« 戻りました。 | トップページ | 自我と真我の狭間 »

ありのまま

2014年7月12日(土) by キヨタカ

車に乗ってラジオをかけたら、例の曲が流れて来た。
 
ありのままの 姿見せるのよ♪
 
ありのままの 自分になるの  何も恐くない♫
 
最近外出すると、あちこちから「Let it go/ありのままに」の歌が聞こえてくる。
 
映画「アナと雪の女王」が大ヒットしたのは、この曲の御陰だとか…
 
 
禅では「あるがまま」という事が、様々に説かれている。
 
たとえば、道元禅師は次の様に語る。
 
「ただわが身も放ち忘れて仏のいへになげいれて、仏の方より行われ、是に従い行くとき ちからも入れずこころもついやさずして 生死を離れてほとけとなる」
 
道教では「無為自然」、神道では「惟神/かんながら」、キリスト教では「御心のままに」というが皆同じ真実を指し示している。
 
宗教がらみだと説教臭くなってしまうが、ヒットソングという形で「ありのまま」という生き方が世間に広がる事は実に素晴らしいヽ(´▽`)/
 
 
…と思っていたら、
 
「ありのまま」という風潮は実に嘆かわしい!
 
人間はありのままでは絶対にダメ。
 
なぜなら、人間の本性は「悪」だから!
 
「ありのまま」では、社会が乱れて世も末だ\(*`∧´)/
 
という主張を、某雑誌で読んだ。
 
「性善説 vs性悪説」という有名な議論があるが、この論者は徹底的な「性悪説」に立っていた。
 
 
どちらが正しいかは別として、「性悪説」を信じている人は生きる事自体がしんどいだろうな〜。
 
人間の本性が悪だったら、他者は言うに及ばず自分自身すら心から信用する事は出来ない。
 
だから、いつも警戒して絶えず「緊張」していなければならない。
 
難しい議論はすっ飛ばして、私は迷わず「性善説」を選ぶ。
 
なぜなら、いつも寛いで「リラックス」していたいから(o^-^o)

« 戻りました。 | トップページ | 自我と真我の狭間 »

感想」カテゴリの記事

コメント

前略、、、、。

 ”誰が善を選ぶのか?!誰が悪を選ぶのか?!、、、、、、、、、WHO AM I ?!

 私は”あるがまま”と云う事にピンとこなかった!何故ならエゴが選択していたから。
 ”あるがままなはずがないじゃないか!(在る)”なすがままだろう!(行為)”

 主体、プレゼンス、真我から自由意思を通し選択されるなら解るが!
ステート・オブ・プレゼンスを知って、初めて”何故あるがままにピン”とこなかったのが解ったと思う(遅いね~^^;)

 ”偽の自己”が選ぶものは”バッタもんのあるがまま”(過去の私がそうであったから、痛いほど分かるー。-)

 それを信念として自他共に思い込ませ、歪んでいく(地に足が着くわけがない!)

 私は性悪説を”否定”したが為にネガティブになり、性善説も薄っぺらになった、、、、
混乱から徐々に無関心になり、中庸ではなく中途半端になってしまった(>~<)

 結局”NO”にもイエス”YES”にもイエス(NOにもノー、YESにもノーだと埒が開かなくなった、道理だが、、、)

 少し前、ビートルズの”LET IT BE”をよく聴いていた!和訳も色々だが、【ほっとけ】とやはり【あるがままに】がピンとくる!((^~^))!

  ~~からの~性善説を取る!何故なら根本的に恐怖よりも、愛の方が心地よい!

           yasuより                         
                                               草々        

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戻りました。 | トップページ | 自我と真我の狭間 »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ