« 言葉じゃない | トップページ | 秋をすこし見つけました »

小旅行

2013年9月24日(火) 曇りのち晴れ by ヨガビジャ

先週の木曜日に小山から戻り、一日おいて用事で大阪へ行ってきました。 
 
私もキヨタカもこれまで関西方面に出掛けても
なぜかいつも大阪は素通りしてしまっていたので、生まれて初めての大阪滞在です。
 
そして、せっかく大阪まで行くのですから用事を済ませてからもう1泊追加して、私は以前から関心があった「貴婦人と一角獣」のタピストリーを観たくて国立国際美術館へ、キヨタカは
京都・東寺の「立体曼荼羅」を観に行くことにしました。 
 
「貴婦人と一角獣」のタピストリーは以前NHKの特集番組を観てとても興味があったのですが、東京展はすでに終了していたので諦めていました。 

でも、たまたま大阪に行く用事ができたときに大阪の国立国際美術館で展示期間中であることが分かり大喜びしてネットでチケットを購入したのです。 
 
本当に久しぶりの美術館だったのでとても楽しみでした。 
 
Photo これは壁に展示された
大きな6枚の 
 タピストリーの中の1枚、「触覚」の部分
これは記念に購入したポストカードです 
 
 これら6枚はそれぞれ、触覚、味覚、嗅覚 
 聴覚、
視覚を表しているといわれ、最後の 
 1枚だけに
「わが唯一の望み」と文字が 
 入っています 
 
 タピストリーには象徴的なモチーフが溢れ 
 その解釈は未だ推測の域を出てい
ないよ 
 ですが、その謎がまた神秘的でもあり観る 
 ものを惹き付けて止まないようです 
Photo_2 
 また美術工芸品の観点からも 
 すばらしいものです 
 
←これも帰りに購入したクリアーフォルダー 
 タピストリーの様々な植物や
動物がプリン 
 トされかわいくて実用的なのでつい購入♡ 
 
 なんだか久しぶりに女性的な感性がとても 
 
満たされた感覚で美術館を後にしました。 
 
 
そして数年ぶりに訪れた京都。 
東寺はやっぱりすばらしかったです。 
 
Photo_3 これはパンフレットですけどね。 
 
 私もこの場所は好きです 
 仏像群の存在感、お堂に充満するある種の
 
感覚。ここはエネルギーフィールドですね 
 
 
ここの仏像群は如来であり、明王であり、 
 菩薩であったりしますが
今回はなぜか、 
 それらはすべてでひとつ」という感覚と 
 同時に、その視点のサイドから初めて対面 
 
していたよう感じます。 
 
 
これまでは1体1体と丁寧に向き合う感じで観ていて、それはそれですばらしいのですが、今回はなぜだか目の前の仏像が全体の中の1体(一部)という感覚が先にあって、これまで感じていた以上の広がりや深みを1体の背後に感じた気がします。 
 
う〜ん、、フィーリングを言葉にするのはむつかしいですね。 
これくらいでやめておきます。
^^; 

先にタピストリーを観賞したことも関係したのかもしれませんが、要するにいつもとはちょっと違った立体曼荼羅を体感しました〜♪ということをお伝えしたかったのです
 
そうそう、すべてを観終わって「少し休んでから駅に戻ろう」と、ふたりで入ったのは東寺の池に面した静かで落ち着いた喫茶店。 
 
池が一望できる席に着き、開口一番
 
 
キヨタカ:あ〜〜! やっぱりここが一番いいよーー♪ 
ヾ(≧▽≦)ノ 
 
 
って。
 
立体曼荼羅が観たいって言ったの、いったい誰よ? (o; _ _)o 
 

« 言葉じゃない | トップページ | 秋をすこし見つけました »

旅行」カテゴリの記事

コメント

東寺はいいですよね。何度か言っていますが、あの立体曼陀羅は全てが一体であることを感じさせてくれます。あの場で感じられるエネルギーは、力強くかつ繊細ですね。ちょっと観光客が多くて濁りも感じてしまいますが
(;;;´Д`)ゝ


如来、菩薩、明王と別れてはいますが、それらは本来一つですからね。そのことをヨガビジャさんは理屈でなく感性で感じ取られたのでしょう。

私も京都のお寺でゆっくり静かに観賞できた経験はなかったので今回も期待していなかったんです。三連休でしたし。 

じつは駅前のロッカーに荷物を預けようとしたら空きのロッカーが全然なくて、きっと混んでいるんだろうなあ〜…と思いつつ荷物を抱えて東寺に向いました。
幸い荷物は拝観券を購入したところで預かっていただけるとのことで身軽に境内を観てまわることができて助かりました。
そして今回はなぜか観光客が少なくて、お堂の中もとても静かだったのでゆっくりと堪能することができたんです。
ラッキー♪o(^-^)o 
 
でも視点が変わるとすべてか変わるという感覚は不思議ですね。目の前にあるものは寸分違わずおなじものなのに。。

最近はカタチや線、色などによって醸し出される(?)自分の内なる感覚の変化が興味深いです。それがなんなのかはわからないのですけどね、楽しんでます。。

関西に来てたのですね~~~!!

東寺にそんな素晴らしいものがあるなんて
全然知りませんでした!

そもそも東寺には行ったことがないけど
今度拝観してきたいと思いました!! 

時間があればあんじゅにも逢いたかったのですけどね〜

東寺、ぜひ行ってね。 
それと10月20日までだけど「貴婦人と一角獣展」もお勧めです♪

でも、京都に近いっていいよね〜
名古屋にいた時もっと行っておけば良かったです。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉じゃない | トップページ | 秋をすこし見つけました »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ