« 4S | トップページ | ポスト・ヒューマン時代の到来!? »

上を向いて頑張る!?

2011年10月31日(月) 晴れ by キヨタカ

 先日、母を連れて浅草へ行く用事があった。
せっかくだから、建設中のスカイツリーを訪問。
遠くからだとそれほど高くは見えないが、近くで見ると天高くそびえていて、見上げていて首が痛くなった。

Photo

下の部分には同時に建設中のビルなんかもあり、
「上を向いて がんばろう 日本」の看板が…
思わず笑ってしまった。

 
 
Photo_4人間が子供から大人へと成長するプロセスでは、一年で数十センチも背が高くなったりと成長も著しい。
だからその時期には、運動したり勉強したり様々に頑張る事がとても大切な事となる。

しかしいったん肉体的な成長が止まり大人として成熟したら、より寛いで内面的な成長と充足を求め始めるのは自然な流れだ。

この発展のプロセスは、社会にも当てはまる。
社会が発展する途上においては、様々な分野で「上を向いてがんばる」というのは非常に大切なプロセスだろう。

しかし日本の様に経済的・文化的に十分に成熟した社会においては、別の価値観へとシフトする必要がある。

高度成長期においてあれほどもてはやされた夢のエネルギーである原子力発電が、今やおぞましい過去の遺物にすら思えてくる程、価値観が大きくシフトし始めている時代だ。

このタワーが、拡大資本主義の象徴としてバベルの塔にならない事を願うばかりだ。

今朝のニュースによると、世界人口が70億人になったとか!
このままでは、全世界的な食料危機が訪れる事は小学生でも解ると思うのだが、未だに人口増加が止まらないというのも実に情けない話だ。

下記のグラフを見ても一目瞭然だが、この異常な増加率を人類の叡智で止められないなら、より大いなる存在が介入して地球がひっくり返る位の天変地異が起る事もやむを得ない事かも知れない。

Photo_5幸い、日本を始めとする先進国では人口減少に転じ始めている。
人口減少は資本主義社会にとっては不都合な事かも知れないが、人類が存続する為には絶対に必要な事だ。


「上を向いて がんばる」事とは、全く別の価値観が必要だ。

上でもなく下でもなく、外を向かずに寛いで、今すでに与えられている内面の源泉と繋がり、毎日を喜びに満ちて生きていく事が、今ほど重要な時代はない。

« 4S | トップページ | ポスト・ヒューマン時代の到来!? »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4S | トップページ | ポスト・ヒューマン時代の到来!? »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ