« 光を灯す | トップページ | フーマンの言葉2 »

フーマンの言葉1

3月15日(火) 曇り時々晴れ by ヨガビジャ


私がフーマンから受けた個人セッションの中で、今日本で起きている状況下で、一人一人が自分という存在とその在り方を問い直すきっかけになりそうな言葉がありますのでここに記載します。

内容はフーマンのワークを受けた方に向けられていますが、「恩寵の扉が開くまで」を読まれただけの方でも、衝撃を受けたり、涙があふれたり、繋がりを感じられる方もいらっしゃいますので、きっとそういった方たちにとっても、なにかのインスピレーションを受け取ることができると感じますので、ここに公開します。


まさに「今」、誰もが直面していることです。

この痛みに満ちた現実の意味を、誰もが直面しなければならない。
もう先延ばしにすることはできません。


***

私がワークする全員は だんだん人類を助けるようになるでしょう

あなたやキヨタカ 誰もがそうです

将来、地上にはたくさんの破局が訪れます

日本全体が混乱します

あなた方は それに奉仕して光を代表するのです

光のある種のエナジーフィールドを作るのです


自分の光を目覚めさせる潜在的可能性がある人々が

あなたに惹かれるでしょう

あなたは彼らを癒し 助けなくてはいけません

目覚めることを助けるのです

みんな そうです

それぞれ違ったやり方で あなたの個人的なやり方で

過去生において あなたが行っていたやり方が戻ってきます

全員ではなく 大部分の人がそうです


私は あなたが個人的に目覚めることだけにワークしているのではないのです

相手を目覚めさせ 助け 自信をもたせることをも助けているのです


それはただちの将来ではありません

だんだん開いてくるでしょう

それに対しては タイミングというのがあります・・・

« 光を灯す | トップページ | フーマンの言葉2 »

フーマン」カテゴリの記事

コメント

キヨタカさん、ヨガビジャさん

初めまして。Kと言います。

ただただ涙が出ました。
それ以外に表現の仕様がありません。

祈ります。
私のハートが、役に立つ時がきた。
そう信じて祈ります。

K さん

私たちの中には
「すでに知っている」ものがあります。

Kさんのそれが
求めていたものと出会えたことを
喜びの涙として表現されたのだと思います。

これは通常の認識を超えています。
言葉で表現できるものではありません。
私もフーマンとのセッションで体験しました。

そして・・・
はい、だれもが役に立てるのです。
そしてそれが喜びなんですよね♪

ヨガビジャさん

お返事ありがとうございます。

以前から、自分のハートが出来ることに気づきつつも、
マインドの重力に負け、ハートをおさえる日々が続いていました。

地震が起きた当初は、恐怖による涙でした。
でも今は、人間への感謝、
人間の力強さへの感謝、
人間の愛への感謝、
そして生きていることへの感謝による涙に変わっています。

私は阪神大震災も経験しているので、
「悲しみはすぐに癒える」とは言いたくありません。
これから続く長い苦しみは、
被災地以外の人間には想像を超えたものになります。
でも、自分の周りへハートを向けることが、
いつしか大きなハートへつながっていく、
と信じています。
こつこつと、やっていきます。

長文、乱文、すみません。
気持ちがまとまらなくて(^。^;

そうですね。
自分の周りの人に対してすることは
自分自身にすることと同じに思えます。

私たちは原子炉に水をかけることはできないけど
自分と人の心に愛と思いやりの流れを生みましょう。

痛みの中でハートは強くなれるはず。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光を灯す | トップページ | フーマンの言葉2 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ