« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

知ってる?

6月27日(水)うす曇り by ヨガビジャ


Img_6069 トマト
 
 なんでこれが赤くなる?
 
 ( ・・ ?)
 
 
 
 
 

 
Img_6073 ピーマン
 
 これはなんとなくわかる
 
 
 
 
 
 
 

 
Img_6077 なす
 
 これはそのものずばり
 
 
 
 
 
 
 

 
Img_6085 とうもろこし

 えー! そうなのーー!? 
 
 という感じ
 
 
 
 
 
 
 
自分は知っていると思ってるけど

その知ってることって

全体のほんの一側面に過ぎないのかも?
 
そう思っていた方が

より全体と出逢えそうな気がする

ねじ花

6月25日(月)曇り by ヨガビジャ


Img_6044 今朝、ねじれてないねじ花を見つけて
 
 
 
 ぐるぐる考えた・・・?(@_@;)
 
 
 
 
 
 
 
Img_6053 普通は左みたいよね?
 でも右のは真ん中がまっすぐ
 
 
 もしかしたらつぼみの時はまっすぐで
 開くとともにねじれるのかな〜?( ・・ ?)
 
 
 あっちこっち観察してたら・・・

 
 
Img_6050 ケムシと遭遇
 
 きっとこのケムシ
 くるくる螺旋に登って来たんだろうなあ
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_6055 初めてねじ花をアップでみたら
 
 ミニチュアのランって感じ
 
 
 
 
 
 
 

 
Img_6059 めちゃくちゃ 愛らしい

  
 なぜ、まっすぐか・・・?

  
 ま、どうでもいいや♪ (*⌒∇⌒*)テヘ

 
 
 きっとこの子たちもなにも考えてないし♪♪
 
 
 
・・・こんな私だから
 

キヨタカ:きっと人類がみんなよがびみたいだったら

     いまだに石器時代が続いてるよ・・・( ̄- ̄; )

 
なんて言われちゃうんだね。。。(反論の余地なし)

呼び覚まされる

6月22日(金) 雨のち曇り by ヨガビジャ


Img_5977_2 自然にはリズムがあるっぽい
 
 
 
 
 
 
Img_5991_2 いろんなパターンがあったり
 
 
 
 
 
 
Img_5996_2 時に気まぐれで
 
 
 
 
 
 
Img_5962 甘い香りは記憶に刻まれ
 いつも いまここに蘇る
 
 
 
 
 
Img_5985_2 自他を隔てる
 境界は曖昧でまろやか
 
 
 
 
 
 
 
 

 
Img_5981_2 いかようにも変幻自在 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
Img_6000_2 やさしさだけが
 すべてじゃない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_5990 私は包容するものであり
 潤すもの
 
 私は流れるものであり
 変化し続けるもの
 
 私を制限するものはなにもない
 
 
 
 

Img_6007_2 どんな型をまとおうと
 
 <ひとつなるもの>を宿す者

 
 それがわたし
 

台風接近中につき

6月19日(火) 曇り時々雨 by ヨガビジャ


今小山に滞在中です。

…が昨日夜遅く、キヨタカは台風の接近に伴い雨戸を閉めるのと施設の外に
置きっ放しの風に飛ばされそうな荷物を片付けるために伊豆に戻りました。

そのキヨタカから今朝届いた写メール。

Photo_2 
 
 『また、イノシシが!』
 
  だって。。
 
 
 
 

 どうしようもないよね〜・・・(・・ ;) 
 
 
その前にこんなメールのやりとりもありました。
 
 
キヨ:『ベランダの猫ハウスは撤去していいよね?』
 
 
返信:猫ハウス、捨てるの?
   とりあえず洗濯機の辺りに置いとく?
 
 
キヨ:『次ぎの猫に備えて、とっておく?
    横に寝かせれば大丈夫です。』
 
 
朝ごはんの用意をしていてすぐに返事ができなかったら、
電話がかかってきました。
 
 
「猫ハウス、どうする〜?
 捨てちゃう??

 あれ、すごく丁寧に作ってあるんだよね〜(ボクが)

 中に入れた寒さよけの発泡スチロールなんか、
 ピッタリサイズに削ったんだよ〜
 
 もう使うことはないのかなあ〜。。。( ̄。 ̄;)ボソ... 」
 
 
 
・・・・わかった
 
捨てたくないんだね・・・( ̄- ̄; )
 
 
面倒くさいこと、
とりわけ日曜大工なんか大嫌いなキヨタカの力作=猫ハウス。

きっとキヨタカのこれまでの人生の中で
自分以外の誰かを想って作った一番の
愛情のこもった作品なんだろうな。
 
 
やっぱり、ちーちゃんは偉大だ。。(=^▽^=)ノ

あるあじさい

6月18日(月) 曇り時々晴れ by ヨガビジャ


Img_5933 ただ 開いてる
 
 
 
 
 
 
Img_5934 光 を受け取って
 
 
 
 
 
 
Img_5936 そこに あるだけ
 
 
 
 
 パソコンで写真を開いて初めて

   ↑ ムシさんがいたことを知りました。^^


このムシさんのおかげで
日誌にアップしようと思ったのでした。。

雨上がりのひととき

6月9日(土) 雨のち曇り by ヨガビジャ


Img_5863_6 芝刈りをした後の芝生には
 鳥の群れがやってきます
 
 
 
 
 

 
 
 
 
Img_5868 きいろいくちばしの
 この鳥はなにかな?
 
 
 ぴーぴーと庭がにぎやかです ^^
 
 
 

 この平和な光景を壊すひとりの影・・・
 
 
Img_5869 こらーっ!
 鳥さんたち、逃げちゃったじゃない!!
 ヾ(`⌒´メ)ノ″
 
 小学生くらいの男の子なら
 かわいい光景だけど

 おまけに手に持ってるのは
 健康オタクのキヨタカ好みの「干し納豆」
 自分で買ったけど口に合わなくて
 ずっと置きっ放しだったもの

 
キヨタカ:なーんだ・・・

     ボクがまいた納豆を食べに来たんじゃないんだ〜 (  ̄▽  ̄;)>"
     いっぱい残ってる〜〜
 
 
よがび:食べ物を粗末にするんじゃなーいっ! (*`<´)・:∴

    (鳥さんが納豆を食べると思ったワケ??)

    だいたいこれまでだって体にいいと思って買ったもので
    自分の口に合ったものなんてないでしょ!
    
 
いいかげん、自分のこと分かろうよ・・・ ( ̄⊥ ̄;) 

いいね

6月7日(木)うす曇り by ヨガビジャ
 
 
Img_5770 ひめじょおんの
 
 さりげなさがいい
 
 
 
 
Img_5773 繊細そうな花びらの
 
 ぼさぼさ感がいい
 
 
 
 
 
 

 
 
Img_5783 どくだみのきよらかな
 
 凛々しさがいい
 
 
 
 
 

 
 
 
Img_5820 寄り添う 
 
 あざみのめしべがいい
 
 

 いいね
 
 ひとりじゃないって
 
 いいね

ヴィーナス・トランジット

2012年6月6日(水) 曇りのち晴れ  by キヨタカ

今日は、天文学的に非常に珍しい「ヴィーナス・トランジット(金星の太陽面通過)」の日。
天文学ファンのみならず、スピリチュアルの世界でもオカルトファンにとっては非常に重要な日らしい。

ヴィーナス・トランジットを最初に予測したのは西洋ではヨハネス・ケプラーだが、実は古代マヤ族は金星の動きを既に詳細に観測し正確な予測もしていたというから驚きだ。

Blog_import_4da8efc606ec7

最近、非常に珍しい天体現象が立て続けに起っている。

・ゴールデンウィークリトリート最終日の5月5日に起ったスーパームーン。
・5月21日に日本中がフィーバーした、金環食。
・つい先日(6月4日)の、部分月食。
・そして今日(6月6日)の、ヴィーナス・トランジット。

こんなに珍しい天体現象が立て続けに起るのは、さる情報によると「1万3千年ぶり」らしい。

「1万3千年」と言えば、超古代ミステリーファンの間では有名な地球の歳差運動(←クリック)のちょうど半分に当たる。

「もしかしたら2012年の12月22日に何か起るかも知れない!?」とワクワクしながら、あるいは不安におののきながら空を見上げた人々も多いだろう。

しかし外側の世界でどんなに珍しい事が起っても、たとえベテルギウスが超新星爆発を起こしても、全て外側の出来事は来ては去って行く。

全てはトランジット(通過)する。

Images

俳聖、芭蕉の言葉通りだ。(↓クリック)

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
(月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。)


世紀の天体ショーを楽しむのは素晴らしい。
しかし我々瞑想に親しむものは、トランジットのみに心を奪われてはならない。

広大無辺の現象世界にあって、たった一つトランジットしないものが在る。

金環食を見ている人は誰か?
ヴィーナス・トランジッションを観察している人は誰か?

I AM(私が在る)!

それが目覚める事こそが、世紀の天体ショーなど足下にも及ばない奇跡なのだ。


風に揺られて

2012年6月6日(水)曇り時々雨 by ヨガビジャ


Img_5692 風が強い日は
 被写体がファインダーに
 収まってくれるのを待ってます
 
 
 

Img_5698 じーっとして
 風に揺られながら
 
 
 
 
 
Img_5704 自分にできることは
 なにもなくて
  
  
 
 
 
Img_5718 石ころみたいに
 そこにいます
 
 
 
 

Img_5721_2 するとハートが
 ときめいて
 満たされて
 
 
 
 
 

 
 
 
Img_5731 そこから動けなくなるから
 やっぱり石ころのまんまで
 
 
 
 
 
Img_5749 きっと景色に
 溶け込んじゃってる
 
 
 
 
 
 
受け取ることは与え上手

与えることは考えなくても

自ずとあふれて流れていく

すべては自然の循環の中

ワンデーイベントの感想

2012年6月5日(火)  曇り by キヨタカ

新宿の瞑想会が無事終了し、久しぶりに修善寺に戻った。
今年に入ってから 急激にリトリートや瞑想会に参加される方々の質が変化して本当に驚いている。

2000年に最初にアジズが日本に来日した頃は、10デーズリトリートに参加した後でも 「ステート オブ プレゼンスがよく分りません」という参加者が大勢いたものだ。

ところが最近では 初めて瞑想会に参加された方でも かなり深い瞑想体験が起る。

先日、「アジズとの対話」と「恩寵の扉が開くまで1〜3」を購入してくれたK・Iさんもその一人だ。
まだ本も読み終わっていないだろうと思っていた。
ところが、わざわざ名古屋方面から、ワンデーイベントに参加すると言うので驚いた。

しかし、初めての瞑想会であるにも関わらず、とても素晴らしい体験をされた様だ。

瞑想を分ち合う者として、これ以上の驚きと喜びはない。

意識の覚醒は、人類の歴史上最速のレベルで加速化している!


…… ワンデーイベントの感想 ……

キヨタカ様 ヨガビジャ様

先日のワンデー瞑想会、本当にありがとうございました!
自分の魂の渇望に従っておもいきって参加して本当に素晴らしい体験ができました。

一人で行なっていた瞑想と違い、瞑想リーダーがいて一緒に真実の自己を目指す方達がいると本当に心強いものがあります。

瞑想の指南や自分の状態を的確に示唆して下さるキヨタカさんはもちろん、シェアリングでの他の方の意見も大変参考になりました。

そしてあの場のフィーリングやエネルギーがすごかったです。
(特にキヨタカさん、ヨガビジャさんの波動?臨在?は鈴鹿の山々を思い出しました。)

初めは長い時間座っていられるか、集中していられるか不安でしたが本当に自分でも驚くぐらい深い瞑想に入っていけました。

あの場所のおかげですね。

ワンデー瞑想会で行われたメソッドの数々は日常生活でも取り入れることができると思っています。

参加者の皆さんと歩きながら急にストップしプレゼンスに気づかせるメソッドは会社で働いていても意識できると感じました。

…(略)…

ジベリッシュをやった後のプレゼンス、ビーイングでは今まで一人で行なっていた時よりはるかに寛ぎのスペースにいることができたと実感しました。

恐らくマインドの埃が落とされたのだと思います。

その後のシェアリングの際、僕がキヨタカさんに
「ジャッジメントをするマインドが無い時に天井をみてこれは幻想なんだと思った。」
との事を伝えると
「そう思ったその事自体がマインドです。」と指摘され
「本当に鏡のようになったら十牛図でいうと9番目の状態、あるがままだ。」
と教えて頂きました。

その「あるがまま」という言葉がとても深い所まで染みていきました。

泣き、笑いの瞑想では僕の場合、笑いが素直に入っていきづらかったのに対し泣きの方ではわんわん泣いてしまいました。

自分のなかで泣くという行為をとても抑圧していたんだなと感じました。

涙がでなくなる程大泣きした後、カタルシスが終わり心がスッキリと空っぽになり、爽やかさを覚える程でした。

ハートにダイレクトに働きかける瞑想では、本当に自分が愛と平和の中に包まれていると感じ、そしてそれはこの部屋、新宿、東京、日本と制限無しに広がってゆくように思えました。
とても温かいフィーリングでした。

そしてこの感覚はビーイングの時にも思ったのですが、自分の中に元々あったものなんだ!ということです。
社会で生きてゆく上で見ないようになって、気づかないようになっていっただけなんだなと。。
そしてそれを想起したならば、この本来の状態に寛いでいるだけで、ただ在るだけで無条件に幸せなんだ!!という気持ちが勝手に湧いてきました!

ただ何もしないで座ってるだけでハッピーなんです!
OSHOの言うとおりです!!

地元の駅に着いたらぽっかりと美しい月が浮かんでいました。
全てはあるがままでしかないという言葉が思い出されました。

ワンデー瞑想会が終わったあと強い体験を1度にしたせいか次の日も頭がボーッとしてマインドがあまり働かない状態になりました。

自分でプレゼンス(自分で思っている額に集中する感覚)を思い起こすというよりはプレゼンスに引き戻されるような感じです。

…(略)…

まだまだ新参者かつ、社会の制約を捨ててすべてを真実の自己にかけれない軟弱者ですが今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

また私に瞑想のエッセンスを教えて頂き深く感謝しています。
本当に小さい僅かながらの光ですが自分なりにかざして生きていきたいと思います。

by K・I

月食のあとの朝

2012年6月5日(火)曇り by ヨガビジャ


新宿イベントを終え昨日伊豆に戻りました。

瞑想会にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
瞑想での体験を思い起こしつつ日常生活を過ごしていたらけたらいいなと思います。

さて、毎回久しぶりに伊豆に戻ると庭の様子がずいぶん変化していますが、
それもここに戻る楽しみのひとつなんですよね〜。。


Img_5574 朝のまどろみ
 
 まだ夢の中
 
 
 
 
Img_5584_2 月見草のきいろは
 やさしい 
 控えめなきいろ
 
 月食どうだった?^^
 
 
 
 

 
Img_5613 芝生の一角には
 きいろい
 小さな星みたいな花が
 たくさん咲いています
 
 
 
 
 
 

Img_5627_2 みずみずしいハートや
 
 
 
 
 
 
 


 
Img_5634 きらきらしたハート
 
 
 
 
 
 
 


 
Img_5597 すべては
 
 たったひとつの
 
 ちがった顕われ


おまけのムーミン

2012年6月1日(木)曇り by ヨガビジャ


今、新宿にいます。

先日この ↓ おまけが欲しくてとあるドリンクを3本買ました。


Img_5514_2 ムーミンやムーミンパパの
 オムライスとウィンナーは納得だけど

 スナフキンのクロワッサンって
 
 う〜ん・・・
 
私的には果物や木の実のイメージだけどなあ

これらを入手した翌日

Img_5509 たまたま入った喫茶店のランチが
 オムライスだったので
 ムーミンと記念撮影してたら

 ムーミンをオムライスのお皿の上に

 落としてしまいました( ̄∇ ̄;)

パセリを口にトマトソースにまみれたムーミン
 
洗っても微妙にトマトの色が落ちません


PS. ムーミンって「カバ」じゃなかったんですね〜 ^^;

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ