« 青紫の世界に | トップページ | みどりという色 »

3人寄れば・・・

2013年5月3日(金) by キヨタカ

 新刊本の写真を日誌にアップしたところ、「装釘が素敵ですね」との感想が皆さんから寄せられてとても嬉しい。
 
Photoあの装釘は、私とヨガビと市村氏(アルテ社長)の合作だ。
 
「3人寄れば文殊の知恵」の諺通りになった。
 
最初は、私が撮った富士山の写真を使用する様に提案したのだが、2人から「シロウトっぽくてアピールしない」と言われてアウト。
 
市村氏から「今回はグランドキャニオンにしましょう」と提案があったが、殺伐とした感じでピンと来なかった。
 
 
 
Images_2
私のイメージは、
「覚者を求めてグランドキャニオンの荒野をさまよいつつも、恩寵の導き(川の流れ)が底流にあり、希望の光が遠くに見え空もスッキリと見通しが良い感じ」
 
というものだった。
 
OSHO禅タロットに「Traveling」というカードがあるが、ちょうどそんなイメージの写真が欲しかった。
 
 
 
 
すったもんだしたあげく、奇跡的に希望通りの写真となった。
 
私の顔写真は載せない方が本の趣旨に合うので、色々と検討した結果、ヨガビがあの蓮の花を選択。
 
市村さんから、
 雄大なグランドキャニオンのなかに静寂さを湛えた蓮の花というコントラストは最高の仕上がりですね。
なかなかこの白い蓮の花は思いつきませんでした」
とのお褒めの言葉を頂いた。
 
こうして仕上がった表紙をしげしげと眺めて見ると、文殊かアマテラスかはたまたガイダンスか・・・誰だかはわからないけれども「目に見えない存在」が私達にこの装釘をプレゼントしてくれた感じがして、とても有り難い。
 
部屋に飾っておくだけで御利益がありそうな感じ。
 
著者自ら宣伝するのは傍からすると白けると思うので、本に関する裏事情はこれくらいにしておこう。

« 青紫の世界に | トップページ | みどりという色 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青紫の世界に | トップページ | みどりという色 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ