« 上を向いて頑張る!? | トップページ | で〜んとして・・・ »

ポスト・ヒューマン時代の到来!?

2011年10月31日(月) 晴れ by キヨタカ

 コンピューターによる人口知能が人間の知能を超える事は、長くSF映画のテーマとしてハリウッドのドル箱となっている。
「2001年宇宙の旅」や「ブレード・ランナー」「マトリックス」等々、人工知能を巡り人間の本質とは何か?を問うテーマは非常に奥が深い。

最近は、ポスト・ヒューマン時代の到来について語られる事も多い。
その代表的な思想家であり発明家でもあるレイ・カーツワイルによると…

『2045年…
 コンピュータの計算能力が全人類の知能を超えた瞬間、
 「特異点」を迎えた人間文明は指数級数的な進化の過程に入る。
 人間の脳はリバースエンジニアリングによる解析が終了し、
 生物としての人間を超える強いAIが誕生する。
 遺伝子工学、ナノテクノロジー、ロボット工学の進化により、
 人体は拡張され、ナノボットが体内を駆けめぐり、
 われわれは不死の体=身体ver.2.0を手に入れる.....。』

だそうで、なんだかハリウッド映画の紹介みたいに感じられて、私個人の人生とは何の関係もない様に感じた。
少なくとも昨日までは……。

昨日、念願のiPhone4Sを入手した。
さっそく、iPhone4Sに搭載された、人工知能を連想させる音声認識装置Siri(シリ)を試した。

このSiriは、今までの音声認識装置とはレベルが違う。
相手の言葉に臨機応変に対応する。
残念ながら日本語未対応なので、

英語で例えば What is your name?と問いかけると、

I'm Siri but you know already!と即答する。

I love you!と話しかけると…

All you need is Love & iPhone!と答えたりする。

レイ・カーツワイル氏も音声認識装置の開発に関わっているそうなので、Siriの開発に彼の叡智も入っている事だろう。

ポスト・ヒューマン時代の到来の香りを携えたiPhoneを手にした私は、さっそくヨガビに電話する様に英語で語りかけた。

ところが、意に反して、なかなか私の英語を理解してくれない。
そこで、ヨガビの日誌(31日の「4S」)の通りの事態に陥った。

iPhone4Sを手に入れた時は「ポスト・ヒューマン時代の到来か!」と戦慄が走ったのだが、私の栃木訛りの英語を理解する程の人工知能はまだ持ち合わせていない様で、ほっとするやら、がっかりするやら……。

« 上を向いて頑張る!? | トップページ | で〜んとして・・・ »

日常」カテゴリの記事

コメント

>人工知能を連想させる音声認識装置
 Siri(シリ)を試した。
   ↑
  尻?( ̄- ̄; ) ←時代の進化についていけてない人。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上を向いて頑張る!? | トップページ | で〜んとして・・・ »