« オーケストラ | トップページ | 666 »

想定の『逆転』法則

2014年6月15日(日) by キヨタカ

1106065305_2
 
「想定の法則」というものがある。
 
いわゆる成功哲学で紹介されている有名な概念で、戦前からあるらしい。
 
最近読んだ本(右参照)によると、「古代ユダヤの宇宙の法則」であり、「I AM」に由来するとか。
 
「I AM」とは、旧約聖書の中で神がモーゼに顕現した時に名乗った名前だから、神様直伝のパワフルな法則らしい。
 
やり方は非常に簡単。
 
自分が願う未来を「想定」し、想像力を使い、それが既に実現しているという気持ちで行動する。
 
例えばお金持ちになりたかったら、既にお金持ちであるかのように行動すれば、実際にお金持ちになると言う。
 
もう少し詳しく説明すると、
 
貧乏人は、「I AM Poor」と思い込んでいる。
 
だから未来のなりたい自分を想定し、「I AM Rich」と思い込む。
 
そして、お金持ちだという気持ちで行動すれば良い。
 
そうすれば現実に、I AM Poor ⇒I AM Rich になる。
 
 
まだ青年だった頃、この話しを誰かに聞いて感銘を受けた私はさっそく実行した。
 
なけなしのお金をはいて、豪華なホテルへ泊まって贅沢な食事をしたり…
 
しかし、とても居心地が悪かった(;;;´Д`)
 
身分不相応の贅沢をしているというプレッシャーは、半端じゃない。
 
さらに結果は最悪で、サイフの中身はすっからかん。
 
継続するは困難で、早々にギブアップ(ρ_;)
 
想定するものが何であれ(「金持ち」とか「ノルマ達成」とか「願う彼女をゲット」とか)
それはフィクションであり、今ある真実ではない。
 
よほど思い込みの強い人でないと、実践するのは難しいだろう。
 
 
ところが最近、私にとって非常に有効な法則を発見した。
 
名付けて:想定の『逆転』法則
 
従来の想定の法則は、I AMの対象物である「Poor」とか「Rich」に意識が向いている。
 
この法則では、それを『逆転』させる。
 
そして、主体としてのI AM を想定する。
 
この I AMは、唯一の今ある真実であり、いつでも何処でも変わらない。
 
つまり、貧乏でもお金持ちでも、「I AM/私が在る 」に変化はない。
 
 I AM Poor ⇄ I AM Rich
 
他の想定は、全て未来に属するからフィクションだ。
 
I AMのみが今実在する真理であり、想定としてフィクションを持ち込む必要がない。
 
そしてI AM にいれば…
 
願いがかなった結果得られるものを、今直ちに手に入れる事が出来る。
 
 
お金持ちになれば、幸せが手に入るかもしれない。
 
しかし、お金持ちになっても、必ず幸せになれるわけではない。
 
ところがw(゚o゚)w
 
I AMにいれば、必ず幸せだ(*^-^)
 
しかも、たった今、ここで!
 
なぜなら、究極の幸せは、I AMに属するからだ。
 
至福に満ちていること/寛いでいること/全てうまく行っていること/満たされていること/知っていること/ひとつであること/ゆだねること/自信に溢れることetc…
 
I AMに属するものは、全て手に入る。
 
だから、I AMこそ、唯一想定に値する真実なのだ。
 
本当は、想定すら必要ないのだが…
 
6月27日は、イベントを想定しました。

« オーケストラ | トップページ | 666 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

従来の「~にも関わらず、私が在る」法則もよかったですが、今回の「逆転」法則の方がよりわかりやすいです。ブラボー(笑)

ともすればリッチ・プアーといった変化する現象に意識を向けがちですが、今実在する真理「I AM」にいれば、幸せそのものという本体で在る訳ですね。

たかが意識、されど意識。

今回も「目から鱗」でした。ありがとうございます。

マエピさん

お役に立てて、嬉しいです♡

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーケストラ | トップページ | 666 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ