« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

ゲームした

4月28日(月) 晴れ by ヨガビジャ

名古屋に行くと、実家の近くの温泉に行くことがあります。

そこには、

200804281139000← こんなゲーム機があります。
 (これは修善寺のセイフーのもの)

初めてここの温泉に行った時、おもしろ半分でやってみたら
かなり面白くて、父とふたりで夢中になりました。

この写真のゲーム機は、アメやミニカーのおもちゃがほとんどで、あまりやる気が起きないのですが、温泉にある同じゲーム機は、キットカットや箱のキャラメルなど、かなりやる気に火をつけてくれる内容になっています。

そして初めてお風呂上がりに父とやってみたら、けっこう取れたんですよ。

箱のお菓子が多かったので、落ちる時はアメなどの細かいものも含めて
ゴソッと♪


この味をしめて、先日もやってみたのですが、、
ダメでした〜。。(;-_-+


久しぶりだったせいか、なんだか調子が出なくて。。

もう少し粘りたかったのだけど、会社からご飯も食べず温泉に直行した、
お義兄さんが気の毒で。。(もう9時近いし、お腹空いてるよね…)

父とふたり、後ろ髪を引かれる想いでゲーム機を後にしました。
1個につき¥100-近くする、アメを土産に。。


今度名古屋に行く時は、事前にセイフー修善寺店の同じゲームで腕ならし
をしてから行こうっと。。

・・でも、内容が、、、燃えないなあ〜。(;-_-) =3

竹の子

4月27日(日) 晴れ by ヨガビジャ

また竹の子、もらっちゃいました。。

名古屋の実家に行く前、庭に3本あったから掘ってお土産に持参したのだけど・・。


今日は、Nさんから、

「これ、茹でたのをいただいたから、あんたとこと半分こしよう。
 煮たらちょうだい♪」

私「は、はい。ありがとうございます。できたらお持ちしますっ!」


とはいったものの、竹の子料理って得意じゃない・・。( ̄⊥ ̄)


レシピを探そうとパソコンとにらめっこしていたら、しばらくして玄関でまた
Nさんの声。


「これ、出てたから、はい!(堀たての竹の子が2本、玄関マットの上に)
 ちょっとでかくなり過ぎだけどな。」

私「わあ〜♪ 大きい。。ありがとうございますっ。(T_T) 」


・・・とうぶん、我が家の主食は竹の子です。

(キヨタカ、はやく帰ってこ〜い。。)
 

200804271508000←色つやのいい竹の子。
 ありがたくいただきます。

 願わくば、今度のリトリートの頃、
 また出てきてね♪

 みんなのお腹が待ってるから。
 

雑魚寝

4月26日(金) 曇り時々雨 by ヨガビジャ

きのうは名古屋を11時頃に出て18時半頃伊豆に戻ってきました。

カーナビでは4時間の行程なのですが、私たちのドライブはいつものんびり。
サービスエリアでかなりゆったりと寛いでしまう上、今回は出発時にスピード違反で捕まったこともあり、これまでの最長所要時間を更新しました。

まあ、近所の一二三荘の温泉(¥300-)に入って、夕食の買い物をしてきたせいもありませけど、ね。(^o^; 

今回は急遽、姉一家も実家で泊まることになり、我が家としては初の大所帯=8名が、一夜を一つ屋根の下で過ごすこととなりました。

実家には6畳間が3つありますが、テレビの部屋で父が1人、私とキヨタカが北側の部屋で2人、そしてなんとテレビの隣の部屋で、姉一家4名(姉、義兄、長女(24才)、次女(19才))+母=5名で寝ました。

母に私の部屋が空いてるからこっちで寝るように言ったのですが、キヨタカに遠慮してか、「夜中にトイレに何度も行って起こすから…」と、迷った末に姉たちの部屋へ行きました。

6畳間一面に布団が敷き詰められた様子はなかなか壮観。(^o^; 
敷き布団は3枚だし、布団の境界に関係なく5人が寝ていました。

・・たったこれだけのことですが、なんだか微笑ましかったです。
私や姉が子供の頃には、こんな光景はあり得ませんでしたから。

人は時の経過とともに丸くなり、柔らかくなるものですね。

父や母は孫が何をしてもかわいいようだし、私たち子供も父や母が相変わらずの小競り合い(?)していても、笑って見ていられるようになりました。

歳をとることって、ちっとも悪くないかも。
時間って偉大だなあ〜って思いました。

じゃがいもまんじゅう

4月25日(金) by ヨガビジャ

今、名古屋を出て東名を走行中。

今回もここにいろいろ書きたいことはあるけど、とりあえず、これ♪

200804250824000_2←お母さんのじゃがいもまんじゅう。

 孫たちも大好きで、
 たくさん食べてお持ち帰りしていきました。

 私は丸めるところだけ一緒に作りました。
なにぶん、すべての分量が適当なので同じ味を再現するのは
むつかしいです。
でも今回は上手に丸めるコツを掴んできました。

またいつかトライしようっと♪

まっちゃ

4月24日(木) BY ヨガビジャ


両親と名古屋の徳川美術館に行き、私はコーヒーとサンドイッチをお母さんはお抹茶をいただいた♪

名古屋といえども、美術館の中の喫茶店ではおまけはつかない。

お抹茶がお得だったかな?(・・?)

遊んでみた

4月22日のおまけ by ヨガビジャ

ただ今、東名を南下中。
お天気がよくて気持ちがいい♪

200804221315000←めずらしく衝動買いをした
 「チューもっくん」で遊んでみた。

捕まっちゃった。(>_<)

4月22日(火)晴れ by ヨガビジヤ

今日から3日間、名古屋に行ってきまーす。(^O^)/

喫茶店が私をまっている〜♪

お天気もいいし、久しぶりのドライブだあ〜。\(^O^)/
…って、伊豆中央道を走っていました。(運転手キヨタカ)

料金所を過ぎ、一般道へとつづく緩やかな下り坂のカーブを過ぎ、
直線を走っていたら、、

旗を振った男性が道路に出てきました。


工事で迂回するのかな? (・・?)

え? おまわりさん?

えー! スピード違反!?

やっちゃった。(>_<)


そのまま狩野川の堤防へと誘導され、指示された所に車を停めると、
その反対側には小学校の机みたいなのが3つ縦に並んでいて、
おまわりさんが3人腰をかけています。

キヨタカが車から降りその机の一つに座ると、開口一番、
「ゴールド(免許)だけど、ダメ?」

ダメもとで言ってみるあたり、キヨタカらしい。。

手続きを終え車に戻り、発進しようとするキヨタカに向かって
一生懸命になにかのゼスチャーをするおまわりさんがひとり。


シートベルトしてない!!


気がついて慌ててシートベルトをしたら、
「お気をつけて!」と、お辞儀をして見送ってくれるおまわりさん。

私、やっぱりおまわりさんって嫌いになれないなあ。。

再び車を走らせながら、キヨタカ、
「あんなところでねずみ捕りしてるなんて、警察はヤクザだ!」とか、
「こんなことしてないで、凶悪犯罪を取り締まれよ!」とか、
ぼやいていました。(^o^;

さて、今回はどんな旅行になることやら♪


時の流れを感じた

4月21日(月) 晴れ by ヨガビジャ

先週末あるイベントが終わり、キッチンを手伝ってくれたスタッフを駅に送る前に、弘法大師が修行をされた「修禅寺・奥の院」に行ってきました。

ここはいつ行っても誰もいなくて静かで、瞑想をするにはもってこいの場所。

でもこの日はなにかのお祭りの日だったようで、温泉街にある「修禅寺」から御神輿を担いでの行列があり、駐車場には7、8台の車が止まっていました。

(温泉街から奥の院まではかなりの距離があり、途中から御神輿も太鼓も人も、軽トラックの荷台に乗っての、奥の院到着となりました。ここにも高齢化の波が押し寄せているようで…。(^o^; )

幸い御神輿が到着する前に私たちは奥の院に到着し、弘法大師が瞑想をされたといわれる滝のところで、思い思いの時間を過ごしました。

そこには一本の大きな朽ち木が横たわっており、表面は様々な苔で覆われています。

しばしそのビロードのような感触に触れ、顔を近づけては間近でいろんな苔を楽しみました。

弘法大師が、病を患う父の体を川の水で洗う孝行息子を見て哀れに思い、手にした独鈷で河原を突き温泉を湧き出させてから1200年。

200804201408000 目の前に横たわる苔むした大木に、
 時の流れを感じました。

 (ちなみにこれは、1200年前の大木ではありません。
  あしからず。<(_ _ )> )

200804201411000←こんなのもあってびっくり!
 鮮明な赤が目に飛び込んできて、
 思わず接写。。

いつものほたる

4月20日(日) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ

一仕事を終え、久しぶりにリーラ別館「ほたる」のこたつの間で
くつろぎました。

「仕事をするぞ!」と意気込んで、毎度、パソコン持参でほたるに
向かうキヨタカですが、温泉に入ってごはんを食べるとすっかり
リラックスモード。。。

ごろんっ、と横になっているところを撮ろうと携帯を向けると、
「仕事してるとこを撮って!」と起き上がります。

200804192103000←そこへすかさず、
 女性スタッフの指が「フニッ♪」。
 彼女はねこの肉球を期待していたのでしょうか?

 愛玩動物的存在の一面を見せるキヨタカでした。


PS.本人の名誉のために・・・小一時間(?)仕事をしたそうです。

自分の視界の外

4月16日(水) 曇り by ヨガビジャ


200804131254000 人生に突如現れたかに見える出来事や人物。  
 
 それは本当にそうなのだろうか?

 この写真を撮っていて、ふとそう思った。
 
 
秋にしか、私の意識に上らないこの色彩。

私とっては、秋以外は存在しないに等しい木。

でも今、この木は人知れずひっそりと、

こんな小さな、さくらんぼのような花を咲かせている。
 
 
私の目に映る世界は、

長いフィルムのほんの一コマ。

その枠の外の世界は、存在しない。

私には存在しないけれど、私の視界の外には存在している。
 
 
「自分という枠」を外れた視点から世界を見渡すと、

突然という出来事や出会いはなく、

連綿と続く広大無辺な広がりの中の、

必然の一点として、

眼前に広がる世界を認識できるのかもしれない。

いろんないのち

4月15日(火) 晴れ by ヨガビジャ

今の季節、ふと手を止めて「今」に立ち止まってみると、
あちらこちらで、様々ないのちがその営みを続けていることに
気づきます。


200804150736000←ルッコラに毛虫の図。

 いつかハーブビレッジで買ったルッコラ。
 一時期はアブラムシがいっぱいで、もうダメかと
 思ったけど、まだまだしっかりと元気に生きてます。
 そこに黒い毛虫が1匹、せっせと食事中。
 このルッコラはワイルド・ルッコラといって、
 スーパーで売っているのより味がワイルドでしっかりしています。
 おいしいでしょ?(^-^) >毛虫さん

毛虫、とろうかと思ったけど、この黒い毛虫はきっと「黒アゲハ蝶」
になるのよね。
数週間後、ここのお庭を黒い蝶が優雅に舞っている姿はほんとうに
美しいから、このままそっと育ててあげようと思います。

そう、うちのハーブは虫たちのごはん。

花が咲いたらミツバチがくるし、夏になるとアブラムシもやってくる。
いっぱい食べられて、もうダメかな?と思っても、
次の春にこうしてまた元気に新芽を伸ばしてくれるから。。

たまにおこぼれを私たちがいただきましょう。。


200804150738001←なに? (・・?) 

 1mmくらいの小さな種の帽子をかぶった、
 松葉のような葉っぱ。
 ほんとに松、かな??
 なんだか不思議な光景。。

 こんないのちも・・ね♪

頭の使い方

4月14日(月) 曇りのち晴れ by ヨガビジャ

今、焼きそばがマイブーム。

ここ何年もキヨタカの昼食はお蕎麦と決まっていたけど、
これはあくまでも健康を考えてのこと。
お蕎麦が一番好き!っていうワケではないようで。。

先日、焼きそばを作ったら大好評。
「今まで作った中で、一番おいしいよっ!」って褒められたから、
(単純な私は)気を良くして、またせっせと作り始めました。

それで、おいしい焼きそばを作るには「市場をリサーチしなければ!」
と一念発起して、出先でおいしそうなお店を見かけると入っています。


200804111413000←これ、アピタ1Fのラーメンのお店に
 焼きそばがある事を知り注文。
 スープまでついて¥473-って安くない?
 具もキャベツ、豚肉、天かす(?)、ショウガ、
 青のり、おかかいっぱい、、と手を抜いていない作り。
 スープもおいしい。

でもさっき買い物をした時に見た材料の値段、
焼きそば一袋¥45-、キャベツ一玉¥100-、おかか家にある…etc,,
絶対家で作ったら¥100-以内で作れる。。
こういう計算だけは、頭の回転が早い私。

もうちょっと違った事にも頭を使った方がいい気が、する。。( ̄- ̄;)

ここにも・・

4月13日(日) 曇り by ヨガビジャ


200804131254000←今、桜のおかげで影が薄いこの木も

 こんな可憐な花をひっそりと咲かせています。

 ご存知でしたか?

 秋になるまでこの木の存在は忘れられがちです。


200804081609000←なにもことばはいらない、ね。

 (^-^)

日本でインドを感じた

4月11日(金) 晴れ by ヨガビジャ

きのう、「特急踊り子号」に乗って東京に行きました。

「踊り子号」は三島で乗り換えることなく、修善寺から座ったまま東京に
行く事ができます。
所要時間は2時間と、新幹線を利用するよりちょっと時間はかかるけど、
その分多少ですがお値段も安いです。

最近では「伊豆新宿ライナー」という高速バスが登場し、新宿から
伊豆長岡温泉を経由し、なんと!「修善寺かんぽの宿」まで来ています。

この「修善寺かんぽの宿」からリーラスペースは歩いて10分足らず。

「伊豆新宿ライナー」は昨年の「修善寺開湯1200年祭」の一環として開線
し、所要時間2時間半(土日渋滞あり)、片道¥2,500-(往復¥4,500-)と
かなりお得で便利です。

ただ利用者が少なくこのままではいづれ廃線になるのでは?・・と、危惧し
ています。
ですから、もし東京方面から伊豆に来られる際にはぜひ利用してくださいね。

・・と、PRになってしまいました〜。。

ただし1日に2便しかないので、時間が合わなければやはり電車を利用します。

で、、きのう乗った「踊り子号」、

私は電車やバスに乗ると、窓の外の景色を観るのが大好きで、きのうも
窓の外を観ていましたが、乗換えのない安心感からウトウトとして、
どこからか眠ってしまいました。

どのくらいの時間が過ぎたでしょう・・。

なにか「ヒヤッ」とした感覚で目が覚めました。
まだ、ぼーっとしていて「雨なんだ〜。。」と思い、
またそのままウトウトしはじめました。
・・が、ふと我に返り、自分が今電車の中にいることを思い起こしました。


冷たい、、、たまになにか当たってる? 私の左の腕に・・。(・・?) 


イスの左サイドを見渡したら、原因発見!
 
 
200804101657000←コレ!
 窓から雨漏りしてるの〜!!

 う〜ん、なんといっていいか・・。
 
 
初めてインドに行った時に乗った、特急列車(デカンクィーンだっけ?)を、
思い出しましたよ。

一等客室だったと思うけど、雨漏りしたんです。

この写真みたいにかわいいものではなくて、イスに座ったまま『傘』を
さしました。

「インドだからしょうがないか..。」と思ってそのまま座っていましたが、
途中他の席が空いたので移動した、、な〜んて経験が昔あったので、
この程度の雨漏り(ほんのたまに小さなしぶきが飛んでくるだけ)、
この日本においてはかえって微笑ましく感じてしまって。。

日誌ネタにいただきました♪

きょうの作業

4月9日(水) 晴れのち曇り by ヨガビジャ


きのう強風で半分倒れた木。


Maji ←こんなして直しました。
 
 
 
 
 
Nisi ←で、こうなって・・・ (Nさん枝落とし中)
 
 
 
 
 
200804091917000 ←その枝の花。  

なんとかしたい

4月8日(火) 雨のち曇りのち晴れ by ヨガビジャ

夕べから今日の昼過ぎにかけて、台風かと思うほどの強い風と横殴りの
雨でした。

キッチンから窓の外を見ていると、2日前には優雅に舞っていた桜吹雪が、
今日は右から左へビュンッ!と直線的に目の前をかすめていきます。
なんだか、、重力を無視した変な光景。。

午後、風が弱まったので散歩に出掛けました。

出掛ける途中、風で飛ばされた本館のゴミ箱や玄関マットを定位置に戻し、
温泉棟の方へふと目をやると、なにか景色が変わっています。

う〜ん・・・? 

ダイレクトに温泉棟が見える辺りに来ても、なにかが視界に遮っていて・・。

食堂棟の前を通り過ぎて、温泉棟に向かう通路を歩くと・・通れない。。


(・・?) 

・・・ えっー!


道路側の斜面の木が、半分根っこから倒れかかって通路を塞いでる〜!!

おまけに、まさにつぼみを膨らましつつあった「大手鞠」の枝に乗っかってる。

200804081532000_2←これ!
 斜面側から撮ったの。

 なんとかならないかな〜って思い、
 地面から持ち上がった根っこの辺りに乗っかって
 体重をかけてみたけど、ピクリともしない。。
 キヨタカもその後トライしたけど、ダメだったって・・。

 どうしよう・・。

この木にも、ちょっと変わったかわいい花が咲き始めているのです。
なんとかしたいよー。(>_<)

冷たい雨

4月7日(月) 曇りのち雨 by ヨガビジャ

毎日のこの温度差はなんなんでしょ〜・・。( ̄- ̄;) 

昨日は汗ばむほどの陽気だったのに、今日はストーブをつけて
毛糸のセーターを着ています。

もうセーターは着ないと思って、おしゃれ着洗いの洗剤(縮まない)
で洗濯してしまっておいたのに、また着ちゃったから洗わないと
いけないかなあ。。

リーラスペースに来たことのある方はご存知かと思いますが、
ここは下界(温泉街)とはずいぶん気候が違うんです。

夏にエアコンなしで過ごせるだけあって、ちょっとした山の気候です。
濃い霧も出るし、雪が降ればいつまでも残ってる。


最近では、私とキヨタカが富士見荘にいるままの服装(セーター)
で出掛けると、まわりの人はすでに半袖とか着ていたりして・・。

おまけに私もキヨタカも着るものに疎くて、、
必要に迫られないと買わないところがあるんです。。

「私、お出掛け用の薄手のコートがないから、アピタで買ってくるね〜。
 ついでにキヨタカの薄手のセーターも見てくるね。。」
と、キヨタカに言い残して出掛けると、お店はすでに夏物がズラリ。

春物は、少しだけ赤札がついてフロアーの隅っこに陳列されています。

安いのはうれしいけど、サイズとデザインに選択の余地がない。( ̄⊥ ̄)

毎度こんな調子なんです。。


200803291348000←今はすでに夜。
 雨とともに時折強い風が吹いています。

 この桜も今年はこれで見納めのようです。
 また来年あえるのが楽しみです。
 
200803311000001←これ、同じ桜の別の表情。
 どちらもきれい。(^O^) 
 
 しだれ桜はこれからが見頃です♪

春のハート

4月6日(日) 晴れ by ヨガビジャ

今日はお天気もよく、うすく霞がかかった空に富士山がぼんやり、幻想的に
浮かんでいます。
時折の風に桜吹雪が舞い、なんとも言えぬ風情です。

ここ修善寺は桜の種類が多く、比較的長い期間、桜を楽しむことができます。
今は淡いピンクのソメイヨシノや白に新緑のグリーンが初々しいヤマザクラ
などが、街全体や遠くの山々に様々な色のグラテーションを作り、目を楽し
ませてくれます。

温泉街を歩くと、
狭い路地のあちらこちらやお家の庭先にも、所狭いしとお花が溢れています。

思わずうれしくなって、お財布のヒモもゆるくなりがちなこの頃。
買ってしまうのは、やはりおまんじゅうなどの甘いもの。
これは食欲というよりハートの作用のように感じます♪

200804031204000←うちのチューリップ。
 空に向かって無心に開いているみたい。
 花は自分が開くのと一緒に、
 観る人のハートも開いてくれる気がします。
 

200804051052000←大根の花。
 大根についていた葉っぱの部分をキッチンの窓際に
 おいていたら淡い紫のお花が咲きました♪
 キッチンは日当りが悪いので、南の暖かい窓側に移動して
 あげて、数時間後、様子を見に行ったら、
 ぐったりしてました。(>_<) 
 直射日光は苦手みたいです。
その後、またキッチンに移動したら元気になって、お花を3つ咲かせました♪

天命美容師その4

こんなリラックスムードが幸いしたのか、
今回のご主人との会話はとても穏やか。。

長年この地に住む地元の人にしか分からない、沼津の街のなりたちと歴史、
そして土地柄について話してくれて、結構興味深く楽しかったです。

戦時下、沼津の中心地は空襲で焼け野原になり、終戦後、満州に入植して
いた人たちがやってきて住み着き、街を復興した経緯があるそうで、
文化が大陸的文化なんだそうです。
細かいことは省きますが、子供の頃、ご主人がご両親とこの地に越して
きた時は分からなかったそうですが、住み始めたらだんだん、
「なにかが違う」、「同じ日本人とは思えない」と感じたそうです。

そんな沼津に比べ、三島や修善寺は、街に三島大社や修禅寺などの歴史のある
建造物があったので戦災を免れ、戦前から住んでいた人たちが今もそのまま
住んでいるのだそうです。
そのせいか、よその土地から来て商売をしようとする人に対しては排他的で、
新しいお店ができてもなかなか続きません。

などなど、、いろんなお話を聞きました。

(そういえば、私の膝の上で寝ているネコ、香貫山(沼津市街の小高い山)で
 拾ったんだそうです。血統書付きみたいな品格のあるネコなんですが。。
 香貫山にはたくさんネコが捨てられているとか・・。)

ご主人によるとこの特異な沼津の地で、このタイプの美容室は理解されにくい
らしく、最近では東京にも出店し、一週間のうち4日は東京、3日は沼津と
いう生活を送っているそうです。

・・あれって思いませんか?
お休みないですよね?
無休でお仕事をしているんです。

「疲れませんか?」って聞いたら、
「今僕は毎日2つ医薬品(健康維持の為)を飲んでいて、夕方足がむくんだな?と思ったらすぐにビタミンCを摂るんです。するとすぐにむくみはとれちゃう。」(ご主人の医薬品に関する自論もあるのですが、長くなるので割愛。)


「全然疲れませんよ。」

「美容室に頻繁に通うお客さんは、
 (縮毛など)髪に問題を抱えている人が多いと思いますか?
 それとも髪がきれいな人だと思いますか?」

私が「それはやはり、髪に問題を抱えている人ではないですか?」と答えたら、ご主人「違うんですよ。髪に問題を抱えている人はそれに直面したくないから美容室には来たがらないんです。逆に髪がきれいな人の方が、特に女性の場合は、もっときれいになりたいと思って頻繁に来てくれるんです。」

「だから美容師は1度の来店できれいにしてあげる、
 そうしたらもっときれいになりたいと思ってまた来てくれる。
 お客さんをきれいにする。それが美容師の仕事なんです。」

う〜ん、、深いかも。
自分のこと考えてみても当たっているし。。

思わず、

「・・美容師を天命としてやってやっしゃますね?」と言ったら、

ご主人、当たり前のように「そうですよ。だから疲れない。」

・・脱帽です。


これからゆくゆくは沼津での営業は週1日のペースにして行くらしいけど、
今回はご主人の話を聞いて「髪、まっすぐにするぞ!」っていう気になりました。だからこの日、ワンランク上のパワートリートメントを購入して家へと帰りました。
おみやげに、黒いカーディガンにネコの毛をいっぱい付けて。。。

天命として仕事に関わっている人の魅力に触れた、そんな一日でした。

おしまい。

天命美容師その3

4月4日(金) 晴れ by ヨガビジャ

それから1年以上が経過し、「2回目は3ヶ月後に来てください」と
言われていた手前、行きにくいなあ〜・・と思いつつ、また行きました。
その間、別の美容室に浮気してたのも絶対ばれる・・などと、
内心おっかなびっくりで。。

2回目は初回の例もありますから、こちらもご主人の「ツボ」を押さない
ように細心の注意を払っています。
でも、今回は前回の口調は全然出てきません。

・・・もしかしてあれって、初めて来た人にここでやっていることを理解
して欲しくて、そしていかに多くの人が誤った情報に煽動されているかを
伝えたくて、熱が入りすぎちゃったのかな?って思い始めました。

そしてお客さん自身が「縮毛は直る」ことを理解して、それに積極的に
関わることを望んでいるんだってことが、だんだん見えてきました。


2回目は初回とはうってかわり、直してもらうだけじゃなくて自分からも
積極的に直そう!そう決意し、美容室を後にしました。

・・が、、。


決意むなしく、結局その4ヶ月後に再び訪れることなく、また1年以上が
過ぎたきのう、意を決してまたこの美容室へとやってきたのでした。。

「こちらのシャンプーとトリートメントをネットで購入して使い始めたら、
 すごくいいので〜、つい(来るのを)先延ばしにしちゃいました〜。」
という、言い訳まで用意して。

でも今回は前回以上に、さらに違っていました。


ネコがねー、いたんですっ!! イスの上に♪

私は隣のイスに腰をかけ、ネコと目があったので、
「にゃ〜?」と挨拶したら、
おもむろにイスから降りて、私に近づいてきました。

(えっ!? 触っていいの?)

と、恐る恐る手を伸ばしたら、逃げるでもなく、気持ちよさそうにして
います。
私が触れるのをやめたら、「トンっ!」と私の膝の上に乗ってきました。

「うっわあ〜♪♪」

ご主人に「このまま抱いててもいいですか?」ときいたら「いいですよ」
との返事。 しあわせ〜。。
膝にネコを抱いたまま黄色いローブをかけられ、髪に薬剤がぬられます。
ローブの下では、ネコをなでなでするとゴロゴロと喉を鳴らしながら、
前足のツメで私の腕やお腹を「ふにふに」。
              (↑どう表現するの??わかるよね?)

(あっ、あっ、カーディガンの糸ひっかけてる〜。。)


ローブの下、上機嫌のネコをいさめつつ、ご主人と話しつつ、、
これはめったにできない経験かも。。


つづく・・

天命美容師その2

初めてこの美容室を訪れたとき、私はまったく普通の美容院の感覚で
来ていました。
ですからただ受け身で、髪をまっすぐにしてもらうつもりでした。

そしてご主人はこんな私に、縮毛が原因でいじめられたり、
アフロヘア並の縮毛で悩んでいる人の話をして、
こんなにひどい縮毛でも直毛化できるんですよ、と写真のファイルを
取り出してみせてくれました。

縮毛ということを「部分」としてではなく「からだ全体」を視野にいれている
点、そしてご主人自身が薬局に行き、薬について薬剤師さんに様々な質問を
ぶつけ、納得がいくまで調べ上げる姿勢など、素直に熱心ですごい人だな〜…
と、最初は話に聞き入っていたのです、が・・。

話がだんだん私に対する質問形式になってきました。

主人:マイナスイオンドライヤー、使ってます?

私:はい。

主人:どうして?

私:髪にいいって聞いたので・・。

主人:なんで髪にいいの?

私:なにかの記事で読みました・・。

主人:メーカーは売れればいいから、なんでも書きますよ。
   そういう情報を鵜呑みする人ばかりなんですよ、今は。
   なんでも納得が行くまで自分で調べないとダメです。

私:(素人にそこまで要求する? (ー’`ー;) )


その次。(どんな話の流れからか忘れた)
シャンプー後、髪を乾かすことが大事との話だったので、

私:通説では、ドライヤーの熱は髪にダメージを与えるって聞きます
  けど、それでも、よーく乾かした方がいいんですか?

主人:ドライヤーがよくないって誰にきいたの?

私:・・・。(おじさん、私にケンカ売ってる? (−_−メ) )


終始こんな感じでしたから、なんだか尋問されているみたいで、

もう2度と来るかっ! (ノ#-_-)ノ ミ ┴┴

って感じで美容室を後にしました。
・・・肝心の仕上がりはよかったですよ♪

つづく・・

天命美容師その1

4月2日(水)晴れ by ヨガビジャ

きょう美容院に行ってきました。

ここは普通の美容院とはちょっと違って、私の中では「縮毛矯正治療院」。
だからカットはなし。曲がった髪を伸ばすだけ。

ここのコンセプトは「縮毛は治る」ですから、当然他の美容室からの風当たり
は強いようです。
だって縮毛を直しちゃったら、ストレートパーマや縮毛矯正パーマをかける人
がいなくなっちゃいますから。。

ここのご主人によると、縮毛はシャンプー剤、整髪料の成分はもちろん、
ひいては内蔵機能の低下により(腎臓、肝臓など)排泄されない毒素が髪に
溜まり、髪がむくんだ状態なんだそうです。
ですから、ここには伊豆長岡温泉の「弘法の湯」(岩盤浴)のパンフが置いて
あったり、腎臓や肝臓機能高める医薬品を紹介されることがあります。
(しつこい勧誘はありません)

普通の縮毛矯正では、髪をしっとりまっすぐにする成分を含んだシャンプー
やトリートメントを使い「成分を足す」ことで、髪をまっすぐにしますが、
ここでは逆性シャンプー、トリートメントを使い、髪にたまった成分や毒素を
徹底的に「出す」ことをします。
(通常の、髪に「足す」ではなく「出す」ことから「逆性」らしい)

正直なところ、わざわざ沼津まで来なくても、毎回修善寺で普通の縮毛矯正を
済ませてしまおうか?って思うんですが、やはり仕上がりは違うし長持ちする
ので、年に一回のペースでここに来ています。

もし本当に縮毛が治っちゃったら、長い目でみたら安上がりだし。(^^)v
(料金は普通の美容院とは変わらないと思う)


さて、このご主人との最初の出会いは・・


第一印象=ウンチクたれるから苦手,,,,,( ̄⊥ ̄lll)


・・だったのですが。。 はて、さて・・♪

理解

今キヨタカがテープ起こしをしてリーラのホームページに掲載中の
「恩寵の扉が開くまで」は、すでに7年も前にキヨタカがハワイで
受けたフーマンとのセッションの記録なんですね。

きのうキヨタカから、「実家から次のをアップしたから読んで!」
と電話が入り、私は自分のパソコンで読みました。

それでつくづく思い至ったのは、この7年間、キヨタカのこのセッション
の内容については、ほとんど聞かされていなかったということです。

もちろん自分に関係している事や、大まかな内容は聞いていましたが、
今回アップされた「エンパワーメント」に関してはほとんど聞いて
いなかった気がします。(私が忘れただけかもしれませんが…)

(どちらかというと、愛人問題の方がインパクトがありすぎたのかも
 しれません。。)

・・それにしてもフーマンがキヨタカに語った、
「あなたの道はエンパワーメントだ」の言葉と内容を7年前から知っていたら、これまで7年間の私たち(私?)の会話は、実際に交わされたものとは
かなり違ったものになっていた気がします。


『あなたは肉体的にも、財政的にも、感情的にも、性的にもスピリチュアル
 にも成功したいと思っていて、そのために何でもやろうとしている。
 それは、全一性(Wholeness)を目指しているという事であり、
 私はその態度が好きで尊敬している。』


このフーマンの言葉を私が知っていたら、もう少しキヨタカのことが、
あの頃から理解できていたのではないかと思います。

なぜなら、私の中には初めから「成功」という発想すら存在しません
から、キヨタカがなぜそれほどまでに成功にこだわるのか、
理解できなかったのです。

おまけにキヨタカ自身が、
『世間的な事にエネルギーを注ぐ=スピリチュアルな道から外れる』
ことと捉えている側面が感じられましたから、
私にとってはまったく理解不能でした。

最近になってやっとこのエンパワーメントへと向かう流れが起きはじめ、
その流れに乗りつつあります。

そんな中、私は私で自分の在り方、リーラスペースの方向性を、
よく見極めなければ・・・そんなふうに感じているこの頃です。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ