« ぬくもり | トップページ | いろんな変化 »

ベートーベン

2014年2月13日(木) by キヨタカ

 最近、寝起きにベートーベンの曲を聞きながら一日をスタートすることが多い。
 

Unknown

しかも交響曲や協奏曲など、重厚で壮大なやつ…
 
瞑想に親しむようになってからは、モーツアルトのように軽やかで透明感のある曲しか聞けなくなっていたので、自分でもその変化に驚いている。
 
 
 
中学生の頃、ベートーベンが大好きだった。
 
それは単にそのドラマチックな響きだけではなく、ベートーベンの人生そのものが「自分に課された運命と向き合い超越して行く」という壮絶なドラマに満ちていたらに他ならない。 
 
ちょうどその頃、かなり目が悪くなり失明の恐怖に怯えていた。 
 
だから音楽教室に掲げてあるベートーベンの写真を見上げるたびに、「お前にも超越出来るか!?」と叱咤激励されている感じがして、涙することもあった。
 
Images_2
ところで例の佐村河内守氏のニュースが、連日マスコミを賑わせている。
 
「現代のベートベン」としてNHKまでもが大々的に放映し、有名な音楽評論家達がこぞって激賞していたのに、実は偽物だったとは!
 
「騙された!」と憤慨している人や傷ついている人も多いはず。
 
かくいう私もNHKの番組を見て、まんまと騙されてしまった(ノ_-。)
 
さっそくCDを購入し日誌でも取り上げようとも思ったが、なんとなく「違和感」を感じて止めた。 
 
今では、止めて良かったと思う。 
 
この「なんとなく違和感」と言うのは、本物と偽物を見分ける上でとても大切な感覚だと今にして思う。
 
こうして2人を比べると、なんとなくどちらが本物かわかる感じがする。
 
もっとも今となっては、「後だしジャンケン」としか言えないけれども…。

« ぬくもり | トップページ | いろんな変化 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぬくもり | トップページ | いろんな変化 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ