« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

恩寵の扉が開くまで

2008年7月23日(水) 晴れ  by キヨタカ

 フーマンが肉体を離れて、ちょうど3年経ちました。
フーマンのガイダンスがいかに適切なものだったか、今さらながら有り難く感無量なものがあります。

ところでフーマンのキヨタカへのガイダンスを綴った「恩寵の扉が開くまで」が出版されました。
HP連載中から、「あたかもフーマンが直接私に語りかけているかの様だ!」という声を多数頂いています。

HPでは未収録の部分も含まれています。
単なる情報ではなく「聖なる次元からのエネルギーの伝達」を意図していますが、本という形となり、その伝達がより強まると確信しています。

アマゾンでも購入出来ますが、ぜひリーラスペースへ直接お申し込み下さい。
先着100名様は送料無料!とさせて頂きます。

Photo

定価:2,100円(税込み)
出版社:(株)アルテ

夏バテ中

7月18日(金) 晴れ by ヨガビジャ

「夏バテ中」といっても私じゃありません。
パソコンです。

最初、完全に壊れたと思っていたらどうも暑さと関係しているようで、
アイスノンで冷やすと、10回の起動中2、3回は立ち上がるのです。
でも、使っていると急にフリーズしたりして。。

最近はこの状態にも慣れてきて、起動前20〜30分前にアイスノンで冷やし、扇風機の風を送ってパワーオン。
こうすると結構使えたりするのです。

いつまでもこのままじゃいけない、、とは思いつつ、手のかかるペット?のような感じで、それなりのおつき合いができている私。
キヨタカには理解不能だろうなあ。

PS.日誌用にと携帯で写真を撮っているのだけど、こんな訳でなかなかアップできません。

( ̄□ ̄;)!!

7月11日(金)曇り BY ヨガビジャ


パソコン壊れた。(T_T)

バナナ

7月9日(水) 曇り by ヨガビジャ

個の花瞑想道場が終わりました。
極めて真面目な報告と感想はキヨタカが先日の日誌にUPしたので、ヨガビジャから1ネタ。

今回はバナナがいっぱい残りました。
私はバナナが好きなので主食の感覚で食べてます。
でもそれはどんどん熟していくバナナの、時間との戦いでもあります。

そんなバナナを頬張っていたら勝手に脳内寸劇が・・。

キヨタカ:「お腹すいたよ、なにかない・・?」

ヨガビジャ:「パンがないならバナナをお食べ。」( ̄^ ̄)ゞ
        ↑マリー・アントワネット風

・・・。

自分の脳の構造がわからない・・。( ̄- ̄;)

個の花瞑想道場が終わって

リーラスペースでの2泊3日の個の花瞑想道場が無事終了した。
道場で起こった事は予想を遥かに上回るものだった!!

今回は、「陰(瞑想)と陽(天命)を統合し、ゼロ次元を創る事だ」と難しい事を日誌に書いたが、実際に「ゼロ次元の場」が生まれて「常温核融合」とでも言うべき新しいエネルギーが誕生したのである。

最初は陰と陽の違いに今さらながら唖然として、どうなるか心配だったが、光さんの愛情溢れるリードと、須田さんのハラのパワーに助けられて、2日目にはすでにお互いが解け合い始めた。
(今回は、特別講師として、体幹チューニングの創始者須田氏を招待した。)

そして最後は陰と陽とが一体となり、感動的な場が出来上がった。
わずか32名に起こった事だが、これが雛形となり、日本全体そして全世界へと広がって行く事を確信した。
喜びと感謝で一杯だ。

メキキメンバーからはコアの人々が大勢参加してもらい、初めて参加した瞑想家達を批判や評価をせずにそっくりそのまま受け入れてくれた。
また瞑想という未体験の分野に対して、偏見なく積極的に探求する姿に感動した。

「仕事で結果を創る」事にあまり関心のない瞑想の同志達も、自己の魂を非常にオープンにして頂けた結果、魂のレベルで多大な貢献をしてくれた。

世間に瞑想を広げようと志して長い時が経ち、いつの間にか「どうせ世間の人々はなぜ瞑想が必要なのか理解出来ないだろう。」という偏見の壁にブチ当たっていた。
そして今回初めて、その壁が崩壊する確かな手応えを得た。

あの場を創ってくれた、メキキと瞑想の両方の同志に心から感謝します。

みなさん有り難う。

今回逃した方は、ぜひ次回をお見逃しなく!
(、、只今日程を調整中!)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ