« ハートの手 | トップページ | 完結してる »

「人生が変わる」リトリート!?

2012年9月11日(月) 晴れ by キヨタカ

今週末からリーラ瞑想リトリートが始まる。

初めて参加される方に対しては、事前に電話でお話をしてリトリートに関する疑問等にお答している。
そうする事で、よりスムーズにリトリートに参加出来るからだ。

昨日初参加のMさんと電話した。

M:「新宿の瞑想会に参加した時の帰り際に、リトリートで人生変わりますよと言われた一言が気になり参加する事にしました。誰にでもそう言っているのですか?」

キヨタカ:「ええ、ま〜リトリートはパワフルですから3日間参加すればその後の人生が変わる方は大勢いまして…」

…と、ちょっとしどろもどろで曖昧な返事をしてしまった。

電話を切った後でよくよく振り返ってみたのだが、通常は「人生変わりますよ!」という瞑想の勧誘や約束は出来るだけ避けるようにしている。でも、確かにあの時、面と向かって一言ポロリと話した事を鮮烈に覚えている。

自分の意図と関係なく私の口が勝手にポロリと真実を話すという事が瞑想会でよく起るが、その典型だと思う。


瞑想に関心がある人に対して、「人生変わりますよ!」という勧誘や約束をしないようしているには訳がある。

瞑想には、本人の魂が目覚めを希求して起る内発的なエネルギーが絶対に必要だ。

だから商品を売るのとは違って、そもそも「勧誘」には馴染まない。
また瞑想とは、今ここにくつろぐ事だから、未来の「約束」にも馴染まない。
さらに、瞑想の準備が整っていない人が瞑想をしてもあまり良い結果は起らない。

場合によっては、逆に人生を不幸にしてしまう事も多々ある。


私の場合は、瞑想の勧誘を受けた事は全くない。
むしろ「瞑想なんかに関わるな!」という周囲の(両親や友人や職場の上司など)意見の方が圧倒的だった。

当時サラリーマンだった私は、会社帰りにOSHO瞑想センターに足しげく通っていたのだが、当時の瞑想リーダーも「今はまだ会社を辞めない方が良いですよ」と親切にアドヴァイスしてくれた。

にも関わらず会社を辞めて、瞑想の世界に飛び込んだ。

その結果、人生が劇的に変わった事は確かだ。

しかしいったい何度、瞑想の世界に飛び込んだ事を後悔したことだろうshock

「今度こそ悟ろう!」と固い決意を胸に秘めて、アメリカやインドに旅経って…半年後。

成田空港へ帰ってくるだびに住む場所も仕事もなくて、「はてさて、これからどこでどうやって生活しようか?」と途方に暮れた。

結局、毎回成田空港近くにある友人のK宅に泊まらせてもらうのがルーティーンとなった。

私の今後の行く末を気遣うK君の言葉に耳を傾けながら、住む家も仕事も家族もあるK君が羨ましかった。

そして「あ〜、会社を辞めていなければ今頃は…」と後悔の念に駆られたのである。

あの時、「瞑想すれば人生変わるよ。会社なんか辞めちまえ!」とサジェスチョンした人がいれば、「私の人生返してくれ!」と、殴り込みに行ったかも…?


私が瞑想を始めた頃は、未来に明確な目標を定めて頑張る人が成功するというピラミッド型の社会構造になっていた。
周囲を押しのけてでも頑張って夢を達成する姿が賞賛され、「巨人の星」を目指す事が格好良い時代だったのである。

4038614161_925ac1c7a3


瞑想家も、刻苦勉励で頑張って修業して超能力を獲得してピラミッドの頂点に君臨する様なマスターがもてはやされた。

だから、「あるがままに寛ぐ」タイプの瞑想スタイルは、その時代には合わなかった。

もちろん、昔から伝統的にそんな生き方をする人もいた。

小さい事は気にしないで、流れる雲の如く、飄々と人生を生きる人々。

しかしそうした人々はごく例外で、社会システムからはぐれた、「浮浪雲」だった。

Photo


しかし時代は大きくシフトし始めている。

特に昨年の東日本大震災を契機に、従来の社会がガラガラと音を立てて崩壊しつつある。
あらゆる分野で、過去に成功して来たと言われる人々の輝きが失われつつある。

その変わりに、全く新しいエネルギーにしたがう人々が輝く、新しい時代が到来し始めている。

より柔軟で繊細で、頑張る事をしない。

自分も他人も批判せず、あるがままを受け入れて今ここを楽しむ。

目標はあえてたてないけれども、いつの間にか物事を成し遂げてしまう。

頑張らないけれども、決して怠けているわけではない。

自分の喜ぶ事に全エネルギーを注いで、その結果として人生が思う様に…ではなく思いの及ばない様な素晴らしい人生が展開して行く。

そして、毎日が驚きとワクワクの人生となり、愛と喜びと感謝の日々を過ごす。

この新しいエネルギーにそった人生を生きたいのならば、そのエネルギーにシフトする為の内的な科学的技法こそが、リーラ瞑想リトリートで行っている事だ。

だから、これからは「このリトリートに参加すれば、あなたの人生が変わりますよ!」と堂々と宣言しようかな?と思っている。

« ハートの手 | トップページ | 完結してる »

イベント」カテゴリの記事

コメント

8月のワンデーイベントは素晴らしい場で、深く寛ぐ体験が出来てとても良かったのですが、でも、その感覚は日を追う毎に薄れていって、
それなのに「人生かわりますよ」の一言だけは薄れずに焼き付いていまして、
それで、何でその一言がこんなに気になるのだろう?
という理由が知りたくて質問しようとしたハズだったのですが…
とっさに口をついて出た言葉が、それでした。失礼致しました。

「自分の意図と関係なく私の口が勝手にポロリと真実を話す…」
の一文で納得しました。ありがとうございます。

「人生が変わるリトリート」をきっかけにシフト出来ると良いな…と、ささやかな?期待を抱きながら、週末を楽しみにしております。
よろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハートの手 | トップページ | 完結してる »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ