« 秋? | トップページ | ちいちゃんに感謝! »

おしらせ

8月21日(日) 曇り時々雨 by ヨガビジャ


ちょっと長目のお盆の帰省から戻りました。
久しぶりの日誌なのに悲しい話題でごめんなさい。

ちーちゃんが逝ってしまいました。
きのう家に戻ったら富士見荘の脇で動かないちーちゃんを発見しました。

最初はなにが起きたのかまったく分からなかったのですが、おそらく猪にやられたようです。庭のモクレンの木の下に埋めてあげました。


とても悲しいです。

もう少し早く帰っていれば
エサ場を外に置かなければ
小山に連れていっていれば
とかいろいろ考えたり・・・

今はもう
痛くも苦しくも暑くも寒くもない所にいるのだから
大丈夫と思ってみても、
ただ悲しい。


もう夜中に起こされることがなくなったけど
一緒に散歩に行けなくなっちゃった。

もう家中ちーちゃんの毛だらけにならないけど
あの安らかな寝顔を見られなくなっちゃった。


魂は永遠だって分かっていても、
目に映る愛らしい仕草
肌で触れる温もり
耳に馴染んだ鳴き声
そういったすべてが失われてしまったことが
ただ悲しい。


いのちは愛おしい。

日常の当たり前は
決して当たり前なんかじゃない。
それはきっと奇跡。

ちっぽけな希望や期待にとらわれた人生は
まるで一冊の問題集のよう。
今、目の前の奇跡に気づけない。


今を
もっとやさしく
丁寧に
喜んで生きられるはず。


ちーちゃん、本当にありがとう。

短かったけど、
ちーちゃんと過ごした時間は
たくさんの小さな喜びと嬉しさを
私のハートに与えてくれました。
それは神聖さへの扉でした。


ちーちゃんとご縁のあった方々、この日誌を通してちーちゃんを知っていてくださった方々へ、ご報告まで。


愛してくれて ありがとう♪(=^▽^=)

« 秋? | トップページ | ちいちゃんに感謝! »

ちーちゃん」カテゴリの記事

コメント

突然のちーちゃんとのお別れ、お二人の心中お察し致します。
昨年、僕もリトリートでちーちゃんに会い、またブログでも和やかな話題の主になってくれました。

本当に、日常の当たり前こそ奇跡の花だと教えられました。

ちーちゃん、ありがとう(^人^)

悲しい・・・・・・・・・・

悲しい・・・・・・・・・・

もう一度会いたかった・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

ただただショックです・・。
日誌ちーちゃんファンの私ですらそうなのですから
心中お察しいたします。

今はただ共感させて下さい。
悲しいよぅ・・。

そして感謝。
ちーちゃん、愛らしい姿をありがとう。

ちーちゃんのご冥福をお祈り致します。

ちーちゃん。

絶句しました。

普通に年取って逝ったときでもあれこれ思って悲しいのに留守中になんてもう悲しすぎます。

・・・・・。


でも、予測不可能のところで何故キヨタカさんはちーちゃんの写真を使ったんだろ。

ちーちゃんからのメッセージだったのかも。

ふむふむ。彼も逝ったか。いや彼女なのか・・
それすらも知りませんが

野良猫団としても哀悼の意を・・w 安らかな心持ちが
目に見えるようで嬉しいです。

相手を殺した訳でもなくて、負けて死ぬときは・・
実は嬉しかったするのじゃよ(^^; ←お前は誰だ

しかもここでは 死は新たな誕生の始まりしか意味しない。

今頃 また 生まれたての子猫の姿の中にいるかもしれないし

左目を負傷したままの生は、その役割を終えたのかも知れないし・・

わからない事だらけですが

旅立ちは いずれにしても、喜ばしくも素晴らしいことに違いないです。

・・さぁ どんな未来がまっていることやら(^^;
わくわくしますね。・・合掌。

そうなんですか。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
もう一度会いたかった。。。
私が大泣きしていたとき黙って側にいてくれた
ちーちゃん。。。
ありがとう。。。(;ω;)

ちーちゃん・・・・・・・・☆
ありがとう。。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋? | トップページ | ちいちゃんに感謝! »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ