« 通勤電車瞑想家 | トップページ | 神仏の加護 »

ビッグバーン!

2009年3月27日(金)  晴れ by キヨタカ

 「芸術は爆発だ!」とは、岡本太郎の有名な言葉である。
しかし、私はあえて言おう。

「瞑想は爆発だ!」

果たして、人が自分の内側にある「宝」を発見した時の喜びに勝るものが、この世にあるだろうか?
自分が存在する事の有り難さと喜びが溢れ出て、文字通り「爆発」が起こるのである。

この内なる宝には値段がつけられないが、リトリートのオリエンテーションで、私はよく「30億円」に例える。
ジョークに思われそうが、私は本気だ。
本当はもっと価値があるので、次回は「60億円」に値上げしようかと思っていたら、参加者のNさんから「60億円」との自己申告があった。

みなさんも、自分の「内なる銀行口座」に60億円あるのを発見したら、「ビックバーン」が起こる事は間違いない。

ただししっかりと「気づき」を保つ事、それから「浄化」のプロセスを経ないと、23歳の時の私の様に「○×病院」のお世話になる可能性があるのでご用心。

リーラスペースの瞑想リトリートでは、「気づき」と「浄化」をしっかり行うので、「ビックバーン」が起こっても心配は無用だ。
ビーイングに寛いだまま、至福に満ち溢れたダンスがひとりでに起こるだろう。

但し瞑想家の体験する本当の「ビッグバーン」は、実は「爆発:explosion」ではない。

内側が静かに爆発的に広がる感覚だ。
OSHOはExplosion(爆発)の替わりにImplosion(内爆発)という造語を用いたが、非常に的を得た言葉である。

あなたは、現象世界と言う外側ではなく内側の「永遠の今」へ向かって、静かに爆発して行く。

その爆発し広がって行く先は、「永遠の今」であり「生死を越えた場所」にある。

だから、それが究極の「アンチ エージング」と言えるだろう。

以下は、Nさんの感想である。

* * *

キヨタカ・パルバ・ヨガビジャ・スタッフの皆様

リトリート、ありがとうございました。
様々な気付きをいただきました。

今、身体は花粉症の再発で、絶不調ですが、心は波立たない落ち着いた状況にあります。

3日目のダイナミック瞑想の祝祭のステージは本当に感動的でした。
ただただ、涙が流れ、感涙の嵐、涙と汗と鼻水でぐっちゃぐっちゃになりながら踊っていました。
根源にどんどん近付き、根源そのものの中に在り、ビッグバーンをまさに躍った観がありました。

50過ぎてダイナミック瞑想は無理かと思いましたが、結構できてしまっていましたし、今日も、筋肉痛などありません。

ジャンピングのステージも重心を上げる方法とバランスを整える方法《金銀》を使うといとも簡単でした。
爆発のステージでは、怒りの感情がこんなにも多いのかとびっくりしながらいましたし、驚きとか戸惑いの感情など、表現の難しい感情とも対していました。

どうやら、肉体を見つめる自分・思考を見つめる自分・感情を見つめる自分これらを観じることができ、つなげることができそうな感覚です。
それがビッグバーンであったのかもしれません。

それにしても 前夜はほとんど眠ることができず、温泉とホールで過ごしていました。
寝不足で、5時間近いドライブは難しいと思い、午前中で帰らせていただこうと考えていたくらいでした。
そのことが、ブリージングの跳躍を拒否させたのかもしれません。
いつも、ブリージングでは光の園まで入っていけるのですが。

ハートの呼吸法も素晴らしいものでした。

ビーイングの深める方法で下へ下へ下がっていく瞑想はエージングとも関連しているようで、姿勢がどんどん崩れていってしまうので、途中でやめてしまいましたが、アンチエージングとの関連で他のビーイングの手法があったらなと考えました。

究極のリラックス=死 である以上、ビーイング=エージング ととらえてようのでしょうか?

今回はまさに気付きの修行でした。
昨日帰宅したのは午後11時30分でした。
途中、中央道で事故渋滞に巻き込まれ2時間ほど止められていましたが、今ここの感覚が、何も焦りを感じることなく暗い車中で過ごせました。

さすがに、家に着く最後の1時間くらいは高速なのに60キロ位に速度が落ちてしまい、意識が落ちる寸前の状態での帰宅でした。

様々な気付きがあり、それをそれと観じられる部分が少し増えて帰宅できたようです。

ありがとうございました。

                N

PS 30億が倍くらいになったかもしれません

* * *

↑Nさん、参加して頂き有り難うございました。

次回のゴールデンウィークリトリートでは、「300億円」に値上げします!

*「バランスを整える方法《金銀》を使う」とは、歯科医であるNさんが発見した画期的な方法です。
 詳細を知りたい方は、Nさん著「金の力 銀の力」を購入して下さい。

« 通勤電車瞑想家 | トップページ | 神仏の加護 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤電車瞑想家 | トップページ | 神仏の加護 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ