« ジュータン無しの人生 | トップページ | 7月のリトリートのお知らせ »

DNAの共有

2014年5月16日(金) by キヨタカ

 一週間振りに、実家から修善寺へ戻る。
 
大自然に囲まれた我が家に到着して、ほっと一息。
 
しかし、庭の雑草の凄さに唖然shock
 
たった2週間前に、ボランティアスタッフの手を借りて庭の手入れをしたばかりなのに…
 
都会に住めば雑草の脅威を避けられるけれども、自然からは遠ざかる。
 
大自然の中で暮らせる喜びの小さな代償なのだから、ダイエットエクサシズと思い草刈りに励もう!
 
Photoそれにしても敷地全体が緑に覆われて、ほとばしる生命力のパワーに圧倒される。
 
ツツジの花も満開となり、アゲハ蝶がひらひらと舞う。
Photo_2
 
 
雑草だって、一つ一つをよく見ると、それなりに懸命に生きている。
 
刈ってしまうのが、なんだか申し訳ない感じも…
 
 
そもそも、人間も植物も同じDNAという設計図から出来ていると言う。
 
DNAを紙に例えると、紙に書かれた文字に相当するのが塩基配列でたった4文字しかない。
 
そして塩基配列の並び方が違うので、紙に書かれる情報が異なる。
 
だから同じDNAという設計図でありながら草になるか人間になるかが決まるとは、何度聞いても摩訶不思議な話しだ。
 
しかし自然の中に身を委ねると、人も雑草もツツジもアゲハ蝶も同じ仲間である感覚がひとりでに起こり、生命力が蘇ってくる!
 
この’ワンネス’という感覚は、通常の五感を超えた、DNAの共有というレベルからやって来る感覚なのかも知れない。

« ジュータン無しの人生 | トップページ | 7月のリトリートのお知らせ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジュータン無しの人生 | トップページ | 7月のリトリートのお知らせ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ