« Follow your bliss! | トップページ | コメダ珈琲店 »

天国ってどこにあると思う? 

2012年12月4日(火) 曇りのち晴れ by ヨガビジャ 

 
どこも痒いとこがなくて 
 
痒くても、ぽりぽり掻いたらすっきりして 
 
お風呂でゆっくり温まることできるなら 
 
それって十分天国。

 
また植物アレルギーが出て全身が痒い私は
 
今まで自分が天国にいたことを知りました。(T_T)
 
Photo_4 
 
 
 
 
 
 
 
 体に貼るのはホカロンじゃなくて 
 保冷剤@ヨガビジャ 

 



 

« Follow your bliss! | トップページ | コメダ珈琲店 »

日常」カテゴリの記事

コメント

ヨガビ、植物アレルギーだったの??!!

そこは自然が多いから大変だね;;
冬の植物かな?

去年から突然なったの。。

去年は10月だったけど今回は11月末から。
秋の植物だと思うの。
サンプルを持って行けば病院で
どの植物に反応しているか調べられるけど、
なんせあの庭でしょ…?(>_<)

おはようございます
ヨガビさん 大変ですんね
私は自然が好きで裏山によく行き
草にかぶれる(炎症を起こす)のですが

アレルギーだったら あの 素敵な環境も
そうで無くなりなりますね
言霊試されたのですか?
早く 治りますように

ヨガビさんの写真と言霊愉しみにしております
お大事に

ホカロン?
ヨガロンで良かろんheart

「言霊」・・最近出版されたOSHOの本で
「探求の詩」?の中に とても不思議な詩が

紹介されていて、その一節は こんなです。
おおよその、うろ覚えですけど・・

 闇が広がって行き 深い闇の底で マインドの扉が開いた
 火の中で 火の粉が笑いだすと
 ここで燃えているのはなぜだ?と夜が尋ねた
 私には答えがない

尋ねられても、わたしに知りようもない、
答えようもないことだ と言っているものでも・・

「マインドの扉が開いた」というのは
もし そこで「火の粉が笑っている」という言葉を、マインドを

もし使うなら、そこに立ち現われてくる炎がある
・・おそらく、これが ルシファ?

ハウルの動く城にでてくるような炎は、この事なのかな?と
納得できるような炎を 内側に見ることができると思う。

最初の闇は、ジェラルディン・ルーミーが
「いばらに覆い尽くされていく」と言っていたような

闇の事だろうと思うので・・つまりは
特定の全面的な明け渡しにともなう ひとつの光景だったりすると思う・・

その 闇のなかで、どうしようもない・・
救いのないとしか思えない状況のなかで

「火の粉が笑っている」・・そう思う。そう話してみる。これだけで
立ち現われる「炎」がある。
 
・・魔法のような 神秘の世界だな(^^;
 

その 不思議な詩のつづきを(笑)お
俺に・・書かせてくれw

 眠りが訪れた 意識はひっそりと静かだ
 疲れた体は眠りについたが
 実存は魔法でいっぱいの夢の道を見つけた
 こうした欺瞞があるのはなぜだ?と
 眠りが尋ねた
 わたしに答えはない

詩のこの部分は、通ったことのある人には
よく分かると思う。同意しかない
そうした詩ではあると思うけれど

それでも(^^;実際のところは何なのかなぁ?
とか、思ってみずにはいれないものも
あるわけで・・

説明出来る人がいたら、いたら教えてほしいけど
これから書いてみるのは仮説です。

体がすっかり眠ってしまっても、
完全に起きている。そういう所にある
「あたかも幻想のように見える」物の事だと
思うときに

普通に知られているマインドは表層的なもの
でも、さらに深いマインドとは
チャクラのものだ とも言われているような
気がします。詳しくは知らない・・w けど

もちろん、「無意識の扉が開かれている」
と、表現されることもあるかもしれない

けれど・・生で意味されるものの表面的な
事柄ではない部分の集積されたものが
チャクラとして存在するとしたなら

チャクラと呼ばれるものも、もしかしたら
限りなく個性的な性質をもって固有の振動をもつ
ものなのかなぁ・・とか ・・つまり

眠りの中で起きている所にある幻想は
そうした過去に刻印された固有の体験が
もとになっている・・とか

そういう事ってあるのだろうか?
あるいは、その幻想によって、彼が誰であるのか
誰でありえたのか、どのような人であったのかを
知ることができる?

しかも、おそらく場合によっては人の一生で
何かしら集積に値する体験があるとしたなら
場合によっては死の体験以外何もない
・・そんな一生だってあり得るわけで・・
追体験では、誕生の瞬間の次が
どうやって死んだか・・つまり
誕生と死の連続追体験だったりしたら
どうなんだろう(^^; とか
思うわけです。 とりとめがないのでやめよう

・・メリー・クリスマスcrown よいお年を~
  

う~ん・・「疲れた体は眠りについたが」
つまり、身体が完全に眠りの中にあることが

ポイントなんだね。そうした時に始めて
もっと別なマインドに触れることができる。

観照者であり続ける事には、変わりありませんが・・

今回の生だけに関したマインドが
眠っている時にしか可能ではないような事柄が
起こるのだと思われます。

特定の催眠療法は、おそらくこうした現象から
もたらされているのかも しれないけど・・

コメントの元投稿に関して、実はOSHOも
言及しています。 枯れ草病(植物アレルギー)で
ネットで調べた限りだと「花粉症」のひとつに
含められているみたいです・・

参考になるかどうかは分からないけど
書いてみます・・恐縮ですけど(^^;

一度、枯草病にかかると次の年も
初めになったその日が近付くと、身体は用意を
整える、そして同じ症状が毎年繰り返される

けれど、二年目からの症状に治療を施しても
無駄なものにしかならない

なぜなら二年目からは追体験に過ぎないので
身体はもうその時と同じではないので
投薬は無駄に終わる・・だったかな(^^;

最初の年のその日に何かがなされなければならず
病気と呼ばれるものの7割は、そのようなものと
いえるかもしれない・・だったような
気がします。。。なんの役にも立ちそうにも
ない話しで・・すいません。

それとは別に、幾らかは大丈夫ですか?(遅
 

本当は 自分のブログにw書いていれば
よさそうな事を、書いてしまっている
訳ですけど・・今のところ
自分の方を進める気がない(^^;

づっと覗きに来てくれた人がいたから
続けられたんですよ。ひとりしかいませんでしたが(笑
それでも、続けるには十分だったけれど
別れの時が来たみたいだったから
終わっている

で、次のブログはまだ始まらない(笑 それで
こんな所に 書いているんだなたぶん。

「なんの役にも立たない」で終わった話し
ですけど、ヒントと思える言及もあるけど

そのように作用するのを見たことがないので
書いてみる権利がないw とはいえ

おおよそ、このような言及もあったと思うー

たとえば、数日前に21日で世界は終わると
世間を騒がせた?として、中国だっけ?
数百人とかの団体が拘束されたと
ニュースで流れていたけれど・・

誰を拘束すべきなのか(笑)本当は明確な
判定基準があったかもしれないのに
検証がむりなことが、残念ですw

OSHOはマインドが変われば身体も変わる
と、言及していたと思う。
もし、十年後には死が訪れると、本当に
そのように信じられるような何かしらを与えられたなら
手相も変わってしまう、それは十年後のその位置から先は
消えてしまう・・だったか

そんな風なことも、言っていたような気が
するんですね・・けれど

実際に、マインドが変わったせいで
身体が変化するというのを、見たことがないような思うので
わたしには何も言えない。とはいえ

他の気になる・・例えば 双極性障害?とか
呼ばれる症状とかも、もしかしたら
同じような事なのかなぁ・・とか

思ってみる事も多いです。

今日は・・寒いですよ~(^^;
最高気温の予報では -4° らしい。

洗面台などは排水口に落ちたゴム製の蓋が
傾いたままで氷っています。
夜の間に、家の外は風も強く
吹雪になったらしくて新雪も30cm程で
玄関のガラス張りの引き戸にも
雪が貼りついて視界が消えて、真っ白です。

家がないと暮らせない(^^;
しかも、無償で与えられた家らしい。

HPに載せてある(名前のURL)物語の

「私が無償で与えたものに、
 行為で報いることほど難しいことはない」

というフレーズの「無償」の事ですけど・・
おそらく、時々 なからずしも
リコールが起きないとも限らないもののようですねw

それでも、同じ「探求の詩」の中には、別の
素晴らしいと思える こんな詩もあるので
載せてみます。

 私の袋は 野の花で一杯の時もあれば
 価値のない道の埃が
 意地悪く私を冷やかすこともあります
 だから悔し涙を流し・・
 神は敵なのですか? 友なのですか?と
 申し上げているのです
 決して止むことのなき 神の抱擁と拒絶

 あなたの愛は日の光と影の両方
 時に笑いを 時に涙を作り出す
 決して私の理解には及びません

 時に想像の糸の中で 知られざる瞬間が捕らわれ
 時に我が目のヤムナー川の中で
 家族と友人が流されていく
 だから私は苦しみにもだえながら
 この支援は貴重だと 申し上げているのです
 明かりが吹き消され 夢が作り出されようと
 眠りは訪れない

 あなたの愛は日の光と影の両方
 時に笑いを 時に涙を作り出す
 決して私の理解には及びません


 

「天国って どこにあると思う?」

いい質問だ(^^; どこも痒い所がないくても
十分天国だ というのも・・

最初にしてはいい認識だ (笑)と
言っておこうと思います。・・まぁ許せ

どうにかしてでも年内に コメントは
終わりにしたいw
(って 勝手に書いておいて言うかね)

え~っと・・あとは、31日の玄関に
日本式の意味不明な飾りを付けてお仕舞いだ。

年が明けたら、おめでとう!って 言う。

お盆が来たら もうすぐ冬至で
また正月がくるかどうかは・・わからないねー。

さらば!友よ また会おう(^^;
(最近は これがお気に入り。そうでないと休まらないからねーchick) 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Follow your bliss! | トップページ | コメダ珈琲店 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ