« All is well! | トップページ | モノマネ »

辞表を提出する前に…

2014年3月17日(月) by キヨタカ

 皆さん、「 元気ですかー!!

今日は普通に挨拶してみました。

お釈迦様は、「何事も中庸」と語っておられますので( ̄Д ̄;;

ところで…

キヨタカさん、昨日の日誌で勇気をもらいとても「元気」になりました。
「元気があれば何でも出来る!」と、あの人も叫んでいます。
さっそく離婚届に印を押し、今から会社に辞表を提出しま〜す!

…というメールを頂く前に、昨日の続きを書こう。


瞑想カウンセリングをしていると、「今の会社を辞めたい」という相談をよく受ける。
 
しかし具体的に話しを伺うと、実は「仕事」そのものではなく職場の「人間関係」で悩んでいる方が大部分だ。
 
そういう方が仮に転職しても、良い結果が出る可能性は低い。

新しい仕事先で、全く同じ「人間関係」で悩み始めるから…


この世界を「現世/うつしよ」と言う。

世界とは、自分を投影したスクリーンに映る幻のようなもの。

複雑怪奇な人間関係で悩んでいる人も、実はシンプルに自分自身との折り合いが悪いだけなのだ。

「自分は何の問題もない!」

「悪いのはダメな上司とバカな部下たちと間抜けな客どものせいだ(# ゚Д゚) ムッカー」
と、ムカつく人もいるだろう。
 
そういう方は、自分の中に潜む「ダメでバカで間抜け」な部分を決して認めようとはしない。

そうすると、その認められない部分は潜在意識の奥へ逃げて隠れてしまう。

あなたが「非難」すると、それは無意識へ「避難」する。

しかしそれは「ブロックされたエネルギー」であるから、解放されない限り何処かで姿を変えて現れざるを得ない。


そのブロックされたエネルギーが映し出された場所こそが、他人というスクリーンだ。

51be413t88l_sl500_aa300_マインドとは、カタカタとスクリーンに投影し続ける映写機のようなもの。

「ダメでバカで間抜け」な他人という幻が、ヴァーチャルリアリティとしてこの世に現れるのだ。

だからそういう人は会社を辞める必要はない。

 
無意識の闇に隠れている、「ダメでバカで間抜け」な自分を救い出す方が賢い選択だ。

闇から救出するには、サーチライトが必要だ。

瞑想とは気づきの光をもたらすこと、つまり「内的なサーチライト」だ。

闇に隠れた自分自身に光を当て、それに愛を注いで解放してあげれば、あなたのあり方が一変する。


幸せな人生のために、会社を辞めたり、妻を替えたりする必要はない。
…多分( ̄Д ̄;;
 
あのソクラテスだって、妻と離婚しなかったので大哲学者になれた!
 
あなたが長が〜い間待ち望んでいた理想の人生が、明日から始まっても不思議はない。

「毎朝スッキリ寝覚め良く、朝から妻とラブラブだ♡

Imagesおしゃれな背広がよく似合い、会社へポルシェで出勤さ(v^ー゜)

優しい上司の愛情と、賢い部下の協力で、今日も商売大繁盛…」

ヤッタネ!!

♪All is well!
 
それでもまだ納得出来ない人も、下記の「洞窟の比喩」をクリックすれば、
 
誰もが「♪きっと、うまくいく」  

ソクラテスもプラトンも、み〜んな悩んだけど…
 
この秘密がわかったおかげで、うまくいくようになったとさ。

« All is well! | トップページ | モノマネ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

投稿されるまでに少し時間がかかるのですね、操作を誤ったかと思っていましたが安心いたしました。コメントありがとうございました。本日の日誌にもドキッとしました。先日ある本にありました、他者批判は大概自己批判との文章にどこかひっかかりまして、よく内を覗いてみたら、自己批判どころか自分で自分を嫌っていることに我ながら唖然としました。そんな馬鹿なと思うのですが事実で苦笑するしかありませんでした。少しは自分を労るようにしています。

カサイさん

>よく内を覗いてみたら、自己批判どころか自分で自分を嫌っていることに我ながら唖然としました。

気づきが起こると、最初は唖然としますが、やがて受け入れて自分を愛するようになると思います。

そうすれば、他者批判も自然となくなります。
周りの人は、姿を変えた自分の現れだからです。


自分に毒を盛り続けてきたことが、私を取り巻くことの原因と感じられています。心強いお言葉ありがとうございました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« All is well! | トップページ | モノマネ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ