« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

雨上がり

8月31日(日) 晴れ by ヨガビジャ

やっと晴れました♪

ここ数日、毎朝散歩に行くと富士山が裾野まで見えていました。
散歩から戻ってきて、今日こそは大丈夫と洗濯をして、布団を干して、掃除をして、、そして一息ついているとポツポツと雨が降り出し、慌てて洗濯物と布団を取り込むというパターンが3日ほど続いていました。
昨日なんてキヨタカのタオルケットとシーツまで洗ったのに、、
部屋中、半乾きの洗濯物だらけ・・・。

雨ならちゃんと朝から降っててよっ!(`⌒´;)/
って感じ。。

今日は、何度も空とにらめっこして、雨雲が来ない事を確認し、半乾きの洗濯を外に干して、大丈夫そうなので残りの洗濯をしました。

でも、今日は大正解。
正午を過ぎた今でも、青空が広がっています。

ちょっと暑いけど、夏の終わりの近さを知らせるかのようなセミの音と、まっ青な空にピンクや白の花を咲かすサルスベリ、庭には真っ白なユリ。

お日様が出ているだけで、すべてが輝いてるみたいです。

200808301509000←雨降り後の芝生のキノコ。
 白くて丸くて、マッシュルームみたいで、
 かわいい♪
 
 
・・・8月も今日で終わりなんですね。。

感想コーナー

2008年8月28日(木)  雨  by キヨタカ


 非常に遅くなりましたが、7月に行われた、個の花瞑想道場の感想コーナーを設けました。

とても素晴らしい道場でした。

今読み返してみると、あの時のエネルギーがもう一度降り注いでくる感じがあります。

12月に第2回目を行います。
今回参加出来なかった人も、あるいはもう一度チャレンジしたい方も、ぜひ参加して下さい。

思わぬオマケ

8月28日(木)雨 by ヨガビジャ

あっという間にお盆も過ぎ、ずいぶん涼しくなりました。

暑い夏の間、私のお気に入りは「ババナジュース」でした。
完熟のバナナと牛乳or豆乳だけで簡単にミキサーで作れます。
今年は完熟バナナの皮を剥き、冷凍庫で凍らせておいたものをミキサーにかけると、良く冷えたシェイクになることを発見。
毎朝、朝食代わりに飲んでいました。

でも、ここのところすっかり朝晩は涼しくなって、さすがにバナナジュースはもういいかな?って感じです。

それで思い出したのが、去年のお気に入りの一つだった「たんぽぽコーヒー」。
でもわざわざ、去年購入したハーブビレッジまで車で買いに行くのは、この原油価格高騰のおり不経済と考えて、ネットで購入することにしました。

で、今日届いたのですが・・
 

200808281401001←注文したのは、コレ。
 
 <ハーブコーヒー たんぽぽ&チコリ>
 70g × 2袋
 
200808281401000←で、オマケその1。
 
 <生のローズマリー>
 手書きのステキな説明書に、
 小さく「魔除け」の文字。( ・・;)
 

 

200808281404000←オマケその2。
 
 オリーブが原材料の、<スキンクリーム、バージンオイ ル、ローション、パック>
 <ハーブソルト>
 <手作りローズピップせっけん>
 ・・「ビタミンCの爆弾」!!( ̄∇ ̄;)

 
オマケは大好きだけど、いったい何を注文したのか分からない。。。

でも「魔除け」と「ビタミンCの爆弾」のセンスは、ツボにはまりました。
ヾ(≧▽≦)ノ


 

Mさんからお便り

2008年8月25日(月)  曇り後雨 by キヨタカ

 先日の日誌について、「みなさんはどう思いますか?」と書きましたが、Mさんからお便りのファックスを頂きましたので、掲載します。

Mさん、すてきなご感想を有り難うございます。

* * *

キヨタカ様

 「何かを求めている」と気づいたOさん、それってすごい事ですよネ!
すでに マインドとの距離が できつつありますものね・・・
マインドそのものの機能として「求め続けなければ・・・」ですものネ。
後は、そのエネルギーが 外側から内側に向きが変化して行く。

 キヨタカの返事が すごくわかりやすくて、よかったです。
ありがとうございます。
マインドを越えることは、言葉も越えることだと感じています。
思考を越えた ハートを表現することは 勇気がいりますネ。
実感してます。
 本も とても よかったです。勇気がわいてきます。
ありがとうございます。

PS ネットが使えないので ゴメン!すごく伝えたかったので
  筆を取りました。
                     Mより

これでいいのか?

2008年8月23日(土)  曇り by キヨタカ

 前回、「これでいいのだ!」という内容の日誌をアップしたところ、本当に「これでいいのか?」というお便りを、頂きました。

* * *
 キヨタカさんへ

おはようございます。
キヨタカさん、聞いて下さい!
修繕寺日誌を読んで、もしくは日頃からよく感じていたことです。

<高い意識>を期待したり、求めたりする事にちょっとばかりの抵抗があります。
もし本当に「これでいいのだ」だったら、時期がくれば自然にその様な状態になるからです。

「個の花瞑想道場」も、タイムリーなんだろうなと思いながらも、「伊豆まで行かなければいけなんだよね〜」「お金も結構かかるね〜」と、何か自然じゃない感じなのです。

「ダイナミック瞑想」も、私にとっては意図的に「する」感じがして、どうも必要性を感じません。
恐らく、マスターの前では自然に起こる事なのでしょうが‥‥‥‥。


今の私は10〜15分瞑想を体験していればいいのでしょうか?


‥‥‥‥‥‥で、読み返すとやっぱり私は、何か求めています。

九州の0さんより

* * *

「あるがままに」とか「これでいいのだ!」を実行しようとすると、誠実な方ほど必ず直面するテーマだと思います。

私は、Oさんへ下記の返事を書きました。
皆さんは、どう思いますか?

* * *
0さんへ

返事が遅れて、済みません。

人間は動物から神への進化の途上にあります。
ですから、いずれ、自然の進化に任せれば、神へ到達すると思います。
しかし、その為には、あと何千回も輪廻転生を繰り返す必要があります。
ちょうど類人猿から人間に進化するのに、気の遠くなる時間が掛かったように。

瞑想とは、この進化のプロセスを早める技法です。
ですから、全然自然じゃありません。

ちょうど病人が薬を飲むようなもので、薬そのものは自然じゃないのと同じです。

瞑想という薬を飲んで、「する」という不自然な状態、から「ある」という自然な状態に戻るのが、瞑想の修業です。

「マインド=自分」という不自然な状態にいる中で、魂が目覚め始めると、苦悩を自覚するようになり、何か別のものを自然に求め始めます。

この時点では、いくら「これでいいのだ」と言っても、苦悩は解消されません。
さらに苦悩は増すでしょう。

通常の私たちは、マインドという海に溺れていてもそれに気づかず、「これでいいのだ!」
と思い込んでいます。
しかし、マインドの海に溺れているのに気づき始めると、魂は「これでいいのか?」というメッセージを発します。
その典型的なメッセージが、苦悩という事です。

ですから、ある意味で、苦悩を感じられる人は、恩寵が降り注ぎ始めた証拠なので、祝福さるべきものです。
なぜなら、苦悩を感じない限り、マインドの海に溺れている自分から脱出しようとしないからです。

ですから、ぜひこの不自然な瞑想を、全力を挙げて、取り組んでみて下さい!

個の花瞑想道場にも、無理をして参加される事をお勧めします!!

キヨタカ

PS 魂の小さな光が目覚めると、「あるがまま」をお祝いする様になります。
しかしマインドは絶えず現状を否定しますから、これじゃダメだ!と言います。
 
あの日誌で書いた、「これでいいのだ!」とは、魂としての小さな光である私として「これでいいのだ」とわかったのです。
    
マインドが「これでいいのだ」と言ったのではなく、内なる魂の声が「これでいいのだ」とささやきました。

声の所在が、頭(マインド)ではなく、ハート(魂)からやって来たと言えば、分かりやすいでしょうか?

マインドは非常にずるがしこいですから、ハートの「これでいいのだ」という声を、マインドとしての自己を防衛するために、すり替えてしまいがちです。
   
自分に徹底的に正直になって、「これでいいのだ」という声が、頭からのものか、ハートからのものかを識別する事が大切だと思います。

                                     by キヨタカ

これでいいのだ!

2008年8月9日(土)  晴れ  by キヨタカ

こ数日、リーラスペースの次の瞑想会の文章を作ろうとしてなかなかまとまらず苦労した。
ヴィジョンはあるのに文章が出てこない。

瞑想的な<高い意識>から湧き出るものをと期待すればする程、どんどんとそうでない状態へ追い込まれた。
もういい加減に「時間切れ」となり、「とにかく今のレベルでいいや」と居直ったら、すんなりと書く事が出来た。

後で、自分が陥っていたワナを教えてくれる本に出逢い、ハッと気づくものがあった。

有名な「神との対話」シリーズ本の中にある「明日の神」の中に出てくる、次の文章が深く魂に響いたのである。

* * *

<高い意識>

・・・つねに高い意識状態にいたいと期待しないこと、
それだけがつねに高い意識状態にいられる方法なのだから。


はあ?


なにかを期待した瞬間、現実はそうでなくなる。
自分自身に何かを期待することそのもが、その体験を不可能にしてしまう。
すでに体験していることを体験したいと「期待」することはできないよ。
自分自身に何かを期待するなら、それはその何かを体験していないということだ。
何かを体験するか、体験したいと期待するか、どちらかだ。
両方はできない。期待することは、望む体験を未来に押しやることなのだよ。

このことを覚えておきなさい。
なにかを期待するとは、それを遠ざけることだ。

つねに高い意識状態にいることを望んだり必要としたりしない。それこそ、あなたが
高い意識状態にいるという確かなしるしではないか。

だから「高い意識」状態がどんなものかと想像しないように気をつけなさい。
時には、「高い意識」状態とは、「高い意識」の必要がないということにすぎない。
言い換えれば、いまどんな意識状態にあろうと、「オーケー」だということこそ、
非常に高い意識状態かもしれない。

今の状態が「オーケーじゃない」と思うと、もっと多くを望む。
だが、ーー何にしろーーもっと多くを望むことは、
つねにあなたの意識状態を低下させる。
自分は望むものを持っていないと感じ、自分は完全に幸福ではないと思うからだ。
だが、それは間違いだよ。

あなたはつねに今ままで完全に幸せになれる。
それを知っているのが<マスター>だ。

PS 天才バカボンのパパのメッセージ、「これでいいのだ!」は、本当に天才的な<高い意識>のメッセージだった!

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ