« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

日がのぼる

2013年10月31日(木) 晴れ by ヨガビジャ 
 
Img_4894 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4905 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Img_4901 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4917 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4925

初めてのカーテン屋さん

2013年10月30日(水) 晴れのち曇り by ヨガビジャ

2回のモーニング(二軒目はランチだったけど…)を済ませお腹もいっぱいになったので、もうひとつの用事のため次ぎは三島に向いました。 
 
じつはキヨタカのオフィスにあるカーテンは私たちがここに住み始める15年以上前、、おそらくこの家が建った20年以上前からのものだと思いますが、今まで一度もクリーニングに出したことがありませんでした。 

 
今、断捨離ブーム再来中のキヨタカにはこれ以上放置できない代物らしく、クリーニングに出したいと言い始めました。 
 
それでこのカーテンを初めて外してみたら両手が真っ黒になった上、時間が経ち過ぎて劣化したのか布を接いであるいくつかの箇所が破れていて、これはもう買い替えの時期と判断。この窓は夏には暑い西日が射すので、断熱効果のあるカーテンを購入することにしました。 
 
お店は以前から1号線を通るたびに見かけていたカーテン専門店。 
カーテンの専門店なんて初めてだったけど、カーテンやブラインドだけでこんなにも種類があるなんてびっくり!
 
カーテンの生地選びだけ私も加わり、後はキヨタカと店員さんに任せて私は他の商品を眺めていたのですが、ある一角にずっと見ていて飽きない生地を見つけました。 
 
それがこちら。 
 
1 ウィリアム・モリスの 
 オーダーカーテン。 
 
 インテリア関係には 
 普段ほとんど関心がない私ですが、 
 この植物のパターンが気に入って 
 思わず写真を撮りました。
 
 見ていると楽しくなるというか
 まるで美術・工芸品のようですね。
 
 
2 一ヶ月ほど前に大阪で観た 
 「ユニコーンと貴婦人」
の 
 タピストリーにもふんだんに 
 用いられていた柄ですね。
 
 
 日本でも植物をモチーフにした 
 和柄や色彩が
ありますが、 
 人は昔から自然の持つ 
 形態や色彩に感動して 
 生活に取り込んできたのですね。。 
 
 
 
昨日はおいしいものを「
お得(←ここ重要 ( ̄^ ̄) )」食べ、ゆったりとした時間を過ごし、最後にきれいなものを観賞して、、予想だにしないいい一日でした。 
 
三島や沼津に出掛けるのは楽しいです rvcar 
 
(おしまい)

はしご喫茶

2013年10月30日(水) 晴れのち曇り by ヨガビジャ 
 
昨日、キヨタカはコンタクトレンズの検診のため眼科へ、私は新しく作ったメガネを受け取りにメガネ屋さんへ行くため一緒に沼津に出掛けました。
 
この眼科は結構人気があり、いつも
待合室には患者さんがいっぱい。 

だからキヨタカは、少しでも早く受付を済ませようと8時50分には到着したはずなのですが、メガネを受け取り喫茶店で読書する私に届いたメールmailtoは… 
 
 
キヨタカ:
7人目だった .....  ´д`;  グスン 
 
 
よがび:まあ、そんなものよね・・・ (・・ ;)  
 
 
朝ごはんを食べずに出掛けてきて、キヨタカが終わるまで空腹に耐えられそうにないので、今いる喫茶店でモーニングを注文していた私。 
 
でも、キヨタカとの待ち合わせ場所である新しくできた喫茶店のモーニングにも興味があるので、今日はモーニングのハシゴを決定っ!!
ヾ(≧▽≦)ノ ワーイ 
 
それで今いる喫茶店「やば珈琲」のモーニングがこちら  ↓  

 
Yaba コーヒー代280円に 
 プラス100円の380円でこの内容
  
 
 
ゆで卵、コールスローサラダ、 
 おにぎり or トースト
  
 
 
私は高菜&しゃけおにぎりをチョイスして 
 おにぎりはお持ち帰り。。
  
 
 
う〜ん、やっぱりモーニングは 
 こうでなくっちゃっ!!
 
ヾ(≧▽≦)ノ 
 
この写真をキヨタカに送ったら
、、
 
キヨタカ:
今、コンタクトレンズ外したから見えない .... (@_@;)
 
と返信メール。。
 
まだ当分かかりそうだし、安心してモーニングを堪能することに。 
 
ここのコーヒーは「コメダ珈琲」と味が似ていてカップも大きい気がする。 
 
なんか、
名古屋っぽいなあ〜・・・?( ・・)? 
 
と思って調べたらやっぱり名古屋のお店。 
名古屋に矢場町って所があるもんね。。 
 
さっそく今日は、この写真をネタに父に日課のメールを送りました。 
 
そうこうしていたらキヨタカから「
やっと終わった〜  (^-^) 」とメールが届き、時刻はすでに11時1分。 
 
待ち合わせ場所の「葉山珈琲」に到着すると、
キヨタカはすでにメニューとにらめっこ中。 
 
でも、残念ながらモーニングの時間は過ぎてしまってすでにランチメニューの時間です。それでも飲み物にプラス100円で下のような立派なプレートが出てきました。 
 
Hayama これは私のプラス100円、 
 トーストセット。 
 
 空腹Maxだったキヨタカは 
 プラス150円の 
 トーストサンドのセット。 
 
 
「葉山」というだけあって、こちらはお店はゆったりと落ち着いていてキヨタカ好み。私はどちらかという庶民的な「やば珈琲」が味を含めて好みかな〜? 
 
それにしてもいいお店ができてうれしいっ♪
これからは沼津に来るのが楽しみです。 
 
(つづく) 

 

うつくしい

2013年10月28日(月) 晴れ by ヨガビジャ 
 
陽が傾き始めた夕方、デジカメを手に庭に出ました。。 
最初に撮ったのは、ほとんど陽の当たらない場所にあるウィンターコスモス。  

Img_4801 建物の陰にいて 
 そこに光をそえてるよう 

 桜に似た 
 淡い黄色の花びら  
 
 植えて2年目くらいかな? 
 放ったらかしなのに 
 きれいに咲いてます 
 
 
 

Img_4869 芝生付近の 
 ヒメジョオン  
 
 陽が傾くのが本当に早い・・・ 
 あっという間に 
 影が広がっていく
 
 
 
 
 
 
Img_4830 赤や緑、黒い実は
 
 光の中では宝石のよう 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4835 ただの雑草なのだけど 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4841  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 うつくしい
 
 

帰宅しました

2013年10月27日(日) 晴れ by ヨガビジャ 
 
先日小山から戻りました。
car 
台風が心配で雨戸を全部閉めて出掛けましたが、なにごともなく無事でした。 
変わったことといえば、、 
 
Img_4773_2
 庭の 
 ウィンターコスモスが 
 咲いてたこと 

 
 
 
 
 
 
 


Img_4788 台風一過の朝 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4782 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
Img_4774 このきのこ 
 ツチグリ 
 というそうです 
 
 真ん中の丸いのを押すと 
 胞子がでます 
 
  
φ(.. ) ツン、ツン 
 
 
 
 
Img_4777 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひかりがうれしい
 

温泉三昧♨11/おわりに

2013年10月18日(金) 曇り by ヨガビジャ 
 
父の左親指の関節が大した病気ではないことが分かり、一安心して喫茶店に行きました。 
 
最近はコメダ珈琲に行くことが多いので今日は違うところに行ってみたくて、何年か前に1度だけ行ったことのある中村公園近くの喫茶店に行きました。 

他の喫茶店ではどんなモーニングが付くか興味津々だったのですが、このお店は厚切りトースト1/2枚だけ。 

 
私は、パンと玉子はどこでもついてくると思っていたので 
少しショック。Σ( ̄□ ̄;) 

でも、コーヒーの値段が350円では仕方ないなあ〜・・・と思っていたら 

横でキヨタカ、
 
 
えーっ! パンだけ? 玉子ないの? サラダはー?? ヾ( ̄^ ̄メ)ノ 
 
 

しっかり名古屋の文化に染まってる・・・ (・・ ;) 
 
 

ここの喫茶店でも、今回の旅行でも、父がよく笑っていた気がします。 
 
母はいつも通り温泉に浸かりながらたくさんおしゃべりしました。 
母の話は今ことなのか、何十年も昔のことなのか、話が飛ぶので分からなくなるのですけど。。 
 
私たちが来て5日間、ふたりは一年間分の1/4くらい話して、聞いて、考えて、笑ったんじゃないかしら? 

私たちが到着した日、父の反応や話すテンポが前回よりかなり遅くなっている気がしてショックだったのですが、帰るころには少し元に戻っていた気がします。 
 
赤沢自然養林ではサワラとヒノキの見分け方をキヨタカに訊かれてうれしそうに説明していました。

トロッコ列車の停車中、せせらぎの河原にパイプから水が溢れているのを見つけてそれを飲もうと、足場の悪い河原をよろけながら歩く父の姿に衰えを感じました。  

人ごみの中で動けずポツンと立つ母がいました。 
 
年を取るということは行動範囲が狭くなり、当然体の稼働域や記憶、五感の感覚も狭まっていく、、そう、まるで世界が小さくなっていくようです。 

でもそうであることが、いまここの深みを味わう機会を提供しくれているようにも感じられました。 
 
よく見えないけど  笑える。 
 
よく聞こえないけど  喜べる。 
 
痛いところはあるけど  うれしい。 
 
ムカッとなるけどそれも  過ぎてく。 
 
 
ここまで生きてきて、いま自分が身を置くもろもろを諦め、受け入れられる。 

 
することを手放し在ることしかできない人生の終盤は、こどもの頃の無垢な歓びへと還る入口なのかもしれません。 
 
いくらかの痛みやもどかしさ 
ハラハラとドキドキ 
そして一緒によく笑った5日間。 
 
人生の先輩たちの存在に、素直に感謝を感じた5日間でした。 

 
(おしまい) 
 
長い間、長文におつき合いいただきありがとうございました。^^

 

温泉三昧♨10/診察室

2013年10月17日(木)曇り by ヨガビジャ
 
そしてほぼ9時ちょうど、父の名前が呼ばれました。  
 
「はーい」と私が返事をして3人ぞろぞろと診察室へ。。 
 
 
先生:どうしました? (ヒョロっと背が高くインテリっぽい老医師) 
 
 
父:かなり前から、これ(親指付根)が出てきて 
  前は凹んだりしとったが最近は出たままで痛いです。( ̄⊥ ̄) 
 
 (あれ? 私たちに話すよりちゃんとしゃべれてる! 
  これでは誰も耳が聞こえてないとは思わないよね~・・・)  
 
 
先生:(患部をグイグイ押しながら) 
 
   痛いですか? 
 
 
父:すこし痛いです・・・( ̄⊥ ̄;) 
 
   (これ、かなり痛いんじゃ・・・?  っていうか、 
    先生のこの声の大きさで本当に聞こえてるの??) 
 
 
先生:大丈夫ですけど、一応レントゲン撮りますか? 
 
 
父&よがび:はい、お願いします。 
 
 
・・・待合室で待つこと数分。 
 
 
年配の看護婦さんに呼ばれてレントゲン室に入る父。 
思わず一緒に入りそうになったけど入れないことに気づき、扉が閉まる寸前 
 
 
よがび:あのー! すみません! 
 
    耳が遠いので大きな声でお願いしますっ!! 
 
 
看護婦さん:わかりました。 
 
 
レントゲンが終わり待つこと数分。 
 
再び診察室に入って父が椅子に腰をかけると、先生がA4の紙を机に置き父に向ってなにかを書き始めました。 
 
さっきレントゲンに写ったことを絵に書いて説明してくれるんだ~と思ってみていたら・・・ 
 
 
 大  丈  夫  で  す 』 
 
 
と大きな文字! 
 
 
先生:(大きな声で)大丈夫です!! (*`<´)・:∴  
 
 
父の目が点になってすこし口元が緩んでるのが見えました。。 
 
父にはさっき私が看護婦さんに言ったことは聞こえてないでしょうから、不思議だったでしょうね〜。。?( ̄⊥ ̄)  
 
先生の説明によると、関節に袋ができて水が溜まったんだそうです。 
 
私も学生の頃、手首に水が溜まった経験があるので一安心。 
骨じゃなくてよかった。。 
 
でも、出たり凹んだりするのがなぜなのか不思議だったので先生に、 
 
 
よがび:どうして出たり凹んだりするんですか? 
 
    私は最初脱臼かと思っちゃいました。。(・・?) 
 
 
一呼吸おいて 
 
 
先生:あなたが聞いたから説明しますけど、 
   年をとったら顔にシワができるのと一緒ですよ。
  
   (レントゲンを示しながら) 
 
   確かにあなたの言うように
   ここの関節はすこし外側に出てますから 
   脱臼と言えば脱臼ですが、年をとると当たり前ですよ。 
   心配することありません!
 
   手術して袋をとることもできますが、したいですか? 
   大丈夫ですよ、だいじょうぶっ! ( ̄^ ̄)ゞ  
 
 
よがび:(いえ、いえ、そこまでは考えてません、先生) 
 
   そうですか! 単に加齢によるものと分かって安心しました。 
   ありがとうございました。^^  
 
 
先生:湿布、欲しいですか?  
 
 
父&よがび:はい、ください!  
 
 
と診察終了。 
 
父は先生が紙に書いた「大丈夫」がウケたようで、そのあと喫茶店でキヨタカにうれしそうに話してました。 
 
私にはあのインテリな先生がおもしろくて  。。^^; 
 
母から聞いたのですが、以前母が圧迫骨折からくる痛みで診てもらった時、 
 
 
先生:あんたの頭、骨が潰れるほど重くはないだろっ? 
 
 
といきなり言われたそうで、 
 
 
母:はい、空っぽです。。(^-^;)  
 
 
と答えたら、
 
 
先生:そうだろうっ!( ̄^ ̄)ゞ  
 
 
と言われたとか。。口の悪い先生って聞かされていたんです。 
 
でも、私のかかりつけの眼科の先生もなかなかのくせ者なので慣れているのかもしれないけど、なんだか最近こういうお医者さんって楽しい・・・ 
 
若い頃なら「カチンッ!」ときてムカついていたと思うけど今は平気で楽しめる。。 
 
やっぱり私、成長してる~♪  ( ̄ー ̄)ニヤリッ
 

(つづく)

  

父の日課

2013年10月16日(水) 雨のち晴れ by ヨガビジャ 
 

台風一過の今の富士山。 
 
Img_4756 空も  富士山も 
 山のみどりも 
 真新しい感じ 
 
 

 

さっき母から「台風、大丈夫だった?」と電話がありました。 
 
私が「大丈夫よ」と応え、 
「そっちは?」と聞き返すと「こっちも大丈夫」と母。 
 
さらに私が「お父さんは元気?」と言うと「さっき出掛けた」とのこと。 
 
 
父は今日も日課のお散歩。。
snail
 
敬老パスを最大限に活用し市営交通無料)毎日名古屋駅へ通ってます。 
 
いったいなにをして過ごしているんだろ??(・・?)  
 
一度内緒で名古屋駅にいる父を観察してみたい。。
o(^-^)o キョウミシンシン 

温泉三昧♨9/病院の待合室

2013年10月16日(水) 雨のち晴れ by ヨガビジャ 
 

病院には8時45分に到着。 
 
 
父:早いんじゃないか?( ̄⊥ ̄;) 
 
 
よがび:ごめんね~ (^^;ゞ 
 
   もっと混んでると思って〜・・・ 
 
 
待合室にいるのは父と母と私の3人だけ。 
(この病院、大丈夫…?) 
母の行きつけの病院なんだけど。。 
 
キヨタカは車を駐車場に入れたらそのまま散歩に行くと言っていたけど、まだ駐車場でゴソゴソしてたので様子を見に行きました。 
 
運動靴を探していたらしいけどやった見つけて、私は「終わったら電話するから携帯をONにしておいてね」と言い別れました。 
 
そして、再び待合室にいくと母が受付でなにか話していて、父が怪訝そうな顔でそれをみています。 
 
話し終わって母が椅子に腰掛けたので「なにを話してたの?」と聞くと、「車を病院の前の駐車場に停めさせてもらったけど、運転手がいなくなりますが大丈夫ですか?」と聞いていたようで・・・ 
 
その少し前にも、ひとり開院準備で急がしそうにしている薬剤師さんに父の症状を話していて「それは診察室で先生に話してください」って言われてたのに、今度は駐車場・・・ 
 
父が「お前はまたいらんことばかりしよってっ!」と不機嫌に言いそうな感じだったから私が一瞬早く、「なに言ってるの、駐車場なんだから確認しなくても大丈夫よっ!」と軽く母の頭をコツン! 
 
私が自分と同じ反応をしたので父は気が済んだのか「ほれ、みろ」みたいな表情をして、それ以上はなにも言わず終了。 
 
母には心配性なところがあり気をまわし過ぎて、たまに場違いな変なことを言ったりしたりすることがあるのです。そういうのが父には煩わしく腹立たしいようです。 
 
子供の頃はこういった事の成り行きがみえなくて、ただピリピリとした空気を身を縮めて感じていたけど、今はこうして起きている事の全体が見えるのようになったのだから、私も成長した〜♪とちょっとうれしい気分です。。(^-^) 
 
 
(つづく) 
 

温泉三昧♨8/実家にて

2013年10月15日(火) 曇り時々雨 by ヨガビジャ 
 
恵那峡からはスムーズに名古屋に到着し、そのまま実家にほど近い蟹江温泉の日帰り温泉施設で入浴 spa 
 
夕食は和風ファミリーレストランで私は味噌煮込みうどんを注文。名古屋にいた頃はほとんど食べたことなかったんですけどね。。 
 
父はトンカツ定食。ついてくるのはやっぱりソースではなく味噌でした。 
キヨタカがなにを注文したか忘れたけど、母はコーヒーだけ。 
 
「どうしたの?」と聞くと、 
昼食のおそばを食べすぎてお腹を壊した… 
(;-_-+  のだとか。。  
 
ざるそばなら一人前は食べられると思ってたのですが、旅行にはいつも消化剤を持参してる母だからやっぱり無理だったみたい。残すことを嫌う父の手前無理して食べたようです。 

 
こんなとき姉がいっしょにいれば「多すぎるんじゃない?」と声をかけてくれるそうですが、私はそこまで気がつかず・・・ 

 
次回の課題はたくさんあるな〜
( ̄⌒ ̄; ) 
 
まあ、なにはともあれ、無事夕方6時頃には実家に帰宅。 
夜は伊豆から持ってきた梨を剥いてテレビを観ながらほっこりティータイム。2時間ほどして、父がうとうとし始めたのを合図に私たちも部屋に退散です。 

翌朝、夕べ布団の中で考えた<父を病院に連れていく段取り>に従い、まず、「お母さんからは病院のことは言わないでね!」と母に念押し。  

なぜなら、この類いの話を父に母が話すとき「病院に連れて行ってもらい<なさいよ>」的な言い方になるのです。(悪気はないのですが…) 
母は1つ年上の姉さん女房のせいか自然にこの口調になるのかもしれません。 
でも、父はこの「〜しなさいよ」的な言い方にカチンっ!とくるみたいで、だからなかなか「ウン」とは言わないのでは?と私は思っているのです。
 
それで、私からこんな誘い方をしてみました。 
 
 
お父さん、せっかく私たちがいるし 
今日なら車で病院に行けるから行こー rvcar 
 
姉ちゃんは孫たちの世話で 
しばらくは来られないみたいだしね。。 
レントゲンを撮ってもらって 
原因がわかれば安心でしょ?(つ ̄▽ ̄)つ  
 
 
しばらく間をおいて、 
 
 
父:うん、行くかね・・・  ( ̄⊥ ̄)  
 
 
よがび:(やった~。。) 
 
 
なんだか子どもの相手をしているようだけど、ふたりとも長年生きてつけてきた「心のシワ(くせ)」をとるのは至難の技。 
 
シワをとるのはアイロンみたいに熱を加えるのがいちばんな気がして、その熱は笑うことじゃないかって思い始めてるんです。 
 
といっても、私はふたりのシワとりだけのために旅行に出掛けているのではありません。自分にもついている親たちとよく似たシワも、一緒にアイロンがけできることに気づいたから。。 
 
シワがとれれば、自然に、みんなもっと笑えそう♪
 
ということで、、 
朝食を済ませたら8時半に4人で病院へ出発です。 
病院の後、喫茶店でコーヒーでも飲もうと思って、伊豆に戻る前に。。 
 
 
(つづく) 

温泉三昧♨7/帰路

2013年10月14日(月) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ 
 

名残惜しいですが赤沢自然養林を後にして「寝覚の床」という景勝地でおそばを食べて名古屋に帰ります  rvcar

「寝覚めの床」は、この辺りの観光に来た人なら大抵立ち寄るのではないかと思いますが、遠くからただ眺めるだけだとちょっと微妙な名所のひとつ(遊歩道を歩いて、近くで観ればまた違うのでしょうけど)・・・ 
 
20070602163626 目覚めの床 
 (←どこかのブログから拝借)
 
 
 
 

ただ名の知れた観光地はテレビ番組で放映されることもあるので、自分たちが行った場所が映ると嬉しそうな両親なので寄っておいて損はないかと。。 
 
「寝覚めの床」が少し遠くに見下ろせるおそば屋さんでおそばを食べて、いざ名古屋へ!のはず、だったのですが・・・ 
 
元来、行き当たりばったりが好きなキヨタカ、 
 

ねえ、ねえ、恵那峡ってなにがあるの? 
 
近くを通るから寄ってもいい??
(*^ 。^)ノ 
 

と言われれば、 
 
ノーという人はこのメンバーにいないでしょ・・・
( ̄- ̄; ) 
 
 
恵那峡には午後3時過ぎに着きました。 
 
キヨタカがカーナビを設定するとき、適当に恵那峡と名のつく場所を入れたようで、すごーく変な道を通ってどんどん中心地から離れて行きます。 
途中でこれは絶対に変!と
道路標識に従って進み始めたら簡単に着きました。 

 
車を停めたすぐ傍には観覧車があって、キヨタカ、 
 
 
ね、観覧車、乗らないっ
(*^ 。^)ノ 
 
 

 
3人とも無言・・・ 
 ( ̄⊥ ̄)( ・_・ )( ; -_-) =3 
 
 
 

じゃ、船は??(*^ 。^)ノ 
 
 


今日は  もう  いいな  ・・・   ( ̄⊥ ̄lll) ←代表=父 
 

Img_4609k というわけで 
 恵那峡は記念撮影だけで 
 さようなら。。 
 

 
 

そんなにあちこち観たいなら、、 
 
なんで私が旅行の相談した時に、 
ちゃんと私の話を聞いて調べないっ?!
 (ノ#-_-)ノ ミ ┴┴ 
 
だいたい今日は、近所の温泉施設でお風呂に入って夕食を済ませて帰るんだから、いったい何時に家に着くつもり?? 
 
いつも長距離を運転してくれて本当にありがたいけど、、 
 
きっと年寄りじゃなくて小中学生との旅行なら、キヨタカの本領は発揮されるんだと思うの。。。
(o; _ _)o


(つづく)

温泉三昧♨6/赤沢自然養林

2013年10月13日(日) 曇り by ヨガビジャ 
 
ところで、下呂温泉は名古屋から比較的近いこともあり、親たちは何度か来たことがありますがキヨタカは初めて。 
 
以前からキヨタカは、有馬、草津と並び
日本三大名湯に数えられる下呂温泉に行きたいと言っていましたが、いつも 
 
 
下呂ってどこも観るところないんだよねー・・・
* o ̄)シラー 
 
と無視していたんです。。 
 
 
でも、いつまでも却下というも可哀想なので(運転してもらってるし)、今回やっと行くことにして、下呂温泉周辺でなおかつこのメンバーが楽しめそうな場所を探しました。 
 
それで見つけたのは木曽の「赤沢自然養林」 
 
Img_108815_30554561_1 紅葉の季節は 
←こんなになるらしいです 
 (どなたかのブログから拝借) 
 
 今回は少しだけ紅葉してました
maple 
 
ここは伐採したヒノキを運び出すために昔使われていたトロッコ列車が観光用として活用されていて、渓流沿いの林の中を25分かけて走ります。 
 
Img_4543
 
こんな感じ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4553 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Img_4558 
ふたりそろってこんな顔 
 普段は決してみられないから 
 少し大変でもまた行こう…  
 
と思ってしまいます 
 
 
Img_4574  
 でも・・・ 
 
 トロッコを降りたあとの 

このでろ〜んと長い縦列行進 
 
 これを見るたびに親だけでなく 
 自分の体力の限界も
感じる 
 今日この頃。。。 (;-_-+  
  
 
 
キヨタカー! 携帯の電源入れといてよーーー!!ヾ( ̄^ ̄メ)ノ
 
    
(つづく) 
 

気持ちいい日

2013年10月12日(土) 晴れ by ヨガビジャ 
 

今日はいいお天気ですね。
(^-^)  
 
秋らしい青空とさわやかな風。 
なんだか空気にも光がいっぱい満ちている感じ。。 
 
Img_4751_2
 富士山もきれいでしょ? 
 
 
 
 
 
 
Img_4738 
駐車場の栗が終わり、 
 今度はうちの庭にお隣の栗が 
 落ち始めたのでまた栗拾い 

 なんだかうれしかったので 
 今日ふたつ目の日誌♡

温泉三昧♨5/下呂温泉にて

2013年10月12日(土) 晴れ by ヨガビジャ 
 

能登島を後にして、一路下呂温泉に向います
rvcar 
 
今日の宿はとても大きく、それぞれに特徴のある温泉が広い館内の3カ所に分かれています。 
チェックインの際に、客室、夕食会場、朝食会場、各温泉の説明
浴衣のこと等を部屋に向いながら係の人が説明をしてくれるのですが、あまりにも盛り沢山の内容で、すべての事柄を中途半端にしか覚えてない私・・・ (・・ ;)?? 

いざ夕食会場に出掛けると、キヨタカが先頭をどんどん進んで行くので安心して母の手を引き、温泉の場所を確認しながら付いて行くと、なにやらとんでもない方向へ向っています。 
 
 
よがび:キヨタカーッ!
 ( ̄o ̄)   ←すでに距離が離れ始めてる。 

    そんなに部屋から離れてなかったはずよ!?

 
 
キヨタカ:えっ? 朝食会場と同じじゃないの??
(  ̄▽  ̄;)>" 
 
 
よがび:それは昨日の宿っ! 
 
    ちゃんと説明を聞いてないのなら 
 
    堂々と先頭を歩かないでよっ!!
ヾ( T▽T;)ノ 
 
 
私だけならいいのだけど、母は目がほとんど見えてないから暗い階段や人ごみを歩くのは必死なんです。 
さっき通ったルートをまた戻るのが悪くって。。 
 
 
やはり次回の宿は小さくても、食事も温泉も行き来しやすい宿にしようっと。これまでバイキングの食事を優先して選んでいたから大きな宿になっていたけど、きっと父と母もその方が楽なはず。。 
 
Img_4533 朝食会場からの眺め 
 
 この日のバイキングも 
 いろいろあったけど 
 ま、いいや。。
_| ̄|○ 

 
今回はチェックインが遅れてあまりこの宿でゆっくりできなかったことが心残りです。
 
キヨタカは3つある温泉すべてを制覇しましたが、私と母は2カ所。 
父は1カ所しか入っていません。 
 
私と母が2つ目の温泉に行くとき一緒に父もついて来たのですが、私が川沿いの温泉の行き方を事前にキヨタカから聞いていたのでそっちのお風呂に行ってしまい、
下呂の街をみたくて展望風呂に行きたかった父の希望を満たせなくて残念。 
 
とにかく、宿泊客が手当り次第に他の宿泊客に温泉への行き方を聞いているのですから、私の方向音痴だけのせいではないと思うの、ここ・・・

ま、なんにせよ、 
宿選びや時間配分は
もう少し高齢者のペースを考慮しないと…( ̄⌒ ̄; )  

 
そうそう、ドライブ中に彼岸花の話しになって「うちには赤以外に白やピンクや黄色の彼岸花もあるのよ♪」と話たら、母は見たことがないとのこと。 
 
今回偶然私たちの部屋には白とピンクの彼岸花が飾られていたので、両親の部屋に持って行ってみせてあげようと思ってたのに時間がなくて、写真に撮っておきました。 

 
Img_4535  
 
 

 
 
 
 
 
 
 現像して送ります
 
 
じつは旅行に出掛ける前日、父が不自然に出っ張った左手親指の付け根を私たちに見せながら言いました。 
 
 
これ、
だいぶ前から出っ張っとって 
前はたまに引っ込んで元に戻ったんだが、 
最近は出っ張ったままで、たまに痛いんだ・・
( ̄⊥ ̄;)  と。 

 
 
出っ張ったり、戻ったりって、もしかして脱臼??
(・・ ;) 
 
 

とその時は思ったけどそのまま出発。 
 
でも夕食の時、お刺身の器にあった氷をおしぼりにくるんでその部分に当てているので、「痛いの?
」と聞くと「少し・・・ 」と父。 

 
冷やすと楽になるならとフロントで冷えピタと湿布をもらい
父に渡しました。 

父は旅行に影響を与えたくないのか、体調が悪くても黙って無理していることがあるので、私がよく気にかけておかないといけなくて。。  
 
医者嫌いな父だけど、 

帰ったら病院に連れて行こう・・・
( ̄⌒ ̄; ) 
 
 
(つづく)

温泉三昧♨4/海の見えるカフェ

2013年10月11日(金) 晴れ by ヨガビジャ 

のとじま水族館を堪能して、その後休憩と昼食のため来る途中に見かけた海が見える喫茶店に寄りました。 

Img_4524_2 運が良ければ、 
 野生のイルカが観られるそうですが 
 今回は観られず。。

 でもお天気がよかったので 
 まっ青な海を見せられてよかったです 
 
窓に面したテーブルにはハーブやコスモスがいけられて、すてきな癒しの空間になってます。 
 
その花の中にミントがあったので、 
 
 
はい、好きでしょ? ( ̄∇ ̄ ) と、葉っぱを母に差し出すと 
 
 
あら〜 ♪(
) オイシ と食べる母 (ひつじにエサあげてるみたい。。) 
 
 
父は思っていたより大盛りだったカレーを黙々と食べていましたが、 
 
 
ジャガイモがようけい(たくさん)はいっとるわ・・・  ( ̄◇ ̄)  
                           ↑

ご満悦の様子。。                 イモ好き 
 
 
食後のコーヒーも済んだことし、そろそろ下呂温泉に向けて出発です。 
 

途中で七尾湾クルーズの船着場に立ち寄りましたが、そこはすばらしい海の色と透明度でした。 
 
本当に天気が良くてよかった♪ 
海って天気次第で表情が全然違いますから。。 
 
Img_4399 
 今回この船に乗るつもりはなかったけど 
 やはりこの階段はもう父と母には無理でした 
  

 
 
 
再び車に乗って、
一路下呂温泉へ向います。rvcar 
 

(つづく)

穏やかな・・・

2013年10月11日(金) 晴れ by ヨガビジャ 
 

今朝、洗濯が終わったことを知らせるブザーが鳴ったので外に洗濯物を取りに行ったら、のぼり始めた朝陽に朝つゆがキラキラしてきれいだったので、思わずまたデジカメを取りに戻って撮影♪  
 
Img_4711 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4717 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4724 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4733 
 
 
 
 
 
Img_4700 
 目的を失うと 
 後々あまり望まない
状況が 
 待っていたりする・・・ 
 
 
 いまここにいて 
 
 穏やかな
意図 
 穏やかな集中 
 
 
フーマンが語った中で 
ふと私のハートに浮かび上がってくる言葉です。。 

 

温泉三昧♨3/のとじま水族館

2013年10月10日(木) 晴れ by ヨガビジャ 

 
和倉温泉を後にして、翌日は私オススメの「海岸の遊歩道」に行く予定だったのですが、時間の都合で「のとじま水族館」に変更。 

 
キヨタカはシンベイザメが観たかったようですが、うちの両親はこれまでも名古屋港水族や鳥羽水族館を数回、おまけに天草で船に乗ってのイルカウォッチングも体験済。 
 
いまさら・・・?( ̄- ̄; )  の感もあり 
 
私はあまり気乗りしなかったのですが、一応パソコンで割引入場券をプリントし、餌やり等のイベント時間もチェックしていたのでスムーズに観ることができました。 

 
まず館内に入場して最初に目に入る大きな水槽にはジンベイザメやシュモクザメ、エイなどが泳いでいます。

テレビで観たことはありますが、ジンベイザメって本当に大きいですね。 
 
きっとジンベイザメの中では大きい部類には入らないのかもしれないけど、目の前を悠然と泳ぐ姿は圧巻です。
 
とても深い円筒形の水槽の周りを、螺旋状に下りながら観賞できるようになっているため、ジンベイザメが上から下から、あらゆる方向から私たちに近づいてくる様子が間近で観られるので、とても臨場感がありいつまでも観ていても飽きません。 
 
そしてジンベイザメ以外にも、、 
 
Img_4486_2 ペンギンのお散歩。 
 
 思ってたより速いんですよ、 
 歩くのっ!( ̄□ ̄;)!! 
 
 写真を撮っていると私の前に割り込んでくる 
 子どもたちと一緒に、 
 
 線を踏まないでくださいっ!( ̄^ ̄) って 
 
 飼育員さんから注意されました・・・(T_T) 
 
ペンギンはかわいらしいけど、くちばしがとても鋭く危険なんだそうです。 
 
Img_4521 イルカのエサやり。 
 
  
 キヨタカ:100円でこれだけっ!? 
 
 
   少な過ぎっ! 
ヾ( ̄^ ̄メ)ノ 
 
 
 
 

そして、、私も父も水族館はひとつずつゆっくり観ていきたいタイプです。 
これは〜〜だ・・・とか話しながらね。 
 
当然キヨタカとは観るペースが合わないので、同じ室内にはいないことがほとんどです。  
 
お父さん観て〜・・・変なのがいるよ〜〜
 (* ̄ 。 ̄)ノ 
 
と私が声をかけて、父が「うん?」とこっちの水槽に近づいたとき、 
キヨタカ登場。 
 
 
早くしないとイルカ・ショー始まっちゃうよーーー!!(>_<) 
 
 
イルカ・ショーは何度も観たから別に観なくてもいい…というか、 
今はこっちのが面白いのに〜・・・ 
 
 
母:キヨタカさん、 

  ずっと運転してきたんだから観せてあげましょ…  (^o^; 
 
 
父: 
・・・・・( ̄⊥ ̄)・・・・・ (内心/ここにいたい・・・) 
 
 
三者三様の想い、じんじん伝わる・・・(ー`ー;) 
 
 
(つづく)

目的は?

2013年10月10日(木) 晴れ by ヨガビジャ 
 

朝6時すぎ、温泉街へ散歩に行きました。 
 
Img_4639_2

 欄干を飾る菊が 
 見頃です 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_4642 
 桂川沿いで 
 足湯をしようと思ったら 
 すでに先客が3名 
 
 
 
 つぎの機会にしようっと
^^; 
 
 
 
Img_4654 
 カモもいました 
 
 
 
 

Img_4655 
 帰り道 
 民家の庭先に赤い星 
 
 
 
 はじめてみた花   (・・?)  ナンダロ?
 
 
 
 

Img_4668 
今朝は 
 温泉街への所要時間を 
 計りたかったから 
 行きの下り坂は 
 脇目もふらず歩いたけど
 
 
 
 
 
 
Img_4682  帰りの上り坂は 
 息が上がって 
 気がつくと立ち止まり 
 写真を撮ってしまったから 
 時間は計れずじまい 
 
 
 
 目的を失うと 
 いまここにいた  

温泉三昧♨2/和倉温泉

2013年10月9日(水) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ 

今回の旅行は2泊3日。 
初日は石川県の和倉温泉、2日目は日本の三大名湯・下呂温泉で泊まります。

初日はお決まりのコメダ珈琲でモーニングの朝食を済ませて出発。 
ひるがの高原SAで休憩し、
回私がどうしても行ってみたかった「千里浜なぎさドライブウェイ」に寄って和倉温泉へ入ります。 

 
「千里浜なぎさドライブウェイ」は、日本で唯一、そして世界でたった3カ所しかない波打ち際を車で走れるビーチです。 

残念ながら、私はその長くて美しい、普段なら決して車窓から観ること出来ない波打ち際の光景に夢中になって写真を撮るのを忘れてしまいました。(T_T) 

 
そのことに気がついたのは、昼食をとるために寄ったレストハウスに着いてから。 
でもそこの駐車場には多くはないけど、砂のアート作品が作られていたのでそこで写真を撮りました。 

Img_4390 精巧で、緻密で
 存在感が
すばらしい 

 

 

  
 
まさしく砂の城 

 
 
Img_4393  
  
 
 
 
 これが脆くて、
ほんの一時 
 形をとどめるに過ぎない 
 砂によって作られていることも 
 魅力のひとつなのかもしれません 
 

昼食を済ませて和倉温泉に着いたのはチェックインの1時間前。 
今回はゆったりとしたプランを立てました。 

宿の場所を確認してからチェックインの時間まで、橋を渡って行くことができる能登島へ渡りしばし海岸を散策。 
  

Img_4412_2  
 
 
 海に出掛けると 
 いつもの光景です 
 
 
そしてちょうどいい時間になったので再び橋を渡って和倉温泉へ向います。 

 
大きな旅館なので親たちが迷子にならないよう、みんなで温泉に向おうとエレベーターを待っていました。 
 
私がふと横にあった小さな窓をのぞくと、今まさに夕日が沈むところ。 
 
思わず
私は 
 
「あー!夕日が沈むよ!!
( ̄o ̄)」と叫び、 
 
近くにいた母の手を引いて窓際に引き寄せると、 
 
母も「あら〜!ほんと。きれいね〜♪^^」 

でもおり悪く、ちょうどエレベーターの扉が開き体半分乗りかかっていた父は、窓に近づこうとした瞬間、扉が閉まり挟まれてますっ!(つ ̄◇ ̄;)つ アー 
 

照れ笑いをしながら窓に近づき夕日を見る父。 
 

昔ならすぐに機嫌が悪くなって気まずい雰囲気になったのだけど、 
 
穏やかになったものだ・・・
( ̄⌒ ̄; ) 
 
バイキングの夕食も、周囲の人たちに十分な注意を払えない両親にハラハラしながらなんとか無事に終了。 
 
翌日の朝食もバイキングでしたが、お盆を抱えて私とすれ違いざまに父、 
 
 
お粥、見んかったか? ないんだ・・・ ( ̄⊥ ̄;) ボソ 


どうもここのバイキングにはお粥は用意されていないようで、父はがっかり。 
 
それにしても毎回、好きな物を好きなだけ食べられるバイキング好きな親に合わせて宿を選んでいるけど、今回はお盆を運ぶ様がかなり危なかしく、現に父は2回お味噌汁をお盆の上にこぼしてます。 

 
d
( ̄~ ̄) ← 味噌汁に浸かった卵焼きを食べる父 

 
これまで私は母の方を気にして父は大丈夫と放置していたけど、今後は注意を均等配分しないとな〜・・・ 
 
これからは、味噌汁は最後に私が運ぼう。。。
(・_・) うん 
 
 
(つづく)  
 
 
PS.ところどころフォントが変わってますが、変えたつもりはないのになぜかこうなってしまいます…。ご容赦ください。。

カマキリがいました

2013年10月8日(火) 晴れ by ヨガビジャ 
 
さっき部屋の隅で洗濯物を干していて無意識に気配を感じたのか、 
おもむろに斜め上の天井を見上げたらそこに1匹のカマキリがいました。
 
 
  ↓ ( ̄ 。 ̄) ア 

Img_4626 実はきのう洗濯物を取り込む時、 
 洗濯物と一緒に小さなの葉っぱの切れ端みたい 
 なのが
付いてきて 
 床に落ちたそれを拾い上げてみたら、 
 
 カマキリの「かま(だけ)ゲッ! Σ( ̄□ ̄!) 
 
 
その後も吊るしておいた
洗濯物の近くを通りがかると、カマキリのいろんなパーツが落ちていて不気味だったのだけど、どうもそれは今天井にいるメス・カマキリに食べられたオスとパーツだったみたい・・・ 
 
つくづく自然はシビアですねー 
きれいやかわいいだけでは済まされないのが「生」なんでしょう。。 
 
Img_4636_2
 今日は朝からいいお天気です 
 窓から射す陽射しが気持ちいい 
 
 澄んだ明るい光も 
 サンキャッチャーを通ると 
 普段は気づかない側面を見せてくれる 
 
 見えないものを見たい、感じたい。 
 
自分が知る以上に知らないなにかはいっぱいあるのだと思う。 
 
そのことを忘れてしまったとき、 
私は目に見えるものに翻弄されてしまうのだろうな、きっと。。 
 
PS.昨日から旅行記を書き始めたのだけど、今回はいろいろと感じるところがあっていつものようには書けないみたいです。書きたいことはいっぱいあるのですけどね〜。。
 

温泉三昧♨1/はじまり

2013年10月7日(月) 晴れ時々曇り by ヨガビジャ 
 
両親との温泉旅行を終えて伊豆に戻りました。 

事前に週間予報で天気を調べたら曇りが多いようで「まあ、雨さえ降らなければいいなあ~」程度に思っていたのですが、おおむね天候には恵まれよい旅行となりました。 

 
やはり「父が傘を用意すると晴れる」ジンクスは健在です。 ( ̄⊥ ̄)? 

 
さて、実家に着くと前回の旅行から7ヶ月ぶりに会う両親が私たちを待ってました。 

 
<登場人物の紹介を兼ねた状況説明> 

 
父 ( ̄⊥ ̄)  

       手の甲に血が滲んでいたので 
 
       どうしたの?( ̄◇ ̄;)?  
と尋ねると、 
 
       最近よく
どっかにぶつけとるようで 
       気がつくとあちこち血が出とるんだ・・・  ( ̄⊥ ̄;) 

 
       と言いつつ、バンドエイドを貼ってる方の手にも 

       すでにバンドエイドは貼られてる 
 
       そして、やっぱり耳は遠かった・・・

 
母 (;-_-) =3 ゼーハー ・・・ 
 
   (よがびの心の声) 
       毎回、私たちの布団は干さなくていいって 
       言ってるの
また干したな〜〜
       おまけに床もピカピカだし… (ー`ー;)
 
       すでにお疲れ度MAXな母 

 
 
キヨタカ♪(*^ 。^)ノ 
 
       
ご飯の前に、散歩に行ってくるね~〜 

 
          =ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ
 
 
       と相変わらずのキヨタカ。
 
 
       そして出掛けて間もなく 
 
 
       大変だよー!  
       車、壊れちゃったあーーー!!
ヾ( T▽T;)ノ 
 
 
       あっ、そ〜〜 
       なにがどうした??( ̄。 ̄) 
                  ↑ 
             キヨタカと長く居過ぎて 
             動じなくなってる私

 
 
よがび( ̄⌒ ̄; ) 

        旅行も回を重ねる度 
        難易度が上がってることを再確認。
 
 
        
( ̄^ ̄ ;)┛ヨッシャー! ←気合い入れ 
 
 
以上4人の温泉旅行の始まりです
rvcar 
 
 
あ、そうそう、キヨタカのいう車の故障とは、助手席側のドアミラーが開いたまま「ウィ〜ン♪」というモーター音が止まらない状態のことでした。 

走行に支障はなさそうだけど音がうるさいのでさっそくJAFに連絡。 
蚊に刺されながら対処してくれているJAFの
お兄さん。 
 
モーター音を止めるにはドア内部にある配線のコネクタを抜くだけでいいのだけど、ドアの内装カバーがなかなか外せず悪戦苦闘中。
カバーの狭い隙間から手を入れてコネクタのつまみを押しながら抜こうとしますが、そのつまみが小さい上に硬いためなかなか抜けません。 
見かねた
私とキヨタカ、 
 
あの〜〜、
要は音が止まればいいんだし 
配線を切っちゃっても構いませんよ〜〜
(; ̄ o  ̄)(; o  ̄) 
 
それに対しJAFのお兄さん、 
 
それでは破壊行為ですから、 
修理工として私の美学に反しますっ!
( ̄^ ̄)ゞ キッパリ 
 
そんなこんなで小一時間、
無事コネクタを抜いて応急処置完了のサインを求めるお兄さんの手は、蚊に刺されまくって赤く膨らんでいたのでした。。 
 
プロの心意気を見せてくれたJAFのお兄さん、どうもありがとう♪
 
おかげさまで無事旅行から帰宅することができました。。
<(_ _ )> 
 
(つづく) 
 

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ