« ただいま到着 | トップページ | 奇跡のお店 »

されど喫茶店

2012年11月7日(水) 晴れ by ヨガビジャ 

昨日小山から伊豆に戻りました。
 
キヨタカのお母さんをショートステイに送った後、最近では家の片付けをして自分たちの荷物をまとめる前に「バラの喫茶店」で一服するのが習慣になっています。 
昨日もその喫茶店に行くと、これまで訪れた中で一番たくさんのバラの花が雨に濡れて咲いていました。
今回もデジカメを忘れたことを後悔しつつお店の扉に近づくと、 
なんと「12月2日をもって閉店します」の貼り紙。ショックでした。 
 
私たちが気に入っていた数少ないお店が、またひとつ消えて行く。。(T_T) 
 
ここはバラ好きなご夫婦が営業されていて、建物は丹誠込めて育てられたバラに取り囲まれ、店内の各テーブルの窓際にはそのバラの花がきれいに飾られています。

ですからお店に入るとやさしいバラの香りがほのかに漂い、窓の外の青々とした緑は目にやさしく気持ちも穏やかにしてくれて、私たちの憩いの場所になっていました。 
 
また、メニューは少ないですが、飲み物も軽食もお値段は手頃なのにとても丁寧に作られていてどれもとてもおいしいです。 
 
このようなお店は喫茶店の多い名古屋でもお目にかかったことはなかったですし、なくなってしまうのは本当に残念です。 
 
きっと都内にでもあれば、もっとお客さんが入ったのではないかと感じます。
 

Photo そして思いました。 
 このようなお店にこそ多くの人が惹かれ 
 うまくまわっている状態というのは
 人が本来の健全さをとりもどしていることの
 バロメーターになるのではないかと…
 大袈裟な言い方かもしれませんが。
 
Photo_3 「人はパンのみにて生きるにあらず」 
 どれほどこれらの色、香り、その存在から
 私は滋養を受け取っていたことか・・・ 
 そう感じずにおれません。 
 
 まだ少し早いですが、オーナー様、 
 
今までありがとうございました。 
 
自分にとっての喫茶店の存在を考える、よい機会をいただきました。 

« ただいま到着 | トップページ | 奇跡のお店 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ただいま到着 | トップページ | 奇跡のお店 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ