« 迎え盆 | トップページ | 究極の笑い »

炭水化物が人類を滅ぼす

2014年8月14日(木) by キヨタカ

夏井睦氏の「炭水化物が人類を滅ぼす」を読んだ。
Unknown
 
実は読んだのは10日くらい前。
 
今流行している糖質制限に関する本だが、単なるダイエット本に留まらない。
 
農耕以前の縄文時代の狩猟採取生活から説き起こし、食をめぐる人類史の根幹に迫る大変興味深い内容だった。
 
「穀物に依存しない食生活の可能性」について、大胆な仮説を提唱している。
 
筆者の仮説が正しいかどうか、実際に実行してみないと判断は出来ない。
 
そこで実際に試してみたのだが、その結果…
 
私には合わなかった。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 
どうも、体調がイマイチ。
 
先日眠気が続いたのも、そのせいかもしれない。
 
 
そこで昨日から、長岡式酵素玄米をベースとした食生活に戻した。
 
すると、ビックリするくらい体調が良く気分も最高ヽ(´▽`)/
 
「栄養ではなく、エネルギーを摂取するのが大切」と、長岡式酵素玄米の提唱者が語っていたが、その意味が今回よく分かった。
 
酵素玄米を食べたら、エネルギーが身体の中に充満するのが面白いように体感出来る。
 
 
夏井氏が言う通り、「現代人は糖質中毒に陥っている」のは確かだ。
 
だからと言って、「糖質なしの食生活が人類本来のもの」であり、「縄文時代の食生活に戻れ」というのは、極論だと思う。
 
何よりも、肝心の「人類の進化」という視点が、抜け落ちている。
 
玄米菜食の方が、焼き鳥やステーキをバリバリ食べる糖質制限食よりも、意識の覚醒を志す人々にはふさわしい食生活だろう。
 
「食う為に動物を飼って殺す」という事は、エコロジーのみならず美的感覚としても、違和感がある。
 
しかし肥満や糖尿病などの生活習慣病で苦しんでいる方にとっては、一読に値する書物だ。
 
一般の人が疑いもしない日常の食生活について、あっと驚く視点から再考を促す筆者の洞察力に拍手を送りたい。

« 迎え盆 | トップページ | 究極の笑い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

前略、、、、。

  自分にとって、何が必要なのか、必要ではないのか、、、サインが解ると良いな~^^

       yasuより
                                                  草々

yasuさん

>、、、サインが解ると良いな~^

そうですね。

解らない場合、とにかくやって「自分で試してみる」と、自ずから答えが出るようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 迎え盆 | トップページ | 究極の笑い »

メインホームページ

リンク

無料ブログはココログ