« ボディサットバ | トップページ | ナイト&ワンデーイベントat 新宿 »

おめでとう!!

2009年3月31日(火)  晴れ  byキヨタカ


本物の目覚めを志す者にとって、「ステート オブ プレゼンス」の概念は非常に重要だ。

最初にそれを一瞥する事がまず第一関門。

それを通過したら、次に絶えずそれを想い起こす(そこに戻る)プロセスが必要だ。
いわゆる「ステート・オブ・プレゼンスの安定とか確立」と言う事である。

アジズは当初、「確立」という事を強調していたのだが、だんだん言わなくなった。
それには理由がある。

「確立」と言うと、マインドはただちに未来を創り出す。
さらに、一部修行者の間で「確立」という言葉が受験に合格したかどうかみたいなゴシップになり、本来の趣旨から逸れてしまったからである。
日本人生徒の間に特有の現象で、アジズは日本人のメンタリティーに首をかしげていた。
(これは、受験戦争に象徴される日本の教育制度により形成されたメンタリティーだと思う。)

この「確立」というのは、修行者に道なき道を歩ませるための一種の方便だ。
言うまでもなく「プレゼンス」とは今にあるものだから、それを目標にしたとたんにそれを見失う事になる。
ちょっと考えれば、中学生でも解る理屈だ。

しかし「アジズとの対話」の熱心な読者の中には、「確立」を目指して今に寛ぐ事を忘れてしまう人も多い。

今回参加されたTさんもその一人だった。
真実に対する探求は非常に熱心で、「アジズとの対話」はもう何百回も読んだそうで、キヨタカ以上にその内容に詳しい。

しかしど〜しても「確立」にこだわり続け、ず〜っと悩んでいた。
そんなTさんを思うと、あの本を出版しなければよかったかな〜と思ったくらいである。

そんなTさんから、非常に嬉しい感想が届いた。

Tさん曰く、答えを受け取りました!


おめでとうございます!!
ぜひぜひ、またリトリートにお越し下さい♡

* * *

リーラスペースの皆様へ
 
今回リトリートの参加を決めた理由は、ここ何年もずっと悩み続けてきた問題、つまり自分の進むべき道が完全に分からなくなってしまったことにあります。

アジズの教えに深い感銘を受けたものの、ステート・オブ・プレゼンスを確立できない自分に対する失望と、プレゼンスを確立できなければ先に進めないという思いが常にあり、どうしていいのか分からない状態でした。

修善寺に行けばなにか答えが見つかるのでは?それが参加の動機です。
そして答えを受け取りました。
それも予想もしなかったような形で。

たしかにリーラスペースは恩寵の光が訪れる、数少ない不思議なフィールドだと感じています。
そして今、自分には一点の迷いもありません。
自分の進むべき道を発見したからです。
まだ次回、リトリートに参加できることを楽しみにしています。
 

« ボディサットバ | トップページ | ナイト&ワンデーイベントat 新宿 »

コメント

先日の、瞑想リトリートはほんとうによいものでした。
私は参加予定でしたが、今回はいつもより参加人数が多いということでキッチンの方で参加ということになりました。キッチンにいるとリトリートの中のことはほとんどわからない状態でいつもきていました。今回、始まりと終わりは、ホールの中で参加者の皆さんといることができて、その変化に私も一緒に変化させてもらったという思いがあります。ほんとうにすばらしかった。シェアリングで輪になって皆が座っている場が、なんともいい場だった。ただ一緒にいるだけですばらしかった。場がハートにあふれとても温かい感じを感じていました。今後も私は、キッチンでの参加となるだろうが、始めと終わりだけでも参加者の皆さんと座れられたらと思った。お邪魔にならない程度にね。
参加者の皆様、スタッフの皆様ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボディサットバ | トップページ | ナイト&ワンデーイベントat 新宿 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ