« 紀伊国屋にて | トップページ | 新宿イベント終了♡ »

レビュー

2013年5月26日(日) by キヨタカ

最近は本を読まない人が増えた事に加えて電子書籍に移行しつつあるので、本屋さんも大変。
 
さらにだめ押しは、ネットのオンラインストアの普及。
 
かくいう私も、本はネットで注文してしまう事が多い。
 
ネット注文の老舗はアマゾンであるが、どういうわけかまだ「覚者を求めて」の画像が掲載されていない。
Noimagenociu_v156249166_aa300_gif
でも、ようやく一件だけ「レビュー」がついたので、転載しよう。
 
レビューを書きたい人はぜひ投稿して下さい。
 
 
 
 
 
* *
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 初心者から上級者まで, 2013/5/25
レビュー対象商品: 覚者を求めて―恩寵の扉が開くまで外伝 (単行本)
著者の覚者を求め続け、そこから離れて私は在るに至った遍歴が綴られています。

悟りや覚醒系の本には、綺麗事に終始しているものが多いですが、ここでは著者自身の苦悩や、覚者やそこに集う人たちの裏話やスキャンダルとも言えかねないようなことが赤裸々に描かれています。

私たちは覚醒に色々な幻想を抱きがちですが、そういった幻想をこの本は振り払ってくれます。

本の最後には著者の今までの遍歴から体験してきたことから、ノーマインドへ至ることについて述べられています。

恩寵の光で満たすことがノーマインドへの鍵ということですが、これは多くの人にとって福音となるでしょう。

瞑想やスピリチュアルの初心者の人には、未だ知りえない世界の物語が展開されていき、上級者の方にとっては真の覚醒へと至るヒントがあり、どちらの方にとってとても有益な本です。
レビューを評価してください
このレビューは参考になりましたか? はい




ところで、試しに「覚者を求めて」を販売しているオンラインストアを探したら、なんと19も見つかり唖然とした。 
 
本屋を凌駕するアマゾンも、実際にはうかうかしていられないだろう。

読者や著者にとっては、とても便利なシステムだけれども…

ちなみに、私が発見したオンラインストアは下記の通り。

1、アマゾン
2、セブンネット
3、hontoネット
4、エルパカbooks
5、Qoo10ーJapan
6、楽天ブックス
7、Neowing
8、boos store
9、JBOOK
10、カラメル
11、YAHOO ショッピング
12、E-hon
13、TRCブックポータル
14、紀伊国屋書店
15、丸善&ジュンク堂
16、Honya Club
17、ブックサービス
18、booxstore
19、TUTAYA ONLINE

« 紀伊国屋にて | トップページ | 新宿イベント終了♡ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紀伊国屋にて | トップページ | 新宿イベント終了♡ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ