« 久しぶりの来客 | トップページ | タントラ発祥の地 »

忘年会

2012年12月9日(日) 晴れ by キヨタカ

数年前にはあれほど騒がれて映画にまでなった2012年アセンションの日は、確か12月21日だったから残り僅か10日余り!
 
最近はアセンションに伴う人類滅亡論者のトーンもかなり下がっているようで、日本で有名になった某氏のサイトをたまたま覗いたら、来年のスケジュールが載っていた(^-^;
 
どうやらかなりの確立で人類はまだまだ存続しそうで、ほっと一安心である。 
 
しかしこのアセンションという概念、物理的な次元では荒唐無稽だが霊的な次元ではかなり的を得ているようだ。 
 
ここ数年の間の人々の意識の変化は驚くべきものがあり、リトリート参加者の意識が急激に上昇しつつある事は既にたびたびブログでお伝えしている。 
 
しかしそれはリーラスペース周辺だけで起っているのではなく、広く社会全体の中で密かにアセンションが進行中の様だ。
 
 
昨晩、ウィンドサーフィンでお世話になっているショップの忘年会に出席した。
 
サラリーマン時代から「宴会」は苦手でこの手の会には殆ど出る事はないが、この忘年会だけは例外で毎年出席している。 
 
ウィンド以外は共通する話題もなく、なんとなく場違いな感じがしていささか苦痛を伴うのが恒例だか、今年はちょっと雰囲気が違っていてとても楽しかった。 
 
初めて会った方と話をしたらかなりスピリチュアル方面に関心ある人だったり、いつも挨拶程度ですませる年配の方から「天野さんと、一度人生についてじっくりと語り合いたい」とマジで告白されたり、学生時代にお世話になった禅の指導者をよく知っているお坊さんがいたり…。 
 
ところで、この忘年会での最大のイベントはジャンケン大会。
 
ジャンケンの勝者にはボードやセールなどの高額商品がタダで貰えるとの事で、中高年のサーファーも歳を忘れてヒートアップする。
 
20121209_82547_3
今年は、20万以上もするボードがプレゼントされるとの事で意気込んでジャンケンに臨んだが残念ながら敗退。 
 
20代の若者が勝者となり、見事に商品をゲットする事に…と思いきや
 
「僕はこの間このサイズのボードを買ったので、いいです。○×君にプレゼントします。」と、一緒にウィンドをしている友人にプレゼントをしてしまった。
 
高度経済成長に育ち「もっと、もっと」という意識が当たり前でなんとか頑張って商品をゲットする事に喜びを見出す中高年世代から見ると、とても感動的だった。
 
こうした場面でこうした事をなんの気負いもなくサラリと言えるこの若者に、新しい意識が確実に芽生えつつある事を感じる。
 
アセンションは現在進行中なのである。
 

« 久しぶりの来客 | トップページ | タントラ発祥の地 »

日常」カテゴリの記事

コメント

アセアセ、アセンションプリーズfuji

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの来客 | トップページ | タントラ発祥の地 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ