« メモリアル | トップページ | こころのクセ »

Because からin spite ofへ(3)

2011年9月8日(木) 晴れ by キヨタカ

 because(…だから)を、in spite of(…にもかかわらず)に置き換えると、人生は一変する!

「悟り」だって可能だ。
なぜなら「悟り」とは、becasuse(…だから)とは無関係に存在するから…。

私はずっと、ず〜っと「悟り」について誤解し続けていた。
アドヴァイタ系の教師が、「あなたは既に悟っている!」とか「あなたは既にそれだ!」とか言うと、当時はとても腹が立ったものだった。

なにしろ、悟ったらこうなる、悟ったらああなる、というアイディアで一杯だったから。

「マインドがこんなにウルサイのだから、悟っている訳けない!」

「夜眠ると完全に無意識になって、気づきを保てないのだから、まだ悟っているわけない!」

「怒りや性欲があるのだから、悟っているわけない!」

「ガールフレンドも出来ない、こんな私が悟っているわけない!」

 …etc…

先日の瞑想会で、この話をしたのだが、さっそく参加者のTさんから下記のメールを頂いたので一部転載します。

台風の中、わざわざ九州から来てくれて、とても魂を揺さぶられました。

* * *

先日はありがとうございました。

ワンデー瞑想会に参加しましたTです。


今回はじめて瞑想会という場を経験することでき、その場を提供してくれたことを感謝してます。

瞑想会では、「わからない・・」「自信がない・・」の連発で、場の雰囲気をさわがしくしてしまいすいません。
プレゼンスがわからないということで、それに時間を割いて他の参加者の方にも迷惑がかかったので申し訳ないです。

ですが今回のおかげで、プレゼンスの感覚はこれでいいんだと、自信と信頼をもって取り組んでいこうという思いが強くなりました。

実は、「にもかかわらず・・私は在る・・」という感覚は以前から時々認識することがありました。

本を読んで思い�悩んでいる時に、「あれ?」なにも言わずに見てる自分がいる。という体験です。

でも、疑うという思考パターンが強い自分は、プレゼンスの理解がないこともあり、その体験を信頼してキープしようなんてほんとには思えず、またマインドでさまよってました。 

「だって思考がいっぱいあるからこんなの違う」って感じです。
そう言って考えないことが不安でその体験にくつろげなかった・・

アジズとの対話を冷静に読めばわかったことかもしれませんが、混乱の中、理解しようという態度とは程遠い状態で読んでいたのでわかるわけない・・

「にもかかわらず・・・私は在る・・・」聞けてよかったです。

今、「一度に一歩」というoshoの本で読んだ言葉が頭をよぎりました。なにかこれから本当の私を明らかにしていこうとするうえで、ふたつの言葉は励みになる��じがします。


それと、瞑想と質問と体験を話すこと全部ひっくるめて理解していくことは大切だと思いました。

今回、質問と体験を話すことは、勇気をだせずじまいだったので、また参加する機会があれば、挑戦しようと思います。

長々と書きましたが、かってですが感謝をこめてメール送らせてもらってます。(感謝をこめてなんて言葉、普段なら絶対言わないのでそーとーはずかしいですが・・とにかく感謝してます。)

がんばります!ありがとうございました!

 by T

* * *
「にもかかわらず・・私は在る・・」という事を理解するのに、私は30年以上を費やしてしまいましたよ!
Tさんが羨ましい限り…。

Tさん、次回は是非リトリートに来て下さい。

仕事もお金がない…にもかかわらず…参加ですね!?


« メモリアル | トップページ | こころのクセ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

感想」カテゴリの記事

コメント

それを言われては・・・

今回は家で参加してるつもりになっています・・。

・・すみません。

仕事もお金もある。・・・にもかかわらず・・・参加でない。
どうしましょ?
ほっとけ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メモリアル | トップページ | こころのクセ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ