« 朝の庭に | トップページ | 草むら »

神に選ばれし無敵の男

2014年4月7日(月) by キヨタカ

「 ね、ね、眠む〜い!」
 
朝起きたら、既に8時半を廻っていた(ρ_;)
 
起こしてくれなかったヨガビに感謝(*^-^)
 
いつもなら6時前に起きるのだが、昨晩は夜遅く映画(DVD)を見てしまった。
 
33_337489「Invisible/ 神に選ばれし無敵の男」
 
タイトルが気になり、いつか見たいと思っていた。
 
魂を揺さぶる内容なら、日誌で紹介出来るのが楽しみで朝早く起きれるのに…
 
今日は眠くて、ちょっと残念な結果に…
 
この映画は、マニアには、とても受けそうな匂いがする。
 
ナチス時代に実在したという、二人の『無敵の男』ことハヌッセンとジシェを描いた映画で、扱っている内容はとても興味深い。
 
傲慢な野心家で千里眼の男ハヌッセンは名優ティム・ロスが演じている。
 
Img_0006 怪力のジシェは本物のストロンゲストマン・チャンピョンのヨウコ・アホラ(jouko ahola)が登場。
 
シュワちゃん似のマッチョな姿と素朴な演技がいい味をだしている。
 
また2人の間で重要な役回りをする女性ピアニストを、本物の世界的ピアニスト、アンナ・ゴウラリ(Anna Gourari)が演じている。
 
ナチス登場の裏舞台を印象的に描き、意味深い台詞もあって引き込まれ、つい夜更かししてしまったのだが、…
 
 
神に選ばれた割には、どうも2人とも死に方が私の美的センスに合わない。
 
おかげで、寝付きが悪くなってしまった。
 
史実だからしかたないのだろうか…( ̄Д ̄;;
 
あまり深い感動はしなかったが、奥が深そうで、時間を置いてもう一度見たら面白いかも知れない。
 
せっかく見たので、私が気に入った場面を2つ記録して置く。
 
一つ目は、千里眼について、ハヌッセンが語るシーン。
 
「千里眼など存在しない。私にとって 未来は存在しないからです。Img_0005
物事や出来事の”現状”があるだけです…
 
すべては静止したままです。
 移ろうのは人間だけ。
 
時はサイコロ。
それぞれの面に、”時の断面”が…
 
普通の人間には 目の前の一面しか見えない。
それが”現在”です。
 
しかし千里眼の場合は…サイコロの後ろの面まで見える」
 

Anna

もう一つは、アンナ・ゴウラリによるベートーベンピアノ協奏曲第3番、第2楽章の陶酔感溢れる完璧な名演奏!
 
名曲のお気に入りが一つ増えたのが、この映画最大の収穫だ♪
 
 
 

« 朝の庭に | トップページ | 草むら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝の庭に | トップページ | 草むら »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ