« 難聴は難儀です | トップページ | ツレがうつになりまして »

菊池から阿蘇、熊本へ

2011年10月18日(火) 曇り by ヨガビジャ


熊本空港からはレンタカーで、まずは玉名市のお寺に向かいます。

その車中、父と母は5年前に訪れた時との街の変化や子供の頃の記憶を辿りつつ盛り上がってます。
 

じつは今回の旅行で宿泊する宿は、これまでになくいい宿を選びました。

年々会うたびにもの忘れが多くなり、ちょっとしたことでケガをしたり腰痛を起こす両親をみていると、もしかしたらこれが最後の旅行になるかも…という想いがよぎるからです。だから彼らの記憶に残る場所に行き、体験をして、記憶に残るような宿に泊まりたいと思いました。

なにより、旅行を終えて家に戻ると、自分たちが訪れた場所がテレビに映ると会話が弾み嬉しそうですし、孫たちにフォトスタンドに入れた旅行の写真を見せるのも楽しみのひとつなんです。

ただ、フォトスタンドの使い方がよく分からなくて(安かったから機能不足?)、今回の旅行の写真を見るには、これまでに入れた写真を最初から見ないといけないのが難点なんです。。
 
(なんども同じ写真を見せられてる姪っ子たち、
 ごめんね〜。じーちゃんにつき合ってやってね。。(^^;) )
 
 
さて、今回の旅行の最初の宿は菊池温泉です。
まだ歴史は浅くそれほど知られた温泉ではないけど、秋には紅葉が美しい菊池渓谷に近い温泉です。

泊まった宿は「岩蔵」さん。

Img_0309 ここを選んだ理由は「各部屋についた源泉掛け流し
 の露天風呂から川を眺められる」から。

 父は川でも池で海でも水辺を観察するのが好きです。

 それで1年くらい前、うちのそばの用水路に(カメが
 いる)自転車ごと落ちて大変な目にあっています。
 じつは母が内緒で教えてくれたのですが、そのあと
 更に2回落ちたそうで・・・。
その時は自転車は手放して自分だけ落ちたみたいですけどね。。

この「岩蔵」さんのお部屋は全室露天風呂付きにもかかわらず、意外に料金が安かったんです。平日だったこともありますけど。
 
部屋に入った途端、
 
 
父&母: ( ̄。 ̄)ホーーォ (* ̄ o ̄)アラ、マアー
 
 
っていう感じで、派手なリアクションはないもののいたく気に入った様子。

道路を挟んだ向いにはセルフのコーヒーラウンジ(無料)があるので4人でコーヒーをいただき、キヨタカはそのままランニングに、私と母はさっそく私たちの部屋の露天風呂に入りました。(両親の部屋の露天風呂は父に使ってもらうため遠慮しました)

お湯に浸かりながら、 
 
 
母:もう〜、本当にいいところね〜。。

  夜は星が見えるかしら♪o(^-^)o
 
 

よがび:月明かりが明るそうだからどうかな?

    ただ夜は足元が暗いから、お母さんは一人ではお風呂に入らない方が
    いいね。夕ご飯のあとまた一緒に入ろうね♪^^


と言いつつ、すでに良質の源泉のおかげで温まった体はかゆい・・・(T_T) 
 
 
夕食は川沿いのガラス窓の広い個室を用意して頂きました。

父は川の正面の席だったので、
 
 
父:鳥がおる! ほれ、あそこ。。( ̄∇ ̄)ノ
 
 
と、河原の石に休むサギの姿にご満悦。

食事のテーブルには大好きな「辛子レンコン」もならび、ここが熊本であることをしみじみと実感。
本当に1泊で出てしまうには惜しい宿だったけど、明後日の結婚式のため明日は熊本市街で1泊です。

翌朝、「岩蔵」さんを後にして菊池渓谷を散策、阿蘇へ寄って熊本のホテルに向かいます。

Img_0332 菊池渓谷はまだ紅葉には早かったのですが、
 渓流の水は澄んだブルー、道端の湧き水は本当におい
 しかったです。父曰く、

 父:砂地から湧き出る水より、こういう岩場を伝って
   流れる水の方がまろやかでウマイんだ。。。
   ( ̄⊥ ̄) 
     ↑ 
   実はウンチクを語るのが大好きな父。
 
ただ、口ごもって話のテンポが遅いので、せっかちな母に話を途中で遮られます。そんな母に小声で、
 
よがび:お父さんの話、聞いてあげようよ・・・( ̄。 ̄;) 
 
と、無駄は承知で一応言ってみる私。。

Img_0319 菊池渓谷では、母は入口で借りた杖を片手に脇目も振
 らず渓流沿いをどんどん歩きます。周囲が明るく人混
 みの中でなければ基本的に元気なんです。

 本当は少しくらい立ち止まって景色を楽しんで欲しい
 のだけど、せっかちな性格で…^^;
 さらに父曰く、
 
 父:あいつ、足だけは強いんだ・・・( ̄⊥ ̄)ボソ
 
こんな相変わらずの二人をここだけで疲れさせる訳にはいかないので、菊池渓谷の散策は早々に切り上げ阿蘇へと向かいます。


Img_0348 今回の阿蘇の空は快晴でまっ青♪

 阿蘇に到着する前からキヨタカは「おいしいコーヒー
 飲みたーい!」と言っていたので、草千里に面した
 カフェに入ることにしました。

 入口のドアの前まできたら、
 『13時30分から営業します』と貼り紙。
 まだ1時間もある・・・
 
Img_0340_3 父:・・・こんな観光地で連休にやっとらんとは
 
   なに考えとる。( ̄⊥ ̄メ)
 
 喫茶王国・名古屋人の血が騒ぐらしい…( ̄∇ ̄;)
 
仕方ないので、ツアー客が昼食をとるレストランに入りました。

オーダーは・・・ 
 
 
父:肉うどん。( ̄⊥ ̄)  →さっき車の中でおにぎり2個完食済み。
              食べたの忘れた?
 
キヨタカ:ボク、コーヒー♪( ̄∇ ̄) →当然。言い出しっぺ。
 
母:牛乳。(*^ 。^)ノ  →普段牛乳は飲まないけど、よくよく話を聞くと
             「おいしい」牛乳は好きなんだとか。
             以前、阿蘇で飲んだ牛乳がとてもおいしかった
             らしく期待大の様子。 
             たまに父が「 あいつは贅沢なんだ… ( ̄⊥ ̄) 」
             って言うのは、この辺の事情からと判明。。
 
よがび:何もいらない… →阿蘇を登る山道で、父の帽子のサイズ調整する
             バンドと格闘してたら酔っぱらって気持ち悪い。
             (@_@;)
 
レストランを後にして、、、
 
 
父:食い過ぎた・・・( ̄⊥ ̄lll)
 
キヨタカ:すごいまずいコーヒーだった!(T_T) 
 
母:おいしかった〜♪ (^^ゞ  
 
よがび:まだ気持ち悪い・・・(@_@;)
 
 
こんな4人の道中は続く〜。。。

Img_0354PS. キヨタカはこの後なん度も

  まずいコーヒーだった・・・(−_−メ)  

  を連発し熊本市街に入ったら早速スターバックス
  を見つけてドライブスルー。
 
最近は便利なもんだなあ〜・・・ ( ̄⊥ ̄)  ( ̄。 ̄)
 
と、年寄りたちに感銘を与えておりました。


(つづく)


« 難聴は難儀です | トップページ | ツレがうつになりまして »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 難聴は難儀です | トップページ | ツレがうつになりまして »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ