« SLに乗って温泉に行こう♪の旅/その3 | トップページ | SLに乗って温泉に行こう♪の旅/その4 »

幸せな家族

2013年2月27日(水)  by キヨタカ

 旅行も無事終了して、ヨガビの旅行記「SLに乗って温泉に行こう♪の旅」がスタート。
 
しかし連載3日目にしてまだSLに乗っていないとは!
 
どうやら長編連載になる予感が…coldsweats02
 
こうして日誌を読んだり一緒に旅行したりすると、ヨガビ家は一見とても幸せな家族に思われる。
 
しかし家庭の事情をよく聞いてみると、実際には非常に過酷な家庭環境であったと言う。 
 
具体的な事をここで書くのは憚れる。
 
しかしともかく両親や家族との仲が非常に悪くて、とても不幸な家族だったと言うから驚かされる。
 
例えば中学生になってからは、父親と殆ど口をきいた事がなかったとか!
 
キヨタカ:「え!?それじゃ、ただいま〜、とか行ってきま〜すとかも言わないの?」
 
ヨガビ:「全然ナシ」
 
キヨタカ:「でも、食事の時に、いただきま〜す。ぐらい言うでしょ?」
 
ヨガビ:「食事はいつも自分の部屋に引きこもって食べてた。」
 
キヨタカ:「一緒に初めてヨガビの家へ行った時、ちゃんと話してたでしょ。」
 
ヨガビ:「そう、10年振りくらいかも…」
 
 
キヨタカ:「…shock
 
「幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある。」とは、文豪トルストイの名作/アンナ・カレーニナの有名な書き出しの文章だ。
 
確か高校生の時に教わった記憶がある。
 
「うん確かにその通りだよな。俺の家族は、誰も俺の事を理解してくれない。なんて不幸な家族なんだ!」 
…と、当時は自分の家族の不幸振りを嘆いたものだ。
 
ところが瞑想仲間が沢山出来てそれぞれの家族環境を知るにつけて、それがとんでもない誤解だった事が解り始めた。
 
そしてヨガビの家族とつき合うようになってからは、自分は何と幸せな家族に恵まれていたんだろう!と感謝の念が起るようになった。
 
それと同時に、そんなにも不幸な家族の中で育ちながら、今はこうして両親を喜ばせるべく旅行やプレゼントやメールを送り続けるヨガビの変容振りには驚かされる。
 
ヨガビのご両親は未だにお互いを批判して、「自分が不幸なのは相手のせい!」と頑として譲らないところが、端から見るととても奇妙で滑稽ですらある。 
 
自分の娘がいかに変容したかについても、あまり気づいていない様だ。 
 
しかしどんなに分厚い氷でも暖かい春の日差しでやがて溶け出す様に、ヨガビのハートの暖かさheart02がいつかはご両親に伝わる時が来ると思う。 
そして、やがてお互いを許し愛し合う夫婦になる可能性だってあるかも知れない。
 
ほんの僅かだけど、会うたびに2人の仲が少しずつ良くなる兆しもあるので、私も次回の旅を楽しみにしている。

« SLに乗って温泉に行こう♪の旅/その3 | トップページ | SLに乗って温泉に行こう♪の旅/その4 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

>しかし連載3日目にしてまだSLに乗っていないとは!
 どうやら長編連載になる予感が… 
 
 そうなのよ・・・ 

 いまピッチを上げて執筆中 coldsweats01

キヨタカさんが書いてくれた、ヨガビ家の裏エピソードは、「SLに乗って温泉に行こう♪の旅」に厚みを加えるね!

長編になってもいいじゃないですか。楽しみにしてますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SLに乗って温泉に行こう♪の旅/その3 | トップページ | SLに乗って温泉に行こう♪の旅/その4 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ