« 植木と会話する | トップページ | タック »

スピンネーカー

2014年6月19日(木) by キヨタカ

「 私が在る(I AM)」は、五感とは関係ない。
 
目や耳が不自由でも、魂が減るわけではない。
 
しかし逆に五感を通して、その背後にある魂が目覚める事は大いにあり得る。
 
私の場合、素晴らしい音楽に接することでダイレクトに魂の領域に触れやすい。
 
だから、瞑想会では音楽が欠かせない。
 
 
新宿の瞑想会では、毎回ポータブルオーディオを持ち込んでいた。
 
しかし、残念ながら音がイマイチ。
 
そこで、本格的なステレオコンポを持ち込んだ事もある。
 
今度は、重くて大変(;ω;)
 
だから今回のイベントでは、ステレオコンポの持ち込みは諦めた。
 
音の悪さは、私の在り方とジョークでカバーしようと思っていたのだが…
 
 
先日、ビッグカメラでとんでもない革新的新製品を発見!
Img_0654
 
衝動買いをしてしまった。
 
それが右の写真。
(真ん中のお椀はワイヤレス・リモコン)
 
アンプ内蔵型のブルートゥーススピーカーで、価格はなんと2万4千8百円!
 
iPhoneから音を飛ばせるが、音質は20万円くらいの高級オーディオと変わらない。
 
部屋にあるステレオより、音が良く聞こえる・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 
Unknown
独特のフォルムは、ヨットのスピンネーカー(追い風用の帆)をイメージしたもの。
 
フィル・ジョーンズという天才的音響エンジニアの設計だとか…。
 
 エディファイアー社は、中国とカナダに拠点を置くインターナショナルな新進気鋭のオーディオメーカーらしい。
 
私は日本好きで日本のメーカーにもかなりこだわって来たが…何処の国の誰が作ったものであれ、良いものは良い。
 
パナソニックのポータブルオーディオは、即お蔵入りとなってしまった(ρ_;)
 
 
iPhoneや今回のスピンネーカーなどに触れるたび、21世紀を実感する。
 
古いものが去り、新しいものが来るのは歴史の必然。
 
瞑想もまた然り。
 
私が探求して来た瞑想の歴史は、残念ながら20世紀型だった。
 
20世紀の時代を生きた人間だから、そうでしかあり得なかったのだが…
 
古い教えに感謝して手放そう。
 
時代は今、21世紀の真っ只中!
 
新しい時代の追い風を受けて、新たな帆を高々と掲げる時がやって来た。
 
 
↓新宿瞑想会には、スピンネーカーを持ち込むので、よろしく!
 

« 植木と会話する | トップページ | タック »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 植木と会話する | トップページ | タック »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ