« ジム・キャリーの目覚め | トップページ | リトリートの後の庭は »

リトリートが始まります

2012年5月1日(火)曇り時々雨 by ヨガビジャ
 
 
今日からリトリートが始まります。

Img_4601_2 おおてまりの花が
 白くなってきました
 
 温泉棟へ向う通路の上です
 
 温泉棟に行く時は
 少しだけ頭上を気にしてあげてくださいね
 
 傘をさしていると引っかかります ^^;
 
Img_4604 
 そんな場所がら
 写真を撮るのもちょっと一苦労
 
 ほとんどブレてしまって
 あまり接写できず
 
 
 

 
Img_4610 
 
 
 
 
 
 
 
 


Img_4603 しずくに映る世界は
 いつもひっくり返っていて

 きっと植物など自然の目線でみる世界は
 私たちの世界と反転している
 そんな気がした
 
 リトリートって
 花の目線になることじゃないかな
 と思った


« ジム・キャリーの目覚め | トップページ | リトリートの後の庭は »

イベント」カテゴリの記事

コメント

(p´□`q)゜o。。
このおおてまりの下の道を何度も歩きました~。写真で見れてうれしいです。(/□≦、)・゚゚・。なつかしいぃ~。
長期リトリートを終えて、無事に自宅に帰りつきました~!
確かにリトリートに参加して、わたしもハートが少しひっくり返ったかも~?です!
これって、お花の視点になれたってことなのかなぁ~?(o・ω・)ノ))。
すばらしいリトでした。カンゲキhappy01heart04

リトリート、お疲れさまでした。^^
おおてまりの枝はどんどん低く下がってしまいましたね。身長の高い方には不自由をおかけしましたが、おおてまりの方が私たちの目線に降りてきてくれたのかもしれませんね〜

きっとお花にしてみれば、

なぜそんなに急いでるの?
なぜそんなにがんばってるの?
どうしてくつろがないの?

って感じなのかもしれません

リトリートでは気づきとかビーイングとかハートとかやってますが、気づきの主体もハートの感じる主体も結局は同じものなのですから、どれを通しても辿り着くところは一緒なんですよね〜。
だから、気づきに留まるのが難しい時は感じることへ、感じることが難しい場合は気づきからとか(押してもダメなら引いてみなって感じ?)どれでもありなんだと思います。

女性である私たちは感性を通して楽しみながら行きましょう。
花はとてもいい先生ですよ。(^-^)
(おしゃべりし過ぎないしね)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジム・キャリーの目覚め | トップページ | リトリートの後の庭は »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ