« 真我を生きる | トップページ | 肉体のヴァージョン・アップ »

ノア

2014年7月2日(水) by キヨタカ

映画:「 ノア〜約束の箱船〜」を見に行く。
 
最近映画館で見る映画は、ことごとく満足度が高かった。Noah_wall08_1920x1200
 
今回は、例の衝撃的な名作「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督の最新作という事で大いに期待した。
 
よく知られた旧約聖書の大洪水の物語を、壮大なスペクタルで描くと言う。
 
しかも敬虔なクリスチャンが卒倒する様な、斬新な解釈で!
 
さらに、存在感溢れるラッセル・クロウやアンソニー・ホプキンズが出演するのだ。
 
満足度120%で間違いない!
 
 
…と思いきや、とても残念な結果になった(ρ_;)
 
ストーリーの始めの方で「岩の怪物」が登場した時点でアウト。
 
もともとハリー・ポッター的ファンタジー映画は苦手なので、それは別として…
 
そもそも主人公のノアの苦悩に、さっぱり共感出来なかった。
 
「世界的な大ヒット」という事なので、他の人がいったいどんな所に感動したのか大いに興味がある。
 
ぜひ鑑賞して、感動した場面を教えて欲しい。
 
 
個人的に面白かったのは、登場人物達が天を仰いで、
 
「神は呼びかけても、答えてくれない。沈黙しているだけだ!」
 
と嘆く場面が何度も登場する所だった。
 
「それはないよね!」と、思わ苦笑してしまった。
 
私が監督だったら…
 
「沈黙こそ神の答えなのだ」という方向へストーリーを展開したい。
 
そもそも人類の苦悩は、神が「智慧の実」であるリンゴを食べるのを禁じた事にある。
 
さらに、「命の実」を食べる事を恐れて、エデンの園から追い出した。
 
そして、理不尽な難癖をつけて、「罪と罰」でもって人類を脅し続けている。
 
さらに「悪魔」まで創造して、人類を不幸のどん底に追い込んでいるではないか!
 
もし天に神が実在していたら、この神こそが諸悪の根源だ。
 
今こそ、神に反逆する時だ\(*`∧´)/
 
 
今の時代は、ノアの時代と非常に良く似ている。
 
いつ大洪水や大地震あるいは原発災害が起こって人類が壊滅しても、何の不思議もない。
 
しかし地下シェルターなどのどんなに頑丈な箱船を作っても、その船に乗る人間が同じだったら、同じ過ちを繰り返すだろう。
 
神が天に実在していると信じ込んでいる人間の子供じみた意識こそが、人類の不幸の根源だ。
 
 
外側の神を一掃しよう!
 
どんなに映画で「愛」を賛美しても、それが外側からやってくる限り永遠ではない。
 
そもそも、神なしで人類は幸せになれる。
 
今こそ、マインドを超えた新しい意識に目覚める時だ。
 
その秘密は、「沈黙」にある。
 
「沈黙」こそが、意識のノアの箱船だ。
 
そして沈黙意識に内在する、真実の愛と叡智が解き放たれる事で、人類は救われると私は確信している(* ̄0 ̄)ノ

« 真我を生きる | トップページ | 肉体のヴァージョン・アップ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 前略、、、、。

 ダーレンの「ノア、、、」期待しちゃいますよね~!、、、。コケましたか(爆笑)

 5年前のリフレクソロジスト時代、実生活にも慣れてきた頃、”今の私は本来の自己ではない”と自我が理解していても、”では、本当の自分ってどうよっ?!”

 、、、なんて、思っていた時。ふと、「神との対話」の一説に”これが私か?!”と問いかけてみると良い、みたいな事が書いてあったのを思い出した。

 問いかけてみると、、、、、【沈黙】、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

”あれっ”と思い、もう一度問いかけてみると、、、、、【NO】、、、、、、でした[;。;]

 う~ん?!「嘘だったら【yes】って答えないか~?!これもマインドの策略か~?!」
などなど、、、、この混乱がきっかけで”真我の種”芽生えたと思います((^。^))

 つまり、おっしゃる通り、、、、【沈黙】も答えだったんだっ!!と後になって”I amの感覚の一面でもある”と理解&体感出来ました!!

 エックやニールの様にダイレクトに神と対話したり、頓悟したりは残念ながら出来ませんでしたが、大切に”真我の種”を育て5年物になります((^~^))

 p・s,,,,,『神を信じる者に注意せよ!』みたいな車のバックナンバーがあった様な?!(爆笑)
                                  yasuより

                                               草々

yasuさん

>大切に”真我の種”を育て5年物になります((^~^))

大木は成長するのに時間がかかります。

わたしが”真我の種に”触れたのは二十歳の頃ですから、40年ものです゚゚(´O`)°゚

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真我を生きる | トップページ | 肉体のヴァージョン・アップ »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ