« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

ひとりの夕食

3月31日(月)雨のち曇り by ヨガビジャ

キヨタカがいないと、食事は手抜きになりがちなんですが、
今日は冷蔵庫にセロリとバジル、キャベツ、ニンジンがあったので、
野菜いっぱいのミネストローネスープにしてみました。

そしてタマゴもたくさんあったので、久しぶりにチーズオムレツにしてと、、。
ほんとうはおかゆをリゾットにリメイクするつもりだったのだけど、
作っていたらお腹が空いてきたので、
そのままジャパニーズ・リゾット(おかゆ)のままで。。


200803311849000←今日の夕食。
 ミネストローネスープ、おいしかった。
 やはりセロリとバジルがあるとそれだけで本格的。
 チーズオムレツは作っている最中にキヨタカから電話が
あり、携帯電話を片手に作っていたから形が変。。
おかゆはおかゆ・・。

しかしですね〜、、こう毎日おかゆを食べていると、
保温ジャーに入った残り少ない酵素玄米が、日増しに乾燥していくんですよね。きっとこの玄米の行く末も、おかゆなんだろうなあ。。

でもね、数日前の日誌に書いた、おかゆのお好み焼きがかなりイケルので、
けっこう平気かも。

200803291047000←これ、すでに3回目に作ったもの。
 残り物の豆腐も少し入れて、多めのオイルで焼きました。
 洗濯物を干していて、慌てて戻ってひっくりかえしたら、
 ちょっとこげちゃったけど、
 このおこげがパリパリしておいしかった!のです。
 ハンバーグみたいでしょ??

静寂

3月30日(日) 曇り時々雨 by ヨガビジャ

遅めのお昼ご飯を食べた後、眠たくなったので少しお昼寝をするつもりが、
目が覚めたのは18時。

ここのところゴールデンウィークの広告を作る(←遅すぎ!)ので、
夜寝るのが遅く、不規則になっていたので、やむ得ないか・・。

布団から出たらそこはとても静かでした。

キヨタカがいないこともあるけど、なんの音もなく、
桜の淡いピンクや濃いピンクが
あちらこちらに点在する街を見下ろすと、そこは春雨にけむり、
しっとりと佇んでいます。

まるで時間が止まり、世界に私しか存在しないかのよう・・。

下界(温泉街)は、桜を楽しみにきた観光客でにぎわっているはずだけど。

たまにここは不思議な空間に感じられることがあります。

200803301043000←富士見荘のキッチン前からの景色。
 手前の白いモクレン、奥の桜、その奥に富士山が
 見えるのですが、今日はあいにくの曇り空。
 モクレンの枝に、黄色ものが見えますか?
 鳥さん用の柑橘が刺してあります。

春爛漫

3月29日(土)晴れ by ヨガビジャ

富士見荘のキッチンから見える、モクレンの白、淡いピンクの桜、
青空に白い雪をまとった富士山がきれい〜〜。。。

ほんとうに見とれてしまいます。
今ここの庭は写真におさめきれないほどのお花でいっぱいです。

200803291348000←桜。
 まだ植えて間もない小さな木ですが、
 かわいいピンクの花をたくさん
 咲かせています。
 
200803291352000←水仙と名前を忘れたピンクの花。
 このピンクの花、ダリヤだと思っていたら
 違うらしくて。
 ちゃんと名前を聞いたけど
 また忘れちゃいました。
 
 
200803291018000←これはなんでしょう?

 答え)モクレンの枝に刺した庭の柑橘。
 ひよどりやカラスが来て食べています。
 キレイに完食♪

 モクレンの花が満開になったら、
 見つけにくいだろうなあ〜。。
 

おかゆ

3月28日(金)晴れ by ヨガビジャ

リトリート明けって、食材がたくさん残っていて嬉しいのだけど、
そろそろ飽きてきたかな〜・・って感じているのが「おかゆ」。

私はもともとおかゆが好きですが、キヨタカはあまり好きじゃなくて、、。
ひとりでは食べても食べて減らないんです。。

だからきのうから、「おかゆのリメイク」料理を考えていたら
ヴィジョン(←最近のマイブーム)がやってきました。

「お好み焼きにしちゃお♪」っと。

ボールにおかゆを入れ、そこに刻んだねぎと
残り物の桜エビを入れてかき混ぜます。

この後、小麦粉か卵か、どちらを入れようか迷っていたら、
キヨタカに話しかけられ、別件の用事を済ませてキッチンに
戻った時には、きれいさっぱりそれまでのことは忘れていました。

・・で、迷わずそのまま弱火にかけたフライパンに流し込み、
パソコンに向かいました。

5分くらい経ち、そろそろ裏返せるかな?と思って、
フライ返しでひっくり返そうとしたら、ふにゃふにゃで形になりません。


一枚目、もんじゃ焼きのできあがり。(T_T)

味は桜エビ風味のおかゆでした。。


気を取り直して、小麦粉を入れ再度チャレンジ。

5分ほどして様子を見たら、おお〜! 固まってる〜♪

ひっくり返したら、こんがりとおいしそうな焦げ目が付いていました。


200803281004000両面焼いて、完成図はこちら。

おたふくソースとマヨネーズをかけてみました。
見た目はイマイチだけど、とってもおいしい!!
 
これならと、
「ねえ、ねえ、おかゆのお好み焼き食べない〜?」と、
キヨタカに持って行ったら、

最初はイヤそうな顔で渋々という感じでしたが、一口食べたら、
「これ、おいしいねっ! 今まで作った中で一番おいしいよ!!」

やったあ〜〜。o(^-^)o

これで後、1日か2日でおかゆが捌ける!って思ったら・・・
キヨタカ、明日からまた出かけるんだった。。

だれかおかゆのリメイク料理を教えてください。

ゼラニウム

3月27日(木) 晴れ by ヨガビジャ

最近はお庭のお花の写真が多いけど、うちの鉢植えも花を咲かせています。 
 

 200803272058000←これ。ゼラニウム。

  以前1ヶ月留守にした時は、
  完全に枯れたかのように見えたのに、
  一枝の挿木でここまで大きくなりました。
  うちの鉢植えの中で1番の古株で、
  1番手のかからない子です。
 
うつむいた小さなつぼみが、頭をもたげるように上を向き、
花を咲かせます。 見えるかな。(^-^)?

すごい天気

3月26日(水)曇り一時「雹(ひょう)」のち晴れ by ヨガビジャ

そうなんです・・。

今日は突然「雹(ひょう)」が降ったんです!
それも、直径5mm〜15mmくらいの大きさの。
あんなの、4?年生きてきて初めてです。

降ってきた時、私は富士見荘の玄関の軒下で見ていましたけど、
スタッフのYさん、そんな「雹」などものともせず、
デジカメ片手に芝生に出て行って写真を撮っています。。

思わず私「あぶないよ、Yさん、おっきいのが来たらどうするの?!」
と声をかけましたが、聴こえてないのかな?
かなり夢中??

実は私、数年前に映画「デイ・アフター・トウモロウ」を観たんです。

全世界で異常気象が観測される場面。
日本(東京?)では、スーツ姿のビジネスマンが街中で自宅に携帯で電話を
していた時、雹が降り始め、その彼の頭を特大の雹(直径20cmくらい?)が直撃。
そのまま倒れ込んでしまいました。
この場面が脳裏にあったので、私は雹の降りが弱まるまでけっして外には出ませんでした。。

そういえば、早朝には雷も鳴っていたんですよ。
なんかすごい一日でした。

これってうちだけ。(・・?)  

200803261616000←大好きなモクレン。
 雹で少し花びらが痛んでしまったけど、
 まだまだきれいです。
 リトリート中、あっという間に開き始めました。
 青い空に憧れて、舞い上がっていきそうな白い花々。
 

200803261618000←雪やなぎと水仙。
 雪やなぎも大好き。
 水仙は他にも大きくて黄色い
 ラッパ水仙とかも咲いてます。

 
 
200803261618001←ヒヤシンス(ピンク)
 とってもかわいいピンク。
 本館前には紫のも咲いています。

 今一年で一番お庭がにぎやか。
 毎日近所のネコもお散歩にきます。
 ひよどりやカラスもモクレンの枝に
 刺したみかんを食べにきます♪

ヴィジョン

3月24日(月) 雨のち曇り by よがびじゃ

今年初めてのインナーライトリトリートが終わりました。

今回私は風邪気味で咳が出やすかったので、静かな瞑想の時はのどあめを舐めていましたが、2日目辺りからとても深く静寂の中へと入ることができました。

普段はあめを舐める習慣はありませんが、のどあめの効果が絶大だったので信頼して瞑想の度に口に含んでいました、が、、。

急にのどがイガイガすると思ったら、「・・(は)ーくっしょん!」
押さえる事ができませんでした。

思わず、口からあめが飛び出さないように咄嗟にうつむいて口を押さえ、ことなきを得たのですが・・.

その直後ヴィジョンが来ました。

私の口から飛び出したのどあめが、円陣で私の正面に坐っているAさんを直撃!

私、たまに考えるでもなく、こんな光景がいきなりビジュアライズされてやってきます。

今度はそのヴィジョンからくる笑いをこらえるために口を押さえました。


・・・・・( ̄⊥ ̄lll)・・・・・ これじゃ悟るわけないよね。


案外本当にのどあめがAさんを直撃していたら、ショックで彼が悟ったかも。。

・・などと考えている時点で100%悟りっこない、よね?


 200803231535000←そのAさん作:よもぎ黒ゴマきな粉もち・
         こしあんのせ・りーら・リトリート風
 リトリートのティーブレイクにはいつもなにを出そうか?
 と悩みますが、これまでのどんなお菓子よりもおいしい、
 愛情のこもったやさしいデザートでした。
 ほんとうにおいしかった。φ(^o^)

デリカシー

3月18日(火) 晴れ by ヨガビジャ

今日、ゴミを捨てようとキッチンのゴミ箱のフタを開けたら、

200803181954000←これが捨ててあった。
 気楽の会から生き残っていたカーネーションと雪やなぎ。
 カーネーションはまだまだきれいだし、
 雪やなぎは日増しにつぼみが膨らんで
 白い花を咲かせるのを楽しみにしていたもの。。
 玄関に活けておいたのだけど、
 キヨタカに捨てられたらしい・・。

 デリカシーなさ過ぎ。(−_−メ) 

花粉症?

3月18日(火)晴れ by ヨガビジャ

カゼは治りましたか?との、お気遣いのメールをいただいています。

カゼから花粉症へと移行したのかな?と思っていましたが、
どうもそうではないみたいです。
鼻水はほとんど止まって、咳がたまに出るくらいで。。
あのまま水のような鼻水がこの先1ヶ月とか続くなんて、
死にたいかも?とまで思ったから、
花粉症じゃないとしたら、ラッキー♪

・・と思っていたら、キヨタカがきのうコンタクトレンズの検診の
為にいつもの眼科に行ったら、花粉症の薬を処方されて帰ってきました。
花粉症なんて話してないのに。

眼科って花粉症まで網羅してるの。(・・?) 
オマケに検診に行くのを1年以上さぼっていたから先生から叱られたらしい。

ま、ころばぬ先の杖じゃないけど、症状が悪化してからでなく
普段から予防医療を心掛けておきたいですね。

小春日和な忘れ物

3月16日(日) 晴れ by ヨガビジャ

今日はぽかぽかと暖かい小春日和です。
朝から洗濯をして、今度のリトリートに向けて布団を干し始めました。

そんな私を尻目にキヨタカは久しぶりに海に行くべく、ウィンドサーフィンの道具一式を富士見荘横の階段の途中まで運んで置き、自分はそのまま手ぶらで駐車場へと向かいました。

(これは、ここの庭をケアしてくれているNさんに対するカムフラージュ行動。
「ボクは海に遊びに行くんじゃなくて、ちょっと用事ででかけるんですよ♪」の意図を表すが、それがNさんに伝わっているかは不明。)

私は一通りの作業を終え、今日の日誌用に庭に咲いているお花の写真を撮り始めたら、坂道を降りてくる車の音。

キヨタカの乗ったうちのイプサムです。


まさかウィンドの道具、忘れていかないよね〜・・? と、思ったら、、

あ〜〜、富士見荘の階段前を通過して行っちゃった。( ̄□ ̄;)!! 
あっ、左折した。。。


以前も、海に着いてから「道具忘れた…」の電話があったので、安易に予想できるのですが・・。
期待を裏切らないところがカワイイかも♪(←呆れ通り越し)

海まで行っちゃったら可哀想だから、携帯に電話して知らせてあげようとしたら、「ただいま電話に出る事ができません・・」とのアナウンス。

(携帯も忘れたな。(−_−メ)

ま、私としてはやることはやったので後は放置。

すると5分後に戻ってきました。


キヨタカ:「道具忘れちゃった!」

よ が び:「携帯に電話したけど、留守電聞いたの?」

キヨタカ:「あっ!携帯がない。どこだろ?ちょっとボクの携帯にかけて!」

よ が び:「今朝は2階の部屋の踏み台の上にあったよ…。(;-_-) =3 」


リーラスペースの小春日和な一コマでした。


200803161147000←富士見荘前の芝生にある梅の花。
 白とピンクが一緒に咲いていて 
 きれいです。
 今日は特に青空に映えてるしね。


200803161146000←梅の木の根元に出て来たクロッカス。
 黄色いのが終わり、
 今はこのブルーがたくさん咲いてます。
 花が咲いてくれるだけで、
 ほのかにしあわせです。
 花ってえらい。

はな、ハナ、花

3月14日(金)雨 by ヨガビジャ

先週末カゼをひき、病院でもらった薬でなんとかカゼの症状を抑え、
実家に行き戻ってきました。

日誌にも書いたとおり、薬を飲んだら症状はすぐに収まったかに
みえたのですが…
背中の痛みはとれたものの、鼻水と咳はひどくなっていました・・。

もしかしてカゼからそのまま花粉症へと移行したのでしょうか??

これで私もついに花粉症デビュー!?と思ったのですが、
今は鼻水が止まり、あとは咳が少しでるくらいになっていて。。

今日は雨で花粉が飛んでいないから、鼻水が止まっただけかもしれないし、
しばらく様子をみようと思います。


200803071337000←紅梅と白梅。
 今ここの庭は梅が満開です。
 これからこの日誌には、
 いろんな花が登場すると思います♪

200803141903000←ずいぶん時間が経つけど、
 京都からきたお友達が活けてくれた
 モクレンが、白い花を咲かせました。
 とてもいい香りです。
 庭のモクレンはまだつぼみのまま
 なんですけどね。
 楽しみです。(^-^)

健康っていいな♪

3月10日(月) 晴れ by ヨガビジャ

私がカゼで寝込むことになっていたせいでKIRAKUの会がキャンセルなったのか、KIRAKUの会のキャンセルで安心してカゼをひいたのかわかりませんが、
とにかくここ3日間、寝込んでました。

普段なら温かくして葛根湯でも飲んで寝ていれば治ってしまうのですが、
今回はどんどんひどくなる一方。
布団で横になっていても背中がずきずき痛みます。

いつもなら病院には行かないのですが、明日どうしても出掛けなければならない用事があるので、とりあえず症状を押さえるために病院へ行きました。

病院から出された4種類(!)の薬のうち2種類を飲んだら、あっという間に
症状は消え「健康って、こんなにいいんだあ〜!」という感動に浸りました♪

こういう経験は何度もしているはずなのに、身体がどこも痛くない時の感謝って忘れがちですよね。

私の場合、痛い目に会う度に自分の生活習慣を見直すいい機会になっています。
  ( ↑ いいかげんに懲りようよ、自分。( ̄- ̄;))

でも、生まれてから一度も病気をしたことがないと健康に自信を持っている人ほど、初めてかかった病気が大病だったりする例をみているので、常に健康な時から身体のケアは怠らないでいたいですね。

今日の洗濯

3月6日(木)晴れ時々曇り by ヨガビジャ

朝、洗濯が終わったことを告げるブザーが鳴りました。

お風呂場に行き洗濯機のフタを開けると、そこには白い点々。

やられたー。 (>_<) 

白い点々は粉々になったティッシュです。

キヨタカが自分で洗濯機に入れた洗濯物のポケットになにかが入っていたら、
それはキヨタカのペナルティ。

でも今朝は、2階の部屋から慌てて持ってきたキヨタカのジャージを私が
洗濯機に入れたから、私のペナルティ。
ポケットを確認するの忘れた。。

お風呂場で洗濯物を全部パタパタしてティッシュを落としたけど、全部は落ちず、洗濯を干していた部屋の畳もティッシュだらけ。。
洗濯物にもまだ残っている。

う〜、、自業自得。。(;-_-+

それにしても最近は昔のように「現金が洗濯機の底にあったっ!」なんてのがないなあ。

不景気なのかな?(←他人事じゃない。)

取越し苦労

3月5日(水)晴れのち曇りのち雪のちミゾレのち晴れ by ヨガビジャ

昨日はあんなに暖かだったのに、今朝は寒くてなかなか体が動かなくて、、。

お味噌汁を飲んだり、お芋を食べたり(?)したのだけど、
ちっとも体が暖まらずキッチンのストーブの前から動けません。

でもいつまでもこうしていられないと、立ち上がり窓の外をふと見ると、
白いものが・・。


さくら吹雪?

、、な、わけないか、、うめ吹雪。(・・?)

でもうちの梅はまだ3分咲きだったし。。

しばし思考停止で、よ〜く目を凝らすと、雪!( ̄□ ̄;)!! 

え〜っ!! まさか、雪が降るなんて。。


また雪が積もったらどうしようっ!

あさってから KIRAKUの会なのに・・
また車が出せなかったら、私バスに乗って買い出しに行って、
野菜を背負ってあの坂道を上って帰ってくるのかなあ。。(-_-;ウーン

一瞬、戦後の闇市で買い物をして、家路を急ぐもんぺ姿の女性の
イメージが脳裏をよぎりました、が、、

こんな心配も1時間後には取越し苦労となりました。

晴れてきたっ! (つ ̄▽ ̄)つ

Kirakuの会スペシャル

3月4日(火) 晴れ byキヨタカ

 日誌の書き込みにもたびたび登場した、プージ君が「kirakuの会スペシャル」に参加。
楽しいひとときを過ごした。

彼は幼稚園の時から絵画が大好きだそうで、いつも小さなスケッチブックを携行している。
画風の幅は非常に広くて、油絵、パステル、水墨画から抽象画や漫画に至るまで自由に描いている。

私の一番気に入った水墨画風の絵がコレ(↓)

Sagi_2

私には、ステートオブプレゼンスを確立した、サギに見える。

スケッチも上手い。ヨガビのスケッチがコレ(↓)

Yogabijano_2
う〜ん、ちょっと美人すぎるが、本人がそう感じるならま〜いいか。

ついでに我が輩のスケッチがこれ(↓)
Kiyo_2
こ、こ、これは絶対にあり得ないと思うが、本人にそう見えるならやむを得まい。


こんなに上手なんだから、彼の天職は絵画だと思うのだが、実はそうでもない所が凄い。

作詞作曲も得意で、自作の曲をアカペラで歌ってくれたが、非常に魂に響き感動した。
50曲くらい作ったというから、実に驚く。
さらに脚本も書き、さらに舞台で演技もした事があるという。

こうしたマルチタレントの天才肌の人物が、人知れずこの世に潜んでいるのだから、人間社会って本当に捨てたものではないとつくづく思った。

彼の独特の感性が世に受け入れられるのは時間がかかるだろうが、いづれ大輪の花を咲かせて、人々に癒しを与えてくれる時がやってくるだろう。


コーンスープ

3月3日(月)晴れ by ヨガビジャ

飲んでも飲んでも減らないスープ。

べつに魔法のお鍋があるわけじゃなくて、

先週末、お客さんの朝食に作ったコーンスープが残っていて、

ホットプレートでずっと保温していたので(煮詰まって)、味が濃くなっているんです。

で、今回こそ片づけてしまおうと、

温め直すたびに牛乳やらお水を足して、味を薄くしています。

すると、あら不思議、

ふたりで飲めども飲めども減りません。

エンドレスなコーンスープ。

毎日1杯のコーンスープ。

おいしいけど飽きました。。(・・; )


200802291137001←クロッカス。(ぴんぼけ)

私はいつも自分の携帯で写真を撮って、
自分のパソコンに送信してこの日誌に掲載しています。
今日はキッチンにキヨタカのパソコンがあったので、
携帯からキヨタカのメルアドに送信し、
キヨタカのパソコンの受信箱を開きましたが届きません。

変だなあ〜?と思ってあちらこちらのフォルダを探したら、
なんと「フレンズ」に入っていました。

私はキヨタカの「フレンズ」??
いいけどさ、、、微妙。。

天命を生きる(2)

3月1日(土) 晴れ  by キヨタカ

 私は「天命を生きる」為には「悟りを開く必要がある」とずっと長い間思い込んでいた。
どのくらい長い間かと言うと、30年!である。

詳細は省略するが、30年前に禅寺で坐禅修行の結果、「自分の天命が何か全て解った!」と言う不可思議な体験をした。
しかしその結果は、「一時的な精神病状態」との診断を受け数週間の自宅療養を余儀なくされたのである。
あの孔子にして「天命を知る」のが50才であるから、23才ではちょっと早過ぎたのかも知れない。

それから紆余曲折はあったが、「天命を生きるには、まず悟る必要がある」という結論に達し、瞑想の世界に導かれたのである。

私が33才の時、リー・ロゾウィックというアリゾナのマスターを訪れた事がある。
色々と質問をしたのだが、「今のあなたの人生は夢だ。人は悟って始めて本当の生を生き始める。」
と言われて、非常に感銘を受けた。

それ以来私の天命に関する思い込みは確信となり、「まだ悟れないまだ悟れない」と嘆きつつ瞑想修業に明け暮れたのである。

そんな私に対してフーマンは「何もしないように」という宿題を与えてくれた。
 (「恩寵の扉が開くまで」第7章に掲載予定だが、いつになるかは未定)
しかし「何もしないで悟れるのだろうか?」と思いつつ、たまたまゴア氏の映画を見たのである。

そして実に驚いたのだが、どう見ても悟っていない(、、というか悟りとか考えた事もない感じの)ゴア氏が天命に突き動かされて行動している姿がひしひしと伝わってきたのである。

「人は悟りを開かなくても天命を生きられる!」

私にとっては、コペルニクス的転換だった。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ