« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

よいお年を♪

12月31日(水) 晴れ by ヨガビジャ

2008年も、残すところあとわずかです。
今年も、とてもたくさんの人たちにお世話になりました。
ほんとうにありがとうございます。

この日誌を書くことは私にとっての楽しみであり、いろんな気づきの機会でもあります。
そして、こうして続けてこられたのは、ここを訪れて読んで下さっている方々がいるからこそなんです。

パソコンに向かうと、目には見えない誰かや自分自身と会話をしているみたいで本当に楽しいし、ひとりじゃないんだって感じられるんです。

だから、、、ありがとうございます。

みなさんも、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。
来年、またご一緒できるのを楽しみにしています。(^_^)/

暮れの風景から

12月30日(火) 晴れ by ヨガビジャ


引き続き、今キヨタカの実家にいます。

キヨタカは今とある忘年会のため東京へ、お義母さんはリビングで年賀状を書いていて、私はお昼ご飯の後片付けを済ませ2階で一休み中。

年末年始の風景って、家々でずいぶん違うものですね。

私は子供の頃、クリスマスやお盆、お正月といった普段とは違う行事が嫌いで避けてきたところがあったけど、今この歳になるとやっとそういった事の意味が少しだけ分かる気がします。

子供の頃、嫌々していた暮れの大掃除やお節料理の手伝いも、もっと気持ちを込めてお母さんといれば良かったなって思います。

若い頃の方が今よりずっと焦っていた気がします。
「こんなことをしてなんになるんだろう?」って。

今の方が人生の残り時間は少ないはずなのに、ゆったりと細かな日常の一つ一つを味わっている感じです。

「そうとしかあれなかった」若い頃に後悔はないけど、行くべきところはなく在るべきは「今ここ」と感じられる今を、うれしく感じます。

ネコたち

12月29日(月) 晴れ by ヨガビジャ


今、キヨタカの実家です。
路地裏を歩いていたら、日当たりいいごみ箱の上にネコが2匹日向ぼっこ中。

絵になるなあ〜。。(*^_^*)

私がケイタイを構えて近づいても、のんびり寛いでいて逃げもしない。
さすがにキヨタカが近づこうとしたら、1匹はビクッと身構えましたけどね。

お邪魔しては悪いから一枚写真を撮らせてもらって、早々に私たちは退散しました。


…うちのネコ、無事生きてるかなあ〜。(・・;)

ゴハン、てんこ盛り置いてきたけど、白黒ノラちゃんにとられてないといいけど。。

帰省

12月28日(日) 晴れ by ヨガビジャ

今、キヨタカの実家(栃木)に向けて帰省中。
まだ、伊豆のとある喫茶店でランチをオーダーして待ってるとこなんですけどね。。

…それにしても、慌ただしかった〜。。(;^_^A   

私に分身の術が使えたら、

 ・帰省するよがび
 ・富士見荘を大掃除するよがび
 ・読みたい本を読むよがび
 ・温泉に行くよがび
 ・ごろごろするよがび

 …とか、 5人くらい欲しいかな?

去年の暮れは、ちゃんと3品ほどお正月料理の練習をして行ったのに、今回はぶっつけ本番。

どうなることやら…。(;-_-+

自分が静止する日

2008年12月27日(金)   晴れ  by キヨタカ

 昨日久しぶりに見た映画、「地球が静止する日」について。

「人類を滅ぼして地球を救うか」 vs 「今の人類を野放しにして地球が破滅するか」と言う非常に重大なテーマを正面から取り上げた意欲作。
「人類は危機に直面して初めて意識が進化する」というテーマも、今や他人事ではない。

映像も迫力があり、話の筋も途中までは良い。

だからこそ、あの結論では、「それはないだろ〜!」と思ってしまった。

こうした「親子の愛」とか「家族の愛」とかを崇高なものとして取り上げるのは、商業映画の定番ではあるが、それで終わっていてはとても「意識の進化」は望めない。

「宇宙人がやって来て地球が静止する日」を待っていては埒があかない。

あらゆる事が来ては去って行く、この現象世界の真ん中において、唯一「来る事もなく去る事もなく永遠に静止している」ものがある。
その部分が目覚める事こそが、意識変容の第一歩である。

「自分が静止する日」こそが、自分と廻りの人々、そして人類、さらには地球を救う事になると思うのだが、、。

地球が静止する日(ネタバレあり)

12月26日(木) 晴れ by ヨガビジャ


今日映画館へ、キアヌ・リーブス主演「地球が静止する日」を観に行きました。

人類により傷ついた「地球」を癒し救うためにやってきた宇宙人(クラトウ=キアヌ)は、ある親子の愛を目の当たりにして人類は「変われること」を信じ、人類にチャンスを与えて宇宙へと去って行きます。

しかしこの映画を見る限り、この2人の親子以外に人類の意識の変化を感じさせる描写がなかったし、どちらかというと意識が変化したのは、クラトウ本人だったのでは?

地球、大丈夫なのかな〜・・( ・・;)?

なぜ・・?

12月25日(木) 晴れ by ヨガビジャ


夜、キッチンで本を読んでいたら、キヨタカから

「これ、固くて空かないから開けて!」と、

ハチミツのビンを渡されました。
 
 
・・・私、いつからキヨタカより力持ち? (・・?)
 
 
200812252223000←個の花瞑想道場でホールを飾ったお花。
 今もバラがとでもキレイ♪
 お部屋にお花があるのっていいですね。
 

温泉のクリスマス

12月24日(水) 晴れ by ヨガビジャ


今年最後のイベント(第2回個の花瞑想道場)の片付けもほぼ終わり、今日は久しぶりに「百笑いの湯」に行って、私とあんじゅのお抱えマッサージ師(?)のKさんのボディケアを受けました。

でも私は、夕食を済ませた時点でお腹がいっぱいで眠たくなって、出掛けるのが億劫になりました。
ビールでも飲めばシャキッとするかな〜?と思って、キヨタカが運転してくれることを確認して、出掛ける前にビールを飲みました。
温泉に入る前にビールを飲むなんて、初めての経験ですけどね。。

途中車の中で、「今日はクリスマスで、温泉は空いているのかな〜?混んでいるのかな〜?」と話していたのですが、到着してみると駐車場はガラガラです。


そんなこんなで、湯船に浸かって、「クリスマスの日に温泉に来ている奇特な人たちは、男性か女性かどっちが多いのかなあ?」と思い周りを見渡すと、圧倒的に女性が多く、「そうなんだあ〜。。」と一人納得してました。
 
 

ん? ・・・・・( ̄⊥ ̄)?
 
 
 
・・ここ女湯だから女性しかいないよ・・。ボソ( ̄。 ̄)
 

 
と、しらふのよがびが酔っぱらいのよがびに、頭の中でそっとささやきました。
 
 
誰も知らないストーリー。
わざわざ日誌に書かなくても・・。 ←しらふのよがび

道場の感想

2008年12月23日(火)  晴れ  by キヨタカ


 個の花瞑想道場の感想が次々と送られて来ている。
参加者のこうした感想に支えられて、今までなんとかリーラスペースを運営して来た。
主催者冥利に尽きる至福のひとときです。

1月にリーラ瞑想リトリートがあります。

まだ申し込んでいない方は、是非参加して下さい!
どうしようか迷っている方、「Leap before you look!:見るまえに跳べ!!」ですよ。

下記は、Uさんからの感想です。

* * *
キヨタカ様

こんばんは。
第二回個の花瞑想道場、凄かったです。
そして、本当にありがとうございました。

キヨタカさん、ヨガビさんが長年かけて花開かせた
リーラスペースは、今、キヨタカさんのリードで
本当に素晴らしい場になっていますね。

この4ヶ月間新たなスタートを切るための充電期間として
無職を続けたために、貯金を使い果たし危機に瀕している
僕ですが、魂のエンパワーメント+個の花瞑想道場の体験で
これからの方向性に確信を得る凄い体験をすることが出来き
新たなスタートを切る覚悟が出来ました。
本当に感謝しております。

また、リーラスペースに集まる同志の方々も皆素晴らしい方々ばかりですね。
第二のキヨタカさんを目指す僕も、リーラスペースをより良い場にしていく
お手伝いが出来れば、とても光栄!です。

キッチンのお手伝いが足りない様でしたらご連絡くださいましたら
出来る限りお手伝いをさせていただきたいと思います。

これからも勉強させてもらいたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

* * *

「第二のキヨタカさんを目指す」とは??でしたが、Uさんとのやりとりで、「リーラスペースのような場所を創る事を志している」事が分りました。
ぜひ志を全うして下さい。
私も応援します!

第2回個の花瞑想道場終了

2008年12月22日(月)  晴れ時々曇り  by キヨタカ

第2回個の花瞑想道場が無事終了した。
今回は2回目という事もあり、初めからスムーズに天命と瞑想が融合するワークが起こった。

年末や不況等、数々の困難を乗り越えて、参加して頂いた方々に心より感謝いたします。

さっそく参加者のMさんから感想のメールを頂きましたので、転載させて頂きます。

* * *

キヨタカ様

 「個の花瞑想道場」では大変にお世話になりました。

 リーラスペースでの3日間を経て、自分の過去に起こったさまざまな苦しみや心の嘆 き、そしてかねて胸中に抱き続けてきた未完の目標までが、一本の「明快な筋立て」と して見通すことができました。自分の人生を「天」の視点から捉えたと言えるほどの経 験です。

数千人もの天命を見てこられた出口光氏の達識と然有(さあ)らぬ手腕、高度 に練り上げられたプログラムには敬服しました。実社会に生きる魂を導く、まさしく現 代の「名将」ですね。

 瞑想も驚くほど深まりました。
自分の内側にあるはずの「私そのもの」の感覚が、外側のあらゆる人の中に遍在して いるという体験。さらには、自分の本源へと還る体験。その白く輝く、温かくて果てし ない空間は、自分のハートにあるミクロの点として収れんしている−−自分の本源とは 、これまで一度も立ち去ったことのない、まさに「ここ」にあった! そんな、文章では説明しきれない美しい体験を、瞑想入門者の自分が知ってしまって良いのか? そう 思えるほど、驚愕の3日間でした。

過去に7人もの覚醒者がそこに座り、志を共にする 人たちが集うリーラスペースは、瞑想のパワーに満ちあふれた「不二の場」だと思いま す。

 最近の世界同時不況の中で、全世界の経済規模が半分に縮小する「ハーフエコノミー 」という言葉がいわれています。その中で、実社会における自らの「アイデンティティ ー」を失い、心底消沈してしまう人も大勢出てくるでしょう。経済的に失われた半分は 、真に価値ある「魂の豊かさ」で満たしていくしか道はありません。

聖書に説かれる「幸いなるかな心の貧しき者、天国はその人のものなり」が、端的に実感される時代にな ると思います。
世界経済の半分にあたる新市場を担うキヨタカさんには、大いなる活躍 を期待しています。

 以上、自分自身の復習を兼ねて長々と書かせていただきました。また近々、リトリートに参加させていただきます。

しいたけ

12月22日(月)晴れ by ヨガビジャ


個の花瞑想道場のことを書きたいのだけど、ちょっと体が筋肉痛で・・。

今日は日誌をお休みにしようと思ってたら、目の前にネタがきた。。


200812221754000←今日の夕食。
 スタッフが作ってくれたシイタケのバター焼き。
 味も付けないでバターで焼いただけなのに美味しい♪


 伊豆にいて嬉しいこと。
 温泉、シイタケ、富士山、海・・・。(^o^)

ろうばい

12月21日(日) 晴れ by ヨガビジャ


今日は、とても穏やかな晴天です。

200812210836000 さっき庭を歩いていたら、
 淡い黄色の蝋梅(ろうばい)が咲いていました。
 まっ青な青空に映えてとてもきれいです。

 今日は個の花瞑想道場の最終日。
 今回の道場を象徴するよなうな、穏やかで暖かな景色です。

道場のことは、また後日書きたいと思います。(^-^) 

ループ中

12月20日(土) 晴れ by ヨガビジャ


きのうから個の花瞑想道場が始まりました。


・・って、昨日書くべきなんだけど、しもやけネタでしたね・・。

イベントのスタート直前ってやることが山ほどあってすごく忙しいので、しもやけがかゆいのも気にならなかったのに、スタートした途端かゆくて、かゆくて。。


って、、、またしもやけのこと書いてる。( ̄⊥ ̄)


めずらしく集中的に頭を使い過ぎて、思考がくるくるループしてるみたい。

いやはや、無事スタートしてよかった。

かゆ〜。。


・・・くるくるくる・・・・(@_@)

しもやけ

12月19日(金) 晴れ by ヨガビジャ


きのう、左足の人差し指のしもやけに気づいた途端、

となりと、となりのとなりと、そのまたとなりの指も、


一度に3本しもやけになった。。。_| ̄|○

   1 + 3 = 4本


なんでまた、ほかの指まで思い出したかのようになるかな・・?
「百一匹目の猿」現象を思い出した・・・。

うそっ!?

12月18日(木) 曇り by ヨガビジャ


きのう掃除をしていて、敷居に左のつま先をぶつけました。

それほど強くぶつけた訳ではないのに、痛いのなんのって、、
しばらくは、人差し指の先端がじんじんしてました。(>_<)

でも忙しかったので、そのまま動き回っていたら、
すかっり忘れていまして・・。


夕食後、お風呂に入るために靴下を脱いだら、
ぶつけた足の指先が真っ赤っか。。

・・いえ、ケガじゃなくて、、


しもやけになってた。・・・( ̄⊥ ̄lll)・・・
 
 
毎年恒例とはいえ、今年はまだまだ暖かいし、しもやけになる時って
「危ないかも?」って自覚があるのに、今回はぜんぜん気づかなかった。。


歳とともに、身体感覚が鈍くなっているのだろうか・・。

軽くショック。( ̄- ̄;)

人って、、

12月17日(水) 雨 by ヨガビジャ


ふと、誰かの言葉や何気ないメールの文章に、
はっ!としたり、癒されたりすることがある。

おそらく書いた本人は、
そのことを意図するどころか、
別の意図をもっていたか、
もしくは、なにも考えていなかったかもしれない。
・・私にどんな影響があるかなんて。


神(存在?)は、あらゆる瞬間、私たちのひとりひとりを通して、
ご自身の意図を表明されているのではないだろうか?
私たちが発する言葉や行為は、時として自分自身のものと感じられない
ことがある。

しかしそのことは、「神 対 人間」の相対する関係においての一方通行的
なものではなく、どこからどこまでが神で人間なのか、その線引きすら
曖昧で、理解を超えている感じがする。


自分を表現するとは、
神を代弁してるにほかならないのかもしれない・・。

危険な考え方かもしれないけど、そう感じざる得ない時がある。

チョコがきた

12月16日(火) 晴れ by ヨガビジャ


布団干しも佳境に入り(?)
ほとんどの布団と毛布を干し終え、今日は枕を干しました。

すると、毎日が「布団干しな日々」へのご褒美のように、
今日買い物から帰ったら、
リーラのお客さまからチョコレートが届いてました。


200812161254000←きちんと箱に入ったチョコレート。
 リボンもかかってる♪
 ・・・う、うれしい。。(T_T)
 普段はもっぱら明治の板チョコか、
 奮発してもマカデミアナッツチョコだからね〜。。


 

なにを観たのか・・

12月14日(日) 雨のち曇り by ヨガビジャ


「マリと子犬の物語」という映画を観ました。
それは"新潟県中越地震" の実話を基に描かれた映画で、予想通り泣けました。

その余韻が覚めやらぬ間に、キヨタカがCDデッキにセットしたのは、うちにあった「マトリックス3」。


あ、あ、ザイオンが・・、キャプテン・ミフネが・・・。


ほんの数分でしたが、私の頭の中で、「マリ」が「ネオ」に書き換えられるのに十分でした。


・・なんのためにわざわざTUTAYAから借りてきたのだろう。。( ̄- ̄;)

布団干し中

12月13日(土) 晴れ by ヨガビジャ


株価の上下より、お日様の見え隠れが気になる私は変?

布団干しは楽しい♪


200812131116000←本館2階から食堂棟を見下ろす。
 右上の奥は、かんぽの宿修善寺。

 ・・・私、高い所好きだし、
 太陽光線を浴びると元気になるのかも?

 だから布団干し好きなのかなあ〜。(・・?)

霊極まれば、、

2008年12月12日(金)  晴れ  by キヨタカ

 仕事の打ち合わせの為、東京へ行く。
そのついでに「東京ミネラルショー2008」へ顔を出した。
友人のUが「ストーンビジネス」を立ち上げて大成功している、という噂があり、ミネラルショーに出店していると聞いたからだ。

Photo

現場へ行くと、噂通り、世界を又にかける国際ビジネスマンとしての晴れ姿がそこにあった!
取引先は10ケ国に及ぶと言う。
青年(中年?)実業家としてのオーラが輝いていた。

2年前にガイダンス(天啓)とおぼしきものが降りて来て、この仕事に着手。
手元の資金わずか20万円で始めたビジネスだそうだが、あれよあれよいうまに軌道に乗り、現在は御徒町にショールーム「○×ストーン」を立ち上げるまでになった。

もともとクリスタル類が大好きで、瞑想や魂とも深いつながりがあり、これぞ我が天命という感じで働いていて、すごく楽しそうだった。

数年前までのウラスと言ったら、真理の探求以外には全くの無関心といった印象で、今日の姿は全くもって想像出来ない。

悟った人がいると聞けば世界の果てまでも追いかけて、私の知る限り悟った人々と接した数が一番多い日本人だ。

アジズの事を聞いたのもUからだし、私がハワイで最初にフーマンと会った時は、既にその1年くらい前からフーマンと接していて現地で色々とお世話になった。

私が最初に彼に会ったのは、もう20年近く前の事となる。
当時の彼は、非常に内面的苦悩に満ちていて引き籠りの典型、人とのコミュニケーションが上手く取れず、いつ自殺しても不思議はないという印象だった。

そんな彼が、瞑想を通して大いなる自己変容を遂げ、眩しいくらいに輝く様になった。
「霊極まれば、体に転ず」と言う。
「魂のエンパワーメント」の素晴らしいサンプルだ。

彼の変容した姿を見て、とても嬉しかった。
フーマンもクリスタルには造詣が深く、彼の活躍を喜んでいるに違いない。
多くの悩める探求者にとって、彼の今日の姿は大いなる励みとなるだろう!

サナギはいつか蝶として空を舞い、人はいつか魂として天命を生き始めるのである。

個の花瞑想道場

12月12日(木) 晴れ by ヨガビジャ


きのう、来週末に行われる、出口光さんとのコラボイベント「個の花瞑想道場」の事前打ち合わせのため、久しぶりに渋谷に行ってきました。

毎日ここ修善寺で自然の心地良さ感じながら、たまに温泉に浸かっているのはとても幸せなことなのだけど、渋谷という普段とはまったく違う環境に身を置くと、自分の中の眠っていた機能が目覚めるようで、なかなか興味深いです。

人間、居心地の良さばかりを求めていると、磨けば光るはずの宝石が、いつまでも原石のまま留まってしまう気がする・・。

磨くというのは、自分とは異質な物との摩擦であるわけだから、最初は心地良くはないかもしれないけど、徐々に不要な物が取り除かれ本来の光を感じられ始めると、それはいつしか喜びに変わっていくのかもしれない。

瞑想と同じかも。(・・?)

来週末の「個の花瞑想道場」、きのうの事前打ち合わせで、前回とはまた違ったすばらしいものになる予感がしました。

楽しみです♪

勘違い

12月11日(木) 曇り時々晴れ by ヨガビジャ


きのう、久しぶりに名古屋の母に電話をしてみました。

「最近どう?変わったことはない?」と聞くと、
実はきのう、私が名古屋に来ると思って待っていたんだとか。

私は驚いて「なんで?」と聞くと、いきさつは以下の通り。


実は私は1年ほど前、父にカメラ付きの携帯電話をプレゼントして、ここ2ヶ月ほどは毎日メールを送って、それに返信してもらうことにしていました。

それは災害や、いざという時に連絡を取れるようにということと、携帯電話をほとんど使うことはなくても、メールを見たりする操作で指先を使って、ボケ防止になるのではないかという思いからでした。

今のところ、私が毎日何気ないメールや写真を送ると、ちゃんと返事が帰って来るのでまだ教えた操作を憶えているようです。
もっとも返ってくるメールは文字打ちが面倒らしく、なにを送っても、「了解しました。」の定型メールが来るだけですが、、。
まあ、無事に生きてるな〜って感じで、安否確認できているワケです。。

さてそれで、問題の数日前、私からのメールを1つ読んで、続けてもう1つ下のメールを開いたら「明日11時に行く」と書いたメールがあったんだとか。
父は、私からのメールを読んだばかりだったので、名前はなかったけど、私からのメールだと思い込み、父は母にそのことを告げ、母は岡崎の姉に電話で知らせ、姉も「明日は名古屋で仕事があるから私に会いに(実家に)行く」と、とんとんと話が進んだそうです。

私が「明日11時に来る」ということで。。( ̄。 ̄;)


当日。
敬老パスを使って毎朝お出掛けして昼過ぎに帰ってくる父が、10時半には家に戻ってきて、私が来るのを楽しみにしていたんだとか。。

そしていよいよ11時。
やってきたのは・・・

孫のせいなちゃん(18才)でした。。

きっと父の頭の中は、(@_@;) ? ←こんなんだったのでは。。。

姉もやってきて、すべての誤解は解明されました。

せいなちゃんが、携帯を変えた時にメルアドも変わったのに、おじいちゃんの携帯に登録し直してなかったから、メールに名前が表示されず、私からのメールと勘違いしたのです。


母から電話でこの話しを聞いて、なんとも微笑ましくって。
情景が目に浮かびます。

ネコでも親でも、、自分を待っていてくれる人がいるって、こんなにも嬉しく、ありがたいものなんだって、つくづく感じました。。

年内は無理だけど、できるだけ早い時期に名古屋に行こうっと♪

瞑想会byラモダ

2008年12月10日(水)   曇り  by キヨタカ


皆さん、ラモダの事は知ってる?

彼は、20年近くの間、瞑想や自己成長に関わるワークショップに非常に熱心に取り組んで来た。
リーラスペースでも、企画する殆ど全てのイベントに必ずと言っていい程参加してくれている。

アジズやフーマンも彼の事をお気に入りで、いつも最前列に坐らせていた。

最初の頃は非常にシャイで繊細な人柄で、人前で話をするのは苦痛そうだった。

そんなラモダが今では、長年の探求の結果溢れ出したハートのエネルギーに任せて、ヒーリングや瞑想の指導を行っている。

そして、明日いよいよメキキ瞑想会で、ハートの喜びをシェアする事になった。

瞑想がどの様に変容をもたらすか、ラモダの活躍はとても良いサンプルだ。

瞑想とは、意識の開花であり、ちょうど花の様に繊細でデリケートなスペースだ。

どうか皆さん、明日の瞑想会に参加して、瞑想が醸し出す意識の開花の香りを楽しんで下さい。

Photo

食欲の冬

12月10日(水) 曇り時々晴れ by ヨガビジャ


今朝、キッチンの窓越しにネコの鳴き声が聞こえ、ガラス越しにネコのシルエットが見えたので、いつもの玄関の脇で朝ご飯をあげました。

その後しばらく、キッチンでキヨタカと話しをしていたら、いつものかわいらしい鳴き声とは違い、なにかを訴えるように、「にゃお〜〜ん〜。。」と繰返し鳴いています。

私が「なにかなあ?」と玄関に出てみると、ネコの視線の先にご飯のお皿。。


・・・おかわりの催促?( ・・;)


お皿に追加のキャットフードをあげると、「はぐっ、はぐっ!」と勢いよく食べています。よく飽きないなあ〜・・。

最近この子、良く食べるんです。
体型も、ここに来始めた頃に比べて、ずいぶん丸みが出てきました。

「馬肥ゆる秋」ならぬ、「ネコ肥ゆる冬」。


冬眠でもする気??(・・?)

ピカチューウミウシ

12月9日(火) 雨 by ヨガビジャ


今日は、珍しく日誌ネタがないなあ〜・・( ・・;)
と思って、なんとなくネットサーフィンしていたら、
数日前の日誌に書いた「ウミウシ」に遭遇。

おまけに、、

32←マンガのキャラクターにある
 ピカチューの愛称で親しまれているウミウシ。
 ウデフリツノザヤウミウシ。

 だって・・。

ピカチューはウミウシだった!・・じゃなくて、
このウミウシがピカチューに似ているのね。。

でも、ピカチューの発案者、
このウミウシからインスピレーションを得たんじゃないかなあ〜。。
( ̄〜 ̄;)??

クルージング

12月8日(月) 晴れ by ヨガビジャ


先日、10月に亡くなったTさんの遺灰を海に散骨するために、クルーザーをチャーターし久しぶりに海に出ました。

その船はクルーザーというより帆船で、「スクーナー」という2本マストの立派な船です。
この船は、1854年の安政の大地震の時、津波により沈没したロシアの帆船ディアナ号の代船として建造された、日本初の西洋式帆船「戸田号」を忠実に再現した、日本にたった一艇しかない貴重な帆船です。

このクルージングのことは、様々な角度から文章にすることができるのですが、このクルージングでふと思い出したことがあります。


それは私が16才の時、初めてヨットに乗り始めた動機。

自分がなぜヨットにあれほどまでに惹かれたのかというと、
たった一つの言葉に尽きます。


それは「自由」ということ。


海の上には、陸と違って「道」がありません。
360°自由に、どこにでも行くことができます。


ヨットを始めた当時、まだ高校生だった私は、その年頃の子供相応に、家族や人間関係、将来、自分の価値など,,様々こと考え、息苦しさを感じていました。

今思えば、子供ながらも自分なりの常識を持ち、「〜すべき」「こうあるべき」という、ある特定のアイデアを自分自身に課し、それらを重荷に感じていました。

私がヨットを始めた一番の動機は、そんな重荷を陸に置き、なんのアイデンティティーも持たないまっさらな自分として、360°自由な世界へと飛び出して行ける、、それが私にとっての海でありヨットでした。

陸の上、社会には「制限された自由」しかないと考えていました。
自分はその中で生きるしかない。
そして束の間の自由を味わうために海に出るのだと。


でも、その後20年以上が過ぎ、瞑想と出逢い深まっていく中で、「陸の上=社会には自由がない」というのは、自分が作り出した幻想に過ぎず、ヨットで海に出なくても、たったこの瞬間にも自分は自由でいられるということがやっと分かってきました。


自分自身を束縛する、「通るべき道のある陸(社会)」というマインドの幻想から自由になるのに、どれほど多くの時間を要したことか。

思えば、私のスピリテュアリティの第一歩は、当時無意識ながらも、ヨットであり、海だったのです。


映画「マトリックス」のモーフィアスの言葉。

「Free Your Mind !」

それこそが、私が子供の頃からキーワードのように抱き続けてきた「自由」へのマスターキーなのだと、今は思っています。


なにから自由になるのか?
自分自身から自由になる。


200812071458001 晴れ渡った青空に富士山を観る。
 エンジン音もなく、風と波の音だけ。
 「帆船は最も美しい乗りもの」という、
 船長の言葉に同意を憶える。

 船長の潮っけたっぷり話しに
 自分が海を好きだったことを思い出しました。
 

ネコの存在

12月7日(日) 晴れ by ヨガビジャ


とても冷え込んだ夜に、富士見荘に向かって歩いていると、どこからともなくネコの鳴き声がします。

辺りを見渡しても姿が見えず、いつもように「にゃ〜?」と呼んでみても返事がない。

気のせいかな?と思いそのまま富士見荘へ向かうと、玄関の前でちょこんとこちらを向いて座っています。

私が「にゃ〜?」というと
ネコも「にゃあ〜♪」。

もう一度、私が「にゃ〜?」というと
ネコも「にゃあ〜♪」。。


さっきご飯をあげたばかりなのに、、、ということは、遊んでほしいんですね。

でも昼間も遊んだし、そろそろ寝ないといけないから、可哀想だけど少しだけ相手をしてあげてそのまま「おやすみ」を言って別れました。

自分を待っていてくれたり、必要としてくれている存在がいるってうれしいものです♪

朝に思う

11月6日(土) 晴れ by ヨガビジャ


早起きは三文の得というけれど、
この季節、まだ真っ暗な中、布団から出るのには少し勇気がいる。

でも、外に出て、頭上に満点の夜空を見上げる時、
自分というちっぽけな思いなど吹き飛んでしまうほど
宇宙の直中にいるのことを感じる。

まだ人も街も寝静まり、暗闇に点在する小さな灯り。

日中、現実と感じている時間の方が
なにか夢のように感じられる。

よりリアルななにかがある。

ウミウシ

12月5日(金) 曇り by ヨガビジャ


まだついこの間、百笑いの湯でマッサージを受けたばかりなのに、もう肩や首がじわ〜っと凝ってきた感じ・・。体を動かすのが億劫。

う〜ん、、歳なのかなあ〜・・・。
体力が落ちたっていうか、昔のような回復力がないかも。(T_T) 

仕方ないから、今日は近場のかんぽの宿へお風呂に入りにいきました。

ここの露天風呂は昼間なら富士山が見えるし、内湯も広々としていていいのですが、残念ながら源泉掛け流しではありません。
でも十分に体は暖まるし、心も体もリラックスしました。


ホッカホッカに暖まって、待ち合わせ場所のロビーにいたら、大きなテレビで「ウミウシに熱中」する親子のお話をしていました。

ウミウシって、海にいるなにかふにゃふにゃしたナマコのような生き物?くらいの認識しかなかったのですが、なんとも色とりどりでユニークなものなんですね〜。

かなり感動〜♪

思わず食い入るようにテレビを観てしまいました。

青くて赤い角(触覚?)のがいたり、黄色の地に黒い模様だったり。。
あんなに小さいものだとは思いませんでした。
おまけに浅瀬の磯にいるんですね〜。

お父さんと15才(だっけ?)の息子さんが夢中になってウミウシを探している姿は、とても微笑ましかったです。
そして息子さんの方が知識が豊富な様で、お父さんがなにかを見つけると息子さんを呼んで鑑定してもらうんです。

そして、その日見つけたウミウシはバケツに入れていましたが、帰る時にはみんな海に帰してあげます。
家に帰ったら、撮影した写真をパソコンの画面で大きくして親子で嬉しそうに眺めていました。

なにかに熱中している姿というのは、傍から見ていてもいいものですね。


それにしても、なぜその人がそれほどまでにウミウシに惹かれるのか?
・・不思議です。

もちろん、ウミウシをテレビで初めて観て私もかわいいと思ったし、実際に海で探してみたいなあ〜って思いましたけどね。

テレビチャンピオンという番組で有名になった「さかなくん」もそうですが、なぜ彼にとっては「さかな」なのか・・。ウミウシじゃなくて、、ね。

その人にとっては「なぜそれなのか?」が、気になる番組でした。。(・・?)
考えて分かるもではないですけどね。
人間っておもしろいなあって思って。。

秋色

12月4日(木) 晴れ by ヨガビジャ


きのう、布団を干したり洗濯を干したり、ゴミを出したり、、
パタパタとあちらこちらを行ったり来たりしていたら、
ふと目に留まった小さな小さな秋の色。


200812031145001←斜面に敷き詰められたセピア色の枯れ葉の上に、
 鮮やかな、まっ赤な落ち葉。
 遠くにいた私の、
 目に飛び込んできた黄色い小さな花と寄り添うように
 そこにありました。

ふと我に返る瞬間がある。

マッサージ

12月3日(水) 晴れ by ヨガビジャ


きのう「百笑いの湯」に行って、ボディケア・マッサージを受けてきました。

あんじゅお薦めのマッサージ師さんによる40分¥3,300-のコース。

普段から首や肩のコリ、腰の疲れの自覚はあったのですが、もう慣れっこになっていたし我慢できないほどひどい訳ではないから、今すぐ受けなくてもいいやって思っていたのですが・・。

あんじゅが以前に受けてとても良かったマッサージ師さんを予約してくれて、ふたりで受けてきました。


マッサージ師さん曰く、
「よくここまで放っておきましたね。ボロボロですよ。」とのこと。

始まる前に「強めにしていただいて大丈夫です。」と言っておいたけど、
これがけっこう痛い・・。
痛いけど、してもらっている途中からコリが解れていくのが分かります。

終わって起きてみたら、まるで今まではサンドバックを背負っていたみたい。。
なんだか体のバランスが変わりました。

解してもらった肩に手を置いてみると、首の付け根から肩にかけての形状がなにか違う!?

今まで骨格だと思っていたものは、コリ固まった筋肉だったみたい。。
( ̄- ̄;)


う〜ん、、お兄さん(←マッサージ師さん)、いい仕事してますね。

またイベントが終わったらお邪魔しま〜す♪


200812021549000←こころのコリはネコと遊んで解消。
 前足で空中ふにふに(赤ちゃんの時、お母さんのおっぱい
 を揉む仕草らしい)、に癒される。。

天上天下唯我独尊?

12月2日(火) 晴れ by ヨガビジャ


今日はあんじゅとアピタの火曜特売に行きました。

キノコ類が安いんです。
もう、この辺のスーパーでダントツ♪
大きなしめじが、¥100- !
今日はえのきも、¥88-!!

思わず興奮! ヾ(≧▽≦)ノ の安さです。


アピタで気持ちよく買い物を済ませて、あんじゅを予約していた歯医者さんに送りました。

時間に余裕があったので歯医者さんの前を通り過ぎ、温泉街の喫茶店に送ることになり、温泉街へと続く道へと入っていきました。

修善寺は折しも紅葉の真っ盛り。
平日にもかかわらず、年配の女性を中心に観光客がけっこういます。

この温泉街へ続く道は道幅が狭くて、車の運転には神経を使うので普段は避けているのですが、、。

今日はその道のそこかしこに元気なおばちゃん達が楽しげに歩いて、その歩きっぷりはまさに、


天上天下唯我独尊。


きゃ〜! こっちに来ないで〜・・!(>_<)


こちらがどんなにゆっくりと、できるだけ彼女たちに距離を置いて通ろうとしても、ぜんぜんお構いなしにこちらにはみ出してきます。


車にまったく気づいてないっ!


・・・天上天下唯我独尊。


彼女ら、ある意味悟ってるかも・・?( ・・;)


PS.「天上天下唯我独尊」…ここに書くにあたり、ちょっと正確な意味を調べてみようと思ってググッてみたら、、

『最近では「私がイチバン偉いんだ」という間違った使い方されているようですが、「わたしという存在は、この世にたったひとつの尊いいのちである」という宣言なのだそうです。』だそうです。
・・・うん、使い方間違ってるね。

第2回魂のエンパワーメント終了

2008年12月1日(月) 晴れ時々曇り→時々雨  by キヨタカ

第2回魂のエンパワーメントが無事終了した。
パルバやクマールの全面協力の下に作られた新しいワークショップだ。
キッチンのアンジュ、ヨウコさん、裏で支えてくれて有り難う。
(↑もちろん、ヨガビもね!)

どんなものだったのか、主催者が述べるのも野暮ったいので、参加者のHさんから届いたお便りを掲載します。

ぜひHPも含めて、読んで下さい!
初めて参加される方が多かったのですが、Hさんを含め「魂のパワー」にすでに触れている方々が多く参加され、驚きでした。
フーマンが語った、「光の集まる場が出来る」という事が、既に発動し始めているようです!

* * *

キヨタカ様、スタッフの皆様

こんにちは、今回お世話になりましたHです。
本当に素晴らしい時間をどうもありがとうございました。
まだまだクリアで穏やかな真我からの一条の光とともに在ります。

最後にキヨタカさんたちと抱き合った時、ハートが溶けてゆきそうでした。
本当に、私たちは同じところからやってきているのですね。

1月の瞑想リトリートにも仕事の都合がつけばぜひ参加したいですね〜。
かなり今いそがしくて調整が難しいのですが・・・。

友達に今回の感想をたくさん喋ります。
今、同じひとつの意識として進化しようとしている魂が、
友達の中にたくさんいます。
すごいムーヴメントがはじまると思います。

HPの日記にも、あまり詳しいことは書きませんでしたが、今回の瞑想体験について書きました。

http://www.sound-track.biz/diary/diary.cgi
のDIARYにアップしています。
(2008年 12月 1日(月) - to do, you have to be. )
けっこうアクセスがあるので問い合わせがくれば紹介してみようと思います。

本当にお世話になりました。
キヨタカさんとは、これからも何回も会えると思います。
またお会いできる日を楽しみにしています!!

愛を込めて。

H

ミス

12月1日(月) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ

今回は「魂のエンパワーメント」のキッチンをしながら、来年1月のリトリートの広告を作っていました。

他にも12月に予定しているイベントの問い合わせがあったり、
エンパワーメントの最終日の精算の準備をしたり、パソコンに向かって広告を作ったり・・。


・・一度にいろんなことが重なって、頭がウニになりました。(@_@;)


そんな頭で作った広告には、一部に大きなミスがあり原始的な方法で直し
事なきを得ました。


まあ、いつもリーラの案内にミスはつきもの。 ←ダメだって…

みなさん慣れてて、気にもとめてらっしゃらない様子。
よかった。。 ←よくない? (・・?)
 
200812011837000←やっとなんとかできた広告。
 めったにないタイプの
 ミス広告に当たったあなたは、
 (アン)ラッキー??

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ