« 雪が降ったので | トップページ | 庭でのできごと »

ほたるの一日

2014年1月11日(土) 晴れ by ヨガビジャ 
 
昨日は当然ふたりで車に乗って「ほたる」に向うと思っていたんです。 
 
洗濯を済ませ片付けをしていたら2階から降りてきたキヨタカ、 
 
 
キヨタカ:ボク、今から歩きで「ほたる」に向うから 
     よがびは途中でボクをピックアップしてね〜
 
       =ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ 
 
 
と、元気に出掛けていきました …( ̄。 ̄;) ア、ソウ 
 
 
キヨタカが出掛けて1時間15分くらい経ったころ、「ほたる」には歩きで2時間半くらいと言っていたから「そろそろ程よい距離を歩いたかな?」と私も出発することにしました。一応現在地を確認するためキヨタカに電話して。 
 
 
よがび:今、どこ?(・・?) 
 
 
キヨタカ:今、狩野城跡あたり〜 ♪(*^ 。^)ノ 
 
 
よがび:これから出掛けるけど、どこでピックアップする? 
 
 
キヨタカ:お昼ご飯を買いたいから、 
     「出口」の交差点にあるスーパーの駐車場に停めてね。 
 
 
よがび:了解。 
 
 
出発して狩野城跡を通り過ぎ数分経ったところで前方にキヨタカを発見。 
ウルトラマンのようなシルバーのスポーツウェアを着て狭い歩道を走ってます。(歩きじゃなかったっけ? (・・; )  ) 

追い越し際に小さくクラクションを鳴らし私はそのままスーパーへ。 
3分くらい経ったらキヨタカも到着しました。 
 
このスーパーはいつも「ほたる」に行く時見かけていたけど入るの初めて。 
田舎の小さなスーパーに私は興味津々です。 
 
入ってみると案の定、私の期待に違わず入口付近には女性衣料がほんの数着掛けられていたり(売り物らしい)、その隣には洗剤やとトイレットペーパーなどの日常品がこれまた少量。。なんかよろず屋さんの雰囲気です。 

 
野菜はおそらく地元の農家から直接仕入れているのでしょう。値段はどれも安め。私はこれから温泉に行くというのに大根ときゅうりを思わず買ってしまいました。 
すると、キヨタカはまず昼食用のいちごとヨーグルトをかごに入れ、そのままお惣菜売り場へ向います。 
 
そしてやっぱり、そこにはいかにも近所のおばちゃんたちが作ったっぽいお惣菜の数々。昼食の時間は過ぎていたので商品棚はちょっと寂しかったですけどね、こんな感じ。↓  
 
 サランラップの手作り感で Photo 
 おかかおにぎり1個つい購入 
 
 
 
  

Photo_2 このホットじゃない 
 ホットサンドと迷ったけど...
 

 
 隣にはジャムを塗っただけの 
 サンドイッチ(80円)も 
 
 
Photo_3 イルカ肉以来の衝撃の一品 
 
 シカ肉サラダ丼っ! 
 
 これ、きっとヘルシー志向なんだな・・・ 
  

でも、いつか近所の山道の走行中に雑木林からこちらを見てる子鹿のつぶらな瞳を思い出しちゃって。。胸がじーん… (T_T) 
 
このあとキヨタカは猪コロッケ!(ちーちゃんの供養?)、私は普通のコロッケを買ってスーパーを出て「ほたる」に向いました。 
 
「ほたる」に着く
と駐車場には「温泉が源泉掛け流しになりました」の看板。  

 
キヨ&よがび:あれ、前から源泉掛け流しじゃなかったっけ・・・? 

 
          
(; ̄ o  ̄)( ̄⌒ ̄; ) 
 
 
そこでキヨタカ、フロントの顔見知りのお姉さんに尋ねたら・・・ 
 
お姉さん元々うちの源泉は温度が98℃と高温だから、 
     以前は井戸水を足して温度を下げてたんですよ。 
 
    (あっ、この話しずっと前に聞いてたっけ…
     この井戸水もとても泉質がいいって言ってたし
^^; ) 
 
     最近別府温泉から職人さんを呼んで「湯雨竹(ゆめたけ)」
     という冷却装置を導入したんです。 
     だから完全な100%源泉掛け流しなんですよ〜
ヾ(≧▽≦)ノ 
 

 
なるほどー 
こんなところでも企業努力してるのね。。( ̄⌒ ̄; ) 

今回、お目当ての個室は空いていて利用できました。。 
 
Photo_4 2面ガラス張りの角部屋 
 
 窓の外の白い湯気は 
 
湯雨竹(ゆめたけ)のものと 
 思われます 
 
 
この部屋は「床暖房とこたつ」で冬は極楽部屋なんですが、夏はエアコンなしのサウナ部屋となり実質利用できません。
 
じつは気がつかなかったけど
この日は「ポイント2倍デー」だったんです。 
なのにこんなに空いていたのがちょっと気掛かり。 
姉妹館の「百笑いの湯」にはそこそこお客さんが来る日だから。 

まあ、だからこそ集客・収益は他の施設に任せて「ほたる」はこのままの雰囲気を貫き通せばいいのかもしれませんけど。。 
 
無駄を排除する傾向の強い資本主義社会に、人の求める価値を見直す一石を投じる存在なのかもしれませんね、ここは。。 
 
あれ? こんなオチになるとは・・・ 
 
また来るから、がんばれ、ほたる♪
(* ' ◇ ' *)ノ

« 雪が降ったので | トップページ | 庭でのできごと »

日常」カテゴリの記事

コメント

冬にはあまりイベントをやった記憶はないものの、なぜかろいろ遊んだ記憶がいろいろあるんですよね。

ほたるはまだあるかなぁ~と時々思い出します。
(無くならないためにも)たくさんの人に知ってもらいたいけれど、人が少ないところが魅力のひとつだし…

猪コロッケはよく見かけたけど、鹿肉サラダはビックリですね!
地元感ありありです。
修善寺でしか食べられないものがたくさんあるから恋しくなります。

遅くなりましたが今年もよろしくです。

 ご無沙汰してます!

 温泉冷却装置の「湯雨竹」は、なかなかすごい発明品ですよね。
 江戸時代でもそれより遥か昔でも、同じものを作ろうと思えばできるくらい単純な仕組みなのに、誰も思い付かなかった…。

 石油や原子力に代わる「フリー・エネルギー」も、案外そんな感じかもしれないですね。

ようこさん

ほたるはうちの近所にある温泉の中で一番リラックスできるんですよね。^^ 
開放感があって自然を感じられて。。 

でも、湯船でぷかぷか浮かぶ棒も、コーヒーサービスも、ジャグジーも、お土産コーナーも、野菜売り場も、全部なくなっちゃって、以前のほたる知ってる人には施設自体が閑散としてる印象があるかも。。 

それでもあの湯船が恋しくなって足を運びたくなるなにかがそこにはあるってこと、経営者さんに気づいてほしいです。

今年もよろしく〜♪
 

丸ちゃん

お久しぶりです。 
「湯雨竹」は以前たまたまテレビで紹介されているのを見たことがあったので、自分たちの行きつけの温泉にできたなんてびっくりしました。 
 
たしかにシンプルでエコロジカルですばらしい仕組みですよね。
エネルギー分野に関してだけでなく、私たちが当たり前に持ち続けている概念を手放せば、様々な問題の解決策は思わぬところにコロがっているのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪が降ったので | トップページ | 庭でのできごと »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ