« 花に迎えられ | トップページ | きれい? »

旅行で感じたこと

2013年3月12日(火)晴れ by ヨガビジャ 
 
今回のSLと温泉の旅行を終えて伊豆に戻り、私は写真をプリントして両親に送りました。 
 
正直なところ、旅行中は写真を撮るのが面倒に感じることがありますが、旅行を終えて見てみるとやはり写真を撮ってよかったと必ず思います。 
 
キヨタカが言うように、写真に写る両親の姿は本当に円満な夫婦にしか見えないのに、実際は普段ほとんど会話のない生活を送っています。 
 
それはケンカにならないための、あるいは再び自分が傷つかない(傷つけられない)ための、長年の経験で培ってきた適度な距離感なのでしょう。 
 
両親と一緒にいるとつくづく、(両親に限らず自分も含めて)本当に人というのは、今の自分をただただ受け入れられたいのだと感じます。 
 
やさしくて思いやりがあるから、頭がいいから、仕事がよくできるから、気が利くから、料理がうまいから、きれいだから、お金があるから、、、そういった理由なしで、ただ受け入れられたい。 
そして、ここに自分が存在していいのだと感じたい。 
 
本当に人は無意識のレベルで自分の存在価値を求め、誰かからの承認を求めているように感じます。 
 
その誰かからの承認欲しさに、自分を大きく見せたり、人の目に尊敬に値する自分になろうとしているようで・・・ 
そうして、もともとの自分を忘れていってしまう。 

 
そして、本来の自分自身でいられないフラストレーションを相手や状況のせいと勘違いしている。 
 
 
旅行のあと姉と電話で話したのですが、私が「お父さんがムッとするときは、大抵お母さんが急かすか指図口調のときよ」と言うと、姉は「昔からお母さんがなにかを尋ねてもお父さんは無視するかはっきりしないから、お母さんがそういう話し方になったのはお父さんのせい」と言います。 
 
確かに過去の事実からその言い分は十分に理解できますし、その逆、つまり母が父の言葉にムッとなる理由も十分に分かります。 
 
結局のところ、どちらも自分の正しさにこだわることで相手が間違っているという思いのループにはまって、何十年も同じ現実を再生し続けているように思えます。 
 
でも、これは個人だけでなく国家レベルでも同じことが起きていますね。 
 
自国が正しければ違う立場をとる他国は間違っている…。 
 
「正しい」という言葉はとても注意深く使われるべき言葉のように感じます。 
 
人が本当に幸せに、平和と愛に満ちたて生きたいのなら、大切なのは正しさよりなにかもっと別のものなのでしょう。 
 
 
父も母も楽しく生きたいのは同じのはずなのに、なにかの制限(こだわり)によりそれを選ぶことができないでいるのは、もしかしたらその世代に生まれたきた者の、あるいは彼らの今生での学びなのかもしれません。 
 
最近はそんなふうにも思えるから、以前のように両親に仲良くしてもらおうと躍起になることもなくなり、私自身も自然体でいられるようになりました。 
 
こうした旅行のほんのひと時、同じものを見て、味わって、体験して、笑って、、その楽しさや軽さ、明るさが、いつか「正しくあること」を緩めてくれるのではないかと感じています。 
もう、どうでもいいやって。。 
 
そうしたら相手が楽しそうにしているのがうれしくて、自分も楽しくいられるんじゃないかな? 
私がそうだったから、そう思ってしまうのですけどね。。 
 
 
これまでは、<原因→結果>の時代だったけど、今はもう、ただ<結果>を選ぶことができる時代になっていると感じます。 
楽しいという結果が欲しいのなら、その原因(理由)を作るのではなく、最初から楽しくあればいい。 
若い人たちのいくらかは、すでにそのように生きている気がします。 
 
 
父も母も、、すべての人は人類の進化のある時代を担ってここに存在しているんですね。 
私はこの両親のもとに生まれたから、今の私としてここに存在してる。 
 
そう思うと、これまで苦しみや障害と感じていた諸々のすべては、私にとってとても友好的なものだったのだと感じられて、ありがたさと感謝の想いが湧いてきました。初めての感覚です。 
 
今回の旅行を終えて自分の中から出てきた「友好的」という感覚が、私をとてもリラックスさせてくれました。 
そんなに緊張したり、深刻にならなくてもいいんだよって。 
 
生はいつも友好的だったんですね。 
どんなに大変なときですら。 
 
そして、こんなひとつひとつの気づきを学ぶために、私はこの生でこの家族を選んで生まれてきた。 
 
ならば、両親はただの両親ではなく、自分と同じ進化を求める魂のひとつひとつ。初めて親という枠を外すことができた気がします。 
 
みんな違っているだけで同じだ〜・・・ 

言葉にすると変だけどそんな感じ?
 
 
旅行中に感じたことと、今パソコンに向っていて湧いてきた感覚をミックスして書いたので、まとまりのない長文となりましたが、これで旅行のまとめとしたいと思います。
 
旅行はこの現象世界を物理的に移動することだけなく、魂もまた旅に出ていたことを思い起こさせてくれますね。 
 
Img_9998_2  
 また、 
 旅行に出掛けたいと思います。 
 
  
  
  
 春の陽射しに誘われて♪  ^^

« 花に迎えられ | トップページ | きれい? »

旅行」カテゴリの記事

コメント

じーんとこころ暖まるお話をありがとうございますTT
懐の大きな優しさに包まれたような感覚でした。愛ですね~
「みんな違ってみんないい」ですね^^

ステキな旅ったったね、ヨガビさん!

なおこ さま

長い日誌を読んでいただきありがとうございます。

愛を知るために愛ではないものを知らないといけないように、自分の人生をよくよく振り返ってみると、今生なにを求めて自分がここにやってきたのか分かる気がします。

違っていて当たり前、みんながそう思い始めたら生きることはより軽やかになりそうで楽しみです♪

M さん

はい、魂の方のステキな旅はいまも続いています。(^^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花に迎えられ | トップページ | きれい? »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ