« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ちょっと恥ずかしい食事情

10月30日(土) 雨 by ヨガビジャ


台風が近づいていて徐々に風雨が強まっています。
本来なら来週末のリトリートにそなえて布団干しをしている頃なのに、それができずお天気に影響のない作業を進めています。

リトリートが近づくにつれすることが多くて、だんだん自分たちの食事を作るのが面倒になってきます。
そうなってくるとカレーの日が続きます。(;^_^A

あと、さつまいもの蒸かしたのなんかもザルに入れてキッチンのテーブルに上に置いておくと、自動的に、かつ着実に減っていくんですよ。。

「さつまいもは食物繊維が豊富で、
 熱に強いビタミンCがいっぱい入ってるのよ〜♡」

と私が言うと、

「戦時中だって、これで多くの人が助かったんだよねー・・・」

とか言いながら、キヨタカはさつまいもを片手に階段を上がっていきます。

(栄養ネタだと、なんてその気になりやすい人なんでしょう…( ̄- ̄; ))


さっき買い物から帰ってきたキヨタカが、自分で買ってきた小さなチキンラーメンを食べてるのを見たら私も食べたくなって、以前キヨタカが買ったヌードルスープの残りを探して作ることにしました。

するとやっぱり、ヌードルと粉末スープの「数」が合わない・・・

(以前もこれと同じネタで日誌を書いたけど、
                 覚えている人いるかなあ〜・・・)


また粉末スープを入れ忘れて味のないヌードルを食べてました。( ̄⊥ ̄lll)


そのことを伝えると、


キヨ:そうなんだ〜・・どうりで味がないと思った!
   スープと麺が別なんて面倒だからボクはチキンラーメンでいいよっ!
   ( ̄^ ̄メ)
     

よがび:なら、買ってこないでよ・・・( ̄- ̄; )


と言いつつお湯を注ぐと、、、

あ、ダメ・・写真を撮らずにはおられない・・・

Img_1240←またここにアップするとは夢にも思わなかったけど、
 幻想的な湯けむり向こうにパンダがいっぱい♡
 ちょっとメルヘンチックじゃない♪

 レンズの曇りを拭きつつ撮影を終え
「伸びちゃうから早く食べよっ♪」と一口頬張ると、パンダが固い・・(T_T)

お湯に浸かっていなかったんだから当たり前か。。

ちーちゃんと一緒

10月29日(金) 雨 by ヨガビジャ


昨日は雨の中、年内の新宿瞑想会の案内を発送するため郵便局へ行きました。

出掛けたついでにスーパーで食料品の買い物を済ませ、一休みしようと荷物を持ったまま3階のクレープ屋さんに向かいました。
そしてウィンナーコーヒー(¥240-)を注文したらチョコバナナクレープの切れ端(?)がオマケに付いてきてラッキー♪

たまたま昨日は安売りの日だったようで、雨なのに予定外のものまで買ってうちの駐車場に到着。両手に重たい買い物袋を下げて傘をさし、富士見荘の玄関までやっとの思いで辿り着きました。

一旦荷物を下に置き引き戸を開けようとしたら開きません。

あれ?
キヨタカ、出掛けたのかな〜?( ・・ ?)
雨なのに、車もないのに珍しい・・・

と思ってポケットから家の鍵を取り出し鍵を開け、再度引き戸を開けようとしますが開きません。。


あれ〜・・( ・・;)


また反対に鍵を廻しても開きません。


なんで・・・?(@_@;)  


ふと視線を感じ3メートルほど右側の下の方に目をやると、ちーちゃんが軒下できちんとネコ座りの姿勢で首だけこちらを向けて私をじーっと見ています。

それはあたかも、


 『あたちたち、閉め出されてるのよ・・・わかった・・?』(= ̄  ̄=)


と言われてるようで、ふと我に返り。。。

どうやらキヨタカ、間違って中からしか開けられない右側の鍵までかけてしまったらしい・・・
昼間なのに、玄関の外灯まで着いているし。


・・・ふう〜.........(;-_-) =3


キヨタカが携帯を持っていることを期待しつつ電話をかけていたら、ドンドンドン・・とキヨタカが階段を下りてくる音がして玄関の扉が開きました。

短い時間の出来事でしたが、重い荷物を持って雨の中を歩くより精神的ダメージを感じたひと時でした。

・・っていうか、ちょっぴりちーちゃんの気持ちが分かったかも?( ̄。 ̄;) 

コスモス

10月27日(水)晴れのち曇り by ヨガビジャ


小山から戻ってきました。

今回の滞在は実質3日間と短かったのですが、キヨタカと一緒にお母さんを親戚に家に送り、その近所の「益子焼」で有名(?)な益子へと遊びに行きました。

今、益子の手前にある休耕田がコスモス畑になっていると親戚の方から聞いたので行ってみたら・・・

Img_1217←いちめんのコスモス畑♪
 とてもきれいです。

Img_1205 夢中で写真を撮っているとあたかも
 「撮って〜・・・♪」と言っているかの
 如く、どんなに近づいても逃げない
 「トンボ」がいて・・・思わず1枚♪

Img_1225 すると、なにやら背後に気配を感じて振り向いたら、
 キヨタカがいたんで、また1枚。。
 
  (写真写りだけは人一倍いいんだから・・・
             まったく( ̄- ̄; ))
 
 
Img_1231 コスモスを堪能したら、
 益子焼きの共販センターへ。
 ウオーリーを探せじゃなくて、

 キヨタカを探せ・・・( ̄∇ ̄;)

おでかけします

10月24日(日) 曇り by ヨガビジャ


しばらく日誌をさぼっていてなんですが・・・
これから小山(キヨタカの実家)に行ってきます。

ちーちゃんはまた留守番ですが、朝から姿が見えません。
きっとその辺で寝ているか遊んでいると思うのですが・・・

でも、さっき掃除のおばちゃんたちが本館の掃除をしていたし、

まさか中にいないよね・・?( ̄- ̄; )

めんどうだけど、見に行くか・・・

Img_1202←昨日、洗面所で水を飲んでいるところを初めて目撃。
 穴の周りに少したまった水を舐めていたけど、
 せっかくだから、蛇口からチョロチョロと水を出して
 あげたら、微妙に耳に当たるようで
 耳の角度を微妙に調整しながら飲んでました。cat

きのこづくし

10月15日(金) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ


最近は自然公園へ散歩に行くと、いろんなキノコがあって楽しいです。

正式な名前は知らないので、
写真を分類するとき自分に分かるように名前を付けました。

Photo←毎年お目にかかる、赤キノコ。
 とっても派手な色だから遠くにあっても目に飛び込んで
 きます。(^o^;

 いかにも、食べたら危険!(−_−メ) 
 って感じです・・・


Photo_2←その次に見つけたのが、警察のマーク型キノコ。
 だって、黄色がかっていてギザギザなんですもん。。
 この子とは初対面です。(^-^)


Photo_3←いかにもメルヘンチックな、絵本のキノコ。
 こんなにまん丸くてかわいいのに・・・

Photo_4←大きくなるとすごい迫力です。
 直径10センチはありました。(;^_^A
 
 
Photo_5←これには感動! さんごキノコ。
 ほんとに淡いコーラルピンクのサンゴ色なんです。

 きれい〜〜〜。w( ̄o ̄)w オオー!

しばらくは散歩が楽しみです♪

(あ、名前はいい加減ですから〜・・・( ̄∇ ̄;))

史上最強の覚者入門

2010年10月12日(火) 晴れ by キヨタカ


 現在、「恩寵の扉が開くまで・完結編」の校正中。
出版が少し伸びたので、少し書き足したりして、悪戦苦闘中!

ところで先日本屋で「史上最強の哲学入門」なるものを手に取り、「やられた!」と思わず絶句してしまった。

51e8yqfh4ml_sl500_aa300_

これは古今東西の哲学者を「知の格闘家」とみなし、テーマを絞り込んで戦わせるというコンセプトの下、シロウトにも分り易くそれぞれの哲学者の主張をかいつまんで紹介するという内容。
読んでいて抜群に分り易く、非常に面白い。
「断捨離」を実践しているので、殆ど本は買わないのだが、つい買ってしまった。
表紙と導入こそぶっ飛んでいるけど、本文はいたって真面目。
でも、読者を飽きさせる事はない。
学生時代に教養部で「哲学」を受講した事があるけれども、実に退屈で退屈で哲学がトラウマになってしまった。
なにしろ私の「哲学」の先生は、いつも苦しそうな顔をしていて、「あれかこれか」と苦悩すればするほど哲学者として偉いのだと思い込んでいる様だった。

もしもこんな著者から哲学を学んでいたら、私の学生時代はもう少しだけ光が差し込んでいたかも知れない。

ところでなぜ「やられた!」と思ったかというと、10年前に私も同じ様な内容の企画を練った事があるからだ。
これは悟った人物、つまり覚者を一堂に会させて「法戦」を挑ませると言う企画だ。
当時爆発的な人気を誇った格闘技「K−1」をモジって、「Z−1」と名付けた。
Zとは禅に由来する。
伝統的禅では、本当にマジで戦いが奨励され、「法戦」と呼ばれていた。

その世界では他の宗派に戦い(法戦)を挑むのはもちろん、自分の師匠に挑んでもO.K。
中には師匠をぶん殴るとんでもない弟子も現れて、「殴られた師匠がその弟子を褒めた」なんて信じられない逸話があるくらいだ。


10年前、いわゆるアドヴァイタ系の悟りが流行し、悟りを開いたと宣言する強者が続出した。
なにしろ悟りは自己宣告制だから、それが本物かどうか見分けるのが非常に難しい。
格闘技であれば、例え世界チャンピョンを豪語しても、実際に戦えば一目瞭然だ。

そこで、「Z-1 グランプリ」を企画して、真偽を確かめる事にしたのだ。

そして、「Z-1グランプリ」を企画しただけでなく、実際に某ホームページ上でヴァーチャルの試合を開催した。
そしてその結果を某ホームページに発表したのである。

あの当時はアジズを絶賛していたので、Z-1王者の栄冠は必然的にアジズという事になったのだが…。
いずれ本格的なものを書きたいと思っていたのだが、フーマンと出逢って以来その野望がすっかり消え去ってしまった。

今になって「Z−1グランプリ」を読み返してみると、とても恥ずかしくて読むに耐えない。
管理人に削除を申し込もうと思っていたのだが、最近はようやく消えた様でほっとしている。

しかし世の中には、同じ様な考えをする人がいるもんだと感心している。
著者は飲茶と言う人で大学の後輩らしい。
同じコンセプトで古今東西の覚者を登場させたら非常に面白い内容の本になるのでは?

まあ、それを読んだからといって、悟るワケでもない。
そもそも「誰が一番悟っているのか?」と問う事自体が愚問だが、意識覚醒の啓蒙活動の新しい切り口として、悪くない。
飲茶さんには、ぜひチャレンジしてもらいたい!

タイトルはズバリ…「史上最強の覚者入門」

自己満足

10月11日(月) 晴れ by ヨガビジャ


これはなんでしょう?
  ↓

Img_1062 正解:ちーちゃんが登っても大丈夫な

    頑丈な「網戸のアミ」 …の切れ端。

 最近はお年頃になったのか、
 ちーちゃん、めっきり登らなくなりましたが・・・

 昨年キヨタカがホームセンターで買ってきて、
ボロボロになった網戸を張り替えてくれた時の残りの切れ端なんです。

キヨタカがこれを捨てようとしたとき、


 なにかに使えそうだから、ちょーだい♪\( ̄∇ ̄*) 


と言ったら、断捨離ブームのキヨタカに、


 こんなの取っとくから散らかるんだよっ!!\( ̄^ ̄)>


と猛反対されたのですが、この時点で「なにか」は分からないけど「なにか」に使えそうな気がして、こっそりと隠してとっておいたんです。


それから数ヶ月後。

携帯用の石けんケースの石けんが濡れるとペタッ!と底にくっつき、取りにくくなるのを不便に感じていたとき、


 網戸のアミ、使える・・・w( ̄o ̄)w オオー!


と思い、ケースの大きさに切って底に敷き上に石けんを置いたら、
くっつかない♡

まあ、当たり前といえば当たり前なんだけど、自分のこの小さな発見がうれしくて「網戸のアミの切れ端」は堂々とその存在価値が認められたのでした。
(私の中だけ)


それから更に数ヶ月がたった今日。

掃除をするとき、壁に立てかけてあったこのアミの切れ端を手に持ったら、またひらめいたんです〜〜、アイデアが♪

ホームセンターで見つけた、ちょうどいいサイズの白いメラミンのプレート。
これにコーヒーカップや湯のみをのせて運ぶとき、よく滑ってこぼしそうになるんです。

 網戸のアミを敷けばきっと滑らない・・・♡

Img_1063 と思い、さっそくハサミでカットして試してみたら、
 大当たり〜〜!!

 くるんと端が丸まっているのさえ直せば、
 とっても快適に使えそう。(^_^)


人知れずみみっちいところに喜びを見いだすよがびの日常。( ̄⊥ ̄)


PS.リーラスペースでお茶を出されるとき(セルフサービスなのでまずない )
  「これが例の網戸ね♪」というのは禁句です。。

ケガの功名

10月10日(日) 雨のち曇り by ヨガビジャ


昨年の今頃、「美味しい栗の茹で方」をこの日誌に書きました。

その方法で栗を茹でようと、小鍋に水と栗を入れ火にかけました。
沸騰したら中火で40〜45分とあったので、沸騰するまで1階の部屋でパソコンに向かうつもりがすっかり忘れてしまって・・・。

突然の「ポンッ!パンッ!!」という音にビックリしてガスコンロの前に駆けつけたら、水が完全になくなったお鍋は黒ずみ、栗がその中で踊っています。

Img_1061 慌てて火を消し「食べられるかな〜・・( ・・;)」と
 お鍋を覗き込んだ瞬間、
 「パンッ!」とはじけて栗の破片(?)が顔に当たった!

 アッチ=====!!! ヾ( T▽T;)ノ

とっさに目を閉じ事なきを得ましたが、あぶなかった〜〜〜。

しばらくして、もう大丈夫そうなので、
お鍋の底の弾けた栗のかけらを恐る恐る口に運んでみたら…

おいしい♡

これって「焼き栗」?
今まで食べた栗の中で一番おいしい♪

ケガの功名ってやつですかね・・( ̄∇ ̄;)

何十年ぶりかの科学館

10月9日(土) 雨 by ヨガビジャ


昨日ふと思うところあり、山梨県立科学館に行ってきました。

JR東海道線の富士駅から身延線で甲府へ行き、甲府駅北口から歩いて25分とあったので深く考えないで地図の一番迷いにくそうな道を選んで歩きました。
が、歩けど、歩けど、まったく着く気配はなし。
だいたい愛宕山の上にあるのに

このルートで25分で行けるワケないよね・・?( ̄- ̄; )

と思い至ったのは、すでに歩き始めて30分以上が経過した頃。

休憩がてら立ち寄った護国神社の社務所で、ここから何分かかるか尋ねたら、

1時間半はかかるでしょうね〜・・・( ̄∇ ̄;)

とのお返事。

ここまで既に緩やかな坂を上ってきたけど、さすがにここから先なんとかスカイラインとかいう歩道もない山道を1時間半歩く気力は既になく、タクシーを手配。

タクシーで10分ほどの道のりでしたが、どう考えても歩くのは無理でした。
なんて計画性のない行き当たりばったりの旅なんでしょう。。

ちょっと自分に呆れてみたりもして・・・( ̄⊥ ̄lll)


こんな予定外のアクセスをしてまで観たかったもの。
それは「オーロラ」

ほんの数日前まで、オーロラなんて言葉すら忘れていたのに、たまたまネットサーフィンをしていてオーロラがプラネタリウムで観られると分かったら、無性に観てみたくなりました。

Img_1060『オーロラストーリー 〜星野道夫・宙との対話〜』
 45分のプラネタリウム番組です。
 そしてせっかくだからもう1本、
『FURUSATO 宇宙からみた世界遺産』
この2本を観てきました。

上映開始までの長い待ち時間、近所の小学校からやって来たであろう子供の大群が大騒ぎする横で、「ご自由にどうぞ」とあったオーロラの写真集を眺めていました。

オーロラのメカニズムとかにはまったく関心がなく、そういったページは読み飛ばしていました。

ただ、突然目に飛び込んできた、

『漆黒の夜空を引き裂き光が溢れる。光は乱舞して天空を覆う・・
 私は言葉を失い、全身にパルスが走る・・・』

の文字で鳥肌が立ち、

オーロラがブレークアップ(爆発)した瞬間の写真を観ていたら、胸が締め付けられ、懐かしい感覚とともに涙が溢れてきました。

不思議です・・・

・・夢中で写真集を観ていたら、上映時間になりました。


最初は『宇宙からみた世界遺産』

こちらはそれ程期待していなかったのですが、とても良かったです。
ドームに写し出されたピラミッドは青空にいびつに歪んでいたけど、そのゴツゴツと組み上げられた石の質感や、石棺の間の天井いっぱいに描かれたエジプトの死者の書(?)や星を表す図形など…。
平面ではなくドームに写し出される事で、それらのものに包まれているかのような臨場感がありました。
また、ニュージーランドの場面では、ジャングルや滝や渓谷を鳥のような視界とスピードで飛びまわっている感覚があり、先日の富士急ハイランドのアトラクションを思い出しました。

『オーロラストーリー 〜星野道夫・宙との対話〜』の方は、残念ながら前半のかなりの部分は、今日の甲府の夜空を写し出し星座の見方など、一般的なプラネタリウムの説明でした。
その後、本編?が始まると、最初はオーロラのメカニズム的なお話で途中眠たくなり、アラスカの大地が写し出され星野道夫の話になり始めた所あたりから目が覚めました。
実際にオーロラが写し出された時間は全体からするとわずかでしたが、本当に真っ暗な夜空に現れ始め、揺らめきながら色や形を変え天を覆っていく様は、神秘としかいいようがありません。

自分という存在のルーツは宇宙だった…

理解はできないけど、とてもたくさんのことを全身で感じた体験でした。


・・・帰りは迷わずタクシーを呼び駅に到着しましたが、あいにく特急電車は1時間後しかありません。
仕方なく各駅停車の富士行きの電車に乗ったら、なんと3時間近くかかってしまい、眠いし、お腹は空くし、体は疲れるし・・・で、あっと言う間に宇宙からこの地上の現実に引き戻されつつ伊豆に戻ったのでした。


Img_1058←スペースシャトルの宇宙飛行士も持参した
 宇宙食「キムチ」
 キムチ好きのキヨタカへのお土産。
 隣のNASA開発のスペースブランケットは自分用♪
避難用にもなるし冷え性なのでちょっと試してみたくて。
裏表を使い分ける事で暑さ避けにもなるのだとか。

序列

10月7日(木) 晴れ時々くもり by ヨガビジャ


キヨタカ:ボクたちが留守の間寂しかったみたいで
    (食堂に閉じ込められてたし)
     ちーちゃん、ずっとボクの膝の上にいるよ。\( ̄∇ ̄*) 

とキヨタカが言うので、

よがび:じゃ、今日の日誌ネタに写真撮ってあげる♪

と私がデジカメを構えると、

ちーちゃん、キヨタカの膝の上から私の方に来ようとします。
 
Img_1049_2←そうはさせじと、強引に引き戻すキヨタカとbearing

 体をよじってなんとか逃れようとするちーちゃんcat

 ちーちゃんには、

 キヨタカ < よがび < ネコ缶

 の序列があるらしい。(・_・)フーン....

学習能力0

10月6日(水) 晴れ by ヨガビジャ


昨夜遅く、新宿瞑想会を終えて伊豆に戻りました。

こうしてしばらく家を空けると、ちーちゃんは駐車場までニャン、ニャン♪とかいいながら迎えにくる事が多いのですが、今回は姿を見せず・・・。

私たちが探しまわっても現れず、一応餌場を確認するとイノシシに荒らされた跡もなく、自動給餌器の受け皿にはかなりの量のカリカリが残っていました。

さすがのキヨタカも諦めてその夜は寝ましたが、朝になっても現れず・・。
キヨタカは出掛ける時、「ちーちゃん、どうしたんだろー・・?」と心配していましたが、私は「そのうち来るよ、大丈夫♪」と言って、荷物を片付け洗濯をしていました。

そして・・正午の時報が鳴りましたが、ちーちゃんは現れず。。

さすがに私も気になり始めて、散歩がてらちーちゃんを探し始めました。
庭にいるのなら、私の後をついて来るはずだと思ったけど来る気配はなし。

自然公園を一周し駐車場に戻ったあたりで、なんとな〜く、いや〜な予感がして・・。


カリカリ、てんこ盛り残ってたよね・・・( ̄⊥ ̄lll)


富士見荘に向かいつつ、「ちーちゃーんっ!にゃおーん!!」とか叫びながら歩き、家の前まできたら、かなり近いところで「ニャオーーン!!」とちーちゃんの声。
いつもならその声が近づいて来るんだけど、同じ場所で「ニャーオーン!!」と繰り返し鳴いてます。


・・・Σ( ̄□ ̄;)ハッ!  食堂棟!!


と思って玄関へ向かったら、


ニャガッ!ニャガッ!ニャガッ! ヾ( T▽T;)ノ


と、カーテンの隙間からこちらを見て必死で鳴いてます。

慌てて食堂棟のカギを取りに戻り勝手口から入り、

ちーちゃーんっ!と呼ぶと、ニャーッ!と駆けてきて私の足にスリスリ。。。


走る元気、あるんだ・・・ ( ・・;)


きっと私たちが東京へ出掛けた後、掃除のおばさんたちが来て扉を開けっ放しで掃除してた時に中に入り、閉じ込められたようです。

一体何日間閉じ込められてたのか知らないけど、もしかして、食堂棟の中でトイレを済ませちゃってるんじゃないかと気になり、2階の客室に行ってみると部屋の真ん中にトンボの羽根が3枚落ちてました。。


トンボを食べて生き長らえてたワケ・・・?( ̄- ̄; )


それにしても・・ほんとうに学ばないな・・・。
前回は本館で、今度は食堂棟。
私たちが1週間帰って来なかったらどうなっていたんだか・・・?

ちーちゃんのミイラなんか見たくないです・・・(ー’`ー;)


PS.また一回り小さくなったちーちゃんにネコ缶をあげたら、
 すごい勢いで 一気食いしてました。cat

量よりも質を…

2010年10月6日(水) 晴れ by キヨタカ

 新宿瞑想会を無事終了、昨日修善寺へ戻った。

今回は会場の都合でワンデーとナイトイベントが逆転してしまい、ナイトイベントは殆ど誰も来ないだろうと予想していたのだが、予想外に人が集まり嬉しかった。

さらに前日のワンデーのエネルギーがナイトイベントに反映され、短時間でとても深い瞑想が起こり驚きだった。

瞑想やリトリートは長ければ良いとか人が大勢集まれば良いというものでもない事を、改めて思い知った。

「量よりも質」というのがリーラスペースの目指す方向である事を確認出来て、とても有意義なイベントだった。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ