« 私用につき… | トップページ | 家族旅行 »

ムーチー(鬼餅)

2014年4月21日(月) by キヨタカ

皆さん、「 元気ですかー!!
 
一週間振りの日誌の再開です。
Epson020
 
実は沖縄に行って来ました!
 
 
右は、沖縄でもトップクラスの美しい海を持つ離島で有名な古宇利島(こうりじま)での記念撮影。
 
なんだか新婚旅行みたいだけど、実際はヨガビの両親を連れての家族旅行。
 
2人とも80歳を超えてしまい、「これが人生最期の旅行になるかも(ρ_;)…」という事で思い切って 沖縄へ行く事に…
 
20140421_74921
家族旅行というより、介護旅行と言う方が正確かも…
 
色々なハプニングもあったけれども…余計な事は書かない様にしよう。
 
 
この島には、「沖縄版アダムとイヴ」伝承がある。
 
伝承によれば、琉球人の祖は最初は毎日天から落ちる餅を食べて幸福に暮らしていたという。
 
ところが、「餅が降らなくなったらどうしよう」という疑念を起こして蓄えを始めたときから餅が降らなくなって、人間の苦労が始まったとか…
 
人は、明日を思い煩わうことなく「今・ここ」を生きる事が出来れば、幸福に暮らすことが出来る。
 
「明日の事を、思い煩うな、明日は、明日自ら思い煩わん。
一日の苦労は、一日で足れり。 」
   (マタイ伝福音書―第6章)
 
とは、山上の垂訓として有名なキリストの言葉だ。
 
しかしキリストが出現する以前から、我々人類の祖先は既に幸せだった。
 
残念ながら、マインドが発達して明日を思い煩うようになって、不幸も始まったと言う。
 
 
だが、マインドの発達は人類進化のプロセスであり、それ自体は素晴らしい。
 
問題は、発達したマインドが暴走してマインドに振り回されてしまっている事にある。
 
だから、暴走するマインドを制御する意識の目覚めが必要不可欠だ。
 
意識の主体としてのプレゼンスが目覚める事、そしてマインドを道具として使える様になる事、それが人類の次のステップである事は間違いない。
 
そうすれば明日を思い煩う事もなく、明日に備えて餅を蓄えても問題は起こらない。
Muchi_img_01
 
同じ餅でも、煮たり焼いたりせんべいにしたり…、様々に工夫をこらす事でより豊かに幸せ に暮らす事が出来るだろう。
 
ちなみに、沖縄では餅のことを、ムーチー(鬼餅)と言うそうだ。
 
 
* *古宇利島 の伝承   * *
 
昔、古宇利島に空から男女二人の子供が降ってきた。
 
彼らは全くの裸であり毎日天から落ちる餅を食べて幸福に暮らしていた。
 
最初はそれに疑問を抱かなかったがある日餅が降らなくなったらどうしようという疑念を起こし、毎日少しずつ食べ残すようになった。
 
ところが二人が貯えを始めたときから餅は降らなくなった。
 
二人は天の月に向かい声を嗄らして歌ったが餅が二度と降ってくることはなかった。
 
そこで二人は浜で生活するようになり、魚や貝を捕って生活と労働の苦しみを知り、ジュゴンの交尾を見て男女の違いを意識し恥部をクバの葉で隠すようになった。
 
この二人の子孫が増え琉球人の祖となった…とさ。
 
* *

« 私用につき… | トップページ | 家族旅行 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

久々の「元気ですかー!」聞けて嬉しかったです。

私は1960年生まれで、両親が85歳と81歳なので、ヨガビジャさんと年代的に近いですね。

増税後のあおりか、今仕事が少ないですが、今日の記事にあるように、明日を思い煩っても仕方ないので、今この瞬間リラックスして、微笑んで、リーラを楽しもうと思います。

リトリート楽しみにしてます。

マエビさん

>私は1960年生まれで、両親が85歳と81歳なので、ヨガビジャさんと年代的に近いですね。

以前は両親を無視してインドへ行くのが修行だと思っていましたが、今は両親の世話をするのも、大切な修行だと思っています。

>増税後のあおりか、今仕事が少ないですが、今日の記事にあるように、明日を思い煩っても仕方ないので、今この瞬間リラックスして、微笑んで、リーラを楽しもうと思います。

そうですね。この瞬間にリラックスして微笑んでいる人には、微笑む仕事も与えられると思います。

>リトリート楽しみにしてます。

こちらこそ、お会い出来るのが楽しみです(*^-^)

また修善寺日誌が始まって嬉しいです。いつも仕事の合間に読んでいます。たしかに今ここにいて明日を思い煩わなければ、人は真に幸福でいられるんでしょうね。リトリートが楽しみです!

K.Iさん

>また修善寺日誌が始まって嬉しいです。いつも仕事の合間に読んでいます。

いつも読んで頂き、ありがとうございます。

>たしかに今ここにいて明日を思い煩わなければ、人は真に幸福でいられるんでしょうね。

「明日を思い煩うな!」とキリストに言われても釈迦に言われても、どんな覚者に言われ続けても、明日をのみ思い煩う私でした(ノд・。)

そこで、「思い煩う私」をあるがままに受け止めて、「思い煩う」にも関わらず、私が在る(I AM)方へ意識を向けたら、思い煩うことも少なくなりましたよヽ(´▽`)/

>リトリートが楽しみです!
私も楽しみにしています♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私用につき… | トップページ | 家族旅行 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ