« 話すこと | トップページ | ひな祭り »

漫画を読むと馬鹿になる?

2014年3月1日(土) by キヨタカ

 ヨガビは外出中の為、昨晩は一人で夕食。
 
手間を省くために、レトルトの<よこすか海軍カレー>を食べた。
 
Img_0243
一応ベジタリアンなのだが、大好物のカレーは例外でとても美味かった。
 
最近何かと例外メニューが多いので、気をつけなければ(^-^;
 
 
ところで昨日は金曜日。
 
旧海軍からの由緒正しき伝統で、海上自衛隊では今でも金曜日はカレーを食すとか。
 
実は我が家でも金曜日は必ずカレーを食べるしきたりになっていて、子供の頃からハナキン(花の金曜日)がとても楽しみだった。
 
お楽しみはもう一つあり、それは食後にTVアニメ「鉄腕アトム」を見ること。
 
Unknown子供の頃、21世紀の未来は明るくて夢と希望に溢れていた。
 
実は今でも人類の未来は明るいと信じているのだが、その根底には「鉄腕アトム」の影響があるのかも知れない。
 
子供時代を振り返ってみると、漫画や鬼ごっこや探検隊ごっこなど夢中になって遊んだ体験の方が学校の勉強よりも遥かに役立っている。
 
 
小学生の時は、「漫画を読むと馬鹿になるゾ!」と先生から脅された。

Pict39011

だから漫画を持ち込んだりすると、こっぴどく叱られる。
 
校庭の隅にある銅像を指差して、「あれを見なさい!薪を運びながらでも勉学に精をだしたから立派になったんだよ」と、諭された。
 
 
「漫画を読んだりして遊んでいたら馬鹿になるけど、遊ばずに仕事や勉強ばかりしたら立派な大人になるんだな〜、大人って偉い」
 
と妙に感心した。
 
「でも遊べないから、大人ってつまらないな〜、大人になんかなりたくない、大人になったら後は年寄りになってみんな死んじゃうそうだし…」
 
と悩むようになった。
 
そして小学3年生のある日のこと、遂に寝込んでしまったのである。
 
心配した親は、私を病院へ連れて行った。
 
「大人になって死ぬのが怖い」
 
とお医者さんに正直に話したところ…
 
「今かからそんな事を言うようじゃ、将来が思いやれる…」と言いながら、ペニシリン注射を打たれてしまった。
 
人生最大のトラウマの一つだ。
 
 
おそらく、二宮尊徳が読んでいた本は漫画ではあるまい。
 
しかし例えそれが「鉄腕アトム」であったとしても、馬鹿な大人になったとはどうしても思えない。
 
今日本のロボット技術は世界一だと言われてる。
 
それを支えている優秀なエンジニアの多くは、かつて「鉄腕アトム」や「ガンダム」なんかのロボットアニメに夢中になった少年達だった。
 
 
タイムマシンが発明された暁には、小学校の先生の所へ戻って、今ならこう言いたい。
 
「漫画を読んでも、馬鹿になりませんよ」
 
「遊んでいても、立派な大人になれますよ」
 
「遊び(リーラ)を仕事にしている、変な大人もいますよヽ(´▽`)/」

« 話すこと | トップページ | ひな祭り »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 話すこと | トップページ | ひな祭り »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ