« 渦の中心に在る | トップページ | リトリート終了 »

我が家

2014年7月18日(金) by キヨタカ 

子供の頃は、大自然の中の広大な敷地内にある社宅に住んでいた。

近所中を駆け回っても、知っている人ばかり。

だから親も安心して遊ばせる事が出来、子供にとっては文字通り”天国”だった。

 

  ”東京タワー”が出来たのはちょうど幼稚園児だった頃。

父親に連れられてわざわざ見物に行き、東京の親戚の家に滞在。

ところが父が急用で出かけてしまい、留守番をする事にshock

大都会の見知らぬよその家で”借りて来た猫”みたいにしていたのに、親もいなくなった。

不安で寂しくて心配で…とうとう泣き出してしまった。

すると親戚のおばさんが慰めてくれたのだが…

「家に居るとあんなに元気なのに、キヨちゃんは内弁慶なんだね(*^-^)」

と笑われてしまった(;д;)

 

”我が家”にいると、人は自由を感じて安心して寛げる。

子供の頃は”天国”だと思っていた”我が家も”、成長するに連れて実はそうでもない事に気づき始める。

思春期になると親の言う事がウザったくなり、親に反抗して家出したりするのは、実は成長への健全なプロセスだ。

人は本当に自由で安心して寛げる場所を求めて、”旅に出る”。

世俗にとっぷりつかっていると、「お金や地位や名誉や健康や理想のパートナーを手に入れれば”安心して寛げる”」と錯覚しがちであるが…

実はそうでない事は、本当は誰もが知っている。

週刊誌をパラパラめくれば、不幸せな成功者のゴシップが満載だし…

例え完璧に幸せな成功者だとしても、”死”が全てを奪い去る。

そして歴史上、”死”を免れた人はいない。

 

”覚者”とは、死んでも奪われない”本当の我が家”を見いだした人の事を言う。

それが「自分の内側にあり、誰もが手に入れる事が可能だ!」とは、

実に驚くべき事だヾ(.;.;゚Д゚)ノ

しかも、実は既に誰もが日常生活の中で既に体験しているのである。

具体的に言うと…

人は、毎晩誰もが眠る。

そして眠っている間に、”深い寛ぎ”を体験している。

何故なら、寝ている間に”ビーイング”へ深く吸収されるからである。

1

つまり既に毎晩”本当の我が家”で寛いでいる。

そして、エネルギーを再充電して翌朝を迎えるのだ。

自己治癒力とかヒーリングの秘密も、実はここにある。

ただその事実を見過ごしているので、”我が家”を求めてさすらいの旅を続けているのだ。

”気づきを保ったまま寛ぐ”事さえ出来れば、何処へ行ってもこの世界は全てが”天国”となる。

そうすれば猫の様に自由気ままで…内でも外でも”弁慶”で在る事が可能だ。

« 渦の中心に在る | トップページ | リトリート終了 »

日常」カテゴリの記事

コメント

前略、、、、。

 一歌、、、、、”天国の

               ワンアイち~ちゃん

                           眼を開き

                                 天でも地でも

                                          弁慶気取り”

      yasuより
                                                 草々


 

yasuさん

真実は、Only one I !

 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 渦の中心に在る | トップページ | リトリート終了 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ