« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

夏の野菜たち

7月11日(日) 曇り時々雨 by ヨガビジャ


今、小山に来ています。

100710_002←畑には、ピーマン、とうもうろこし、なす、トマト、
 いんげん、きゅうり等々…食べるのが追いつかないくらい
 夏の野菜がいっぱいです。

 きゅうりなんか、かなりのジャンボサイズになってます。
 (写真は小さめのもの)
 
100711_003←キヨタカの大好物のとうもろこしも今年は豊作で、
 とっても甘くておいしいです。
 農薬を使っていないからイモムシ付きだけどね♪

 畑でキヨタカが収穫し→お母さんが皮を剥き→私がせっせ
 と茹でる流れ作業。

 茹でる前に水をはった桶に入れて洗っていたら、水攻めにあったイモムシがとうもろこし中から出てきました。

幸運にもこの時点で私と遭遇できたイモムシは、そっと庭に逃がされます。。
(お母さんには内緒。キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ)

このタイミングを逸したイモムシは、お気の毒ですが熱湯の中でご臨終。
南無阿弥陀仏。成仏してね♪

それにしても・・・
イモムシの食べ残した野菜を食べられる幸せ♡

自分もイモムシもとうもろこしも繋がってるって...
こんなところでワンネスを感じた。( ̄▽ ̄)

 

効果あり?

7月6日(火) 曇り時々晴れ by ヨガビジャ


今日は早朝からキヨタカが庭の斜面の草刈りをしてくれました。

ホームセンターで購入した草刈り用の防塵マスクと手袋・長靴で完全装備して、肌が露出しているところは虫よけスプレーをかけて…。

100706_002_3 私が買い物から戻り、キヨタカが使っていた虫よけ
 スプレーを定位置に戻そうと手にとってみたら、

←虫よけスプレーじゃなくて、
 『無香空間』お部屋のにおい消し・・でした。

 キヨタカはまだそのことに気づいていないらしく、私が、

「虫に刺されなかった?」( ・・;)と聞くと、

「虫よけスプレーしたから大丈夫だったよ」♪(*^ 。^) 


そう言うキヨタカの腕の裏には虫さされの赤い点々。。

『無香空間』にはかゆみを消す効果もあるんだろうか…?( ̄- ̄;)
  

ミステリー

7月3日(土) 曇り by ヨガビジャ


先日急に思い立ち(ウィンド狂いのキヨタカは放っておいて)、Pちゃんととある神社に行ってきました。

(Pちゃん…「500円の話し」参照


そこはPちゃんにとって初めての神社だったので、私が案内をして3つあるお社のうち最初のお社で参拝を始めました。

私がお賽銭箱にお賽銭を入れ目を閉じてお祈りをしてしていたら、隣にPちゃんの気配がして・・・

コン、、ジャラ・・・ジャラ、ジャラーーーッ!!

その音に驚いて横を見ると、Pちゃん、
お賽銭箱の上で財布をひっくり返してパタパタと振ってます。( ̄□ ̄;)


よがび:あ−−! 
    まだあと2つお社があるのに、お札以外全部入れちゃったのっ!?


Pちゃん:うん♪(*^ 。^)ノ


仕方ないので自分の分のお賽銭をとっておき、残り全部をPちゃんにあげて2つ目のお社に向いました。
私が自分の帽子を脱いで参拝しやすい様に持ち物を整えていたら、Pちゃんが先に参拝をするようで、階段を上り始めました。

ほどなくして再び、ジャラ、ジャラ、ジャラーーーッ!!
と威勢のいい音が・・。


あーーー!!
あっきあげたお賽銭、また全部入れちゃったーーー!!! ( ̄□ ̄;)!!


よがび:あと1つお社があるって言ったでしょ!?
    なんで全部入れちゃったの?


Pちゃん:お賽銭はケチっちゃいけないって聞いたから♪(*^ 。^)ノ


・・・( ̄⊥ ̄lll)
 
 
更に私のなけなしのお賽銭の半分をPちゃんに渡し私も参拝を済ませて、最後のお社に向かいました。

階段を上りお社の前に立ったPちゃん、


ここ、お賽銭いらないよ♪(*^ 。^)ノ


はい…?( ・・ ?) 


私も階段を上がり、以前はそこになかった貼り紙を読んでみると、


『お賽銭は本殿の方へお願いします』


Pちゃんの不可解な行動は、この事を知ってことのだったの…?( ̄- ̄;)


わからない、、Pちゃんはわからない・・・

長い付き合いだけど。。

でも、わからなくていいと思う。うん。

フクロウ

2010年7月2日(金) 晴れ by キヨタカ

ホ〜ッ、ホ〜ッ、ホ〜ッ、、、

昨晩、真夜中にフクロウが鳴いた。
修善寺にはたくさんの種類の鳥が遊びに来る。
でもフクロウの声を聴いたのは始めて。
いつも鳴いているけど、熟睡していて気づかないだけなのかもしれない。

Hukurou3

フクロウは”幸せを呼ぶ鳥”とされ、不苦労とか福籠とか書いて”幸運”と”知恵”のシンボル。
アメリカインディアンからは、”危険を予知する予言者”とされているそうだ。

ところで、昨日はあまり風が吹かなかったが海へ行きウィンドサーフィンをした。

ずっとずっ〜と沖合に少し風が強い場所がある。
地形の関係でそこだけ風が吹く事が多い。

なんとか頑張ってそこに到達して、ようやくボードを走らせる事が出来たのだが、どうも”胸騒ぎ”がする。

上手く表現できないが ”海の底が地獄になっていて地獄の上でウィンドをしている感じ”かな〜?
それが、理由もなしに時々胸の中をよぎる。

「道具は点検済みだし風は弱いので何の問題もない。臆病だな!せっかくここまでたどり着いたんだから、引き返すのはもったいない!!」と思うのだが、どうもこの不快な”胸騒ぎ”が収まらない。

そこで渋々海岸近くまで戻り、しばらくそこで遊んでいた。
すると…

突然ユニバーサルジョイント(マストの根元)がポッキリ折れてしまった!
価格わずか数千円の円筒形ゴムだが、360度自由にセールを回転させる事が出来、これなしではウィンドはあり得ない。
瞑想で”気づき”に相当するくらい大切なものだ。

もしあのまま沖合でウィンドを続けていたら…と思うと実に恐ろしい。
胸を撫で下ろし、ほっとため息をついた。
そして、”胸騒ぎ”に正直に耳を傾けてそれに従った自分、を褒めてあげた。
自分の中で、”フクロウ”が鳴いたのである。

この”フクロウ”は、声も小さくてマインドからすると不合理で非論理的で無視される事が多い。

意識的にこの”フクロウ”の声に従い危険を避ける事が出来たのは、今回が始めてのケースかも知れない。

しかし振り返って見ると、フクロウはいつでもハートの奥底で鳴いていた事が解る。
”熟睡していて気がつかない”だけなのである。
あるいは気がついていても、不合理だからと言って無視。


危険を知らせ幸せを呼ぶフクロウの声は、いつだって”今・ここ”で鳴いている。

だからフクロウを外側に追いかける事ではなく”熟睡から醒めて今ここで耳を傾ける事”こそが肝心要(かなめ)であり、ウィンドのユニバーサル・ジョイントに相当する大切なポイントだ。

色こそ違うけど、フクロウは私にとっての”幸せの青い鳥”♬


« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ