« 感謝エクササイズ | トップページ | 好きな事だけをする »

浄化作用と風邪

2014年5月11日(日)  by キヨタカ

 
瞑想とは、自分の意識を対象物から自分という意識の主体そのものへとシフトすることだ。
 
だから対象物へと向かうエネルギーの流れは、「私が在る(I AM)」へと方向が逆転する。
 
「 私が在る ⇒ 対象物 」が、「私が在る ⇦ 対象物 」となる。
 
すると「私が在る」に中心が定まり、意識はより充実してクリヤーで爽やかな自己を味わえる。
 
意識の波動が上がるのだ。
 
それに伴い、肉体レベルの波動も上がる。
 
肉体も、新しい意識に合わせたより繊細でデリケートなものに変化するからだ。
 
その変化のプロセスで、肉体の浄化作用は必然的に起こると言っても良い。
 
特にリトリートの時は、肉体の浄化作用が激しく起こる場合がある。
 
身体が重かったり、頭痛や吐き気など、いわゆる「風邪気味」になったりすることもあるから、充分に注意が必要だ。
 
そもそも、風邪とは人間が持っている健康回復への自動調整機能だ。
 
だから、風邪とは浄化作用そのものとも言える。
 

41pjmv8cv6l_sl500_aa300_

 東洋医学では人間を意識を含めた全体をして扱うので、そうした考えは受け入れ易い。
 
「整体」という言葉の生みの親と言われる野口晴哉先生は、
 
「風邪の症状は必要があって出るのだから無理に薬で押さえない方が良い」
 
「風邪を上手く会得すれば、風邪も早く治る」
 
と、名著「風邪の効用」でハッキリと語っている。
 
しかし、そうだからと言って、「医者に行くな!」とか言うつもりは毛頭ない。
 
自分の内在智に従い、冷静かつ合理的に判断して欲しい。
 
真実の自己を生きる事にコミットして、瞑想を生活の基盤にしたいなら、それなりの投資が必要だ。
 
生活スタイル全般を見直して、食事や運動は言うに及ばず、趣味から仕事や人間関係等々に至るまで、瞑想が醸し出す繊細で穏やかな波動に合うよう、各自で心がけたい。
 
そうは言っても各自の自然なタイミングがあるから、無理矢理頑張る必要はない。
 
瞑想を心がけていたら、いつも間にか生活スタイルがシフトしたというのが理想だ。
 
そうすれば、瞑想で体調が悪くなるという事もかなり少なくなるだろう。
 
むしろ瞑想によって、よりエネルギッシュで元気な肉体へシフトする事が可能だ。
 
Hさんから感想を頂きました。
 
* * * Hさんの感想 * * *
 
キヨタカさま そして、ワンデーリトリートでお世話になりました皆々様ありがとうございました。
 
修善寺日記を読んでいて、
 
I さん 他、ヨガビジャさんまで「身体にくる」リトリートだったような気がします」
と書いてあったので、
 
調子が悪かったのは私だけじゃなかったの?、と驚きました。
 
その中でも私は重症だったので、うるさくご迷惑をおかけしました。
 
4日朝から喉の調子がおかしくなり、5日のリトリートは早退しようとキヨタカさんに話したところ
 
「それは浄化かもしれない」と言われ、
 
結局最後まで参加させていただきました。
 
リトリートを終えた次の日の6日は、激しい喉の痛みに、結局22時間寝込んでしまいました。( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)
 
ノそして次の日、お医者さんで、慢性扁桃炎という事が分かってお薬を貰いましたが、こんなにひどくなったのは初めてで、お医者さんからは、生理食塩水(海水)で、1日何回も「うがいをしましょう!」と言われました。
 
やっぱり、浄化なんでしょうか ・・・・・ 
 
清めなさい。ですね。
 
イベントは数回しか参加したことがないのですが、適切な言葉に、適切な音楽に、リズムある流れに、「良いですよね」と、帰宅車中の同席の方と話をしていました。
 
修善寺日記[自己救済]で「呆ける」には程遠く、連休明けから仕事が忙しかったこともありますが、いまだ身体とも折り合っていない(?)ようで、咳も時々出て、おかしな言い方かもしれませんが、いろいろ自分の中で、整頓が出来ていません。
 
…にも関わらず、、
 
胸の前あたりが 『穏やかに、広がるような…』感覚でありまする(^^)
 
ありがとうございました。
 
ではでは。

« 感謝エクササイズ | トップページ | 好きな事だけをする »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 感謝エクササイズ | トップページ | 好きな事だけをする »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ