« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

よいお年を♪

2013年12月28日(金) 晴れ by ヨガビジャ  
 

私はここ数日明日からの帰省の準備でバタバタしています。 
毎月のことなのですからもう少しシンプルにできないものか…と思うのですが、今回は特にお正月の準備もあるのでいつも以上に大変です。。 
小山に着いて実質2日間でまともな新年の準備などできるわけもなく、多分今年もろくに大掃除も出来ないんだろうなあ・・・
(;-_-+ 
 
12月に入ってからおせちの黒豆を4回、伊達巻きと
お煮しめは各2回練習のため作ってみたけど、本番ではうまくできるかな? 
お土産はなにをどのくらい買っていけばいいのかなあ〜??
(・・ ;) 
 
不安もあったりして気持ちばかり急くのですが、こんな時こそ少し手を休め、自分の内の奥にある穏やかさに触れるのがいいですよね。。 

視点を変えれば、今年のリーラスペースもこれと似た状態でしたね。 
ずーっと続けていたものを一度止めてみる。 
ストップエクササイズみたい。。 

一度立ち止まってみたことで、私にもキヨタカにも見えてきたことがある気がします。 
それが来年どんな形で現実に現れてくるのかまだ分からないけど、より「自分がする」というスペースから離れていくような気がします。あ、これはあくまでも私個人の感覚ですが。 
 
あっちのこと(瞑想とか)とこっちのこと(日常とか)が自分の中で矛盾なく統合されていくといいなと思います。 
そのことに意識的になってきてるからきっとそうなっていくと感じます。
 
この修善寺日誌は相変わらず不定期更新でしたが、今年もおつき合いいただきありがとうございました。 
私にとってここに書くという行為は自分のモチベーションアップに繋がったり、自分のフィーリングを意識的に感じたり、、自分の在りようにかなり影響を与えるものだったこと気づきました。 
 
またしばらく更新はお休みになると思いますが、 
どうぞみなさまも良いお年をお迎えください。fuji 
 
そして新たな年にまたお逢いできるのを楽しみにしています。
(^-^)
 
 
 

 

おしらせ 1day 瞑想会(2014.1.19 )

2013年12月26日(木)曇り時々晴れ by ヨガビジャ  
 

年の瀬も押し迫り今年も残りあと僅かになりましたね。 
過ぎゆく年とこれから迎える新たな年の狭間で、ここで再び瞑想会のおしらせをすることは私の中で少しだけ感慨深いものがあります。。  

先日行った1day 瞑想会を来年1月にも行いたいと思います。  
 
内容は以下の通りです。 
会場への交通手段・申込手続き等、詳細はお申込みまたはお問合せいただいた方に個別にお知らせします。 

 
* * * * * * *
** * * * * *  

よがびの 1day 瞑想会  おしらせ 
 
* * * * * * *
** * * * * *    

この瞑想会は自分自身にくつろぎオープンでいて、ただ存在することに捧げる一日です。 
 
この瞑想会では特別な技法は行いません。 
1時間の瞑想を午前と午後各2回ずつ行います。 
最初の10分間は穏やかな音楽を聴きその後は引き続き静かに座ります。 
 
パーソナリティを超えた<私>として、そこで起こることも起こらないこともすべてにおいて受容的に存在します。 
目的意識は持ちません。コントロールも手放します。 
あらゆる瞬間が最善であることの信頼とともあります。
 
瞑想に関する詳細な説明はありませんが、参加者の経験に応じて若干説明を加えたり内容を変更することもあります。 
 
座る姿勢は坐禅スタイル、イス、座椅子なんでも結構です。 
修業ではありません。背筋だけは伸ばして楽な姿勢でいてください。 
 
瞑想会中は穏やかなサイレンス(沈黙)を保ちますが、休憩時間や昼食の時間は決められた場所での会話は可能です。 
また、昼食後にはシェアリングの時間も設けますので、自分自身に根付いたスペースから人々との交流を楽しみしょう。 
 
会場は伊豆のリーラスペースです。
多くの人にとって気軽に来られる場所ではありませんが、移動に要する時間は意識が徐々に日常から離れ、自分自身の内的スペースへと自然に向い始めるメリットがあると感じています。 
そして、この場所の自然環境とエネルギーフィールドで過ごす数時間はそれに捧げるだけの価値があるものと信じています。 
 
プログラムは午前9時半からスタートしますが、間に合わない方は途中からの参加も可能です。 遅れて来られる方はスケジュールをお知らせしますので可能な瞑想からご参加ください。 (ただし瞑想が始まってからのホールへの入場はできませんので、瞑想時間内に到着された方は休憩室で休まれ次ぎの瞑想から参加してください) 
 
参加条件は新宿瞑想会またはリーラ瞑想リトリートに参加された方とさせていただきます。 
 
日程は1月19日(日)午前9時30分〜午後17時頃まで 
昼食はありませんので各自ご持参ください。 
参加費は午前・午後とも各2千円。 
申込み締切りは2014年1月17日(金) 
 
お申込み・お問合せはこちらから → リーラスペース 
 
※この瞑想会はリーラスペースではなくヨガビジャ個人の主催です。 
 
今回の参加条件に該当しない方でリーラスペースのワークに関心
ある方は、どなたにも参加していただける瞑想会を3月に行いますので、もうしばらくお待ちください。

霜柱

2013年12月25日(水)晴れ by ヨガビジャ 

 
Img_5689 朝、この冬初めての
 霜柱をみつけました
 
 
 
 

Img_5661 自然の造形の 
 美しさといったら
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_5677 ミクロの向こうに
 マクロがみえるよう…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_5691 
 
 
 
 
 
 
 
 
かじかんだ指を感じつつ
 私はただの傍観者に 
 なってしまいます

瞑想会を終えて

2013年12月22日(日)晴れ by ヨガビジャ 

昨日、私主催の瞑想会を終えました。 
3日前から雨が降り前日の強風があらゆるもの一掃してくれたようで、朝から
澄んだ青空に雪をまとった白い富士山がほんとうに美しかったです。 
 
そもそもこの瞑想会を催すことになった一番のきっかけは、このすばらしい環境と場のエネルギーを瞑想をベースに分ちあえら…という想いでしたから、そのひとつが私の想像を超えて叶ったわけです。 
 
また今回は直前の告知にもかかわらず、私を含め3名でこの富士山を眺めながら瞑想できたことはとてもうれしいギフトでした。 
 
今回の瞑想会は自分の感じたままにやってみようと思っていました。 
そのひとつとして、今まではホールに必ずあった祭壇をなくし空っぽな空間を用意しました。 
 
目の前には立派な富士山、流れる白い雲や木漏れ日、 
風に揺らぐ草木、鳥のさえずり・・・ 
なにもいらないんじゃないかな?って以前から思っていたんです。 
神社だって空っぽですもんね。 
だから私たちが依り代になればいい。。 
 
祭壇をなくしたことでホールの「前」がなくなりました。
前がなければ後ろもなく、前後がなければ左右もない。 
上もなければ下もない。 
無重力の宇宙
空間のようでもあり、瞑想で体験する感覚に近いのでは…と思いました。
 
そして今回は人数が少なかったので坐る場所は敢えて決めず自分の好きな場所で坐ってもらったら、ふたりともホールのほぼ中央、富士山に向って坐っていました。 
 
なにごとも、長く慣れ親しんだことは当たり前になっていてある種の安心感がありますが、それらを一度壊してみると新鮮なエネルギーが流れるようです。 
そして、普通の会話を楽しんだ昼食も、そのあとのシェアリング・タイムも、自分がより根付いたスペースからの言葉のやり取りは頭を介さず深く入ってきて、あるいは発せられ、
同時にその全体を感じていました。 
 
このような場と機会は本当に貴重なものに感じられます。 
ひとりもいいけど、ひとりでは起こりえないこと、感じえないこと、気づきえないことを私にもたらしてくれるから。 
あの場にいてくれたすべての存在に感謝します。
 
このヨガビジャ主催の瞑想会は今後も月に一度行いたいと考えています。 
形は少しずつ変化していくと思います。 
 
今回感じたことを踏まえて今後の瞑想会の主旨を明確し、近いうちにこのブログ上でお知らせします。 
 
とりあえず、次回は1月19日(日)を予定しています。 
参加条件は新宿瞑想会かリーラ瞑想リトリートに参加された方を対象とさせていただきます。 
 
この参加条件に該当しない方は来春3月末頃に誰もが参加できる瞑想会(リーラスペース主催)を予定していますのでもう少しお待ちください。<(_ _ )>

求めるものは

2013年12月18日(水)小雨 by ヨガビジャ 
 

今日は午前中、瞑想ホールの窓拭きをしました。 
 

Photo_2 富士山は見えなかったけど 
 土曜日の瞑想会にはきれいなガラス越しに 
 
富士山がみえるといいな fuji 

 建物は使用した後、 
 キチンと掃除を済ませて閉め切っていても 
 不思議と汚れるものですね。 
 
ホールに置き忘れていたエンヤのCDを聴きながら窓拭きをしていると、自然に意識が頭からハートに降りてきてガラスの汚れが落ちるのと一緒に自分の内側も透明感が増すようです。 
 
今日はホールの内側からだけ窓ガラスを拭き掃除機がけをしました
が、たったそれだけでも室内には少し光が射してきたように感じます。 
 

きっと人も同じ。 
生きていれば埃も被るし汚れもするから、 

埃にまみれ、まっさらな自分を忘れてしまわないように、 
人は瞑想を求めるのかもしれませんね。 

PS. 午後買い物に行った帰り道、信号待ちをしていたら、笠をかぶり透明な雨合羽を身に着けたお坊さんたちの一群が、ほぼ等間隔に間をあけ片手だけで合掌をするような形で歩いていました。 
信号が青になったので私がそのまま右折し始めたら、ひとりのお坊さんが赤信号に気づかず1歩交差点に入ったところで気がつきいて慌てて歩道に戻りました。まだ若そうな少しぽっちゃりしたお坊さん。 
彼の後ろには老師さまらしき方おられたのであとで注意されたかもしれませんが、微笑ましかったです。
^^


べつな今へ

2013年12月16日(月)晴れ by ヨガビジャ 
 

連日の強い風も収まり今日は穏やかな晴天です。 
買い物から戻り食品を冷蔵庫にしまいそのまま昼食も済ませてティータイム
cafe  

Img_5633 ここは午前中から午後にかけて 
 暖かい陽射しが差し込む至福の窓際 

 
 ちーちゃんがよく 
 日なたボッコしていた場所です
cat 
 
 最近はここでお茶を飲みながら 
 ぼーっとしたり 
 本を読んだりするのが 
 私のお気に入りの時間♪ 
 
 
ここにいるといままで動き回っていた思考や身体が停止して、今までとは反対側の今、the other side of now へとワープするよう。。 
 
久しぶりに思い起こした the other side of now というこの
言葉、私が初めて耳にしたのはアジズだったかな。あれから何年経ったのかしら? 
 
あの頃はなにか遠い、むつかしいことのように感じていたけど、今は当たり前にここにある。 

私がそこにいるよりこちらの側のことで忙しくしていることを選んでいる時、その扉は閉ざされ忘れさられてしまっている、けど・・・ 
 
Img_5616_2 抗えないときがある
 
 そこにいることに 
 それであることに 
 
  
  
 
 気まぐれに訪れる 
 それだけに捧げたい衝動が 
 私を瞑想へ後押しするのだと思います
 

おしらせ

2013年12月13日(金)晴れのち曇り by ヨガビジャ 
 
あまり余裕のない告知となり恐縮ですが、12月21日(土)リーラスペースで瞑想の場を開こうと思います。 
 
最近私自身が瞑想の場に身を置きたく感じていたので、よろしかったらどなたかご一緒にいかがですか?という感じのものです。 
 
瞑想の説明や質疑応答などはなく1日4回1時間の瞑想とシェアリングを1回行います。 
瞑想では最初の10分ほど穏やかな音楽を流しそのまま静かに坐ります。 
私たちがただオープンにくつろいで存在することを自然がサポートしてくれるでしょう。 
 
イスや座椅子の使用も可能ですが比較的長時間坐りますので、今回の対象は新宿瞑想会またはリトリート参加者の方に限らせていただきます。 
 
スタートは午前9時30分から。 
午前または午後のみの参加も可能です。 
昼食はありませんので各自ご持参下さい(徒歩圏内に飲食店はありません) 
参加費は午前・午後とも各2千円以内を予定。 
申込み締切りは12月19日。 
 
詳細はお申込みまたはお問合せのあった方にメールにてお伝えします。 
 
こちらからお問合せください。→  リーラスペース

なぜ

2013年12月11日(水)晴れ by ヨガビジャ 
 

Img_5574_2
 
 なぜ人はこんなにも 
 光を求めるのだろう

 
 

 
 
 
 
 
 
Img_5577_2 
 光はいのちだから?
 
 光は愛だから? 
 
 光は意識だから? 
 
 
 
  
 
 
Img_5592 
 意味を差しおき 
 光を音(おん)と感覚だけで
 別の言葉に置きかえてみると
 
  
 それらは究極的に 
 人が求めて止まないもの 
 
 
  
 
Img_5607_2 
 
 
 
 
 
 
 
 
 私たちは 
 自己を求めて止まない存在

雨の買い物

2013年12月10日(火)雨のち晴れ by ヨガビジャ 
 

今日は火曜特売の日だったので午前9時過ぎ、強い風雨の中近所のスーパーへ買い物に行きました
rvcar 
 
特売とはいえ最近の野菜の高さといったら、もう 
 
もやしにしておこう...
( ̄⊥ ̄) 
 
って感じ。。 
 
値段は以前と同じでも小さかったり量が減っていたりしていて、季節外れとはいえキュウリは2本100円、トマトは3個298円。 
でも、もやしだけで済ませる訳にもいかないのでこのキュウリとトマトを買いました。 
 
ただ、
キュウリとトマトはダイエット中のキヨタカのおやつの標的になりやすく、料理しようとしたら 

ないっ( ̄□ ̄;)!! 
 
という状況が多々あるので、野菜庫の一番奥か新聞紙にくるんで隠しているんです、じつは。。
(^^;ゞ 
 

買い物を済ませスーパーを出た時点で小雨が降っていましたが空は明るく、うちの駐車場に着いた頃には雨が上がり雲間に富士山が顔を覗かせていました。 
 
慌てて野菜を冷蔵庫に入れて、いい具合に陽が射し始めた庭へ久しぶりにデジカメを持って出てみました。 
 

ただ、最近はキヨタカが精力的に庭掃除をしてくれるおかげで被写体が激減してますけど。。( ̄- ̄; ) 

Img_5543 それでも 
 陽の光に誘われて 
 庭を探してみると 
 目に止まる光景はあるもので... 

 
 
 
 


 
 
Img_5518 デジカメのピント合わせの前に
 自分の目のピント合わせが必要な 
 今日この頃

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_5524 
たくさんシャッターを押しても 
 ボケている没写真が多い中 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
Img_5538_2  
  
 
 
 
 
  
 
 ボケとは関係なく 
 伝わるものはある 
 そんな気がしてきました
 

温もり

2013年12月2日(月)晴れ by ヨガビジャ 
 

今朝キヨタカを駅まで送り駐車場から家に戻る途中、庭のミントっぽい葉っぱの一群に白く霜が降りてました。 
 
Img_5406 
陽が射しているところは 
 溶け始めていましたけどね

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_5407 これからに季節は
 こんな写真が撮れるから
 楽しみ♪
^^
 
 
 
 
朝は手がかじかむから
 
手袋を用意しておかないとね
 
 
 

Img_5412 芝生の霜は
 すでに溶けて
 
水滴に
 
 
 
 
Img_5431 
 
 
 
 
 
 
 温もりは 
 いろんなものを 
 溶かしてくれる 
 開かせてくれる

鎮まり座る

2013年12月1日(日)晴れ by ヨガビジャ 
 

小山から戻りました。 
 
一夜開けた今日、窓のブラインドを開けたら庭にはまっ白な霜。 

目の前には、朝の光を受けた富士山が青空に鎮座していました。 
 
・・・そう、まさに鎮座っていう感じ。。 
 
流れる雲のベールが手前の山並を覆っています。
 
Img_5388 
 
 
 
 
 
 
Img_5392_2 
 
 
 
 
 
 
Img_5399 
 
 
 
 
 
 
 
 
 語らずとも 
 富士山の存在感

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ