« 防御をやめたら | トップページ | 行動の変化の秘密(1) »

雪もいいけど…

1月22日(火)曇り by ヨガビジャ

きのう降りしきる粉雪の中、キヨタカの「大丈夫!」の声を(半分)信じて、行きつけの温泉「ほたる」に行きました。

なにもこんな雪の日に、、と思ったのですが、キヨタカはかねてから最近できた「こたつ付き個室/3時間¥1,500-」を利用して、「恩寵の扉が開くまで」を執筆したがっていましたら、これは行くしかないな、ということで。。

我が家はすでに8センチほど積雪していましたが、駐車場を出てすぐの急な坂道には轍ができていて、危なげなく車で降りる事ができて、無事「ほたる」に到着。

広い駐車場には車が1台。
「今までで一番空いてるね!」と喜び勇んで入り口に行ったら立て札が。


『源泉供給停止のため本日は3時で終了します』


えっ? 聞いてないよ。(・・?)  


せっかく玄米おにぎりとおかず作ってきたのに。。。


仕方ないからそのまま久しぶりに湯ヶ島温泉の「テルメいづみ園」に向かいました。ここも源泉掛け流しのお風呂で露天風呂もあります。

ほとんど貸し切り状態で内湯と雪の露天風呂を楽しむ事ができました。
ここのお湯はいつも熱めですが、さすがに今日は温度が低めでゆっくりお湯に浸かることができました。

お風呂から上がり休憩室でおにぎりを食べ、3時間の制限時間になったので「そろそろ帰る?」ということになり、来る時より激しくなった雪の中を家路へとつきました。

修善寺温泉街から坂を上り、T字路の信号を右折、次を左折して更なる坂道を上ろうとしたら、、、


タイヤが空回りして上りません。(T_T)


ここは一昨年の雪でも何台もの車が上れず、路上に数珠つなぎになっていた場所です。

その時私たちはヘルプする側だったのですが・・・。

今年は我身。(;-_-) =3

何度試しても車はズルズルと下がってしまうのでそのまま諦め、180度反対側のかんぽの宿に向かう比較的緩やかな坂道の左端に寄せて車を止め、停止表示機材ととも放置して、歩いて家に帰りました。

私たちの予想では、この坂は上り切り、最後のもっと急な坂は上れないだろうから、その時はゴミ集積所横の空き地に止めておこうと思っていたのですが、、読みが甘かったです。。


・・やっぱりキヨタカの「大丈夫!」は大丈夫じゃない・・・ ( ̄⊥ ̄)


200801220733001←富士見荘キッチンからの眺め。
 白い空に白い富士山が浮かんでいるのですが、
 写真には写りません。幻想的です・・。
 そして富士見荘の玄関前には雪のバリケードができてます。
何年か前のイベントで雪が降ったとき、東北地方出身の参加者の方がせっせと雪かきをしてくれて、人が通る通路を確保してくれたことを思い出しました。
名古屋出身の私には思いもよらないことです。
(今回誰も雪かきをしないから、私はキヨタカの大きな足跡を通っています)

« 防御をやめたら | トップページ | 行動の変化の秘密(1) »

コメント

え?伊豆って雪ふるんですか?
3月の頭とかも寒かったりするんですか?

プージさん

伊豆っていっけん暖かそうなイメージがありますが、それは下田や南伊豆の辺りのことで、天城なんかはかなり寒いし、修善寺も比較的寒い方です。
去年は3月の頭に雪が降りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 防御をやめたら | トップページ | 行動の変化の秘密(1) »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ