« 秋の日 | トップページ | ワンピース・ファクター »

求めない

2012年10月27日(土) 晴れ by キヨタカ

スピリチュアルな目的で海外へ行ったのは、6年振りカナダのジョン以来だ。
 
あの頃はまだ自分が「外側のマスターは必要ない」という事に確信が持てず、揺れ動いていた。
 
だから「私にはまだ外側のマスターが必要ですか?」と、ジョンに質問したりしていた。
 
あれから6年。
 
数年前からようやくにして、自己の I AMに確信が持てる様になった。
 
今回ムージに逢いに行ったのは、別にマスターを求めて行ったわけでも質問があったわけでもない。
 
ただ自分にとっては自明ではあっても、それを他の人に分ち合うという観点に立ってみると、他のマスターのワークの仕方は非常に参考になる。
 
今回ムージの所に顔を出したのは、そうした意味でとても良かった。
また非常に楽しかった。
 
おそらくムージに対して、「何か求める」という気持ちがなかったからだと思う。

Photo

 
「求めない」とは、加島祥造の名著だが、その中に
 
 求めないほうがはるかに面白くなる
 とある。
 
 
 
ウィンドだけは求めてしまったので、ちょっぴり残念な結果になってしまった。
 
しかしそれ以外は、別に求めるものはなかった。
 
その結果、ムージもスペインもみんな面白かった。
 
もし私が新たなマスータを求めてムージの所へ行っていたら、色々と他のマスターと比較してしまったに違いない。
 
そして「フーマンより神聖さがない」「アジズより論理的ではない」「OSHOの様に多次元的でない」等々、批判に明け暮れてしまったと思う。
 
その結果ムージに対してオープンでなくなり、なにも得られなかったと思う。
 
今回はただオープンでいたので、あの場のエネルギーがダイレクトにI AMに響いた。
 
今でもその共鳴は続いている。
 
今度はこれを他の人にシェアして行く事になるのだろう。
 
こうした共鳴現象は、今世界中で様々な形で広がっている。
 
今世界は、政治・経済・エネルギー・地球環境等々あらゆるレベルでますます混沌の度合いを深めている。
 
しかしそれとは別の次元で、こうした新たな意識の目覚めが確実に起りつつある。
 
今回、今まで考えた事もなかったスペイン人の間でも、こうした新しい意識の目覚めが起りつつある事を肌で感じた。
 
今生でやりたい事やリーラスペースの役割について、新しい角度からもう一度確認する事が出来てとても嬉しい。
 
今後具体的にどう表現して行くのか、自分ではさっぱりわからない。
 
しかし、「わからない」という事に寛げる様になった。
 
より大いなる意志に全てを委ねて、何が起こるかを見て行きたい。
 
どうなるかが、とても楽しみ♪

« 秋の日 | トップページ | ワンピース・ファクター »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の日 | トップページ | ワンピース・ファクター »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ