる為の、宇宙のサポートと捉える事も可能です!

ちょっとキツ過ぎるサポートですが・・・新しい意識が目覚める代償として形骸化した既存の形は壊れて行く運命にあるのです。
 

そのプロセスの途上で起こる様々な痛み、混乱、絶望感等を上手に乗り越え、

新しい意識を目覚めさせる唯一の方法、

それこそが、瞑想です。

 

今までは瞑想の"準備"としての側面が主でしたが、今年からはいよいよ瞑想へ"飛翔"する時期を迎えました!

瞑想に関心のある方は、ぜひともこの機会に一緒に瞑想して"生きている喜び"を味わいましょう!
 
・・・

感謝についてのシェア〜瞑想会の感想

2018年8月31日(金) by キヨタカ

 8月も今日が最終日。

相変わらず暑いけれども、どことなく秋の気配が漂い始めた。

夏から秋へと季節は巡り、瞑想会で満月だった月も、今は半分くらいに・・・

 

壮年時代を満喫している人間もまた、やがて老年期となり消え去る運命にある。

まだ三日月くらいの青年時代は、夢や希望を抱いて満願成就を願うのも成長にとって大切なプロセスだ。

しかしやがて迎える満月のピークを過ぎ去れば、否応無しにエネルギーは下降線を辿る。

好むと好まざるとに関わらず・・・

不可逆的に起こる時間の流れ、それこそが宇宙の摂理だ。

 

『新月の時は願い事をすると良く、満月の時は感謝するのが良い』

とニューエージではよく言われるが、なかなか理に叶っている。

新月の時に足りないものはどんどん満たされるが、満月を過ぎれば失うばかり。

足りないものを追い求める代わりに、既にあるものに感謝する事で、人生は最後まで満ち足りたものとなる。

 

そこで、先日の瞑想会のシェアリングでは、『感謝している事』について語ってもらった。

『ただ生かされている事に感謝している』人から、『感謝出来る事なんか一つもない』と正直に告白してくれた人まで様々な反応があり、とても感慨深い。

別に感謝出来るのが良いとは思わない。

感謝出来る事が例え一つもなくても、それに気づけるかどうかがポイント。

それに気づけなかった人も、気づきのない事に気づいたところが素晴らしい!

 

最近とても熱心に瞑想会に参加して頂いているAさんから、瞑想会の感想メールを頂いたのでシェアします。

 

「* * * Aさんの感想 * *

キヨタカさん、こんにちは。
 
先日は新宿ナイトイベントでお世話になり、どうもありがとうございました。
 
 
満月の日で、感謝についてのシェアをしてからの瞑想で、またたくさんの気づきがありました。
 
私はシェアの時に、普段、感謝をしていないと言ってしまいましたが、
本当はいつも周りの人達に感謝しており、無力な自分は生かされているなぁ、と思いながら生活していました。
 
なぜ感謝していない、と言ってしまったのか、ずっと気になっていましたが、ようやく見えてきました。
 
いつも不安を感じたり、自信のない時に、他人の言う事ばかりに耳を傾け、
本当は自分の内側でたくさん何か言っている子がいるのに、何も聴こえない振りをしていた事。
 
その子はちょっとユニークでクレイジーな子だから、社会の中ではあまりにも規格外だから、世に出してはいけないと思っていた事。
 
でも実は本来の自分はその子で、今まで自分だと思っていたのは、社会の中で一生懸命がんばって無理していた自分だという事。
 
いない事にしていた、強烈な子をリアルに生きる事が本来の私の生きたい事だと気づきました。
 
新宿ナイトイベントに参加して、気づきが起こった事に感謝です。
 
先日帰宅後にアマラのFBアカウントにも、少しシェアを投稿しました。
 
また瞑想会に参加する時は、どうぞよろしくお願いします。
 
By A

«ナイトイベント(8月)

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ