« リトリート終了 | トップページ | 涙が止まらなくなった »

リトリートの感想

2014年3月25日(火) by キヨタカ

皆さん、「 元気ですかー!!

 

え!?

 「今日はもう挨拶しただろう!?」

そうなんですけれども、リトリート直後はいつもエネルギーで溢れかえってしまうので…(◎´∀`)ノ

今朝は仕事を済ませてから、久しぶりに海へ。

ド強風の中でウィンドを満喫。

ウィンドの技術はほんの少しずつ上達しているようで、ちょうど瞑想の上達と似ていて面白い。

家に戻って、今日2度目の日誌を書く事に。

ところで参加者のFさんから、さっそく次のリトリートの申し込みがあった。

嬉しい限りだヽ(´▽`)/

 

それから先日のリトリートをヘルプしてくれたOさんから、感想のメールを頂いた。

Oさんは長年非常に熱心に瞑想に取り組んでいて、独自の瞑想会も開いている。

興味のある方は、ブログ:「恩寵と共にある」をクリック。

* * O さんの感想 * *

この週末は以前からお世話になっているリーラスペースのワンデイリトリートに参加していました。
 
リーラスペースは修善寺にあり、広い敷地ですが手入れが大変で、リトリートの前に庭作業を手伝いました。
 
先日の大雪や強風で木が折れてしまったりしていたので、それを片づけるのが主な作業でした。
 
太い枝も多くそれはチェーンソーでないとどうにもならないので、数年ぶりにチェーンソーを使いました。
 
チェーンソーは気をつけて使わないと、跳ね返ってきてしまったりしてけがをするので、慎重に扱っていました。
 
木を切っている時は、否が応でもノーマインドになり、良い瞑想にもなりました。静かにしていると色々と思考が沸き起こってきたりしますが、チェーンソーで木を切っている時はそんな余裕もなく、ひたすら作業に没頭していました。
 
土曜日の朝と昼に庭作業を行い、夜には参加者の方々が集まり始めました。
 
リーラスペースでのリトリートは一年半ぶりくらいですが、今回は初参加の方が多く、ほとんどの方が緊張されているようでした。
 
参加者が揃う前に、リーラスペースを運営されているキヨタカさんと、事前に集まって庭作業をしていた私を含めて三人が、瞑想の場を作ることを行っていました。
 
キヨタカさんが場を整えるあるやり方を説明し、それをみんなで行った後、四人で少し瞑想をしました。
 
みな瞑想に長けているので、短い時間でもすぐに深い瞑想が訪れ、恩寵の降りる場が形成されました。 
 
夜の7時半に参加者全員が瞑想ホールに集まり、自己紹介と瞑想をしました。
 
様々なバックボーンの方が集まり、バラエティにとんでいました。
 
そして瞑想の時にも深い沈黙に包まれ、とてもよい場になっていました。
 
日曜には食事や休憩を挟みながら、合計6時間ほど瞑想をしました。
 
私は集中的な瞑想をするとよくあることですが、マインドの働きが活発になり、普段隠れている思考や感情が浮き彫りになりました。
 
以前ならそれに翻弄されていましたが、今ではいかに思考や感情の波に襲われようと、その背景にあるものを実感しているので、巻き込まれることもなく、静かに座っていました。
 
瞑想をしているだけでなく、シェアリングの時間も多くありましたが、瞑想時よりもその時の方が恩寵を感じていました。
 
自分だけに意識を向けるより、全体に向けた方が恩寵を感じられるのかもしれません。 
ともかく瞑想ホールは恩寵が燦々と降り注ぎ、私たちはその中に浸っていました。
 
最後の瞑想が終わってからは、お茶を飲みながらシェアリングをしましたが、皆さんとても充実した表情をされていて、すっきりと浄化されたり、何かをつかんだりされていました。 
 
瞑想の初心者の方も多かったですが、恩寵の場であったためか全員良い瞑想ができていたようです。 
 
私個人は自分の瞑想を勧めると言うより、今回は場を作ることとマインドのあぶり出しのために参加したのだと感じました。
 
そして恩寵をみんなでシェアできたことが、とてもよかったと思いました。
 
一人での瞑想ではそうはいきません。今後は自分一人で瞑想にふけるだけでなく、皆で瞑想や恩寵をシェアしていきたいと改めて思いました。 
 
* * 

« リトリート終了 | トップページ | 涙が止まらなくなった »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リトリート終了 | トップページ | 涙が止まらなくなった »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ