« 一緒に咲いてる | トップページ | コミュニケーション »

ピンクの学び

2013年3月28日(水)晴れ by ヨガビジャ  
 

Img_0564 子供のころ 
 好きだった
空色 

  

 
 
 
Img_0590
 ピンクは 
 苦手だったけど 
 
 
 
 
 
Img_0597 もしかしたら 
 その柔らかなやさしい感覚を 
 私は弱さと感じていたのかも?

 
 
 
Img_0577 暗い茂みの中 
 誇らしく咲いていた 
 ピンクの花 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0605 
 
 
 
 真のやさしさは 
 強さを携えていることに
気づくのに 
 ずいぶん時間がかかりました 
 
 そして 
 弱くてもいいのだと思えるまでに 
 もっともっと時間がかかりました

 

« 一緒に咲いてる | トップページ | コミュニケーション »

日常」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

わたしも子供の頃、ピンクが苦手でした。

『もしかしたら その柔らかなやさしい感覚を 
私は弱さと感じていたのかも?』

で、「あ、わたし、そうかも。。」と。
あと、私の場合は、あいまいで、ぼんやりしていて、大半の女の子に愛されている点も苦手な理由だった気がします。

そして、ピンクが「自分に似合わない」と強く感じてもいました。
それは、容姿のことだけでなく、やさしさや寛容さ、真の強さが自分にないと思っていたからかもしれません。
弱くていいだなんてことは、その頃、思いもよらなかった。。。
(今でも忘れがちなこと・・・ヨガビさん、ありがとう!)

地味で無難な色しか選んでこなかった子供のころに比べて、今はたくさんの明るい色が身の回りにあります。
年齢、体型にめげず、まわりの苦笑いも気にせず、春色の服も着ます。

それぞれの色の中にあるすばらしさを教えてもらっているんですね~♪
春の自然、バンザ~イ♪

いつも ありがとうございます!


こんにちは♪

自分が苦手と感じているものには、なにかのカギが隠されてるのかもしれませんね。

私は子供のころ強くなりたいと思っていましたが、強さを選ぶことで同時に弱さを否定していて、、、
だから自分の中の否定された部分が泣いていた気がします。

いろんな色を楽しむことができるのは、より自由になっていくプロセスのようにも感じます。。

私は今、庭に出るといろんな花が咲いているから、それぞれに味わいの違いを感じるのがとても楽しいんです♡

お互い、春を楽しみましょう♪ヾ(≧▽≦)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一緒に咲いてる | トップページ | コミュニケーション »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ