« 夢だった | トップページ | アンカリング »

理由のない幸せ

2014年8月21日(木) by キヨタカ

 人は誰もが「幸せ」を求めている。
 
外側に本当の幸せはないと気づいた時、瞑想による内的探求が始まる。
 
しかし瞑想したからと言って、必ず幸せが訪れるとは言えない。
 
 
20代の終わりに会社を辞めて、全財産を持ってアメリカのオレゴンへ行った。
 
OSHOのコミューンで、ありとあらゆる瞑想とセラピーを受けまくったのだ。
 
その結果、一文無しで帰国。
 
「瞑想による潜在能力の開花」など、笑止千万。
 
再就職のあてもない。
 
幸せからは程遠く、将来の夢も希望も失った。
 
「新人類誕生」とか「革命的瞑想技法」とかの甘い言葉に惑わされ、会社を辞めた無謀さを後悔したが、全て後の祭りだった。
 
 
「これからどうしよう゚゚(´O`)°゚」
 
不安と焦燥感に駆られて、東京都内をあてもなく彷徨い歩いた。
 
ところが思いがけず突然に、瞑想的雰囲気は微塵もない大都会の片隅で…
 
胸の奥底から、「理由のない幸せ」が湧き上がってくる!
 
「こんな状況で、幸せの筈が無い\(*`∧´)/
 
マインドは、「自分が不幸な理由」をたくさん数え上げるのだが…
 
とても奇妙な、その場の状況には全くそぐわない「幸せ感」が確かにそこにあったのである。
 
 
幸せに理由が無い時、それは奪い去る事が出来ない。
 
いつでもどこでも、幸せで在れる。
 
それは始めから、そこにある。
 
辛抱強く、再発見される時を、じっと待っているのだ。

« 夢だった | トップページ | アンカリング »

感想」カテゴリの記事

コメント

 前略、、、、。

 「正直に言ってみろ、今幸せか?![=A=]」と凄まれたら、「はいっ幸せですっ;^^;」と答える。

 今、胸が苦しく、胃が重く、顔に圧迫感を感じ、幸福感を感じないが、「不幸せですー。-」と答えたら嘘をついている様に思える、、、、、何故だろう?!

 ”、、、、にもかかわらず「私は幸せである」”と自己が言わせてるようだ、、、、。

 私の内側で別人が動き出している、いずれ開き直って”ベロン”と出て来そうだが、何か《こっぱずかしい》気がしてならないとエゴが言う^^  ー 幸せの出し惜しみ?! -

                【ともに幸あれ!】
                               yasuより
                                                  草々

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢だった | トップページ | アンカリング »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ