« 還暦 | トップページ | 瞑想トランスミッション »

宇宙カレンダー

2014年6月3日(火) by キヨタカ  

 還暦の『還』 を辞書で引いてみると…

1 元の場所・状態に戻る。かえる。
 
2 元の持ち主に戻す。かえす。
 
浄土系の仏教では、往相(おうそう)・還相(げんそう)という概念が重要だと言う。
 
往相とは、「あちら」つまり浄土へいくこと。
 
還相とは、「こちら」つまり現実社会へかえること。
 
 21歳で探求を始めてから、ずっと「往相」に関心があった。
 
還暦を境に、ようやく「還相」に関心が向かいつつある。
 
 
真実を生きようとする人々の中には、「あちら」にウェートのある人と「こちら」にウェートがある人がいる。
 
その魂の質によるから、どちらが良いという訳でははい。
 
ラマナ・マハルシなんかは典型的な「あちら」側だ。
 
なにしろ、フンドシ一本で事足りるのだから…
 
その一方で、世界人類平和とか天命とかを熱く語る人々は、間違いなく「こちら」に関心が高い。
 
私の場合はというと、
 
「あちら」側に主な関心があった
 
〜にも関わらず、
 
「こちら」側にも並々ならぬ関心を抱き続けた。
 
だからどっちつかずで、長い長が〜い時間がかかってしまった。
 
 
山に籠ると、海で解放されたいと願い、
 
海で遊ぶと、山で修行せねばと焦るだれかさんみだいだ。
 
私の事だけど…(^-^;
 
 
しかし永遠からすれば、それはほんの一瞬のまたたき。
 
宇宙の歴史は約150億年。
 
カール・セーガン博士は、それを1年に短縮して「宇宙カレンダー」を作った。
 
ビッグバンが1月1日の最初の一秒とすると…
 
銀河系ができるのが5月
 
地球が出来るのは9月半ば
 
人類の歴史は、宇宙の歴史の最期の10秒
 
過去500年の人類の歴史は、最期の1秒
 
つまり100年生きても、宇宙的スケールからすると0.2秒という事になる。
 
「どうでも良い事」でこの一瞬を無駄にするのは、そろそろ終わりにしたい。
 
願わくば、この一瞬の輝きを「こちら」側で全うしますようにflair
 
 
ところで、この一瞬の輝きを味わう機会があります。
 
それが、スペシャル・ナイトイベント!
 
日 時:6月27日(金) 19:00〜21:15
 
場 所:新宿文化センター4F・和会議室
 
 
「新宿文化センター」で、一瞬の輝きを全うしましょう!
 

« 還暦 | トップページ | 瞑想トランスミッション »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 還暦 | トップページ | 瞑想トランスミッション »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ